Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |モロッコには300万頭の野良犬がいる。 彼らを助けようとしている人々に会う。 National Geographic 2021/11/5
fc2ブログ

Entries

モロッコには300万頭の野良犬がいる。 彼らを助けようとしている人々に会う。 National Geographic 2021/11/5

En:(grammar)


モロッコには300万頭の野良犬がいる。 彼らを助けようとしている人々に会う。
Morocco has 3 million stray dogs. Meet the people trying to help them.

National Geographic 2021/11/5
https://www.nationalgeographic.com/animals/article/meet-the-people-helping-morocco-stray-dogs







モロッコ、タンジール — サリマ・カダウイさんが一日を始めるときは、まだ暗いです。 モロッコのうだるような暑さが薄い靄によって抑えられ、街のほとんどがまだ眠っているこの夜明け前の時間帯には、ベルディスと呼ばれる放し飼いの犬が通りを占拠しています。
TANGIER, MOROCCO — It’s still dark when Salima Kadaoui begins her day. In these predawn hours, when the oppressive Moroccan heat is held at bay by a thin blanket of haze and most of the city is still asleep, free-ranging dogs called Beldis own the streets.

今年8月の朝、カダウイさんはほんの数分間車を運転していたところ、黒い銃口と白い足を持つ中型の茶色い犬を発見した。 ベルディ(モロッコで話されているアラビア語の方言ダリハ語で「田舎の」を意味する)は、モロッコ原産の雑種犬を表すために使用される包括的な用語です。
On this August morning, Kadaoui has been driving for only a few minutes when she spots one: a medium-size brown dog with a black muzzle and white paws. Beldi—which means “from the countryside” in Darija, the Arabic dialect spoken in Morocco—is a catch-all term used to describe mixed-breed dogs native to the country.

カダウイさんはバンを道路脇に寄せ、ドッグフードの入った袋とスリップリードを持って外へ出た。 犬は注意深く尻尾を振りながら、彼女にしゃがんで頭をなでさせます。 その後、餌を受け取ります。 (野良犬がどのようにして人間のしぐさを理解できるのかを学びましょう。)
Kadaoui pulls her van over to the side of the road and climbs out with a bag of dog food and a slip leash. Cautiously wagging its tail, the dog allows her to crouch down and stroke its head. It then accepts some food. (Learn how stray dogs can understand human gestures.)


さらに5頭の犬が少し離れたところから現れ、熱心にカダウィに向かって小走りし、注目を集めて彼女の食べ物をむさぼり食った。 カダウイさんは片方の犬の首にスリップリードをかけて抱き上げます。2匹の体の大きさがほぼ同じであることを考えると、これは驚くべき偉業です。
Five more dogs emerge a short distance away and eagerly trot toward Kadaoui, basking in the attention and devouring her kibble. Kadaoui gets the slip leash around one of the dog’s necks and then picks her up—an impressive feat given that the two are almost the same size.

彼女は犬をバンの後部座席に置き、さらに2匹乗せて戻ってきました。
She settles the dog in the back of the van and then returns for two more.

彼女が最初に見た白い足の雄犬は、行動から距離を置きましたが、尻尾を振り、静かに彼女を観察し続けました
The first male dog she saw, with the white paws, distances himself from the action, but continues to wag his tail and quietly observe her.

「今朝は3頭以上は連れていけません」とタンジールのベルディスを救出し、世話をする非営利団体SFT動物保護区の創設者カダウィ氏は言う。
“We can’t take more than three this morning,” says Kadaoui, founder of SFT Animal Sanctuary, a nonprofit that rescues and cares for Tangier’s Beldis.

3頭の犬はいずれも妊娠していることが判明し、これはよくある発見だが、去勢手術と狂犬病ワクチンの接種を受ける予定だ。
The three dogs—which all prove to be pregnant, an all-too-common discovery—will be spayed and vaccinated against rabies.

獣医師は個体数抑制の一環として、犬の胎児を中絶する予定だ。 その後、SFT のスタッフが犬を街に戻します。これは、捕獲、去勢、解放 (TNR) と呼ばれる哲学です。
The veterinarian will also abort the dogs’ fetuses as part of an effort to control the population. Then, SFT staff will return the dogs to the streets, a philosophy called trap, neuter, and release (TNR).


