Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ロサンゼルスで新型コロナウイルス感染症が増加しているにもかかわらず、なぜ誰も新しいマスク規則について話さないのか Los Angels Times 2023/9/9
fc2ブログ

Entries

ロサンゼルスで新型コロナウイルス感染症が増加しているにもかかわらず、なぜ誰も新しいマスク規則について話さないのか Los Angels Times 2023/9/9

En: (grammar)


ロサンゼルスで新型コロナウイルス感染症が増加しているにもかかわらず、なぜ誰も新しいマスク規則について話さないのか
Why no one is talking about new mask rules even as COVID-19 rises in L.A.

Los Angels Times 2023/9/9









ロサンゼルス郡全体でコロナウイルスの発生が増加しているにもかかわらず、当局は新たな公共マスク義務化の計画はないと述べた。これは、ワクチンが豊富に存在し、死亡率が低下し、通常の文化に戻る時代に、新型コロナウイルス感染症政策がどのように変化したかを示している。
Despite rising coronavirus outbreaks across Los Angeles County, officials said they have no plans for new public mask mandates — a sign of how COVID-19 policies have changed in an era of plentiful vaccines, lower death rates and back-to-normal culture.

ここ数週間、さらなるコロナウイルスの発生が一部の職場や学校を襲っている。 しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、1年半以上前のように病院システムにストレスを与えているわけではなく、保健当局は感染拡大に警戒していないと述べている。
More coronavirus outbreaks have hit some workplaces and schools in recent weeks. But COVID-19 is no longer stressing hospital systems as it did more than a year and a half ago, and health officials say they are not alarmed by the spread.

保健当局が新たなマスク着用義務化を今真剣に検討する理論的閾値は、本質的に壊滅的で予期せぬものとなるだろう。
The theoretical threshold at which health officials would seriously consider a new mask mandate now would essentially be catastrophic and unanticipated.

それはおそらく、死亡者数の深刻な増加と、重度の新型コロナウイルスに対する防御を提供するワクチン、自然免疫、治療薬の能力の悲惨な崩壊に反応してのみ議論の対象となるだろう。
It would likely be on the table only in reaction to a severe rise in deaths and a disastrous collapse in the ability of vaccines, natural immunity and therapeutic drugs to offer protection against severe COVID.

郡公衆衛生局長のバーバラ・フェラー氏はインタビューで、「私はマスク着用義務の復活には全く関心がない」と語った。
“I’m really not focused on masks coming back as a mandate,” county Public Health Director Barbara Ferrer said in an interview.

「もし私たちが、全員が再びマスクを着用しなければならない状況に戻らなければならないと感じたら、私たちの状態は悪くなると思いますし、ほとんどの人はマスクを着用したいと思うでしょう」と彼女は言いました。
“If we ever felt like we needed to return to everybody needing to put their mask back on again, I think we would be in bad shape and most people would want to put their mask on,” she said. “

現在、私たちは非常に優れたツールを持っているので、そこに到達する必要はありません。」
We have such good tools right now that we really shouldn’t get there.”

全米で最も人口の多い郡における最後の国民皆マスク義務化は、この地域がパンデミックで2番目に死者数の多い局地的急増であるオミクロンの第一波から脱却したため、18か月前に終了した。
The last universal mask mandate in the nation’s most-populous county ended 18 months ago, as the region emerged from the first Omicron wave — the second-deadliest local surge of the pandemic.

ワクチン接種の義務付けなど、政府が課した他の多くの措置も、医療従事者を対象としたものも含めて、おおむね終了した。
Many other government-imposed measures, like vaccination requirements, have also generally ended, even for healthcare workers.

カリフォルニア州の職場は引き続き、雇用の条件として新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けるか、施設内でマスクを義務付けるかを選択できる。
Workplaces in California can still choose to require COVID-19 vaccination as a condition of employment or mandate masks in their facilities.

義務ではなく、マスキングは個人の好みの問題であり、その人自身の行動、健康歴、生活や仕事の状況、または全体的な感染傾向によって影響を受ける可能性があります。
In lieu of mandates, masking is a matter of personal preference — one that can be influenced by one’s own behavior, health history, living or work situation, or overall transmission trends.

