Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |新型コロナウイルスが戻ってきたと思いますか? 障害者や弱い立場にある人々がよく知っているように、それは決して消えることはありませんでしたThe Guardian 2023/9/10
fc2ブログ

Entries

新型コロナウイルスが戻ってきたと思いますか? 障害者や弱い立場にある人々がよく知っているように、それは決して消えることはありませんでしたThe Guardian 2023/9/10

En: (grammar)



新型コロナウイルスが戻ってきたと思いますか? 障害者や弱い立場にある人々がよく知っているように、それは決して消えることはありませんでした
Covid’s back, you say? As disabled and vulnerable people know all too well, it never went away
https://www.theguardian.com/commentisfree/2023/sep/10/covid-coronavirus-disabled-vulnerable-people?CMP=share_btn_tw

The Guardian 2023/9/10









政府の政策は、私たちが「正常な状態に戻っている」ふりをすることです。 その結果、何百万人もの人々が命を失うことを恐れて暮らしています。
The government’s policy is to pretend we’re getting ‘back to normal’. The result is millions of us live in fear of losing our lives

午後1時35分、看護師にコロナウイルスの感染について説明しなければなりません。 2時半に予約が入っているのですが、臨床的に脆弱な状態にあるとのことで電話がありました。
It is 1.35pm and I’m having to explain coronavirus transmission to a nurse. I am due an appointment at 2.30, and I’ve been phoned because I say I’m clinically vulnerable.

私は看護師に N95 マスクを持っているかどうか尋ねました (N95 マスクが最も効果的であることが証明されているため)。 彼女はしない。 彼女の同僚が言ったように、彼女とチームは毎週側方流動テストを受けているかどうか尋ねました。 彼女はそうではなく、なぜそれが約束されたのかもわかりません。
I ask whether the nurse has an N95 mask (as they’re proved to be most effective). She does not. I ask whether she and the team are taking weekly lateral flow tests, like her colleague said. She is not, and is unsure why that was promised.


「もうそんなことをする必要はありません」と彼女はさわやかに言いました。 彼女が言いたいのは、彼女にはもうそうする公的な義務はない、ということだ。 臨床的に脆弱な(CV)患者は依然として新型コロナウイルス感染症からの保護を「必要としている」。 彼らはそれを理解していません。
“We don’t need to do that any more,” she says breezily. What she means is: she has no official duty to do so any more. Clinically vulnerable (CV) patients still “need” the Covid-19 protections. They just don’t get them.


これについてはあまり話しません。 私たちはコロナウイルスについてまったく話していません。 パンデミックの発生から3年以上が経過し、ロックダウンやiPadで愛する人が死んでいくのを見ていたという辛い記憶を葬り去りたいという「前に進みたい」という願望があるのは当然です。
We don’t really talk about this. We don’t really talk about coronavirus at all. More than three years on from the start of the pandemic, there’s understandably a desire to “move on”, to bury painful memories of lockdowns and watching loved ones dying on iPads.

これは、政府が「新型コロナウイルスは終わった」というメッセージを強調して、あたかもこれが何とかそうなるかのように奨励しているだけである。
This has only been encouraged by the government, which has honed the message “Covid is over”, as if saying this somehow makes it so.


ボリス・ジョンソン首相が昨年2月にコロナウイルス感染者の隔離や大部分の無料検査などの法的義務をすべて解除して以来、ウイルスの感染を減らすための公式の戦略やガイダンスは存在していない。
Since February last year, when Boris Johnson removed all protections, such as the legal obligation for people with coronavirus to isolate and most free testing, there’s been no official strategy or guidance on reducing transmission of the virus.

その結果、一種の集団否定、つまり同意された忘却が生じます。 という話題が時々出てきます。
The result is a kind of mass denial – an agreed forgetting. The subject crops up from time to time.

ニュース速報バナーで新しい亜種が発表されます。 友人は「夏のひどい咳」で寝込んでいるとメールを送ってきた。 そして、もう一度思い出さざるを得なくなるまで、続けます。
A breaking news banner announces a new variant. A friend texts that she’s stuck in bed “with the worst summer cough”. Then we carry on – until we are forced to remember once again.


ここ数日、コロナウイルスが再び見出しに登場するのを見ると、長寿テレビ番組に最も嫌いなゲストスターが戻ってきたような、奇妙な既視感を感じた。
Watching coronavirus make a return to the headlines in recent days has subsequently felt like a weird deja vu, like the return of your least favourite guest star in a long-running television show.

まず、イギリスでのワクチンの展開は、最近ノーフォークの介護施設で集団感染を引き起こした新しい変異種BA.2.86に対する懸念を考慮して、急遽前倒しされた。
First, the vaccine rollout in England was hastily brought forward in light of concerns over the new variant BA.2.86, which recently caused an outbreak in a care home in Norfolk.

