Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |「本がまったくない空の本棚」:生徒と保護者が教育委員会の図書館除草プロセスに疑問 CBC 2023/9/13
fc2ブログ

Entries

「本がまったくない空の本棚」:生徒と保護者が教育委員会の図書館除草プロセスに疑問 CBC 2023/9/13

En: (grammar)


「本がまったくない空の本棚」:生徒と保護者が教育委員会の図書館除草プロセスに疑問
'Empty shelves with absolutely no books': Students, parents question school board's library weeding process
https://www.cbc.ca/news/canada/toronto/peel-school-board-library-book-weeding-1.6964332

CBC 2023/9/13










新たな株式ベースのプロセスを巡る混乱で、2008年以前に出版された書籍が学校図書館から撤去される
Books published in 2008 or earlier removed from school library amid confusion around new equity-based process

10 年生の高田玲奈さんは、この秋に学校に戻って最初の週に、ミシサガ高校の図書館にある本棚の写真を撮りました。 タカタ氏らは、ピール地区教育委員会が昨春実施した新たな株式ベースの書籍除草プロセスに対する一見一貫性のないアプローチを懸念している。 (Reina Takata)
Grade 10 student Reina Takata took this photo of the bookshelves in her Mississauga high school's library in her first week back to school this fall. Takata and others are concerned about a seemingly inconsistent approach to a new equity-based book weeding process implemented by the Peel District School Board last spring. (Reina Takata)

ハリー・ポッター、ハンガー・ゲーム、ロール・オブ・サンダー、ヒア・マイ・クライ。
Harry Potter, The Hunger Games and Roll of Thunder, Hear My Cry.

これらはすべて、Reina Takataさんが、ほとんど毎日昼休みに訪れるオンタリオ州ミシサガの公立高校の図書館でもう見つからないと語る本の例だ。
Those are all examples of books Reina Takata says she can no longer find in her public high school library in Mississauga, Ont., which she visits on her lunch hour most days.

Takataさんは5月、エリンデール中等学校の本棚は本でいっぱいだったが、徐々に本がなくなり始めていることに気づいたという。
In May, Takata says the shelves at Erindale Secondary School were full of books, but she noticed that they had gradually started to disappear.

この秋に彼女が学校に戻ったとき、事態はさらに厳しいものになっていた。
When she returned to school this fall, things were more stark.

「今年、学校の図書館に来てみると、本がまったくない空の本棚が何列も並んでいた」と先週10年生に入学した高田君は語った。
"This year, I came into my school library and there are rows and rows of empty shelves with absolutely no books," said Takata, who started Grade 10 last week.

彼女は、学校の図書館の本の 50 パーセント以上がなくなったと推定しています。
She estimates more than 50 per cent of her school's library books are gone.


Takataは、春に学生たちが職員から「今、本棚が空っぽに見えるのは、2008年より前に出版された本をすべて撤去しなければならないからだ」と言われたと述べた。
In the spring, Takata says students were told by staff that "if the shelves look emptier right now it's because we have to remove all books [published] prior to 2008."

Takata氏は、州政府の要請を受けて昨年春に教育委員会が実施した、新たな株式ベースの書籍除草プロセスに対する一見一貫性のないアプローチを懸念するピール地区教育委員会(PDSB)の学生、保護者、地域住民ら数名のうちの1人で、CBCトロントは話を聞いた。 文部大臣からの指示。
Takata is one of several Peel District School Board (PDSB) students, parents and community members CBC Toronto spoke to who are concerned about a seemingly inconsistent approach to a new equity-based book weeding process implemented by the board last spring in response to a provincial directive from the Minister of Education.

図書館の本が包括的であることを保証することを目的としたこの新しいプロセスにより、一部の学校が2008年以前に出版されたというだけの理由で数千冊の本を削除することになったようだ、と彼らは述べている。
They say the new process, intended to ensure library books are inclusive, appears to have led some schools to remove thousands of books solely because they were published in 2008 or earlier.

