Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック | 私にとって、現場の写真は空爆とは一致せず、500人以上が死亡したという主張とも一致しません。 2023/10/18
fc2ブログ

Entries

私にとって、現場の写真は空爆とは一致せず、500人以上が死亡したという主張とも一致しません。 2023/10/18

En:(grammar)



私にとって、現場の写真は空爆とは一致せず、500人以上が死亡したという主張とも一致しません。 2023/10/18
















その日が明け、より良い証拠が得られつつある今、私はアル・アハリ病院爆発事件についての予備的な考えを共有したいと思います。
Now that day has broken, and we're getting better evidence, I'm willing to share some PRELIMINARY thoughts on the al-Ahli hospital explosion.

私にとって、現場の写真は空爆とは一致せず、500人以上が死亡したという主張とも一致しません。
The photos of the scene are, to me, not consistent with an airstrike and are not consistent with claims that 500+ people were killed.



まず最初に、このスレッドは法医学や専門家による調査ではなく、私が見たことや以前に見たことを共有しているだけであることを述べておく必要があります。 また、私は何らかの形で帰属しているわけでもありません。
First, I should mention that this thread isn't a forensic or expert investigation, I'm just sharing what I see and what I've seen previously.

また、これはイスラエルの作戦で殺された無数の民間人を否定するものでもありません。
Nor am I attributing one way or another. Nor does this negate the countless civilians killed in Israel's campaign.




余波の写真によると、被害の大部分は火災によるものだという。
Photos of the aftermath show that the vast majority of the damage is from fire.

運動的/構造的損傷の明らかな兆候を示しているのは 車3台だけです。 そして、そのうちの 2台は、明らかな損傷にもかかわらず、全体的な構造は無傷のままです。
Only 3 cars show any clear sign of kinnetic/structural damage. And for two of them, the general structure remains intact - despite clear damage.





実際、衝突現場から 10 メートル以内には、ほとんど損傷を受けていないように見える車があります。
Indeed, within 10m of the impact site there are cars which appear mostly undamaged.




ほとんどの車に構造的損傷がないことは、爆発後2時間以内にIDFが公開したドローン映像でも明らかだ。
This lack of structural damage to most cars is also clear in the IDF released drone fotage from less than 2hr after the explosion.

ここでも、構造的な損傷のある車両は 3 台だけが示されており、約 10 ~ 15 メートル以上離れた車両はほとんど損傷を受けていないように見えます。
Again these only show 3 cars with structural damage, and cars more than around 10-15m away appearing mostly undamaged.



今朝の地上からの映像には、クレーターはほとんど見られません。 そして、衝突現場から約20メートル離れた建物への被害はほとんどありませんでした。
Footage from ground level this morning shows essentially no crater. And very little damage to the building around 20m away from the impact site.



次に、IDFが主張した、衝突現場から約30〜45メートル離れた病院の建物の屋根の損傷を示したものの1つを強調したいと思います。
Next I want to highlight one of the things that the IDF claimed showing damage to roofs of hospital buildings around 30-45m away from the impact site.

これは空中でばらばらになった物体と一致しますが、私はこの点を他の人たちほど決定的には考えていません。
This would be consistent with an object that broke apart in midair, though I wouldn't view this point as conclusively as others..




つまり、「前」の画像は爆発の 2 日前のものであるため、その期間中に病院が爆発で軽度の損傷を受けたという報告があったと思います。したがって、屋根の損傷は爆発と同時に発生したものではない可能性があります。
Namely because the 'before' image is from two days prior to the strike, I believe there were reports of the hospital being minorly damaged in strikes during that period so it is possible that the roof damage is not from the same time as the explosion.



しかし全体として、私たちが確認した被害は小さな衝撃と一致しており、火災被害のほとんどを引き起こした可能性が高い燃料加速剤が多量にあり、(非常に狭い半径内で)構造的被害はほとんどありませんでした。
But all in all, the damage we see is consistent with a small impact, with a lot of fuel accelerant that likely caused most of the fire damage, and very little (within a very narrow radius) structural damage.



先週末のアシュケロンでのロケット弾衝突の写真の被害を比較してください。
Compare the damage from photos of rocket impacts in Ashkelon from last weekend.

