Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |衛生仮説は本当ですか? 2022/10/25
fc2ブログ

Entries

衛生仮説は本当ですか? 2022/10/25

En: (grammar)


衛生仮説は本当ですか?
Is the Hygiene Hypothesis True?
https://publichealth.jhu.edu/2022/is-the-hygiene-hypothesis-true

2022/10/25










衛生仮説とは、健康な免疫システムを発達させるために子供たちは細菌にさらされる必要があるという考えです。
The hygiene hypothesis is the idea that kids need to be exposed to germs in order to develop healthy immune systems.

社会的距離、マスク、その他の新型コロナウイルス感染症緩和策のおかげで、パンデミック中に多くの一般的なウイルスがそれほど広く蔓延しなかったことはわかっています。 見逃した感染にはマイナス面はあるのでしょうか?
We know that many common viruses did not circulate as widely during the pandemic, thanks to social distancing, masking, and other COVID mitigation measures. Are there downsides to those missed infections?

このQ&Aでは、ケイトリン・リバースが、環境衛生・工学部教授兼学長であるマーシャ・ウィルズ=カープ博士(MHS)に、子供の免疫システムの発達における家庭内マイクロバイオーム、出生、ワクチンの役割、そして早期の暴露が本当に最良の薬なのかについて話を聞いた。
In this Q&A, Caitlin Rivers speaks with Marsha Wills-Karp, PhD, MHS, professor and chair of Environmental Health and Engineering, about the role of household microbiomes, birth, and vaccines in the development of kids’ immune systems—and whether early exposure really is the best medicine.


この Q&A は、Rivers の Substack ブログ「Force of Infection」から引用されたものです。
This Q&A is adapted from Rivers’ Substack blog, Force of Infection.


(新型コロナウイルス感染症のパンデミック中には)起こらなかった鼻づまりにはマイナス面があるという衛生仮説を聞いた親の中には、多少の懸念があると思います。 ウイルス感染症には何か良い点はあるのでしょうか? それらは何らかの意味で免疫システムを助けているのでしょうか?
I THINK THERE’S SOME CONCERN AMONG PARENTS WHO HAVE HEARD ABOUT THE HYGIENE HYPOTHESIS THAT THERE IS A DOWNSIDE TO ALL THOSE STUFFY NOSES THAT DIDN’T HAPPEN [DURING THE COVID-19 PANDEMIC]. ARE THERE ANY UPSIDES TO VIRAL INFECTIONS? DO THEY HELP THE IMMUNE SYSTEM IN SOME MEANINGFUL WAY?

私はそうは思わない。
I don’t think so.

あなたは 80 年代に仮説が立てられた衛生仮説について言及しました。 ドイツの科学者は、子供の数が少ない家庭ほどアレルギー疾患にかかる傾向が高いことに気づきました。
You mentioned the hygiene hypothesis, which was postulated back in the ‘80s. German scientists noticed that families with fewer children tended to have more allergic disease.

これは、アレルギー疾患は感染症の経験が少ないことに関連していると解釈されました。 私はこれまで数十年間、研究でこの考えを探求してきました。
This was interpreted [to mean] that allergic disease was linked to experiencing fewer infections. I have explored this idea in my research for a couple of decades now.

この現象は免疫システムを理解するのに役立ちましたが、免疫システムに対する私たちの解釈は、特にウイルスに関して成長し、拡大しました。 アレルギー疾患やその他の免疫疾患を防ぐウイルスはほとんどありません。
This phenomenon has helped us to understand the immune system, but our interpretation of it has grown and expanded—particularly with respect to viruses. Almost no virus is protective against allergic disease or other immune diseases.

実際、ウイルス感染はほとんどの場合、それらの病気の発症に寄与するか、悪化させます。
In fact, infections with viruses mostly either contribute to the development of those diseases or worsen them.