保護者と生徒はなぜこのようなことが起こったのか、そして理事会が今後何をするつもりなのかについての答えを求めています。
Parents and students are looking for answers as to why this happened, and what the board plans to do moving forward.



出版前に、オンタリオ州教育大臣スティーブン・レッチェの事務所も教育省も、CBCトロントからの問い合わせに対し、PDSBによるレッチェ指令の実施についてコメントしなかった。
Prior to publication, neither Ontario Education Minister Stephen Lecce's office, nor the Education Ministry, would comment on PDSB's implementation of Lecce's directive when contacted by CBC Toronto.

しかし、水曜日の声明の中で、教育大臣は、この慣行を直ちに中止するよう教育委員会に書簡を送ったと述べた。
But in a statement Wednesday, the education minister said he has written to the board to immediately end this practice.

「オンタリオ州は、新しい本の追加が私たちのコミュニティの豊かな多様性をよりよく反映するよう尽力しています」とレッチェ氏は述べた。
"Ontario is committed to ensuring that the addition of new books better reflects the rich diversity of our communities," said Lecce.

「カナダの歴史、反ユダヤ主義、あるいは有名な古典文学について学生を教育する本を何年も前から削除するのは不快で非論理的で直観に反します。」
"It is offensive, illogical and counterintuitive to remove books from years past that educate students on Canada's history, antisemitism or celebrated literary classics."



出版日ごとに本を整理すると懸念が生じる
Weeding books by publication date raises concerns

図書館から本を取り除くプロセスは新しいものではありません。
The process of weeding books from a library isn't new.

全国の図書館は、損傷した本、カビが生えた本、古くなった本を処分し、蔵書が信頼できる最新情報源であり続けるよう、除草計画に従っています。
Libraries across the country follow weeding plans to dispose of damaged, mouldy and outdated books and to ensure their collections remain a trusted source of current information.

しかし、日系人のTakata氏は、出版日による除草はその規範に従わず、重要な歴史を消し去ることになると懸念している。
But Takata, who is of Japanese descent, is concerned weeding by publication date doesn't follow that norm and will erase important history.


「日系強制収容所について書いた作家は消去され、歴史的に日系カナダ人に起こった出来事はすべて消去されると思います」と彼女は語った。
"I think that authors who wrote about Japanese internment camps are going to be erased and the entire events that went on historically for Japanese Canadians are going to be removed," she said.

「それはとても心配です。」
"That worries me a lot."

保護者や退職教師、地域住民で構成する「埋立地ではなく図書館」は、標準的な除草作業を支持するとしているが、フィクションとノンフィクションの書籍が出版日のみに基づいて削除されることについてはタカタ氏の懸念も共有している。
Libraries not Landfills, a group of parents, retired teachers and community members says it supports standard weeding, but shares Takata's concerns about both fiction and nonfiction books being removed based solely on their publication date.

同グループはまた、公平性に基づく淘汰プロセスの後期段階で、包括性などの主観的な基準が学校ごとにどのように解釈されるかについても懸念している。
The group is also concerned about how subjective criteria like inclusivity will be interpreted from school to school in the later stages of the equity-based weeding process.


PDSBの保護者であり、埋め立て地ではない図書館の創設者でもあるトム・エラード氏は、教師たちが草むしりのプロセスについての意識を高めるために彼らに手を差し伸べたと語った。
Tom Ellard, a PDSB parent and the founder of Libraries not Landfills, said teachers reached out to them to help raise awareness about the weeding process.

「図書館に入れるのに適切な資料は誰なのか、図書館に何が間違っているのかを決めるのは誰なのか。それは不明瞭だ」と同氏は語った。 「この資料を提供してくれた教師たちにとってもそれは明確ではありませんし、親としても納税者としても私にとっても明確ではありません。」
"Who's the arbiter of what's the right material to go in the library, and who's the arbiter of what's wrong in our libraries? That's unclear," he said. "It's not clear to the teachers who've provided us this material, and it's not clear to me as a parent or as a taxpayer."