タンジェの街路だけでも少なくとも3万人のベルディが徘徊しており、モロッコには推定300万人がいる。 彼らの多くは悲惨な環境で暮らしており、ゴミの中から食べかすをあさり、疥癬や、まれに狂犬病などの怪我や病気に苦しんでいます。
At least 30,000 Beldis roam the streets of Tangier alone, with an estimated three million in Morocco. Many of them live in dire conditions, scavenging food scraps from the garbage and suffering from injuries and illnesses, including mange, and, more rarely, rabies.

モロッコでは毎年推定80人がこの病気で亡くなっており、モロッコ人がベルディスを嫌う主な理由は狂犬病への恐怖だ、とカダウィ氏は言う。
An estimated 80 people die from the disease in Morocco each year, and fear of rabies is the main reason Moroccans dislike Beldis, Kadaoui says.

ベルディが人を噛む頻度を示すデータは少なく、信頼できない場合が多いが、沿岸都市アガディールでオーストリア人観光客が狂犬病のベルディに噛まれ、後に死亡したという確認例がある。
Data showing how often Beldis bite people are sparse and often unreliable, but there is a confirmed case of an Austrian tourist who was bitten by a rabid Beldi in the coastal city of Agadir who later died.


2017年、カダウイ氏らはプロジェクト・ハヤット(アラビア語で「命」を意味する)を立ち上げ、2025年までに3万頭の犬にワクチン接種と不妊手術を行うことでタンジールをアフリカ初の狂犬病のない都市にすることを目標とした。
In 2017, Kadaoui and colleagues launched Project Hayat—which means “life” in Arabic—with the goal of making Tangier the first rabies-free city in Africa, in large part by vaccinating and sterilizing 30,000 dogs by 2025.

これまでのところ、彼らは2,500頭以上の動物にワクチンを接種して放してきたが、TNRを支援するモロッコ内務省からの財政支援を受けてその割合を増やす計画だ。
So far, they’ve vaccinated and released more than 2,500 animals, with plans to increase that rate with financial support from Morocco’s Ministry of the Interior, which supports TNR.


アガディールを拠点とするジャーナリスト、モハメド・レダ・タウジニのような一部の住民は、ベルディスに対するTNRプログラムに断固として反対している。 同氏は、救助団体には野良犬を生涯にわたって世話し、毎年ワクチン接種するためのリソースがないため、人道的なアプローチは彼らを安楽死させることだと言う。
Some residents, such as Agadir-based journalist Mohamed Reda Taoujni, are adamantly opposed to TNR programs for Beldis. He says that since rescue organizations don’t have the resources to take care of—and annually vaccinate—strays for the duration of their lives, the humane approach is to euthanize them.


「そこには何百頭もの犬がいます」と彼は言います。 「彼らはワクチン接種を受けていますが、私たちはまだ問題を抱えています。 これは解決策ではありません。 これは私たちの都市にとって良くありません。」
“There are hundreds of dogs out there,” he says. “They’re vaccinated and we still have problems. This isn’t the solution. This isn’t good for our cities.”

タンジールでは、病気の動物など放すことができない犬が、SFT の 2 エーカーの保護区に送られ、現在 470 頭以上の犬が暮らしています。 2017年以来、SFTは推定60頭の犬をヨーロッパと英国の家族に引き取っている(米国疾病予防管理センターが狂犬病のリスクが高いと考えられる国からの犬の輸入を停止した7月に米国への引き取りは終了した) 。)
In Tangier, canines that can’t be released, such as sick animals, go to SFT’s two-acre sanctuary, currently home to more than 470 dogs. Since 2017, SFT has also adopted out an estimated 60 dogs to families in Europe and the U.K. (Adoptions to the U.S. ended in July, when the U.S. Centers for Disease Control and Prevention suspended the importing of dogs from countries considered high-risk for rabies.)

カダウイ氏は全体像に焦点を当てています。
Kadaoui’s focus is on the bigger picture.

「養子縁組は素晴らしいことです。誤解しないでください」と彼女は言います。 「しかし、我々には3万人の野良犬がいる。 解決策は採用ではありません。 解決策は、人間が犬と調和して生き、犬に気を配ることを学ぶことです。」 (インドで野良犬の養子縁組がどのように人気になっているかをお読みください。)
“Adoptions are wonderful—don’t get me wrong,” she says. “But we've got 30,000 strays. The solution is not adoption. The solution is for humans to learn to live in harmony with the dogs and to look out for them.” (Read how adopting street dogs has become popular in India.)

