Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |事実、数字、通説の打破 RSPCA
fc2ブログ

Entries

事実、数字、通説の打破 RSPCA

En:(grammar)



事実、数字、通説の打破
Facts, figures and myth-busting

RSPCA
https://www.rspca.org.uk/whatwedo/latest/facts










私たちは英国最大の動物福祉慈善団体であり、私たちの活動はすべてその使命、ポリシー、価値観に基づいています。
We're the UK's largest animal welfare charity and everything we do is based on our mission, our policies and our values.

以下に概説した事実と数字は、私たちが動物虐待を減らし、日々の動物のニーズを優先することにどのように貢献しているかを示しています。 RSPCA の神話の背後にある真実を見つけるために読み続けてください。
The outlined facts and figures below demonstrate how we help reduce animal cruelty and prioritise animals' needs every day. Read on to find the truth behind some of those RSPCA myths.

主要な統計
Key stats

2021 年に合計 51,505 件の虐待疑惑の苦情が調査され(そして終了しました)。
A total of 51,505 complaints of alleged cruelty were investigated (and closed) in 2021.

2020年に最も多くの事件が報告された動物は犬(56,563件)で、2番目は猫(55,667件)でした。
The animals with the highest number of incidents reported in 2020 were dogs (56,563 incidents) and the second were cats (55,667 incidents).

私たちが実施するあらゆる調査は、一般の人々からの呼びかけによって促進されています。
Every investigation we carry out is prompted by a call from a member of the public.

登録された慈善団体(株主なし)としての運営には年間 1 億 4,000 万ポンドの費用がかかり、すべてのお金は日常生活費に還元されます。
It costs us £140 million pounds a year to run and as a registered charity (with no shareholders) and all money is put back into day-to-day costs.

夏の間は、1時間ごとに捨てられた動物を回収します。
In the summertime, we collect an abandoned animal every hour.

天気が暑くなると、緊急電話回線に 1 日あたり最大 1,000 件の追加電話がかかることが知られています。
When the weather is hotter we've been known to receive up to 1,000 extra calls a day to our emergency phone line.

2021 年の起訴では、法廷で 751 件の有罪判決を獲得しました。これは、2020 年の 629 件から 19.4% 増加しました。
For our prosecutions in 2021, we secured 751 convictions in court - up 19.4% from 629 in 2020.

残虐行為に関する事実
Cruelty line facts

2021 年、私たちの虐待対応ラインには一般の人々から 1,081,018 件の通報がありました。それは以下と同等です:
In 2021, our cruelty line received 1,081,018 calls from members of the public. That's the equivalent of:

1 週間あたり 20,789 件の通話
20,789 calls a week

1 日あたり 2,962 件の通話
2,962 calls per day

1 時間あたり 123 件の通話
123 calls an hour

30 秒ごとに 1 回以上の通話
More than one call every 30 seconds

これは、2020 年と比べて通話数が 6.4% 増加しています。
This is 6.4% more calls than in 2020.



検査する
Inspectorate

私たちの目的は残虐行為を防ぐことです。私たちの検査官が調査したほとんどのケースでは、アドバイスや教育を与えることで動物の福祉が改善されています。このアドバイスに従っているのは、自分の動物にとって最善のことだけを望む飼い主の大多数です。
Our aim is to prevent cruelty. In most cases investigated by our inspectors, the welfare of the animals is improved by giving advice and education. This advice is followed by the majority of owners who only want the best for their animal.

341 人の最前線の救助隊員が昼夜を問わず働いています。
We have 341 frontline rescuers working all hours of the day and night.

平均すると、イングランドとウェールズでは人口 162,000 人(人口 5,8744,800 人に基づく)ごとに 1 人の警察官(検査官と動物保護官を含む)が配置されています。
On average, we have one officer (including inspectors and animal rescue officers) for every 162,000 people in England and Wales (based on a population of 58,744,800).

これは、国民 566 人につき第一線の警察官 1 人に相当します (警察の一人当たり / 内務省の報告)。
This compares to one frontline police officer for every 566 members of the public (police per capita / Home office report).

各検査官は平均して 1 日あたり約 130 マイルを運転します。
Each inspector, on average, drives around 80 miles a day.

2020年の改善勧告・口頭注意は4,245件、警告は701件ありました。
There were 4,245 improvement advice notices and verbal warnings given and 701 warning notices given out in 2020.