この夏のコロナウイルスの感染拡大のさなか、マスクをする人が増えていることにフェレールさんは語った。
Amid this latest summer coronavirus uptick, Ferrer said she has noticed more people masking up.

彼女自身の代理店でも、コロナウイルス感染が確認された人々と接触したこともあり、多くの従業員がマスクを着用している。
Even in her own agency, many employees are wearing masks in part because they’ve had exposures to people with confirmed coronavirus infections.

フェレール氏は、ロサンゼルス郡では新型コロナウイルス感染症による死者数が1日平均1人を記録しており、コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、その数は安定していると指摘した。
Ferrer noted that L.A. County is recording an average of one death a day from COVID-19, a number that has remained stable despite the increase in coronavirus circulation.

死亡者数はコロナウイルス感染拡大の遅行指標であるため、時間の経過とともにその数が増加する可能性は非常に高いが、現時点ではまだ増加していないという事実は注目に値する。
The number could very well rise over time, since deaths are a lagging indicator of coronavirus spread, but the fact that it hasn’t yet so far is notable.

保健当局者らは、パンデミック初期に政府当局が命じた大規模な措置は、病院が新型コロナウイルス感染症患者で圧倒され、医師が配給治療を余儀なくされる事態を防ぐことを目的としたもので、ワクチンが広く利用可能になる前からその恐怖は現実に近づいていたと述べている。
Health officials say the sweeping actions mandated by government officials earlier in the pandemic were aimed at keeping hospitals from being so overwhelmed by COVID-19 patients that doctors would be forced to ration care — a fear that came close to reality before vaccines were widely available.

パンデミックが発生して最初の冬、病院の遺体安置所は非常に混雑し、遺体の搬送を手伝うために州兵が出動した。
During the pandemic’s first winter, hospital morgues were so overwhelmed the National Guard was called in to help transport corpses.

しかし、効果的なワクチン、パクスロビドのような抗COVID治療薬の開発、そして過去の感染によって蓄積された地域社会の免疫のおかげで、COVID-19で死亡したり重症化したりするリスクはかなり低くなっている。 マスク着用義務のような、より強力な介入は必要ないのである。
But thanks to effective vaccines, the development of anti-COVID therapeutic drugs like Paxlovid and years of built-up community immunity from prior infections, the risk of dying from or becoming seriously ill with COVID-19 is now much lower — making more forceful interventions such as mask mandates unnecessary.

「ここロサンゼルス郡ではここ数週間、依然として1日平均約1人から1人半の新規死亡者が記録されている」とフェラー氏は語った。 「死亡者数がはるかに低いレベルにまで減少すれば、私たちはこのパンデミックの新たな段階に入っているという説得力のある議論になります。」
“For the last few weeks here in L.A. County, we’re still averaging about one, one and a half recorded new deaths a day,” Ferrer said. “When deaths go down to a much lower level, that is a compelling argument that we’re in a new stage of this pandemic.”


保健当局者らによると、人々がマスクの着用を選択し、限られた状況で着用が義務付けられる理由はまだたくさんあるという。
There are still plenty of reasons people may choose to wear masks, health officials say, and for them to be required in limited situations.

カリフォルニア州労働安全衛生局(Cal/OSHA)は通常、職場での新型コロナウイルス感染症の流行中に感染した従業員に対し、ウイルスの拡散を抑えるために一時的にマスクを着用することを義務付けている。
The California Division of Occupational Safety and Health, or Cal/OSHA, generally requires that employees who have been exposed during an active worksite COVID-19 outbreak temporarily mask up to quell spread of the virus.

フェレール氏は、医療施設や公共交通機関ではマスクを着用し、屋内の混雑した場所ではリスクの高い住民はマスクを着用するよう提案した。
Ferrer suggested that people wear masks at healthcare facilities and on public transit, and that higher-risk residents wear them in crowded indoor places.