その後、科学者らがこの国はほぼ「盲目状態」に陥っていると警告したことを受けて、検査と監視を再び拡大すると発表された。
Then it was announced that testing and monitoring would be scaled up again after scientists warned the country was nearly “flying blind”.


あなたに聞こえるその音は、安定したドアが閉まる音と馬が走る音です。
That sound you can hear is a stable door closing and the horse bolting.

ありがたいことに、感染者数と入院者数はパンデミックの最盛期に比べて大幅に減少していますが、イギリスでは6月末以降、毎日のコロナウイルス検査陽性者数が増加しています。
Though cases and hospitalisations are thankfully significantly lower than at the height of the pandemic, the daily number of positive coronavirus tests in England has been increasing since the end of June –

私たちの屋内での交流が増え、子供たちが学校で混じり合うようになるにつれ、この傾向は今後数週間でさらに強まる可能性が高い。
a trend that is likely to grow in the coming weeks, as we socialise more indoors and children mix at school.

現在、新型コロナウイルス感染症の多くが軽症であることが期待されていますが、すべての人に当てはまるわけではありません。最終的に数えたところ、150万人が日常生活に悪影響を与える長期にわたる新型コロナウイルス感染症の症状を経験しており、ウイルスは依然として重大な感染リスクをもたらしています。 既存の健康状態を抱えた多くの人が死亡しています。
It’s hopeful that many cases of Covid-19 are now mild, but that isn’t true for everyone: at last count, 1.5 million people were experiencing long Covid symptoms that adversely affected their daily activities, and the virus still poses a significant risk of death to many people with pre-existing health conditions.



あなたがそれを知っているわけではありません。 最後に大臣が「コロナウイルス」という言葉を言ったのを聞いたのはいつですか? リシ・スナック政権が危機から危機に転落する中、新型コロナウイルス感染症は「仕事は終わった」とレッテルを貼られているが、それは単純にその方が便利だからだ。
Not that you’d know it. When was the last time you heard a minister even say the word “coronavirus”? As Rishi Sunak’s government lurches from crisis to crisis, Covid is labelled as “job done” because it is simply more convenient that way.

2023年のイギリスの「コロナ政策」は事実上、クヌート王の廷臣たちが新たな波が来るのを監視し、純粋な意志だけでこの流れを止めることができると主張したものだ。
Britain’s “Covid policy” in 2023 is effectively King Canute’s courtiers watching another wave coming and insisting sheer will alone can stop the tide.


予防接種を受けてください。 今週、最もリスクの高い人々(65歳以上、一部の臨床的に脆弱な人々、医療従事者)に対するワクチンの展開が始まります。
Take immunisation. This week, the vaccine rollout for people at the highest risk (over-65s, some clinically vulnerable people, and health and care staff) begins –

しかし、NHSが「正常な状態に戻る」計画の一環として、ジャブの対象となる人は昨年と比べて1,200万人少ない。
but 12 million fewer people are eligible for a jab compared with last year, as part of plans for the NHS to “get back to normal”.

金曜日、国会議員のグループは政府に対し追加接種プログラムの延長を求めたが、現在、厳しい資格基準を満たしていない人々はワクチンを個人で購入することさえできない。
On Friday a group of MPs called on the government to extend the booster programme, but currently those outside the slim eligibility criteria won’t even be able to buy a vaccine privately.

この冬、ブーツに立ち寄ってインフルエンザの注射薬を購入することは可能だが、新型コロナウイルスの注射薬は購入できない。
This winter, it will be possible to pop into Boots to buy a flu jab – but not a Covid jab.

これは明らかに危険ですが(臨床的に脆弱な人々の多くでさえ保護の対象にはなりません)、これは偽りの経済でもあります。 ワクチンへの資金提供ができず、疲弊したNHSのICUベッドから長期離脱した新型コロナウイルス患者まで、長期的に納税者の負担が増えることになる。
This is clearly dangerous (even many clinically vulnerable people don’t qualify for protection), but it’s also a false economy. Fail to fund vaccines and the taxpayer pays more in the long term, from ICU beds in a buckling NHS to more long Covid patients falling out of the workforce.


あるいは、臨床的に弱い立場にある人々に対するサポートが不足していることを考えてみましょう。
Or consider the lack of support for clinically vulnerable people.

以前に自宅で防御するよう求められた370万人の高リスクの人々(ワクチンによる防御がほとんど、あるいはまったく受けられない免疫力が低下している50万人を含む)は事実上、孤独で生き残る道を放棄されている。
The 3.7 million high-risk people previously asked to shield at home – including 500,000 immunocompromised people who get little to no protection from vaccines – have effectively been abandoned to survive alone.