支店
Branches

私たちは 14 か所の動物センターを運営し、イングランドとウェールズで最も虐待され、放置され、放棄された動物たちのケア、リハビリテーション、そして復帰を提供しています。
We run 14 animal centres, providing care, rehabilitation and rehoming for the most abused, neglected and abandoned animals in England and Wales

私たちはイングランドとウェールズに 137 の「支店」と 2 つの支店信託を持っています。支部は独立した慈善団体ですが、法的レベルで国家社会に対して最終的な責任を負います。私たちの仕事にとって非常に貴重なこれらの支部は、別個の組織として運営されており、独自の動物センターを持っている支部もあります。上記の施設に加えて、支店は全国で 45 の動物センターを運営しています。
We have 137 'branches' across England and Wales and two branch trusts. Branches are separate charities but with ultimate responsibility to the national society at a legal level. These Branches, which are utterly invaluable to our work, run as separate entities and some have their own animal centres. Branches run 45 animal centres across the country in addition to the establishments above


イングランドとウェールズのネットワークとして、2021 年を通じて、私たちの病院、支店、診療所は次のとおりです。
As a network across England and Wales, throughout 2021, our hospitals, branches and clinics:

動物に88,994件の治療を実施(2020年の85,388件から4.2%増加)。
Administered 88,994 treatments to animals (up 4.2% on 85,388 in 2020).

46,806 匹の動物に去勢手術を実施(2020 年は 49,093 匹)。
Neutered 46,806 animals (compared to 49,093 in 2020).

37,435 匹の動物にマイクロチップが装着されました (2020 年の 33,197 匹より 8.2% 増加)。
Microchipped 37,435 animals (8.2% more than 33,197 in 2020).

2021年には59,792頭の動物を受け入れ(2020年の55,170頭より8.4%増加)、そのうち23,101頭の野生動物が受け入れられました。
Received 59,792 animals in 2021 (8.4% more than 55,170 in 2020) - including 23,101 wildlife.


ボランティア
Volunteers

1 年間でボランティアの数は 85% 増加し、16,000 人を超える動物愛好家が、困っている動物を助けるために無料で時間を寄付してくれました。
In one year, we've had an 85% increase in volunteers with more than 16,000 animal lovers donating their time for free to help animals in need.

ミレニアル世代や Z 世代のボランティアの数はかつてないほど増えています。
There are more Millennial and Generation Z volunteers than ever before.

私たちには合計 4,800 人のマイクロボランティアがおり、ボランティアの 66% が 35 歳以下と 25 歳という若年層のボランティアが増えています。
We have 4,800 micro-volunteers in total and this has seen a younger volunteer base with 66% of volunteers under 35, and 25 years old.

100 人を超える野生動物災害ボランティアが地域内で病気や怪我をした野生動物を集め、近くの野生動物センターや獣医に運びます。
More than 100 Wildlife Casualty Volunteers collect sick and injured wildlife in their community and transport them to nearby wildlife centres and vets.

300 人以上のボランティアが家畜や馬を育て、永遠の家に引き取られるのを待っている間、または虐待事件を調査している間、安全で思いやりのある環境を提供しています。
Over 300 volunteers foster domestic animals and equines, providing them with safe, caring environments whilst waiting to be adopted to a forever home or whilst we investigate a case of cruelty.


神話を打ち破る
Myth-busting

やるべきこと、やらないこと、できないことの真実に答えます!
We answer the truth about what we do, don't do and can't do!

通説: 私たちは野良犬や野良猫を気にしない
Myth: We don't care about stray dogs or cats

2021 年に、私たちの虐待対応ラインは一般の人々から 1,081,018 件の電話を受けました。これは 30 秒ごとに電話を受けることに相当します。これほど膨大な数の報告があるため、私たちは病気や怪我、虐待を受けている動物を優先しなければなりません。地方自治体の犬監視員が野良犬を管理し、他の慈善団体が野良猫を支援しています。
In 2021 our cruelty line received 1,081,018 calls from members of the public - the equivalent of receiving a call every 30 seconds. With this huge number of reports, we have to prioritise those animals who are sick, injured and abused. Local Council dog wardens manage stray dogs and other charities help with stray cats.





通説: 動物を一定の日数飼育した後、動物を「眠らせる」
Myth: You 'put to sleep' animals after they've been in your care for a certain number of days

私たちが管理している動物は、獣医師のアドバイスがある場合、または法的にそうする義務がある場合にのみ安楽死させられます。私たちの保護下には、何ヶ月も、時には何年も永遠の帰りを待っている動物たちがたくさんいます。保護された動物に永遠の家を与えていただけますか?
Animals in our care are only euthanised on veterinary advice, or where we are legally obliged to do so. There are many animals in our care who have been waiting for forever homes for many months, sometimes even years! Could you give a rescued animal a forever home?

主張: 私たちは十分な動物を助けておらず、到着するまでに長い時間がかかります
Claim: We don't help enough animals and, it takes ages for us to arrive

2021 年に合計 51,505 件の虐待疑惑の苦情が調査され(そして終了しました)。
A total of 51,505 complaints of alleged cruelty were investigated (and closed) in 2021.