唯一の本当の違いは、この爆発にはより多くの加速器が関与していたと思われることだ(この集中砲火がテルアビブを狙っていたという報道で追跡されるだろう)。
The only real difference is that this explosion appears to have involved more accelerant (which would track with reporting that this barrage was aimed at Tel Aviv).



重大なクレーターの欠如も同様で、駐車車両の構造的損傷/半径も同様です。 多くの点で似ています。
Same lack of significant cratering, same structural damage/radius to parked cars. Similar in just a lot of ways.



これをガザでの空爆と比較してください。ガザ空爆では、はるかに大きなクレーターが残り、より多くの被害を引き起こす傾向があり、また、この特定の病院の構造は異なる可能性がありますが、建物を攻撃した後、ほとんどの場合、コンクリートの粉塵の大きな堆積物が残ります。
Compare this to airstrikes in Gaza which tend to leave a much larger crater and cause a lot more damage, they also almost always leave big deposits of concrete dust after striking a structure, though the construction of this particular hospital could be different.



私は広範囲にわたる荒廃ではなく、特異な構造物に対する個別のIAF空爆をしばらく探していましたが、低解像度の画像でそれを見つけました。
I spent a while looking for an individual IAF airstrike on a singular structure, rather than broad/widespread devestation, and found this in lower resolution imagery.

クレーターだけでなく、衝突現場から約 30 メートル離れたところに堆積したコンクリートの塵雲も示されています。
It shows the crater, but also the concrete dust cloud deposits that are around 30m from the impact site.



構造物の損傷とコンクリート粉塵の規模については、https://twitter.com/Nrg8000/status/1712621699571818618 も参照してください。
Also see this https://twitter.com/Nrg8000/status/1712621699571818618 to show the scale of the structural damage and concrete dust.

赤色バンドと赤外線バンドの比率を見ると、煙やコンクリート粉塵による実際の影響がよりよくわかります。
Looking at the ratio between red and infrared bands shows a better view of the actual impacts through the smoke and concrete dust.

こちらはエレズ交差点近くのベイト・ハヌーンです。
This is Beit Hanoun near the Erez crossing.

民間地域を含む全く前例のないレベルの砲撃。
Absolutely unprecedented levels of bombardment, including of civilian areas.





次に、500 人以上が死亡したとされる死傷者数について取り上げたいと思いますが、これは私たちが目にしている被害と大きく矛盾しているように見えます。
Next I want to address the claimed casualty count of 500+ killed, which seems widely inconsistent with the damage we can see.

私は民間人が殺害されたことを疑っていません。ビデオには病院の中庭に集められた遺体が映っていますが、それを疑う理由はありません。
I am not doubting that civilians were killed, videos show the bodies collected in the hospital courtyard and I have no reason to doubt that.




また、その地域には多くの人がいた可能性もあります。
It is also more than possible that there were many people in the area.

そして、特に人々が屋外に出ていて燃料が落ちてきて燃えている場合、死傷者はかなり多くなる可能性がある。
And the casualties could be quite high, especially if people were out in the open and there was falling, burning fuel.



しかし、500 という数字は信じられないほど多く、正直信じられないほどです。 Google Earth に被害エリアを重ねて表示します。これは主に爆発ではなく車の炎上によるものであることに注意してください。面積は 228 平方メートルです。
But 500's incredibly high number, honestly implausible. Overlaying the area of damage on Google Earth - keep in mind this is mostly from burning cars NOT the explosion - it is 228m2.

これはそのような群衆の密度です(生存者がいなかったと仮定しますが、これもありえないことです)。
This is that sort of crowd density (assuming there were no survivors which is also implausible).



2016 年 7 月にバグダッドでトラック爆弾が発生し、約 350 人が死亡しました。これが被害額です。
In July 2016 a truck bomb in Baghdad killed ~350, this is the damage it did.

2017年10月、モガディシュでトラック爆弾が発生し、500人以上が死亡、これが被害額だ。
In Oct 2017, a truck bomb in Mogadishu killed 500+, this is the damage it did.

2022 年 10 月、モガディシュでトラック爆弾が発生し、約 125 人が死亡しました。これが被害額です。
In Oct 2022, a truck bomb in Mogadishu killed ~125, this is the damage it did.

それらを上記と比較してください。
Compare any of that to the above.




とても親切な人が、私がこのツイートで話した空爆の影響の高解像度画像を送ってくれました。
Someone very kindly sent me higher resolution imagery of the airstrike impact I was talking about in this tweet.

