Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |職場での病欠が過去10年間で最高を記録 BBC 2023/9/26
fc2ブログ

Entries

職場での病欠が過去10年間で最高を記録 BBC 2023/9/26

En: (grammar)


職場での病欠が過去10年間で最高を記録
Sick days at work hit highest level for 10 years
https://www.bbc.com/news/business-66883087

BBC 2023/9/26











研究によると、英国の労働者は過去10年間のどの時点よりも多くの病気休暇を取得している。
UK workers are taking more sick days than at any point in the last decade, research suggests.

公認人材開発研究所(CIPD)の調査によると、過去1年間に職員が平均して病気休暇をとったのは7.8日で、パンデミック前の5.8日から増加した。
Staff took on average 7.8 sick days in the past year, up from 5.8 before the pandemic, the Chartered Institute for Personnel and Development (CIPD) found.

病欠中のある教師は、彼女の職場環境はプレッシャーが強く「有害」だとBBCに語った。
One teacher who is off sick told the BBC her work environment was now "toxic" due to high pressure.


業界団体は、この上昇は「懸念」であり、ストレス、新型コロナウイルス、生計費危機が原因だと主張した。
The trade group said the rise was a "worry" and blamed stress, Covid and the cost-of-living crisis.

こうした状況は「多くの人々の幸福に深刻な影響」を与えていると付け加えた。
These conditions were having "profound impacts on many people's wellbeing", it added.


この調査では、650 万人の従業員に相当する 900 以上の組織の欠勤率を分析しました。
The research analysed rates of absence in more than 900 organisations, representing 6.5 million employees.

これは、CIPD が外来患者サポートを提供するヘルスケア会社 Simplyhealth と協力して実施したものです。
It was conducted by the CIPD, in partnership with Simplyhealth, a healthcare company that provides outpatient support.

この研究では、軽度の病気が短期欠勤の主な理由であり、次に筋骨格系の損傷と精神疾患が続いていることが判明した。
The study found that minor illnesses were the main reason for short-term absences, followed by musculoskeletal injuries and mental ill health.


一方、組織の 3 分の 1 以上が、依然として新型コロナウイルス感染症が病欠の重大な原因であると報告しています。
Meanwhile, more than a third of organisations also reported Covid-19 was still a significant cause of sick days.

長期の病気休暇中のスタッフは、精神的健康上の問題、筋骨格系の損傷、またはがんや脳卒中などの状態を責める傾向がありました。
Staff on long-term sick leave tended to blame mental health issues, musculoskeletal injuries or conditions such as cancer and stroke.

南東部出身の教師であるサリー(仮名)は、学校の「有害な環境」によるストレスのため、現在休暇を取っている。
Sally (not her real name), a teacher from the South East, is currently taking time off due to stress caused by the "toxic environment" at her school.



「今週は手に負えなくなった」と彼女はBBCに語った。 「経営陣からのコメントは『どこの学校もこんな感じだ。みんなプレッシャーにさらされている』というもの。
"It became unmanageable this week," she told the BBC. "Comments from management say 'all the schools are like this. Everyone is under pressure'.

しかし、それは私たちが耐えなければならないという言い訳のようです。」
But it seems to be an excuse - that we've got to bear it."

彼女は、サポートを求めて同僚と話したかったが、誰もがプレッシャーにさらされていたため時間がなかったと語った。
She said she had wanted to speak to colleagues for support but there wasn't time as everyone was under pressure.


「髪が洗えない」:長期にわたる病気が英国を襲っている
'I can't wash my hair': How long-term sick are hitting UK

体調不良により記録数字が機能しない
Record numbers not working due to ill health

新型コロナウイルスに感染している場合、仕事や学校に行けますか?
Can you go to work or school if you have Covid?


CIPDによると、パンデミック以降の労働文化の変化と生活費危機の影響で、一部の従業員は意欲を失いストレスを感じているという。
Changes in working culture since the pandemic coupled with the cost-of-living crisis have left some employees feeling disengaged and stressed, the CIPD said.

在宅勤務は、一人暮らしや社会的接触が限られているスタッフにとっても問題となる可能性があります。
Working from home could also present an issue for staff that lived alone or had limited social contact.

CIPDの上級従業員福祉アドバイザー、レイチェル・サフ氏は、公共部門の病気休暇は民間部門のほぼ2倍であると述べた。
Rachel Suff, senior employee wellbeing adviser at the CIPD, said that public sector sick days were almost double than that of the private sector.


「大規模な組織ほど欠勤率は常に高く、それは民間部門にも当てはまります。公共部門にも大規模な組織がたくさんあります」と彼女はBBCに語った。
"Absence has always been higher in bigger organisations - and that goes for private sector as well - and there are a lot of large organisations in the public sector," she told the BBC.

「また、[公共部門には]最前線での役割が非常にたくさんあります」と彼女は述べ、NHSなどの組織で働く人々に対する余分なプレッシャーを挙げた。
"Also, there are an awful lot of front-line roles [in the public sector]," she said, citing extra pressures on people working in organisations such as the NHS.


調査対象となった組織のほとんどは傷病手当を支給していると回答したが、約半数はスタッフの福利厚生を改善する戦略を立てていた。 しかしCIPDは、欠勤率は依然として上昇しており、雇用主はさらなる対応が必要だと述べた。
Most of the organisations surveyed said they offered sick pay, while around half had a strategy to improve staff wellbeing. However, the CIPD said rates of absence were still rising and employers needed to do more.

CIPDのサフ女史は、雇用主は職場の不健康の原因をより適切に管理し、問題の拡大を阻止するために早期に介入する必要があると述べた。
Ms Suff from the CIPD said employers needed to better manage the causes of workplace ill-health and intervene early to stop issues escalating.


「従業員が前に出てもいいと思える、オープンで協力的な文化を組織が作り出すことが重要です」と彼女は付け加えた。
"It's important that organisations create an open, supportive culture where employees feel they can come forward," she added.

心理学者で放送作家のオードリー・タン博士はBBCラジオ5ライブに対し、労働者が何を必要としているかについて「トップの人々の理解に不一致」があると語った。
Dr Audrey Tang, a psychologist and broadcaster, told BBC Radio 5 Live there was "a mismatch of understanding from people right at the top" about what workers needed.

「多くの場合、ランチタイムのヨガやランチタイムのアイスクリームバンのような、手っ取り早く短期的な解決策は、人々が必要としているものではありません」と彼女は言う。
"Often, quick, short-term fixes such a lunchtime yoga or lunch time ice cream vans are not what people need," she said.





スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3255-e315a13d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>