そのために彼女は、タンジールが犬と共生するためのモデルとなる地域、つまり市民が病気の犬を見たという報告をしたり、暑い日に水を汲む場所になることを望んでいる。
To that end, she hopes Tangier will become a model community for co-existing with dogs, a place where citizens report seeing a sick dog or put out a bowl of water on a hot day.


ベルディスを巡る論争
The debate over Beldis

カダウィさんは、朝の散歩から3頭のメスのベルディをカリフォルニア動物病院に連れて行き、獣医師のラーレック・モハメド・チャキブが待っている。
Kadaoui takes the three female Beldis from her morning’s run to the California Veterinary Clinic, where veterinarian Lahrech Mohamed Chakib is waiting.

睡眠不足とは思えない穏やかな態度で、彼は自分自身とカダウイを、24時間体制で動物たちに尽くしていることを「狂った人たち」と冗談めかして呼んでいます。 彼は3匹の犬をバンから診療所に運ぶとき、まるで自分の子供であるかのように抱きしめます。
With a calm demeanor that belies his lack of sleep, he jokingly refers to himself and Kadaoui as “crazy people” for their round-the-clock commitment to these animals. When he carries the three dogs from the van to his clinic, he cradles them, as if they are his own children.



ワクチン接種と不妊手術に加えて、クリニックを訪れるすべてのベルディには、識別番号が記載された永久的な黄色の耳タグが付けられます。
In addition to being vaccinated and sterilized, every Beldi that comes through the clinic is given a permanent yellow ear tag with an identification number.

健康で気性の平穏な犬は、最初に発見された場所に戻されます。 彼らのタグは、それらが地域社会にとって危険ではないことを当局と一般の両方に通知します。 (コスタリカの保護区に住む野良犬について読んでください。)
Healthy, even-tempered dogs are returned to where they were first found; their tags notify both the authorities and the public that they aren’t a danger to the community. (Read about stray dogs living in a sanctuary in Costa Rica.)


しかし、それだけでは動物の安全を守るのに必ずしも十分ではありません。 全国の都市では、当局が野良犬の頭数を減らす目的でベルディスを銃撃し毒殺した。
Yet that’s not always enough to keep the animals safe. In cities across the country, authorities have shot and poisoned Beldis in an attempt to reduce the stray population.

内務省は2019年、ベルディスの殺処分を中止し、代わりに野良犬の不妊手術とワクチン接種に注力すると発表した。 同省はベルディス氏とTNRプログラムに関するナショナルジオグラフィックのコメント要請に応じなかった。
The Ministry of the Interior announced in 2019 that it would stop culling Beldis, and instead focus on sterilizing and vaccinating strays. The ministry did not respond to National Geographic’s requests for comment about Beldis and the TNR program.

しかし、それ以来、ソーシャルメディアの動画を見ると、犬は当局と一般の両方によって検挙され、射殺され続けている。 撲殺される犬もいる。
But social media videos since then have shown that dogs continue to be rounded up and shot by both authorities and the public. Some dogs are beaten to death.

モロッコの人口の99パーセント以上がイスラム教徒で、その多くが犬は不浄であると信じているとカダウィ氏は言う。 しかし、自分自身をモロッコのイスラム教徒だと言うカダウイさんは、その考えを「全くのくだらない」と一蹴する。
More than 99 percent of Morocco’s population is Muslim, and Kadaoui says many of them believe dogs are impure. But Kadaoui, who describes herself as a Moroccan Muslim, dismisses the idea as “absolute rubbish.”

「コーランには犬について否定的なことは何も書かれていません」と彼女は言います。 「神が創造した生き物に不純な存在はいない。」
“The Quran doesn’t say anything negative about dogs,” she says. “No living being that God created is impure.”

自身も犬を2匹飼っているジャーナリストのタウジニを含め、ほとんどの人はベルディスが苦しむことを望んでいない。
Most people don’t want Beldis to suffer, including Taoujni, the journalist, who owns two dogs himself.

しかしタウジニさんは、ベルディスによって引き起こされたと主張する怪我の生々しい写真を自身のフェイスブックページに投稿しており、犬は危険な場合が多いと言う。 同氏は、モロッコ全土の都市の人々が、自分自身や子供、ペットを守る必要がある場合に備えて、投げるための小さな石を持ち歩き始めていると指摘する。
But Taoujini, who posts graphic photos of injuries he says were caused by Beldis on his Facebook page, says the dogs are often dangerous. He notes that people in cities across Morocco have begun carrying small rocks to throw in case they need to protect themselves, their children, or their pets.