これは、IAFの空爆の被害について私が言おうとしていたすべての点を証明しています。
This demonstrates all the points I Was trying to make about the damage of IAF airstrikes.

私は広範囲にわたる荒廃ではなく、特異な構造物に対する個別のIAF空爆をしばらく探していましたが、低解像度の画像でそれを見つけました。
I spent a while looking for an individual IAF airstrike on a singular structure, rather than broad/widespread devestation, and found this in lower resolution imagery.

クレーターだけでなく、爆発現場から約 30 メートル離れたところに堆積したコンクリートの塵雲も示されています。
It shows the crater, but also the concrete dust cloud deposits that are around 30m from the impact site.







しかし、この爆発をめぐる初期の報告と議論の多く(ほとんど(すべて))が不正確であったことは、私にとって極めて明らかである。
But it seems extremely clear to me, that much (most (all)) of the initial reporting and discussion surrounding this explosion was inaccurate.

言説と反応はすぐに事実を追い越し、今では事実はそれほど重要ではないように思えます。
The discourse and the reaction has quickly overtaken the facts and now it seems that the facts don't really matter.




また、ガザ保健省が明らかにするガザでの多数の犠牲者の数値を提供する唯一の情報源であることを考えると、ガザ保健省から出てくる数字を完全には信頼できないといううらやましい立場に私は置かれている。
It has also put me in the unenviable position of not being able to fully trust the numbers that come out of the Gazan Health Ministry, considering they are the only source providing numerical figures of the unquestionably numerous casualties in Gaza.



この地域のハマスメンバー間の通信の音声傍受も主張されている。
There is also this claimed audio intercept of communications between Hamas members in the area.

私は、不正確なことが多い IDF からの主張に依存せずに、上記のスレッドを正確にするよう努めてきましたが、それでも注目に値します。
I've tried to make the above thread accurate without relying on claims from the IDF which are often inaccurate, but this is still worth noting.

イスラム聖戦はガザの病院を攻撃したが、IDFは攻撃しなかった。
Islamic Jihad struck a Hospital in Gaza—the IDF did not.

テロリスト自身がこのことを理解しているのを聞いてください。
Listen to the terrorists as they realize this themselves:




現場の地上映像の詳細には、クレーターがないことも示されています。
More on the ground footage of the scene, also showing the lack of a crater.



本日公開された余波の写真によると、駐車場の西側の芝生エリアは民間人でいっぱいだった(地図の青)が示されており、爆発が起こったときにここに群衆がいた場合、特に燃料が落下した場合には、かなりの民間人死亡を引き起こす可能性がある。
Photos being released of the aftermath today shows that the grassy area to the West of the parking lot was full of civilians (blue in the map), a crowd here when the explosion happened could cause considerable civilian death, especially if there was falling fuel.



病院の正面近くの被害を示す写真もある。
There is also photos showing damage nearer to the front of the hospital.

この広範囲にわたる被害は、損害や死傷者を引き起こす可能性のあるより大きな瓦礫場があった可能性を示唆しています。
This wider damage suggests there may have been a larger debris field which coudlve caused damage and casualties.

これは大量死傷者を出した事件であるにもかかわらず、私は依然として500人以上という主張には大いに疑問を抱いている。
Despite this being a mass-casualty event, I still highly doubt the 500+ claim.




このビデオは、爆発のクレーターを初めて示したものです。
This video is the first that shows an impact crater.

繰り返しますが、空爆とは矛盾します。
Once again, inconsistent with an airstrike.

このクレーターは、私が最初に衝突があったと考えた場所から約 10 メートル離れています (そして民間キャンプに近い)。
This crater is ~10m away (& closer to the civilian camp) from where I initially thought the impact was.



この衝撃から約10メートル離れたところにいた車が爆発によってひっくり返されたことを考えると(これはほぼ直撃を意味すると思った)、これはさらに飛翔体が空中で砕けたことを示す可能性がある。
Given a car around 10m away from this impact was flipped by the explosion (which I thought would have meant an almost direct hit) this could further indicate a projectile that broke up mid-air.

しかし、これは自信を持って電話できるものではないので、専門家に聞いてみたいと思っています。
But this is not something im confident in calling, would love to hear from an expert.