細菌の場合はその逆です。 善玉菌もあれば悪玉菌もいます。 私たちが共生菌と呼ぶ善玉菌。 私たちの体には、実際には人間の細胞よりも多くの細菌細胞があります。
The opposite is true of bacteria. There are good bacteria and there are bad bacteria. The good bacteria we call commensals. Our bodies actually have more bacterial cells than human cells.

私たちが長年にわたって学んだことは、家庭生活や環境との関連性はおそらくマイクロバイオームとより関係があるということです。
What we’ve learned over the years is that the association with family life and the environment probably has more to do with the microbiome.

したがって、私が言えるのは、家のあらゆる表面を極端に消毒することは、おそらく良いことではないということです。
So one thing I would say is sanitizing every surface in your home to an extreme is probably not a good thing.

私たちの研究チームは、無菌環境では免疫システムがまったく発達しないことを動物で示しました。 私たちはそれを望んでいません。
Our research team showed in animals that sterile environments don’t allow the immune system to develop at all. We don’t want that.


ウイルスへの曝露がない場合、免疫システムの発達に何が寄与するのでしょうか?
WHAT DOES CONTRIBUTE TO THE DEVELOPMENT OF THE IMMUNE SYSTEM, IF NOT EXPOSURE TO VIRUSES?


過去 20 年間にわたり、私たちが衛生仮説に関連付けてきた要因は数多くありますが、これらの曝露は人生の非常に早い段階から始まります。
There are a number of factors that we’ve associated with the hygiene hypothesis over the last 20 years, and these exposures start very early in life.

帝王切開では、赤ちゃんが産道を通過できず、母親の本当に健康な細菌内容にさらされることができないため、さまざまな免疫疾患の危険因子となります。
Cesarean sections, which do not allow the baby to travel through the birth canal and get exposed to the mother’s really healthy bacterial content, is a risk factor for many different immune diseases.

良いバクテリアを早期に播種することは、子どもが将来に向けて成長するために非常に重要です。 母乳育児は、健康な免疫システムの発達にも貢献します。
Getting that early seeding with good bacteria is critical for setting up the child going forward. Breastfeeding also contributes to the development of a healthy immune system.


他の要因もあります。 私たちの食生活は長年にわたって劇的に変化しました。 私たちは、繊維など、健康なマイクロバイオームに必要な通常の成分を含まない加工食品をたくさん食べています。
There are other factors. Our diets have changed dramatically over the years. We eat a lot of processed food that doesn’t have the normal components of a healthy microbiome, like fiber.

私たちの腸内のこれらの健康な細菌は、自らを維持するために繊維を必要とします。 それらは私たちの免疫システムにとって重要であるだけでなく、私たちが食べ物からカロリーと栄養素を得るのにも絶対に不可欠です。 これらすべてが子供の健康に貢献します。
These healthy bacteria in our gut need that fiber to maintain themselves. They not only are important for our immune system but they’re absolutely critical to us deriving calories and nutrients from our food. All these things contribute to a healthy child.

また、農場に住んでいる人々は動物の糞便にさらされているため、これらの病気にかかることが少ないことにも気づきました。
We’ve also noticed that people who live on farms have fewer of these diseases because they’re exposed to—for lack of a better term—the fecal material of animals.

そして私たちが発見したのは、それがこれらの共生細菌によるものであるということです。 それは私たちが健康な免疫システムを維持するのに役立つ要素の1つです。 私たちのほとんどはおそらく農場生活を採用しないでしょう。 しかし、私たちはペットを飼うこともできますし、犬を飼うこともできます。
And what we have found is that it’s due to these commensal bacteria. That is one of the components that help us keep a healthy immune system. Most of us will probably not adopt farm life. But we can have a pet, we can have a dog.

ペット愛好家なら誰でもその言葉を聞いて喜ぶと思います。
I THINK ALL THE PET LOVERS OUT THERE WILL BE PLEASED TO HEAR THAT.

幼児期にペットを飼うことが非常に身を守る効果があるという証拠はたくさんあります。
There’s a lot of evidence that owning a pet in early childhood is very protective.