タンジールでマラバタ ゲストハウスを経営するドリス・セムラリさんは、ベルディスを市外の保護区に移すなど、よりバランスの取れた管理アプローチが必要だと語る。 同氏によれば、野良犬のせいで宿泊客は安全に散歩に行けるという気分になれず、絶え間なく吠えるため夜も眠れないという。
Driss Semlali, who runs Malabata Guest House in Tangier, says there needs to be a more balanced approach to managing Beldis, for instance by moving them to a sanctuary outside the city. He says the street dogs prevent his guests from feeling as if they can safely go on walks, and that their incessant barking keeps people awake at night.

しかし、安楽死させることはおろか、犬を駆除することは状況をさらに悪化させる可能性が高い、と世界中で狂犬病による人間と動物の死をなくすために活動する米国に本拠を置く非営利団体グローバル・アライアンス・フォー・狂犬病コントロールの技術リーダー、テレンス・スコット氏は言う。
Yet removing—let alone euthanizing—dogs will likely make the situation worse, says Terrence Scott, technical lead at the Global Alliance for Rabies Control, a U.S.-based nonprofit working to end human and animal deaths from rabies worldwide.


スコット氏によれば、ワクチン接種を受けた犬がその地域から撤去されれば、新たな犬(狂犬病の可能性がある犬)がその縄張りを占拠するだけだという。 だからこそ、ワクチン接種された動物のTNRが病気の蔓延を減らすことが証明されているのだと彼は言う。
Scott says that if vaccinated dogs are removed from an area, new dogs—potentially rabid ones—will simply take over the territory. That’s why TNR of vaccinated animals is proven to reduce the spread of the disease, he says.

「非公式には、ワクチン接種を受けた犬は狂犬病との戦いの兵士とみなされる可能性があります」と彼は言う。 「狂犬病の動物がワクチン接種した動物を噛んだとしても、狂犬病の伝播はそこで終わる可能性が高いです。 本当に、それは地域社会の残りの人々を狂犬病から守るのです。」
“Informally, a vaccinated dog can be considered a soldier in the fight against rabies,” he says. “If a rabid animal bites a vaccinated animal, it’s likely that the transmission of rabies will end there. So really, it protects the rest of the community from rabies.”

認識の変化
Changing perceptions

カダウィ氏とチャキブ氏は多くの課題に直面しているが、動物のワクチン接種と住民への教育の両方により、タンジールでの狂犬病感染の減少に大きく前進したと述べている。 彼らは定期的に学校を訪れ、野良犬に近づかない、挑発しないなど、野良犬と共存するための戦略を子どもたちに教えている。
Although they’ve faced plenty of challenges, both Kadaoui and Chakib say they’ve made significant inroads in reducing rabies transmission in Tangier, both by vaccinating animals and educating citizens. They regularly visit schools to teach children strategies for coexisting with street dogs, such as not approaching or provoking the animals.

「最大の問題の一つは、モロッコ人が犬を怖がるように教えられており、犬は恐怖を感じると自分が危険にさらされていると考えることです」と彼女は言う。 たとえば、犬が吠えて誰かに向かって走ってくると、攻撃的に見えるかもしれませんが、実際は単に好奇心旺盛なだけなのです、と彼女は言います。
“One of the biggest issues is that Moroccans are taught to fear dogs, and that dogs think they are in danger when they sense fear,” she says. For instance, a dog barking and running toward someone may seem aggressive, when really it’s merely curious, she says.

タンジールの住民の多くはベルディス族をますます保護するようになっている。 昨年、モロッコ国軍の一部である王立モロッコ憲兵隊の隊員が市内の交通を止めて野良犬を救出する動画がネット上で話題になった。 (パンデミック中にインドの人々がどのように野良犬に餌を与えているかをお読みください。
Many of Tangier’s residents have become increasingly protective of the Beldis. A video went viral last year of a member of the Royal Moroccan Gendarmerie, part of Morocco's armed forces, stopping traffic in the city to rescue a stray puppy. (Read how people in India are feeding stray dogs during the pandemic.

「私が最初にこれを始めたとき、人々は私が気の狂った人だと思っていました」とカダウイは言います。 「今では彼らはよくやった、よくやった、ありがとうと言ってくれます。 コミュニティ全体を味方につけることができれば、戦いには勝利します。」
“When I first started doing this, people thought I was crazy,” Kadaoui says. “Now they say good job and well done and thank you. If we manage to get the entire community with us, the battle is won.”