このビデオも、ロケットの軌道の真下で病院の爆発が起こったことを示しており、かなり決定的なものに見えます。
This video looks pretty conclusive too, showing the hospital blast directly underneath rocket trajectories.



もう一つ注意しておきたいのは、小さな爆発のクレーター(赤い円があるであろう場所の周囲)をかろうじて切り取る方法で、イスラエル国防軍がサーマルドローン画像を公開したことは特に卑劣であるということだ。
One other thing I will note, is that it is particularly sneaky of the IDF to release the thermal drone imagery in a way that just barely cuts out the small impact crater (around where the red circle would be).

彼らが意図的にこれを行ったかどうかはわかりませんが、確かに役に立ちません。
No idea if they did this deliberately, but it certainly does not help.



しかし一般的に、軍がメディア発表から非常に関連性のある証拠を切り出すだけの場合、それは素晴らしいことではありません。
But generally when militaries just crop out a very relevant piece of evidence from their media releases... it's not great.

この多年生の例を参照してください。
See this perennial example.




イスラエル軍機が病院に衝突したことを証明すると主張するスレッドがいくつか注目を集めている。
There's a few threads gaining some traction that claim to prove an Israeli jet struck the hospital.

彼らは間違っています。 位置情報もタイミングも間違っています。
They're wrong. Their geolocation is wrong & their timing is wrong.

ここに私が彼らの主張に段階的に反論するスレッドがあります。
Here's a thread where I step-by-step refute their claims.

このスレッドは、イスラエルがガザの病院での爆発に関与したという「証拠」を示そうとしている。
This thread is going around attempting to show 'proof' that Israel was responsible for the explosion at the Gazan hospital.

そうではありません。ビデオは病院爆発から1時間後のまったく別の事件のもので、1.5〜4キロ離れた場所での爆発を示しています。
It does not, the video is from a totally different incident, hour after the hospital blast and shows a strike 1.5-4km away.

その理由を説明します。
I'll explain why.



ミサイルが発射され、通路の下にある病院で爆発が起きた様子を映したチャンネル 12 のビデオは、ネチボットの北西にある集合住宅 (31.439841、34.573214) に位置特定でき、爆発の方角は病院と完全に一致しています。
The Channel 12 video showing the missiles being fired and the explosion in the hospital under the path can be geolocated to a housing complex in the NW of Netivot (31.439841, 34.573214) and the bearing to the blast matches perfectly with the Hospital



また、ロケット火災の方位(背景の家の2階のまさに左端から)は、イスラエル国防軍によるレーダー読み出しからロケットの発射場として特定された場所をほぼ正確に指している。
Also, the bearing of the rocket fire (from the very left-hand-edge of the 2nd story of the background home) points almost exactly towards the site identified from radar readouts by the IDF as the launch site for the rockets.



ミサイルが発射され、通路の下にある病院で爆発が起きた様子を映したチャンネル 12 のビデオは、ネチボットの北西にある集合住宅 (31.439841、34.573214) に位置特定でき、爆発の方角は病院と完全に一致しています。
The Channel 12 video showing the missiles being fired and the explosion in the hospital under the path can be geolocated to a housing complex in the NW of Netivot (31.439841, 34.573214) and the bearing to the blast matches perfectly with the Hospital



また、ロケット火災の方位(背景の家の2階のまさに左端から)は、イスラエル国防軍によるレーダー読み出しからロケットの発射場として特定された場所をほぼ正確に指している。
Also, the bearing of the rocket fire (from the very left-hand-edge of the 2nd story of the background home) points almost exactly towards the site identified from radar readouts by the IDF as the launch site for the rockets.




病院での爆発から24時間が経過しました。
It's now been 24hr since the explosion at the hospital.

今日、現場には多くの写真家や記者がいるにもかかわらず、ミサイルやロケットの破片の画像はありません。
Despite numerous photographers/reporters at the site today, there arent images of missile/rocket fragments.

彼らが誰に責任があるのかを最終的に明らかにすることを考えると(そして誰がサイトを安全にするのかを考えると)、彼らの写真は注目に値しません。
Given they would conclusively show who is responsible (& given who secures the site), no photos of them is notable.



Here is a higher resolution image of the blast site via
@BBCNews
' verification team which came to many of the same conclusions as this thread. https://bbc.com/news/technology-67137773






スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3317-0bcf04c3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>