エラードさんは、保護者会、息子の校長、教育委員会の理事らと話し合ったと語った。 同氏は州政府関係者にも連絡を取ったが、春に何が起こったのか、またそのプロセスがどのように機能する予定なのかについて実質的な返答は得られていないと述べた。
Ellard says he's talked to the parent council, his son's principal and his school board trustee. He's also contacted members of the provincial government, but says he hasn't received a substantial response about what happened in the spring and how the process is intended to work.


教育委員会がプロセスを擁護
School board defends process

CBCトロントは、除草プロセスがどのように行われるのか、また保護者や生徒からの懸念を受けて理事会がどのように進める計画なのかについて話し合うため、PDSBとの面談を要請した。
CBC Toronto requested an interview with the PDSB to discuss how the weeding process works and how the board plans to proceed in the wake of concerns from parents and students.

広報担当者は、スタッフは「今週は生徒と学校家族に焦点を当てている」ため、話すことができないと述べた。
A spokesperson said staff were not available to speak as they were "focusing on students and school families this week."

委員会は、空の棚や撤去された本の量、出版日に基づいた本の除草に関する報告などに関する質問には触れなかった。
The board did not address questions about empty shelves, the volume of books removed and reports about weeding books based on the date of publication.


その代わりに、教育委員会は声明を発表し、学校図書館から本を取り除くプロセスは6月に完了し、PDSB内および全国の教育委員会において常に司書教諭の責任の一部であったと説明した。
Instead, the board issued statements explaining that the process of weeding books from school libraries was completed in June and has always been a part of teacher librarian responsibilities within PDSB and at school boards across the country.

高田氏は、学校図書館にどの本を置くべきか、どの本を置くべきではないかについて、誰も生徒に意見を求めなかったことを懸念している。 (高田玲奈)
Takata is concerned that no one asked students for their opinions about what books should and shouldn't be in school libraries. (Reina Takata)

同委員会は声明で、「2008年より前に出版された書籍で、破損していたり、不正確であったり、発行部数データが十分でない(学生がチェックアウトしていない)書籍は削除する」と述べた。
"Books published prior to 2008 that are damaged, inaccurate, or do not have strong circulation data (are not being checked out by students) are removed," said the board in its statement.

損傷した書籍の流通量が多い場合、理事会は発行日に関係なく交換できるとし、古い書籍については「正確で、カリキュラムに沿っており、理事会の取り組みと一致し、学生の関心と関与に応じている」場合には蔵書に残すことができるとしている。
If damaged books have strong circulation the board says they can be replaced regardless of publication date, and older titles can stay in the collection if they are "accurate, serve the curriculum, align with board initiatives and are responsive to student interest and engagement."

「ピール地区教育委員会は、学校図書館で利用できる書籍が文化的に対応し、関連性があり、包括的であり、学校コミュニティとより広い社会の多様性を反映しているものであることを保証するために取り組んでいます」と教育委員会は述べた。
"The Peel District School Board works to ensure that the books available in our school libraries are culturally responsive, relevant, inclusive, and reflective of the diversity of our school communities and the broader society," said the board.


大臣指示への対応の草分け
Weeding a response to minister's directive

CBCトロントは、エラード氏のグループが入手したPDSB内部文書のコピーを検討した。この文書には、よくある質問と理事会が学校職員に提供した回答が含まれており、「図書館ラーニング・コモンズ・コレクションのリソースの除草と監査」というタイトルのプロセスに関するより詳細なマニュアルが含まれている。 。」
CBC Toronto reviewed a copy of the internal PDSB documents Ellard's group obtained, which includes frequently asked questions and answers provided to school staff by the board, and a more detailed manual for the process titled "Weeding and Audit of Resource in the Library Learning Commons collection."

この文書には除草に関する「公平なキュレーションサイクル」が示されており、このサイクルはPDSB内で広範に及ぶ組織的差別の問題に関する2020年の教育省のレビューと報告に基づいて教育大臣からの指令18をサポートするために作成されたとしている。
The documents lay out an "equitable curation cycle" for weeding, which it says was created to support Directive 18 from the Minister of Education based on a 2020 Ministry review and report on widespread issues of systematic discrimination within the PDSB.


