Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ドイツのユダヤ人コミュニティ「我々は恐れている」 DW 2023/10/14
fc2ブログ

Entries

ドイツのユダヤ人コミュニティ「我々は恐れている」 DW 2023/10/14

En:(grammar)



ドイツのユダヤ人コミュニティ「我々は恐れている」
Jewish communities in Germany: 'We are afraid'
https://www.dw.com/en/jewish-communities-in-germany-we-are-afraid/a-67094833

DW 2023/10/14









イスラエルでのハマスのテロ攻撃後、ドイツのユダヤ人コミュニティでは懸念が高まっている。
After the Hamas terrorist attacks in Israel, concern has been mounting in Germany's Jewish communities.

ベルリンに拠点を置く不動産業者のエスター・Kさんは、実名を明かしたくないが、土曜日の朝に友人から「イスラエルで何が起こっているか見てください」というテキストメッセージを受け取った瞬間を決して忘れないと言う。
Esther K., a real estate agent based in Berlin, who prefers not to share her real name, says she will never forget the moment she got a text message from a friend on Saturday morning reading: "Look what's going on in Israel."


K の最初の考えは、「私たちは皆、このクレイジーな小さな国で何かが起こることに慣れている」というものでした。
K's first thought was: "We're all used to something happening in this crazy little country."

しかしその後、イスラム過激派組織ハマスがガザからイスラエルを予期せず攻撃し、武装戦闘員が陸海空から同国に進軍し、人々を殺害し人質を取っているというニュースを読んだ。
But then she read the news that the Islamist militant group Hamas had unexpectedly attacked Israel from Gaza and armed fighters were advancing into the country by land, sea and air, killing people and taking hostages.

ハマスは米国やEUなどからテロ組織とみなされている。
Hamas is considered a terrorist organization by the US, EU and others.

彼女の携帯電話には突然、イスラエルからの写真が大量に届き、失踪した親族を捜すための支援を求める人々からの電話が届いた。
Her cellphone was suddenly flooded with photos from Israel and calls for help from people asking for assistance in finding relatives who had disappeared.


エスター・Kさんは、それ以来、黒い虚無感しか感じなくなったと語る。
Esther K. says she has felt nothing but a black void since.

「射殺された親の遺体、その隣に子供たちの死体、今も稼働しているプレイステーションのビデオゲーム…それらは私にとって忘れられないイメージです」とKは言う。
"The bodies of parents who were shot dead, next to the dead bodies of their children, video games on the Playstations still running ... those are images I can't forget," K. says.

他の多くの人たちと同じように、彼女も携帯電話を見つめて、「これは何ですか?これは何ですか?軍隊はどこにあるのですか?」と考えたと語った。
Like many others, she said she stared at her phone and thought, "what is this? What is this? Where is the military?"


これまで以上に脆弱になりました
More vulnerable than ever

イスラエルは世界最強の軍隊の一つを持つことに加えて、モサド諜報機関とアイアン・ドーム・ミサイル防衛システムによって安全を確保されている。
Along with having one of the strongest armies in the world, Israel is secured by the Mossad intelligence service and Iron Dome missile defense system.

フランクフルトのユダヤ人コミュニティ組織の理事兼警備責任者であるレオ・ラタシュ氏は、なぜテロ攻撃が発見が間に合わなかったのかについて唖然としている多くの人々の一人である。
Leo Latasch, a board member and head of security for Frankfurt's Jewish community organization, is one of the many people stunned as to why the terrorist attack was not discovered in time.


医療従事者は、イスラエル人が軍の保護を受けずに命を救おうとするのを遠くから無力に見守っていた。
From afar, the medic watched helplessly as Israelis tried to save lives without any military protection.

ラタシュ氏は、イスラエルがガザ地区で地上攻撃を行う可能性について言及し、「これがどう終わるか分からない。さらに何人が死ぬか分からない」と語った。
"I don't know how this will end. We don't know how many more people will die," Latasch says in reference to Israel's possible ground offensive in Gaza.