カリフォルニア州の他の郡では依然としてマスク要件が定められているが、その数は限られている。 サンフランシスコ市は医療従事者に患者の近くにいるときのマスク着用を義務付けているが、この義務は8月11日にロサンゼルス郡によって撤回された。
Other California counties do have mask requirements still on the books, but they are limited. San Francisco requires healthcare employees to wear a mask when around patients, a mandate that was dropped by L.A. County on Aug. 11.

カリフォルニア州の他のほとんどの郡は4月に医療従事者に対するマスク着用義務を廃止した。
Most other California counties ended masking requirements for healthcare employees in April.

保健当局者らは、状況が許せば、病院や介護施設など一部の場所でマスク着用義務が復活する可能性があると期待するのは合理的だ、と述べている。
It would be reasonable, health officials say, to expect that mask requirements could be reinstated in some places, such as hospitals and nursing homes, should conditions warrant.

カイザー・サンタ・ローザは最近、地域内でのコロナウイルス感染の増加を受けて、医療従事者にマスク着用義務を課した。
Kaiser Santa Rosa recently instated a mask requirement for healthcare employees due to the rise in local coronavirus transmission.

これらは「人々が本当に病気で、本当に弱い立場にある場所」だとフェレール氏は語った。 「すでに、私たちは熟練した介護施設では人々にマスクを再び着用し始めることを推奨しています。
These are “places where people are really sick, really vulnerable,” Ferrer said.

「すでに、私たちは熟練した介護施設では人々にマスクを再び着用し始めることを推奨しています。
“Already, now we recommend that people start putting their masks back on in skilled nursing facilities.

感染拡大が起きていない限り、これは推奨事項であり、感染拡大の場合には全員がマスクを着用する必要がある。」
It’s a recommendation unless there’s an outbreak, in which case everyone has to mask up.”

コロナウイルスが熟練した介護施設に入ると、急速に蔓延することがよくあります。 フェレール氏は、こうした施設での集団発生の20%以上には25人以上の入所者が関与していると述べた。
Once the coronavirus enters a skilled nursing facility, there’s often rapid spread. Ferrer said that more than 20% of outbreaks at such facilities involve more than 25 residents.

北カリフォルニアで最も人口の多いサンタクララ郡では、同市が指定する「冬期呼吸器ウイルス期間」である11月1日から3月31日まで、医療施設にいる一般全員に再びマスクの着用が義務付けられる。
In Santa Clara County, Northern California’s most populous, masks will again be required for generally everyone in healthcare facilities from Nov. 1 through March 31, its designated “winter respiratory virus period.”

地域で2番目に人口の多いアラメダ郡では、熟練した介護施設の従業員に患者ケアエリアでのマスク着用を義務付けている。
Alameda County, the region’s second-most populous, requires skilled nursing facility employees to wear masks in patient-care areas.


ロサンゼルス郡保健当局は、コロナウイルス感染者と濃厚接触した人には、感染した最後の日から10日間マスクを着用することを推奨している。
L.A. County health officials recommend that people who have been in close contact with someone infected with the coronavirus mask up for 10 days from the last day they were exposed.

また、咳、鼻水、喉の痛みなどの呼吸器症状がある人も、人の近くにいる必要がある場合は、カバーを着用する必要があります。
Also, anyone who has any respiratory symptoms, such as a cough, runny nose or sore throat, should also wear a covering if they need to be around people.

郡はまた、新型コロナウイルス感染症患者に対し、最初の症状または検査陽性のいずれか早い方から少なくとも5日間は隔離して自宅に留まり、家族やルームメイトなど他の人の近くにいる場合はマスクを着用することを推奨している。
The county also recommends that people with COVID-19 isolate and stay home for at least five days after their first symptoms or positive test, whichever comes first, and wear a mask when around others, such as family members or roommates.

症状が軽度で改善しており、解熱剤を服用する必要がなく、24時間発熱していない場合は、6日目から隔離を終了することができます。 しかし当局は、その前に迅速検査の結果が陰性であることを確認することを推奨している。
People can end isolation as early as Day 6 if their symptoms are mild and improving and they’ve been fever-free for 24 hours without needing to take fever-reducing medicine. But officials recommend getting a negative rapid test result before doing so.