ピール市教育委員会、組織的人種差別疑惑を受けて新たな方針を発表
Peel school board announces new policy following allegations of systemic racism

「変わらなければならない文化」:ピールで黒人学生が不当に停学処分になっていることが調査で判明
'A culture that must change': Review finds black students disproportionately suspended in Peel

指令 18 は、図書館を含む学校の多様性監査を完了するよう理事会に指示しています。
Directive 18 instructs the board to complete a diversity audit of schools, which includes libraries.

「理事会は、包括的かつ文化的に対応し、生徒および理事会のより広範な学校コミュニティに関連性があり、反映されたリソースを利用することを目的として、英語、歴史、社会科学の教育と学習に現在使用されている書籍、メディア、その他すべてのリソースを評価するものとします。 」と指令が書かれています。
"The Board shall evaluate books, media and all other resources currently in use for teaching and learning English, History and Social Sciences for the purpose of utilizing resources that are inclusive and culturally responsive, relevant and reflective of students, and the Board's broader school communities," reads the directive.


Libraries Not Landfills のメンバーは、PDSB の図書館から除草された本のスタッフからこの写真を受け取ったと述べています。 (トム・エラード提供)
Members of Libraries Not Landfills say they received this photo from staff of books that were weeded from a PDSB library. (Submitted by Tom Ellard)

除草の仕組み
How weeding works


PDSB の「公平なキュレーション サイクル」は、理事会文書の中で一般的に「不平等を解消し、文化に応じた適切な慣行を促進できるように、システムの運用方法を批判的に意識する責任を Peel スタッフに課す 3 段階のプロセス」として説明されています。 」
PDSB's "equitable curation cycle" is described generally in the board document as "a three-step process that holds Peel staff accountable for being critically conscious of how systems operate, so that we can dismantle inequities and foster practices that are culturally responsive and relevant."

まず、司書教師は 15 年以上前、つまり 2008 年以前に出版された本の書評に重点を置くように指示されました。
First, teacher librarians were instructed to focus on reviewing books that were published 15 or more years ago — so in 2008 or earlier.

次に、図書館員はこれらの本をそれぞれ読んで、カナダの学校図書館から取り入れられた広く使用されている「MUSTIE」の頭字語を検討することになりました。これらの文字は、図書館員が考慮すべき基準を表しており、次のものが含まれます。
Then, librarians were to go through each of those books and consider the widely-used "MUSTIE'' acronym adapted from Canadian School Libraries. The letters stand for the criteria librarians are supposed to consider, and they include:


誤解を招く – 情報は事実が不正確であるか、古くなっている可能性があります。
Misleading – information may be factually inaccurate or obsolete.

不快 – 本の物理的な状態を指し、交換が必要な場合があります。
Unpleasant – refers to the physical condition of the book, may require replacement.

置き換えられた – 新しい版またはより最新のリソースによって置き換えられた本。
Superseded – book been overtaken by a new edition or a more current resource.

些細なこと – 文学的または科学的に何の価値もありません。 書かれているか表現が不十分です。
Trivial – of no discernible literary or scientific merit; poorly written or presented.

無関係 - 図書館コミュニティのニーズや関心を満たしていません。
Irrelevant – doesn't meet the needs and interests of the library's community.

他の場所 – 本またはその中の資料は、他の情報源から入手した方がよい場合があります。
Elsewhere – the book or the material in it may be better obtained from other sources.

文書によると、このステップを完了する期限は6月末だった。
The deadline to complete this step was the end of June, according to the document.