大人になってからウイルスにかかるとさらに重篤な症状が出るから、早い段階でウイルスにさらされる必要があるという考えはどうですか? たとえば、水痘についてもそれが当てはまることを私たちは知っています。 それについて何か懸念はありますか?
WHAT ABOUT THE IDEA THAT YOU NEED TO BE EXPOSED TO VIRUSES IN EARLY LIFE BECAUSE IF YOU GET THEM AS AN ADULT, YOU’LL GET MORE SEVERELY ILL? WE KNOW THAT’S TRUE FOR CHICKENPOX, FOR EXAMPLE. DO YOU HAVE ANY CONCERNS ABOUT THAT?

たとえ幼児期であっても、誰が重篤な病気にかかりやすいかを予測することはできないため、これらの曝露に対してはワクチンに頼るべきです。 ワクチン接種以前を振り返ると、4歳未満の子供は感染症で命を落とすことがよくありました。
We should rely on vaccines for those exposures because we can never predict who is going to be susceptible to severe illness, even in early childhood. If we look back before vaccines, children under 4 often succumbed to infections.

私たちは歴史のあの時代に戻りたいとは思いません。
I don’t think we want to return to that time in history.

一例を挙げましょう。 RSウイルスという呼吸器系ウイルスがあります。 ほぼすべての乳児が2歳までに陽性反応を示します。
Let me just give you one example. There’s a virus called RSV, it’s a respiratory virus. Almost all infants are positive for it by the age of 2.

しかし、重症化した人は、アレルギー疾患やその他の問題を発症する可能性が高くなります。 したがって、健康になるためには病原性ウイルスに感染しなければならないという考えは良いものではありません。
But those who get severe disease are more likely to develop allergic disease and other problems. So this idea that we must become infected with a pathogenic virus to be healthy is not a good one.

風邪であるライノウイルスであっても、ほとんどの人は正常に回復します。
Even rhinovirus, which is the common cold, most people recover fine.

しかし、アレルギーのある人にとって、ライノウイルスへの曝露が症状をさらに悪化させるという証拠はたくさんあります。 実際、アレルギーや喘息のある子供のほとんどは、これらのウイルスが蔓延する冬の間に苦しみます。
But there’s a lot of evidence that for somebody who is allergic, rhinovirus exposures make them much worse. In fact, most allergic or asthmatic kids suffer through the winter months when these viruses are more common.

現在、大量のライノウイルスとエンテロウイルスが流行しているため、これは特に重要です。
AND THAT’S PARTICULARLY SALIENT BECAUSE THERE IS A LOT OF RHINOVIRUS AND ENTEROVIRUS CIRCULATING RIGHT NOW.

私の観点からすると、現時点ではインフルエンザと新型コロナウイルス感染症を避けることが最優先事項です。
From my point of view, right now, avoiding flu and COVID-19 is a priority.

これらは健康な免疫反応を発達させるのに役立ちませんし、実際、発達の重要な時期に肺に多大なダメージを与える可能性があります。 生後6か月から1年の間により多くの感染症に罹患した子供たちは、その後もより多くの問題を抱えていることがデータ[で示されている]。
Those are not going to help you develop a healthy immune response, and in fact, they can do a lot of damage to the lungs during that critical developmental time. Data [show] that children that have more infections in the first 6 months to a year of life go on to have more problems.

幼い子供たちがこれらの風邪に費やす時間の割合のデータを見ると、いつも驚かされます。これはパンデミック前の話ですが、子供たちが時間の 50% で病気になることは珍しくありません。 親としては当然のことだと思いますが、驚くべきことです。
IT’S ALWAYS SURPRISING TO ME WHEN I LOOK AT THE DATA OF THE FRACTION OF TIME THAT YOUNG CHILDREN SPEND WITH THESE COMMON COLDS—AND THIS IS PRE-PANDEMIC—IT’S NOT UNCOMMON FOR KIDS TO BE SICK 50% OF THE TIME. THAT FEELS RIGHT AS A PARENT, BUT IT’S STARTLING.


