Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |猫が外出するときのメニューは何ですか? おそらくあなたが思っている以上です。New York Times 2023/12/12
fc2ブログ

Entries

猫が外出するときのメニューは何ですか? おそらくあなたが思っている以上です。New York Times 2023/12/12

En:(grammar)




猫が外出するときのメニューは何ですか? おそらくあなたが思っている以上のものです。
What’s on the Menu When Your Cat Goes Out? Probably More Than You Think.

New York Times 2023/12/12
https://www.nytimes.com/2023/12/12/climate/cats-nature-biodiversity.html








誰もが同意できることは 1 つあります。それは、猫が野生動物に悪いのは猫のせいではないということです。
Everyone can agree on one thing: It’s not the cats’ fault they’re bad for wildlife.

猫は肉食動物です。 彼らの齧歯動物を捕食する才能が、そもそも彼らの祖先と私たちの祖先が一緒に行動するようになった大きな理由です。
Cats are carnivores. Their talent for preying on rodents is a big reason their ancestors and ours started hanging around together in the first place.

しかしその後、人間は猫を世界中に運び、そのような捕食者が存在しない生態系に持ち込んだのです。
But then people carried cats around the world, into ecosystems that weren’t equipped for such predators.

彼らはどこにいてもストーキングします。 彼らは飛びつきます。 彼らは殺します。 彼らは食べる。
Wherever they are, they stalk. They pounce. They kill. They eat.

現在、研究者たちは猫の世界的なビュッフェの幅広さを文書化しました。
Now, researchers have documented the breadth of cats’ global buffet.

火曜日に学術誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された研究では、放し飼いの飼い猫(野生猫を含む)が2,000種以上を食べていることが判明し、生態系への影響について新たな懸念が生じている。
A study published on Tuesday in the journal Nature Communications found that free-ranging domestic cats (including feral ones) eat more than 2,000 species, raising renewed concerns about the ecological fallout.


種のほぼ半数は鳥類で、次に爬虫類と哺乳類が続きました。 オオカバマダラ、オオスカシバ、皇帝トンボなど、予想外の数の昆虫が見つかりました。
Almost half of the species were birds, followed by reptiles and mammals. An unexpected number of insects were found, including monarch butterflies, pink-spotted hawk moths and emperor dragonflies.

メニューには他にもラクダ、牛、アオウミガメなどの驚きがありました。 (猫は狩猟に熟練しているので、ラクダや牛もおそらく捕獲されたでしょう。ウミガメはおそらく孵化したばかりの子でしょう。)
Other surprises on the menu included camels, cows and green sea turtles. (As skilled as cats are at hunting, the camels and cows were probably scavenged. The sea turtles were probably hatchlings.)

「猫は私たちが思っているよりもずっとたくさん食べるんです」とオーバーン大学の生態学者で研究著者の一人であるクリストファー・レプチク氏は言う。 「それは意味があるよ。」
“Cats eat a lot more than we thought,” said Christopher Lepczyk, an ecologist at Auburn University and one of the study’s authors. “That’s meaningful.”


オオカバマダラやアオウミガメなど、350種近くが危険にさらされているか、危険にさらされる危険にさらされている。
Nearly 350 of the species, including monarch butterflies and green sea turtles, were imperiled or at risk of being imperiled.

「イエネコ(Felis catus)は多くの人々にとって愛すべき仲間ですが、同時に多くの鳥類、哺乳類、爬虫類の絶滅につながる侵略的な捕食動物でもあります」とネイチャー誌編集者のアンドリュー・ミッチンソン氏は関連記事で書いている。 。
“Domestic cats (Felis catus) are beloved companions for many people, but they are also invasive predators that have been linked to numerous birds, mammals and reptiles going extinct,” Andrew Mitchinson, an editor at the journal Nature, wrote in a related article.

ネコからの放射性降下物は、哺乳類の捕食者なしで種が進化してきたことが多い、遠く離れた島々で特に深刻です。
The fallout from cats is especially acute on far-flung islands, where species have often evolved without any mammalian predators.


しかし、米国でも、連邦政府とスミソニアン博物館の調査では、猫が年間中央値で24億羽(はい、ビリオン、10億です)の鳥を殺していると推定されています。
But even in the United States, research by the federal government and the Smithsonian Institution estimated that cats kill a median of 2.4 billion (yes, billion with a b) birds per year.

北米の鳥類の個体数が1970年以来29パーセント減少しているという驚くべき減少を考えると、これは特に憂慮すべきことだ。
That’s especially concerning given the alarming declines in North American bird populations, which have gone down 29 percent since 1970.


最も厄介な論争は、殺処分の多くを引き起こしている膨大な数の野良猫をどうするかということだ。 養子縁組に決して適さないものもある。
The thorniest controversy comes over what to do with the vast number of feral cats that are driving much of the killing. Some will never be suitable for adoption.

動物愛護団体は、野良猫を去勢手術後に放して一生を終える「トラップ・去勢手術・復帰」として知られる慣行を提唱している。
Animal welfare organizations advocate a practice known as trap-neuter-return, in which feral cats are released after neutering to live out their lives.