ベルリン当局、親パレスチナ人の抗議活動を禁止
Berlin authorities ban pro-Palestinian protest


防護柵の内側でのユダヤ人の生活
Jewish life behind protective fences

今日、10万人以上のユダヤ人がドイツに居住し、ホロコーストで600万人のユダヤ人がドイツのナチスの手によって殺されてからわずか数十年後に、ユダヤ人の生活(祭り、習慣、学校、スポーツクラブなど)が可能になったことは、とりわけ重要なことだと考えられている。
It is seen as especially significant that more than 100,000 Jews reside in Germany today, and that Jewish life — with its festivals, customs, schools and sports clubs — is possible just decades after 6 million Jews were killed at the hands of German Nazis during the Holocaust.

今でも多くのユダヤ人関連施設は警察の警備や防護柵を設けて警備を強化している。
Still many Jewish institutions have reinforced secuirty, with police guards and protective fences.

ベルリンのユダヤ人コミュニティ組織イラン・キースリングの広報担当者は、「かなり長い間、施設のセキュリティレベルが強化されてきた」と電子メールでDWに語った。
"There has been an increased security level for our facilities for quite some time," the spokesman for Berlin's Jewish community organization Ilan Kiesling told DW in an email.


「例えば、1970年代以来、私たちのコミュニティのメンバーは、防護柵の後ろで行われ、監視カメラで監視されているコミュニティ生活に慣れてきました。
"Since the 1970s, for example, our community members have become accustomed to community life taking place behind protective fences and monitored by surveillance cameras.

ヨーロッパ全土でユダヤ人の団体や個人に対する攻撃が驚くほど増加していることも少なからず影響しており、私たちは引き続き会員や施設に高レベルの保護を提供する必要に迫られています。」
Due in no small part to the alarming rise in attacks on Jewish institutions and individuals across Europe, we continue to be compelled to provide a high level of protection for our members and facilities."

長年にわたり、ユダヤ人コミュニティ組織の予算の大部分は安全保障に充てられてきた。
For a long time now, large portions of Jewish community organizations' budgets have been devoted to security.

ほとんどは独自のセキュリティ部門を持ち、警察や州の犯罪捜査部門と緊密に連携しています。
Most have their own security departments, working closely with police and state criminal investigation departments.


親は子供たちのことを心配する
Parents fear for their children

しかし現在、ドイツや米国などがテロ組織とみなしているハマスによるイスラエル攻撃を受けて、多くのユダヤ人がこうした安全対策への信頼を失っている。
But now, after the attacks on Israel by Hamas, which Germany, the US and other countries consider a terrorist organization, many Jews have lost faith in those security measures.

「両親は怖がっている、ただ怖がっているだけだ」とベルリンのユダヤ人保育園のスタッフはDWに語った。
"The parents are scared, just scared," a staff member at a Jewish daycare center in Berlin told DW.

多くのユダヤ人の幼稚園では今週、子供たちは家にいた。
In many Jewish kindergartens, children stayed home this week.


レオ・ラタッシュは、37年間にわたりフランクフルトのユダヤ人コミュニティの警備を担当してきました。
Leo Latasch has been in charge of security for the Jewish community in Frankfurt for 37 years.

同氏は、紛争がフランクフルトではなくイスラエルで起きていることを何度も説明し、両親を安心させようと努めてきたと述べた。
He said he has been trying to reassure parents, explaining again and again that the conflict is taking place in Israel, not Frankfurt.

彼は、あらゆる(おそらくフェイクの)ニュース報道にパニックに陥らないようにアドバイスしていると述べた。
He says he is advising them not to panic at every — possibly fake — news report.


しかし、彼らを安心させることがますます難しくなっていると彼は感じている。 「私たちはこれまでこのような状況に陥ったことはありませんでした」とラタシュ氏は言う。
But he is finding it harder and harder to reassure them. "We've never been in a situation like this before," Latasch says.

イスラム主義テロ組織ハマスは、アラブ世界とイスラム世界を抗議活動に動員しようとしている。 ラタシュ氏は、この時期にユダヤ人の親が子供たちを近くに置いておきたいのなら、それを責めないと言う。
The Islamist terrorist group Hamas has been seeking to mobilize the Arab and Muslim world for protests. Latasch says he doesn't blame Jewish parents if they prefer to keep their children close to them during this time.

弾痕のあるシナゴーグの扉
Synagogue door with bullet holes


しかし、反ユダヤ主義は決してドイツにおけるアラブ・イスラム教徒だけの問題ではない。
Antisemitism, however, is by no means only an Arab-Muslim problem in Germany.