全国的にコロナウイルスの予防措置が解除されたため、私が話を聞いた多くの障害者は、店、パブ、公共交通機関を避けざるを得ないと感じています。
With nationwide coronavirus precautions removed, many disabled people I’ve spoken to feel forced to avoid shops, pubs and public transport.

これまで在宅勤務で安全を保っていた人たちも、在宅勤務への移行が逆転するにつれ、満員のオフィスに戻るよう言われている。
Others who previously stayed safe by working at home are being told to return to packed offices as the shift to WFH is reversed.

いわゆる正常への復帰は常に一方的なものでした。障害のない人々は当然自由を享受しますが、臨床的に弱い立場にある人々は無期限の隔離を受け入れるように言われます。
The so-called return to normal has always been one-sided: while non-disabled people rightly enjoy freedom, clinically vulnerable people are told to accept indefinite isolation.



NHS が、弱い立場にある患者を保護することを目的とした職員向けの規則の多くを廃止した様子を見てください。
Just look at the way the NHS has dropped many of the rules for staff that were meant to protect vulnerable patients.

一部の医療従事者は独自の判断で予防策を講じているが、英国のNHS職員はマスクを着用する必要がなく、呼吸器症状のある大多数は新型コロナウイルスの検査を求められなくなった。
While some healthcare workers are taking precautions at their own discretion, NHS staff in England don’t have to wear a mask, and the majority who have respiratory symptoms are no longer asked to test for Covid.

つまり、肺疾患のある患者が新型コロナウイルスの咳で看護師の治療を受けることを余儀なくされる可能性があるということだ。
That means a patient with lung disease could be forced to get treatment from a nurse with a Covid cough.


コロナウイルス調査に関わっている支援団体「Clinically Vulnerable Families」が私に見せた新しい世論調査によると、調査対象となった履歴書の69%が、新型コロナウイルスの予防措置が講じられていないことへの懸念から医療予約をキャンセルした、または予約しなかったと答えている。 80% が、これが身体的健康に影響を与えていると回答しました。
A new poll shown to me by Clinically Vulnerable Families, a support group involved in the coronavirus inquiry, finds 69% of CV people surveyed said they had cancelled or not made a medical appointment due to concerns over lack of Covid precautions; 80% said this was having an impact on their physical health.


それでも、それについては言及しないのが最善です。 次に進む時間です。 問題は、拒否は長期的な計画ではないことです。 コロナウイルスは実質的には火災です。 これを無視してもウイルスは阻止されず、被害が拡大するだけです。
Still, best not mention it. Time to move on. The trouble is, denial is not a long-term plan. Coronavirus is effectively a fire. Ignoring it doesn’t stop the virus – it just lets the damage spread.

パンデミックの矛盾は常に、「前に進む」唯一の方法は実際にパンデミックに取り組むことだということです。
The paradox of the pandemic has always been that the only way to “move on” is to actually engage with it.

それは、病院でのマスク着用、徹底したワクチン接種プログラム、公共スペースでの換気、労働者の隔離を支援する傷病手当など、賢明で非侵襲的な公衆衛生対策を採用することを意味する。
That means embracing smart, non-invasive public health measures such as masks in hospitals, a thorough vaccination programme, ventilation in public spaces and sick pay to help workers isolate.


しかしそれは、これらすべてが不必要で困難であると信じたいという衝動に立ち向かうことも意味します。
But it also means confronting our impulse to believe that all of this is unnecessary and arduous.

ほぼすべての報道機関が使用する用語「新型コロナウイルスの制限」というフレーズさえも埋め込まれており、臨床的に脆弱な人々を解放する簡単な方法ではなく、控えめな緩和策が大きな負担であることを示唆しています。
Even the phrase “Covid restrictions” – a term used by almost every media outlet – is loaded, suggesting low-key mitigations are heavy burdens rather than simple ways to free clinically vulnerable people.

このウイルスは主に基礎疾患のある人「のみ」に影響を与えるということが、常に無関心の暗黙の言い訳となってきた。
That the virus primarily “only” affects those with underlying health conditions has always been the unspoken excuse for indifference.


3 年が経過し、数十万人が死亡し、国民が共通のトラウマを負った今、新型コロナウイルスとのより良い関係を築くだけでなく、コロナウイルスとのより良い関係を築くためにも言うべきことがあります。
After three years, hundreds of thousands of deaths and a shared national trauma, there is something to be said for not only building a better relationship with Covid but with each other.

その間、最も高いリスクにさらされている何百万人もの人々は、命を縮めるか、恐怖を感じて家を出なければならないことになり、大臣たちは何も助けようとしないでしょう。 しかし、なぜそれが重要なのでしょうか? もうそんなことをする必要はありません。
In the meantime, millions of people at the highest risk will be left to shrink their lives or leave the house afraid – and ministers will do nothing to help. But why does it matter? We don’t need to do that any more.






スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3198-7a0dff24

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>