「埋め立て地ではなく図書館」のメンバーであるダイアン・ローソンさんは、教師らからアンネ・フランクの『少女の日記』とエリック・カールの『はらぺこあおむし』がPDSBの除草作業の一環として学校図書館から撤去されたと告げられたと語る。 (ニコール・ブロックバンク/CBC)
Dianne Lawson, a member of Libraries not Landfills, says teachers told her The Diary of a Young Girl by Anne Frank and The Very Hungry Caterpillar by Eric Carle were removed from their school libraries as part of the PDSB weeding process. (Nicole Brockbank/CBC)

キュレーションのステップ 2 は反人種差別的で包括的な監査であり、品質は「反人種差別、文化的対応、包括性を促進するリソース」によって定義されます。 そしてステップ 3 は、書籍やその他のリソースが学生の多様性をどのように反映しているかについての表現監査です。
Step two of curation is an anti-racist and inclusive audit, where quality is defined by "resources that promote anti-racism, cultural responsiveness and inclusivity." And step three is a representation audit of how books and other resources reflect student diversity.

除草された本の処分に関して、委員会の文書は、本の状態による健康被害として、あるいは「包括的でなく、文化的に対応できず、適切でなく、正確ではない」という理由で、資源が「危害を引き起こしている」と述べている。 。」
When it comes to disposing of the books that are weeded, the board documents say the resources are "causing harm," either as a health hazard because of the condition of the book or because "they are not inclusive, culturally responsive, relevant or accurate."

こうした理由から、文書には「どの学習者にも適していない」ため、書籍は寄贈できないと書かれている。
For those reasons, the documents say the books cannot be donated, as "they are not suitable for any learners."

PDSBの広報担当者は、教育委員会が「ピール地域のリサイクルガイドラインに従って責任ある方法で書籍を処分する」学校を支援していると述べた。 Peel Regional では、ハードカバーやその他のプラスチックを最初に取り外してゴミに出す場合に限り、本の用紙をリサイクルできます。
A PDSB spokesperson said the board supports its schools "in the disposal of books in a responsible manner by following Peel Region's recycling guidelines." Peel Region allows for the recycling of book paper, as long as hard covers and any other plastics are removed first and put in the garbage.


書籍は日付に基づいて削除され、委員会の意見が聴取されました
Books removed based on date, board heard

タカタ氏、埋め立て地ではない図書館、および少なくとも1人の管財人が、一部の学校が出版日を厳密に基準にして本を撤去していると主張したのは、新たな公平なキュレーションサイクルの第1段階の最中だった。
It was during the first stage of the new equitable curation cycle, that Takata, Libraries not Landfills, and at least one trustee, say some schools were removing books strictly based on publication date.

CBCトロントは最近、新たな公平な除草プロセスに焦点を当てた5月8日の理事会会議の録画を見直した。 その中で管理委員のカーラ・ベイリーさんは、学校に入ると「空の棚がたくさんある」と指摘した。
CBC Toronto recently reviewed a recording of a May 8 board committee meeting focused on the new equitable weeding process. In it, trustee Karla Bailey noted "there are so many empty shelves," when she walks into schools.

ベイリー氏は委員会に対し、「図書館の司書と話すと、本は日付だけで選別されており、他の基準はありません」と委員会に語った。
"When you talk to the librarian in the library, the books are being weeded by the date, no other criteria," Bailey told the committee.

「そこが、私たちの多くが本当の問題を抱えているところです。カビ臭かったり、破れていたり、人種差別的だったり、時代遅れだったりする本を取り除くことに問題を感じている人は誰もいません。しかし、単にこの日付に基づいて、本を草むしりしたり、棚から本を撤去したりすることによって、 それは受け入れられません。そして、はい、私はそれを目撃しました。」
"That is where many of us have a real issue. None of us have an issue with removing books that are musty, torn, or racist, outdated. But by weeding a book, removing a book from a shelf, based simply on this date is unacceptable. And yes, I witnessed it."

PDSBのイノベーション・研究部門の責任者であるバーナデット・スミス氏は、この発言を聞いて「非常に残念だった」と録音で答えているのが聞こえた。彼女は、それは理事会がプロセスのトレーニングで与えている指示ではないと述べたからである。
Bernadette Smith, superintendent of innovation and research for PDSB, is heard responding on the recording, saying it was "very disappointing" to hear that, because she said that's not the direction the board is giving in its training for the process.