最前線の救助隊員は約 408 名おり、その一部はパートタイムです。それぞれが広大な地域をカバーしており、検査官は報告に応じるために平均して 1 日あたり 80 マイルを運転します。
We have approximately 408 frontline rescuers some of whom are part-time. Each cover huge areas and inspectors drive 80 miles/day on average responding to reports.

誤解: 私たちは政府から資金提供を受けているので、これ以上の資金は必要ありません
Myth: We're Government-funded so don't need more money

私たちは政府からの助成金も受けていますが、これは年間支出の 0.1% 未満にすぎません。
We do receive some Government funding, but this amounts to less than 0.1% of our annual expenditure.

これらの資金は制限されているため、国際活動と英国での一部の洪水救助活動を支援するためにのみ使用できます。これらは、予防、救出、訴追における私たちの活動の大部分に資金を提供するために使用されるものではなく、また、私たちのキャンペーン活動への資金を提供するために使用されるものでもありません。
These funds are restricted, so can only be used to support our international work and some flood rescue work in the UK. They're not used to fund the bulk of our work in prevention, rescue or prosecutions, nor are they used to fund our campaigning efforts.

私たちは慈善団体であり、私たちの活動に資金を提供し、支援するために一般の寄付に依存しています。私たちは、遺書に贈り物を残してくださった方々と、寛大な支援者からの寄付を頼りに活動を行っています。
We're a charity and rely on public donations to fund and support our work. We rely on those leaving gifts in their wills and donations from our generous supporters to help us do what we do.

通説: 私たちは野生動物を気にしない
Myth: We don't care about wild animals

私たちは誰も助けられない動物たちを優先しなければなりません。獣医や野生動物のリハビリテーション専門家は、私たちにはできないときに、負傷した野生動物を助けることができます。
We have to prioritise the animals nobody else can help. Vets and wildlife rehabilitators can often help with injured wildlife when we're unable to.


昨年、私たちの 4 つの国立野生動物センターは 15,263 頭の動物を受け入れました。この数には、「許可された動物」の下にいくつかの国内/外来種が含まれていることに注意してください。
Last year our four national wildlife centres admitted 15,263 animals. Please note this number includes a few domestic/exotic species under 'admitted animals'.

誤解: 私たちはお金を持ちすぎているのに、動物愛護に十分にお金を使っていない
Myth: We have too much money and don't spend enough on animal welfare

私たちに与えられる 1 ポンドごとに、82 ペンスが動物福祉に、1 ペンスがガバナンスに、そして 17 ペンスが次の 1 ポンドを集めるために使われます。
For every £1 given to us, 82p is spent on animal welfare, 1p is spent on governance and 17p is spent raising the next £1.

RSPCA の運営には年間 1 億 4,000 万ポンドの費用がかかりますが、登録された慈善団体 (株主なし) として、そのお金はすべて日々の費用に戻されます。
It costs the RSPCA £140 million pounds a year to run and as a registered charity (with no shareholders) all money is put back into the day-to-day costs.


私たちは病院と動物センターに 4,800 万ポンド以上を費やしました。
We spent more than £48 million on our hospitals and animal centres.

私たちは、動物を放置や虐待から救い出し、動物福祉違反を調査する検査機関に 4,300 万ポンド以上を費やしています。
We spend more than £43 million on our inspectorate - which rescues animals from neglect and cruelty and investigates animal welfare offences.

私たちは、中央基金から 1,910 万ポンド以上の資金で RSPCA 支部 (個別に登録された慈善団体) を支援しました。
We supported RSPCA branches (who are separately registered charities) with more than £19.1 million from central funds.

これらの数字は高いように思えますが、残念ながらそれだけでは決して十分ではなく、私たちの助けを必要としている動物は常に増えています。
These figures seem high, but sadly it's never enough, there are always more animals who need our help.

動物のために変化をもたらすために私たちにご協力ください
Help us make a difference for animals

皆様のご支援がなければ私たちの活動は成り立ちません。今日、困っている動物たちを助けるために何をしますか?
We couldn't do what we do without your support. What will you do to help animals in need today?


私たちのキャンペーンネットワークに参加して、動物をさらに保護するための法律改正にご協力ください。
Join our campaigning network and help us change laws to further protect animals.

スポンサーになって犬小屋、猫小屋、馬小屋を後援し、保護された動物に安全な場所を提供するのに協力しましょう。
Become a sponsor and sponsor a dog kennel, cat pod or horse stable and help provide a safe place for a rescued animal.

動物をリホームする - 私たちがリホームする動物はそれぞれユニークで、既製の性格を持っています。
Rehome an animal - each animal rehomed by us is unique and comes with a personality ready-made.

ソーシャルメディアで私たちのメッセージを共有することで、私たちの活動への意識を高めてください。
Help raise awareness of our work by sharing our message on social media.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3478-d22500d9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>