もう一つ知られていないのは、胃腸管はあらゆる食べ物、アレルゲン、その他のものに対して寛容になる場所だということです。 腸内にこれらの健康な細菌がなければ、一般的なアレルゲンに耐えることはできません。
The other thing people don’t know is that the GI tract is where you get tolerized to all of your foods, allergens and things. Without those healthy bacteria in your gut, you can’t tolerate common allergens.

それは、人生の早い段階でピーナッツを控えるべきだという、長年にわたって変化してきた指導とどのように関係しているのでしょうか?
HOW DOES THAT RELATE TO THE GUIDANCE THAT’S CHANGED OVER THE YEARS—THAT YOU SHOULD WITHHOLD PEANUTS IN EARLY LIFE AND NOW YOU’RE SUPPOSED TO OFFER THEM IN EARLY LIFE?

ピーナッツへの曝露を遅らせるためのガイダンスでは、子供たちが受けるピーナッツへの経口曝露だけが曝露ではないという事実が考慮されていませんでした。 あらゆる種類のスキンクリームやその他のものにピーナッツオイルが含まれていました。
The guidance to delay exposure to peanuts didn’t consider the fact that oral exposure to peanuts was not the only exposure kids were getting. There were peanut oils in all kinds of skin creams and other things.

そのため、子供たちは皮膚から感染しましたが、腸を保護する機能がありませんでした。消化管は耐性システムにとって重要です。 健康な免疫反応があれば、早い段階で寛容になります。
So kids got exposed through their skin, but they had no gut protection—and the GI tract is important for a tolerant system. If you have a healthy immune response, you get tolerized in early life.


この概念は、すでにアレルギーの素因を持っている可能性のある家族にとっては少し異なります。 しかし、一般の人々にとって、暴露は幼少期に身を守る鍵となります。
This concept is a little bit different for those families who may already have a predisposition to allergies. But for the general public, exposure is key to protecting them in early life.

幼少期にピーナッツを与えるべきだという指導を見て、「子供たちにマスクをしたり、換気を改善したりすることでライノウイルスに対抗できるのではないか?」と言う親もいると思います。 食物アレルギーの免疫システムの発達について、感染症と比較して人々はどう考えるべきでしょうか?
I THINK SOME PARENTS LOOK AT THE GUIDANCE THAT YOU SHOULD NOW OFFER PEANUTS IN EARLY LIFE AND SAY, “ARE WE NOT DOING THAT WITH RHINOVIRUS BY MASKING KIDS OR IMPROVING VENTILATION?” HOW SHOULD PEOPLE THINK ABOUT THE DEVELOPMENT OF THE IMMUNE SYSTEM FOR FOOD ALLERGIES COMPARED TO INFECTIONS?

ライノウイルスの場合、回復しても次の感染からは守れないということです。 そこには本当の免疫防御はありません。 私たちのほとんどは生涯を通じて風邪に悩まされます。 先ほども述べたように、細菌への曝露が免疫反応を刺激する鍵となります。
The thing about rhinoviruses is that after recovering, you’re not protected from the next infection. There is no real immune protection there. Most of us suffer from colds throughout our whole life. Like I said, bacterial exposure is what’s key to priming the immune response.

また、多くの子供たちがインフルエンザで亡くなっていることも忘れられています。 新型コロナウイルス感染症(新型コロナウイルス感染症)とは異なり、幼い子供たちはそれほど重症になりにくいが、インフルエンザには当てはまらない。 RSウイルスも、幼児や高齢者では非常に重篤になる可能性があります。
Also, we forget that a lot of kids die from the flu. Unlike COVID-19, where younger kids are not quite as susceptible to severe illness, that’s not true for flu. RSV, too, can be quite severe in young children and older adults.




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3228-77c385cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>