検査を受けずに丸10日間経過した後に隔離を終了することもできる。
People can also end isolation after a full 10 days without testing.


誰かが5日後に隔離を解除した場合、当局は6日目から10日目までマスクの着用を続ける必要があると示唆している。ただし、次の日に受けた新型コロナウイルス検査で2回連続で陰性だった場合、この期間内にマスクの着用を中止する可能性がある。 少なくとも一日は違います。
If someone does exit isolation after five days, officials suggest they should continue wearing a mask between Days 6 and 10. However, people may stop wearing a mask within this time period if they have two negative COVID-19 tests in a row, taken at least a day apart.

夏初め、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のレベルがかなり低かったとき、多くの医療専門家はかつてほどマスクを着用するのをやめた。 フェレールさんは、換気が良く混雑していない食料品店では着用していないと語った。
Earlier in the summer, when COVID-19 levels were quite low, a number of health experts stopped wearing masks as much as they once did. Ferrer said she wasn’t wearing one in well-ventilated, uncrowded grocery stores.

しかし、現在はコロナウイルスのレベルが高まっているため、屋内の演劇やコンサートホールに行くときは特に必ずマスクを着用するだろうと彼女は語った。
But with coronavirus levels higher now, she said she’d be especially sure to wear a mask, say, when going to an indoor play or concert hall.

フェレールさんが屋内の混雑した状況でマスクをし続けている主な理由は、新型コロナウイルスに長期感染するのを避けたいからだという。
A key reason why Ferrer says she continues to mask up in indoor crowded situations is that she’d like to avoid getting long COVID.


フェレール氏は、新型コロナウイルス感染症の長期化は、より重篤な疾患と相関関係があるように見えることがあるが、非常に軽度の急性新型コロナウイルス感染症患者であっても、症状が発現し、最初の感染から長い間耐え続ける人もいると述べた。
While long COVID sometimes seems to correlate with more severe illness, there are people who had a very mild acute COVID case yet still end up with symptoms that develop and endure long past their initial infection, Ferrer said.

「もともと慎重な私たちにとって、感染率が上昇しているのを見ると、より慎重になるだろう」と、新型コロナウイルス感染症と診断されたことのないフェレール氏は語った。
“I think for those of us who are cautious by nature, we’re going to be more cautious when we see that transmission rates are going up,” said Ferrer, who has never been diagnosed with COVID-19.

フェレール氏は国民に対し、今すぐ新型コロナウイルス感染症とインフルエンザのワクチン接種の計画を立てるよう奨励した。 米国疾病管理予防センターは早ければ火曜日にも最新のワクチンを推奨する措置を講じる可能性があり、金曜日にはロサンゼルス郡で新しいワクチンが利用可能になる可能性がある。 インフルエンザの予防接種は広く普及しています。
Ferrer encouraged people to make plans now to get vaccinated for COVID-19 and flu. The U.S. Centers for Disease Control and Prevention could take action as early as Tuesday to recommend an updated vaccine, and the new shot could be available in L.A. County as early as Friday. The flu shot is widely available.

そして今年初めて、RSウイルスに対する防御が可能になった。 60歳以上の成人はRSウイルスワクチンの接種を受ける資格がありますが、幼い子供には、感染した場合に重症化するリスクを軽減するモノクローナル抗体の接種を受けることが推奨されます。
And for the first time this year, protection is available against respiratory syncytial virus. Adults age 60 and older are eligible for an RSV vaccine, while young children are recommended to receive monoclonal antibodies that will help reduce the risk of severe illness should they get infected.

RSVワクチンとモノクローナル抗体の場合、投与はかかりつけ医療提供者と相談して行われるだろうとフェレール氏は語った。
For the RSV vaccine and monoclonal antibodies, administration would be done in consultation with a primary healthcare provider, Ferrer said.




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3199-0a46eba9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>