PDSBの理事会委員長であるデイビッド・グリーン氏は、新たな除草プロセスは「間違った展開になった」と述べている。 (ピール地区教育委員会)
David Green, chair of the board of trustees for the PDSB, says the new weeding process 'rolled out wrong.' (Peel District School Board)

埋め立て地ではなく図書館のもう一人のメンバー、ダイアン・ローソン氏はCBCトロントに対し、一部の学校で発行日順に草取りをするのは、中学校教師がアンネ・フランクの『少女の日記』を書架から撤去したと告げた理由を説明するために行われたに違いないと語った。 また、幼稚園の先生から「はらぺこあおむし」も撤去されたと言われたと彼女は言う。
Dianne Lawson, another member of Libraries not Landfills, told CBC Toronto weeding by publication date in some schools must have occurred in order to explain why a middle school teacher told her The Diary of a Young Girl by Anne Frank was removed from shelves. She also says a kindergarten teacher told her The Very Hungry Caterpillar had been removed as well.

ローソンさんはエリック・カールの絵本について、「彼女は何年もクラスでこの本を読み聞かせている。みんな大好きだよ」と語った。
"She has read it to her classes for years, they love it," Lawson said, referring to the Eric Carle picture book.


「そこには扇動的な要素は見当たりませんし、あなたがこの本を取り上げる理由も見つかりません。」
"I can't find any sedition in it, or any reason why you would pull this book."

プロセスは「間違って展開された」と管財委員長が語る
Process 'rolled out wrong,' trustee chair says

理事兼理事長のデビッド・グリーン氏はCBCトロントに対し、除草プロセス自体が「間違って展開された」と語った。
Trustee and chair of the board, David Green, told CBC Toronto the weeding process itself "rolled out wrong."

だからこそ、理事会が実際に何が起こっているのかをよりよく理解できるようになるまで、理事会はプロセスを一時停止したと彼は言う。
That's why he says trustees briefly paused the process until the board could get a better understanding of what was actually going on.


5月24日の理事会では、今後、キュレーション・サイクルの第2段階である反人種主義・インクルーシブ監査の際に図書の除草を行う者は、図書を処分する前にタイトルと除草理由を文書化する必要があるとの動議が可決された。
A motion was passed at a May 24 board meeting to ensure that, going forward, those weeding books during the anti-racist and inclusive audit in the second phase of the curation cycle would need to document the title and reason for removal before any books were disposed of.

「私たちは、ただ言われたから何かを展開するのではなく、学生のニーズを満たしていることを確認する必要があります」とグリーン氏は語った。
"We have to make sure that we are meeting the needs of the students and not just rolling something out because we were told to do it," said Green.

2008年以前に出版された書籍をすべて削除するということに関しては、理事会もそのことを聞いているとグリーン氏は語った。
When it comes to removing all books published in 2008 or earlier, Green said the board of trustees has heard that, too.


「私たちは(教育長官に)、もしそのようなことが行われているのであれば、それを止め、適切なプロセスに従うよう再度要請しました」と同氏は述べた。
"We have asked the Director [of Education] again to make sure that if that is taking place, then that is stopped, and then the proper process is followed," he said.

グリーンさんはまた、草むしりのプロセスについて保護者と連絡を取る計画があると語った。
Green also said they have plans to communicate with parents about the weeding process.

その間、Takataさんのような学生は、半分空の本棚と、なぜ自分の図書館について相談されなかったのかという疑問を抱えたままになります。
In the meantime, students like Takata are left with half-empty shelves and questions about why they weren't consulted about their own libraries.

「誰も私たちの意見を求めませんでした」と彼女は言った。 「誰にも知られずに本を持ち去ることは検閲とみなされると思います。」
"No one asked for our opinions," she said. "I feel that taking away books without anyone's knowledge is considered censorship."

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3222-034a6f0a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>