しかし、研究によると、これらの取り組みは、継続的に高い強度で実行されない限り、人口削減の効果が限られているか、まったく成功しない傾向があることが示されています。 善意のある人々が野良猫に餌を与えることが多く、その結果、数が増加しています。
But research has shown that those efforts tend to have limited or no success in reducing populations unless they are performed at continuously high intensities. Well-intentioned people often feed feral cats, driving up numbers.


また、ペットが外を歩き回る楽しみを拒否しない猫の飼い主もいます。
Then, there are cat owners who refuse to deny their pets the pleasure of roaming outdoors.

レプチク博士は、火曜日の論文では政策介入の推奨を意図的に避けたと述べたが、以前の記事では、自由に歩き回るネコ科動物を外来種に指定し、野生生物当局にネコ科動物を管理する権限を与える「科学主導の管理」を提唱していた。
Dr. Lepczyk said he intentionally avoided recommending policy interventions in Tuesday’s paper, though in previous articles he has advocated “science-driven management” of free-roaming cats that would designate them as an invasive species, giving wildlife officials more authority to control them.

彼はまた、ペットの所有に関する法律の強化や屋外での餌やりの禁止も主張している。
He has also argued for strengthening laws around pet ownership and banning outdoor feeding.

スペイン国立研究評議会の生物学者で、30年以上野良猫を研究してきたが、今回の論文には関与していないマヌエル・ノガレス氏は、この研究を称賛した。
Manuel Nogales, a biologist with the Spanish National Research Council who has studied feral cats for more than 30 years and was not involved with the new paper, praised the work.

「これらの数字は科学界にとってまったく新しいことです」と彼は言う。 「この紙はとても役に立ちます。」
“These numbers are totally new for the scientific community,” he said. “This paper is quite useful.”


研究者らは、1つまたは複数の種に対するネコの捕食の証拠を報告した、出版済みおよび未発表の学術論文を徹底的に検索してデータを収集しました。
The researchers gathered their data through an exhaustive search of published and unpublished academic papers that reported evidence of cat predation on one or more species.

解剖された胃の内容物から種が特定されることもありました。 場合によっては、糞便分析から情報が得られることもありました。
Sometimes the species was identified from the contents of a dissected stomach. Sometimes the information came from fecal analysis.

ペットの飼い主が猫を殺した報告をすることもありました。 最近の研究では、狩猟やゴミ漁りをしている猫をトレイルカメラが捉えることが増えています。
Sometimes pet owners reported their cats’ kills. Increasingly in recent research, trail cameras caught cats in the act of hunting and scavenging.

遺体の多くは特定できず、特に軟体の昆虫は検出された種の6パーセントを占めていた。
Many of the remains could not be identified, especially when it came to soft-bodied insects, which made up 6 percent of detected species.

保護団体は、放し飼いの猫の危険性について一般の人々に啓発すると同時に、猫愛好家との共通点を見つけようとしている。
Conservation groups try to educate the public about the danger of free-ranging cats while also finding common ground with cat lovers.


コーネル鳥類研究所の野良猫に関するよくある質問のリストは、「コーネル鳥類研究所は猫に反対していますか?」という質問から始まります。
The Cornell Lab of Ornithology’s list of frequently asked questions about outdoor cats begins with the question “Is the Cornell Lab of Ornithology anti-cat?”

研究室のメンバーが飼っている室内飼いの猫のスライド ショーの横で、「まったく違います」という答えが返ってきた。
“Not at all,” comes the response, next to a slide show of indoor cats that belong to members of the lab.

「鳥を愛する人々と猫を愛する人々の間に溝はありません」と、同研究所の科学コミュニケーション担当シニアディレクター、ミヨコ・チュー氏は言う。 「両方を愛する人はたくさんいます。」
“It’s not a divide between people who love birds versus people who love cats,” said Miyoko Chu, the lab’s senior director of science communications. “There are so many people who love both.”


レプチク博士も自分自身をその一人に数えています。 「私は40年以上猫を飼っています」と彼は言いました。 彼が子供の頃、彼の家族は外猫を飼っていました。 彼は大学院で彼らの被害について知り、母親に話したときのことを思い出した。
Dr. Lepczyk counts himself among them. “I’ve had cats for 40-plus years,” he said. When he was a child, his family had outdoor cats. He recalled learning about their harm in graduate school and telling his mother.

その後、猫たちは家の中に留まりました。 現在、彼の家族には長毛種のシャム猫のモチとオレンジ色のタビーのアヒがいます。
After that, their cats stayed inside. Today, his family includes Mochi, a longhaired Siamese, and Ahi, an orange tabby.

室内飼いの猫には、生態学的利点さえあるかもしれません。 広く使用されている殺鼠剤は、毒をもったネズミやネズミを食べるタカ、フクロウ、キツネなどの野生動物に害を与えたり、殺したりする可能性があります。 猫が室内にいる限り、家を害虫から守る野生動物に優しい方法です。
Indoor cats may even have an ecological benefit. Widely used rodenticides can harm or kill wildlife like hawks, owls and foxes that eat poisoned mice and rats. As long as cats stay indoors, they are a wildlife-friendly way to help keep your house free of pests.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3431-b2486dda

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>