タンジェを越えて
Beyond Tangier

ベルディスの生活を改善している都市はタンジールだけではありません。 シャフシュアンのベルディ保護区モロッコやアガディールのサンシャイン動物保護区(SARA)などの団体も、それぞれの都市で犬を捕獲し、去勢手術して放し、海外で犬の飼い主を探す活動を行っている。
Tangier isn’t the only city that’s improving life for Beldis. Organizations such as Beldi Refuge Morocco in Chefchouen and Sunshine Animal Refuge (SARA) in Agadir are also working to trap, neuter, and release dogs in their respective cities, as well as find homes for them abroad.

SARA創設者のミケーレ・アウグスブルガー氏は、数百人のベルディを母国のスイス、ドイツ、カナダに派遣した。
SARA founder Michele Augsburger has sent hundreds of Beldis to her home country of Switzerland, as well as Germany and Canada.

ケベック州にはベルディス専用の Facebook グループもあり、救出されてからの海外での彼らの冒険を紹介している。 ベルディスが森でハイキングしたり、ソファで猫と寄り添ったりする写真が満載だ。
There’s even a Facebook group in Quebec dedicated to Beldis that showcases their adventures abroad since being rescued. It’s full of pictures of Beldis hiking in forests and snuggling with cats on couches.

「ベルディスを引き取って、ベルディスをとても誇りに思っている人たちから、たくさんの褒め言葉をもらいました」とアウグスバーガーさんは言う。 「彼らは素晴らしいよ。 彼らは最も大きな心を持っています。 彼らは本当に素晴らしい犬です。」
“I get so many compliments from people who've adopted them and are just so proud of their Beldis,” Augsburger says. “They’re amazing. They have the biggest hearts. They are truly fantastic dogs.”

チャキブさんとカダウイさんもその意見に同調し、医学的な観点から、養子縁組されたベルディスは純血種の犬よりも丈夫な傾向があり、最長17歳まで生きることができると付け加えた。
Chakib and Kadaoui echo that sentiment, adding that from a medical perspective, adopted Beldis tend to be more robust than purebred dogs and can live up to 17 years.

「健康上の問題なく何年も生きられる可能性が高い犬が欲しいなら、ベルディを飼ってください」とカダウイさんは言う。
“If you want a dog that will very likely live for many, many years with no health issues, then get a Beldi,” Kadaoui says.



「最もやりがいのある仕事」
“Most rewarding job”

カダウイさんがタンジールの住宅街マラバタの玄関を通るときは、一日の中で最も暑い時間帯です。 15 匹のベルディが興奮して吠え、テーブルの上で飛び跳ね、尻尾を激しく振りながらぐるぐると回転します。
It’s the hottest part of the day when Kadaoui walks through her front door in Malabata, a residential neighborhood in Tangier. Fifteen Beldis erupt in excitement, barking, jumping on tables, and spinning in circles, tails wagging furiously.

さまざまな病気や手術から回復している一時的な居住者もいますが、永住の居住者もいます。 TNR プログラムを通過し、路上で暮らしているベルディ族はほんの一握りですが、今でも時折訪問のために立ち寄ります。
Some are temporary residents recovering from various illnesses and surgeries, while others are permanent house members. A handful are Beldis that have gone through the TNR program and live on the streets, but still occasionally drop by for a visit.

この家には子供たちでいっぱいの遊び場のようなエネルギーがあり、カダウイが子供たちを赤ちゃんと呼んでいることを考えると、それはぴったりです。
The house has the energy of a playground full of children, and it’s fitting, given that Kadaoui refers to them as her babies.

(犬が私たちが思っている以上に私たちに似ていることを読んでください。)
(Read how dogs are even more like us than we thought.)

「常に勤務していなければなりません」と彼女は言います。 「犬が寝ているとき、あなたも寝ます。 犬が目を覚ますと、あなたも目が覚めます。 簡単ではない。
“You have to be on duty all the time,” she says. “When the dogs sleep, you sleep. When the dogs wake up, you wake up. It’s not easy.

「しかし、彼らが与える愛と喜びは貴重です。 それは世界で最もやりがいのある仕事です。」
“But the love and joy that they give is priceless. It’s the most rewarding job in the world.”




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3465-f264d2bc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>