Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |IDウィークカンファレンスで明らかになったコロナ後遺症に関する最新データ espress 2023/10/12
fc2ブログ

Entries

IDウィークカンファレンスで明らかになったコロナ後遺症に関する最新データ espress 2023/10/12

En:(grammar)



IDウィークカンファレンスで明らかになったコロナ後遺症に関する最新データ
The Latest Data on Long COVID Revealed at ID Week Conference
https://www.expresshealthcaremgmt.com/news2/the-latest-on-long-covid-most-prevalent-symptoms-to-research-underway/150153/

espress 2023/10/12









最近の ID Week カンファレンスで、RECOVER 委員会の委員長である Igho Ofotokun 博士は、コロナ後遺症とその症状に関する最新の調査結果を共有しました。
At the recent ID Week conference, Dr. Igho Ofotokun, the chair of the RECOVER committee, shared the latest findings on Long COVID and its symptoms.

RECOVER 委員会は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の長期的な影響を理解することに焦点を当てており、コロナ後遺症に関するデータを収集するためにいくつかの研究を実施しました。
The RECOVER committee focuses on understanding the long-term effects of COVID-19 and has conducted several studies to gather data on Long COVID.


RECOVERが実施した研究の1つは、新型コロナウイルス感染後1年から48か月目まで患者を追跡した縦断的メタコホート研究だった。
One of the studies conducted by RECOVER was a longitudinal meta-cohort study that followed patients from one year into their COVID infection up to month 48.

この研究には、あらゆる年齢と民族の新型コロナウイルス感染症患者と非感染者が対象となった。
The study included individuals with and without COVID-19 of all ages and ethnicities.

参加者は、急性および急性期後の症状に基づいて 3 段階に分類されました。
The participants were categorized into three tiers based on their acute and post-acute symptoms.


RECOVER イニシアチブ内の別の研究は、コロナ後遺症の定義を開発することを目的としていました。
Another study within the RECOVER initiative aimed to develop a definition of Long COVID.

この研究には約9,764人の参加者が含まれており、研究者らは疲労、脳霧、胃腸症状、慢性咳など、コロナ後遺症に関連する12の一般的な症状を特定した。
Approximately 9,764 participants were included in this study, and researchers identified 12 common symptoms associated with Long COVID, including fatigue, brain fog, GI symptoms, and chronic cough.

これらの研究から得られた重要な結果は、全人口におけるコロナ後遺症 の推定有病率が約 10% であることを示しました。
Key findings from these studies showed an estimated prevalence of Long COVID in the overall population of roughly 10%.


コロナ後遺症 の陽性反応は、オミクロン以前の時代に感染した参加者やワクチン接種を受けていない個人でより一般的でした。
Positivity for Long COVID was more common in participants infected in the pre-Omicron era and among unvaccinated individuals.

また、再感染した人はコロナ後遺症の有病率が高かったことから、再感染とコロナ後遺症との間には関連性が見られました。
There was also a link between reinfections and Long COVID, as those who were reinfected showed a higher prevalence of Long COVID.


RECOVER によって収集された電子医療記録 (EHR) データは、コロナ後遺症に関する貴重な洞察を提供しました。
The electronic health record (EHR) data collected by RECOVER provided valuable insights into Long COVID.

さまざまな臓器系に関連する、コロナ後遺症の症状の 6 つの異なるクラスターが特定されました。
Six different clusters of Long COVID symptoms were identified, relating to different organ systems.

これは、コロナ後遺症 が均一な病気ではなく、体のさまざまな部分に影響を与えることを強調しました。
This highlighted that Long COVID is not a homogeneous disease and affects various parts of the body.


RECOVER委員会による進行中の分析には、コロナ後遺症における性差の調査、臨床リスクと臨床検査結果を組み込むことによるコロナ後遺症の定義の洗練、EHRデータと前向き観察研究の整合性が含まれます。
Ongoing analyses by the RECOVER committee include exploring sex differences in Long COVID, refining the definition of Long COVID by incorporating clinical risk and laboratory findings, and aligning EHR data with prospective observational studies.

コロナ後遺症に関する研究は、小児、妊娠中、高齢者など、さまざまな集団を対象に拡大されています。
Research into Long COVID is expanding to include different population groups, such as pediatric, pregnant, and aging populations.

コロナ後遺症 の有病率は高く、10% 以上と推定されており、ほぼすべての臓器系に影響を及ぼします。
The prevalence of Long COVID is high, estimated at 10% or higher, and it affects almost every organ system.


全体として、ID Week カンファレンスで発表された RECOVER 研究の結果は、コロナ後遺症とその個人への影響についての理解を深めるのに貢献します。
Overall, the findings from the RECOVER studies presented at the ID Week conference contribute to a better understanding of Long COVID and its impact on individuals.

この研究は、コロナ後遺症の有病率、症状、関連要因についての洞察を提供し、効果的な管理および治療戦略の開発に役立ちます。
The research is providing insights into the prevalence, symptoms, and associated factors of Long COVID, which will help in developing effective management and treatment strategies.



Sources:
– ID Week conference presentation by Dr. Igho Ofotokun
– RECOVER (Researching COVID to Enhance Recovery in adults) committee

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3306-81614f98

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
35位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>