Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナ後遺症:MRIスキャンで症状の新たな手がかりが明らかに BBC 2023/9/23
fc2ブログ

Entries

コロナ後遺症:MRIスキャンで症状の新たな手がかりが明らかに BBC 2023/9/23

En: (grammar)


コロナ後遺症:MRIスキャンで症状の新たな手がかりが明らかに
Long Covid: MRI scans reveal new clues to symptoms
https://www.bbc.com/news/health-66890505

BBC 2023/9/23









新しい研究によると、入院後もコロナ後遺症患者は、主要臓器に何らかの損傷を示す可能性が高いという。
People living with long Covid after being admitted to hospital are more likely to show some damage to major organs, according to a new study.

MRIスキャンの結果、患者は肺、脳、腎臓などの複数の臓器に何らかの異常を抱えている可能性が3倍高いことが明らかになった。
MRI scans revealed patients were three times more likely to have some abnormalities in multiple organs such as the lungs, brain and kidneys.

研究者らは、病気の重症度と関連性があると考えている。
Researchers believe there is a link with the severity of the illness.


英国の研究がコロナ後遺症のより効果的な治療法の開発に役立つことが期待されている。
It is hoped the UK study will help in the development of more effective treatments for long Covid.

『Lancet Respiratory Medicine』誌に発表されたこの研究は、ウイルスに感染して入院した259人の患者を調査したものである。
The study, published in Lancet Respiratory Medicine, looked at 259 patients who fell so ill with the virus that they were admitted to hospital.

退院から5か月後の主要臓器のMRIスキャンでは、新型コロナウイルスに感染したことのない52人のグループと比較すると、いくつかの有意な違いが示された。
Five months after they were discharged, MRI scans of their major organs showed some significant differences when compared to a group of 52 people who had never had Covid.


最大の影響は肺に見られ、スキャンで異常が見つかる可能性が 14 倍高かった。
The biggest impact was seen on the lungs, where the scans were 14 times more likely to show abnormalities.

また、重度の新型コロナウイルス感染症に罹患した人々では、MRIスキャンで脳に何らかの異常が見られる可能性が3倍、腎臓に異常が見られる可能性が2倍高かった。
MRI scans were also three times more likely to show some abnormalities in the brain - and twice as likely in the kidneys - among people who had had severe Covid.

心臓や肝臓の健康状態には大きな差はありませんでした。
There was no significant difference in the health of the heart or liver.


新型コロナウイルス感染症後の頭の霧と血栓の関連性 - 研究
Brain fog after Covid linked to blood clots - study

コロナ後遺症の症状は何ですか?
What are the symptoms of long Covid?

オックスフォード大学のベティ・ラマン博士で、この研究の主任研究者の一人であるベティ・ラマン博士は、コロナ後遺症患者は、何らかの臓器損傷を経験している可能性が高いことは明らかだと述べている。
Dr Betty Raman, from the University of Oxford and one of the lead investigators on the study, says it is clear that those living with long Covid symptoms are more likely to have experienced some organ damage.


彼女は、「患者の年齢、新型コロナウイルス感染症の重症度、他の病気を同時に患っているかどうかはすべて、体内の重要な器官への損傷が見つかるかどうかの重要な要素だった」と述べた。
She said: "The patient's age, how severely ill they were with Covid, as well as if they had other illnesses at the same time, were all significant factors in whether or not we found damage to these important organs in the body."

新しい治療法
New treatments

この研究結果は、Phosp-Covid研究として知られる、入院患者に対するコロナの長期的な影響を調べた大規模な研究の一部である。
The findings are part of a bigger study looking at the long-term effects of Covid on those who were hospitalised, known as the Phosp-Covid study.


研究者らは、肺の異常を伴う胸の圧迫感や咳など、いくつかの症状がMRIスキャンで明らかになった臓器損傷の兆候と一致していることを発見した。
The researchers found some symptoms matched up with signs of organ damage revealed by the MRI scans - for example, a tight chest and cough with abnormalities in the lungs.

しかし、コロナ後遺症患者が経験する症状のすべてが、スキャンで観察された内容と直接結びついているわけではない。
However, not all of the symptoms experienced by those living with long Covid could be directly linked to what was seen on the scans.

ラマン博士はまた、入院し、最初の感染から回復した後も身体的および精神的健康上の問題を訴えている人々の間では、複数の臓器の異常がより一般的であるようだと述べた。
Dr Raman says it also seems that abnormalities in more than one organ were more common among people who had been admitted to hospital and were still reporting physical and mental health problems after they had recovered from the initial infection.


「私たちが見ているのは、MRI検査で多臓器の病理がある人、つまり2つ以上の臓器が影響を受けている人は、重度および非常に重度の精神的および身体的障害を報告する可能性が4倍高いということです」と彼女は述べた。
"What we are seeing is that people with multi-organ pathology on MRI - that is, they had more than two organs affected - were four times more likely to report severe and very severe mental and physical impairment," she said.

「我々の調査結果は、特に新型コロナウイルス感染症で入院している患者にとって、肺と肺外の健康(腎臓、脳、精神的健康)に焦点を当てた、長期にわたる学際的なフォローアップサービスの必要性も浮き彫りにしている。」
"Our findings also highlight the need for longer term multidisciplinary follow-up services focused on pulmonary and extrapulmonary health (kidneys, brain and mental health), particularly for those hospitalised for Covid."

Phosp-Covid研究を主導するレスター大学のクリス・ブライトリング教授は、この研究はコロナ後遺症として知られる症候群を構成するさまざまな症状のグループを理解するための広範な取り組みの一環であると述べている。
Prof Chris Brightling, from the University of Leicester and who is leading the Phosp-Covid study, says the research is part of a wider effort to understand the group of different symptoms that make up the syndrome known as long Covid.


同氏は、「全身画像のこの詳細な研究により、新型コロナウイルス感染症で入院した数か月後に複数の臓器に変化が見られることが確認された」と述べた。
"This detailed study of whole-body imaging confirms that changes in multiple organs is seen months after being hospitalised for Covid," he said.

「Phosp-Covid研究は、なぜこれが起こるのか、そしてコロナ後遺症に対する検査と新しい治療法をどのように開発できるのかを理解することに取り組んでいます。」
"The Phosp-Covid study is working on understanding why this happens and how we can develop tests and new treatments for long Covid."



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3250-ddfa1681

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
35位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>