2022年、アメリカユダヤ人委員会(AJC)は、人口全体の意識を調査する代表的な研究をアレンスバッハ人口統計研究所に委託した。
In 2022, the American Jewish Committee (AJC) commissioned a representative study by the Allensbach Institute for Demography looking into attitudes of the population as a whole.

この調査は、反ユダヤ主義が政治的周縁層だけの問題ではなく、社会の中央に「深く根付いている」ことを示した。
The survey showed that antisemitism is not exclusively a problem of the political fringes, but "deeply rooted" in the middle of society.


これはドイツのすべてのユダヤ人にとって非常に現実的な脅威である、とOFEKカウンセリングセンターの創設事務局長で反ユダヤ主義コンピテンスセンター所長のマリーナ・チェルニフスキー氏は言う。
This is a very real threat to all Jews in Germany, says founding executive director of the OFEKcounseling center and head of the Competence Center for Antisemitism, Marina Chernivsky.

彼女によれば、ドイツのユダヤ人は現在二重の負担に直面しているという。 一方で、ドイツには根深い反ユダヤ主義があり、これは非常に現実的な脅威であると彼女は述べた。
She says Jews in Germany are currently facing a twofold burden. On the one hand, there is the deep-rooted antisemitism in Germany, which is a very real threat, she said.

さらに、「彼らはイスラエルの民間人に対して、ショア以来で最も大規模な暴力を経験している。これが根深いトラウマを再び引き起こしている」と付け加えた。
In addition, she added, "they are experiencing the most massive violence against the civilian population in Israel since the Shoah. This is re-triggering a deep-seated trauma.

そして彼らは今、それにも対処しなければなりません。」
And they now have to deal with that too."

攻撃以来、ドイツのOFEKカウンセリングセンターは非常に忙しい状態となっている。
Since the attacks, the OFEK counseling center in Germany has been very busy.

危機ホットラインに相談を求める人の数が急増している。
There has been a sharp increase in the number of people calling its crisis hotline for advice.

中には、子供たちに戦争についてどう話したらよいかを理解しようとしている親もいる。
Some include parents trying to understand how to talk to their children about war.

戦後ドイツのホロコースト生存者
Holocaust survivors in postwar Germany


ドイツ人にとって、それはさらなる災難にすぎない
For the Germans, it's just one more disaster

ロシアがウクライナを攻撃したとき、エスター・Kはウクライナ難民のために衣服と住居を整理する援助者の一人であった。
When Russia attacked Ukraine, Esther K. was one of the helpers organizing clothing and housing for the Ukrainian refugees.

現在、彼女はイスラエルとの航空交通が停止されて以来、ドイツで足止めされているイスラエル人のための宿泊施設を急いで見つけようとしている。 多くは子供を持つ女性です。
Now, she has been trying to quickly find accommodation for Israelis stranded in Germany since the suspension of air traffic with Israel. Many are women with children.

しかし、Kさんの助けの要請に応じたのは一人の老婦人だけだった。
However, only one elderly lady responded to K's request for help.


「ドイツ人にとって、これは世界における新たな災害にすぎません」と彼女は言う。 彼女はドイツで失望し、完全に孤独を感じていると語った。
"For the Germans, this is just one more disaster in the world," she says. She said she feels disappointed and completely alone in Germany.

テロ組織と広くみなされているパレスチナ解放人民戦線(PFLP)のフロント組織であるサミドゥーンのメンバーが、ハマスのテロ攻撃を祝うかのようにベルリン・ノイケルンでお菓子を配ったとき、ベルリンのユダヤ人社会はこのグループを追放するよう要求した。
When members of Samidoun — a front for the Popular Front for the Liberation of Palestine (PFLP) group, widely considered a terrorist organization — distributed sweets in Berlin-Neukölln in apparent celebration of the Hamas terrorist attacks, Berlin's Jewish community in Berlin demanded the group be banned.

「私たちはベルリンでそのような映像をもう見たくない」とイラン・キースリングさんは強調した。
"We don't want to see such images in Berlin anymore," Ilan Kiesling stressed.

木曜日、オラフ・ショルツ首相はドイツ国内でのハマス関連活動の禁止とサミドゥン協会の禁止を発表した。
On Thursday, Chancellor Olaf Scholz announced bans on Hamas-affiliated activities in Germany and a ban on the Samidoun association.

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3310-f67f089e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>