Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナ後遺症に苦しんできた人々は3年も経つと忘れ去られていると感じる BBC 2023/6/23 
fc2ブログ

Entries

コロナ後遺症に苦しんできた人々は3年も経つと忘れ去られていると感じる BBC 2023/6/23 

En: (grammar)


コロナ後遺症に苦しんできた人々は3年も経つと忘れ去られていると感じる
Long Covid sufferers feel forgotten three years on
https://www.bbc.com/news/uk-wales-65952112

BBC 2023/6/23









イヴァ・サフロワの存在は、3年前に彼女が送った充実した活動的な生活からは認識できません。
遡ること2020年3月、彼女はウェールズ・カーディフ大学病院の腎臓病棟の医療従事者だったときに新型コロナウイルスに感染したが、回復することはなかった。
Iva Safrova's existence is unrecognisable from the full and active life she led three years ago.
Back in March 2020 she got Covid-19 when she was a health care worker on a renal ward at Cardiff's University Hospital of Wales - and she never recovered.

「私の人生は台無しになった」とグラモーガンの谷間ペナース在住の59歳の男性は語った。
「仕事もなければ、社会生活もなくなった。サイクリング、旅行、散歩、すべてがなくなってしまった。」
"My life is ruined," said the 59-year old from Penarth, Vale of Glamorgan.
"No job, no social life. Cycling, travelling, walking - everything is gone."

過去から教訓を学ぶことを目的として新型コロナウイルス調査が進行中であることから、パンデミックは過去のものとなったと考えるのは簡単だろう。
しかし、ウェールズの人口の推定2%が診断から1年経っても新型コロナウイルスの症状が残っていると報告しており、多くの人にとって新型コロナウイルス感染症はまだ終わっていない。
With the Covid Inquiry under way with the aim of learning lessons from the past, it would be easy to assume the pandemic was behind us.
But with an estimated 2% of the population in Wales reporting they still have Covid symptoms a year after diagnosis, Covid-19 is far from over for many.

呼吸器疾患のある人々は、歌うグループが助けになると言う
慈善活動のためにエベレストを登るコロナ後遺症の登山家
コロナ後遺症患者数千人のNHS職員が給料を失うリスクがある
イヴァさんはパンデミックが始まった直後に体調を崩しました。
People with respiratory conditions say singing groups help
Climber with Long Covid scaling Everest for charity
Thousands of NHS staff with long Covid risk losing their pay
Iva became unwell right at the start of the pandemic.

「私たちの病棟の最初の患者から新型コロナウイルスに感染したと思います」と彼女は語った。
彼女は高熱、倦怠感、咳を抱えて床に就いたが、長くても数週間以内に気分は良くなるだろうと考えていた。
しかし、数週間が数か月に変わり、単純な作業で彼女は「歩くゾンビ」のような気分になりました。
"I think I caught Covid from the first patient on our ward," she said.
She went to bed with a temperature, exhaustion and a cough, assuming she would feel better within a couple of weeks at most.
But weeks turned into months, with simple tasks leaving her feeling like a "walking zombie".

14年前にチェコ共和国から英国に移住したイヴァさんは、「大泣きして、どうしたらいいのか分からなかった。医師は我慢するように言った」と語った。
「あなたは孤独を感じます、あなたはとても孤独を感じます、あなたを助けてくれる人がいないのです。」
彼女は抗生物質を処方されましたが、効果はありませんでした。
"I was crying a lot and I didn't know what to do. The doctor told me to be patient," said Iva, who moved to the UK from the Czech Republic 14 years ago.
"You feel alone, you feel very alone, [with] nobody [to] help you."
She was prescribed antibiotics which did not help.

結局、彼女の回復は進まず、多くの検査結果はすべて良好で、かろうじて家から出ることができたものの、長期にわたる健康不良を理由に仕事を解雇された。
どん底の状態で、彼女はコロナ後遺症サポート に出会いました。当時は Facebook グループでしたが、現在は登録された慈善団体です。
「自分が頭がおかしいのではないかと思っていたので、Facebook グループが私を助けてくれました」とイヴァさんは語った。
Eventually with no progress in her recovery, numerous tests all coming back clear and barely able to leave the house she was dismissed from her job because of long-term ill health.
At rock bottom she came across Long Covid Support - back then it was a Facebook group, today it is a registered charity.
"The Facebook group helped me because I was thinking I was crazy," said Iva.


「病気のせいで毎日泣いているんですが、(グループの女の子が)『私も同じだ』って言いました。」
3年経った今でも、彼女はほとんどの時間をベッドで過ごしています。
「朝から疲れている、疲れている、疲れている…私はほとんど何もせず、座って、ほとんど何もせず、横になるからです」と彼女は言いました。
"With the illness I'm crying every day and [a girl in the group] said 'I have the same'."
Three years on she still spends much of her time in bed.
"You feel tired, tired, tired from in the morning... because I do little, sit down, do little, lie down," she said.

回復するために、イヴァさんは自分で何かを考えて体重を減らし、食事を大幅に変え、サプリメントや代替医療に何百ポンドも費やしましたが、何も効果がないようです。
彼女は抗うつ薬を処方されたことで「命が救われた」と述べ、HRT(ホルモン補充療法)を開始する予定だという。
In a bid to get well, Iva has taken things in to her own hands and lost weight, drastically changed her diet and spent hundreds of pounds on supplements and alternative medicine - but nothing seems to work.
She said being prescribed antidepressants "saved her life" and she is due to start HRT (hormone replacement therapy).

過去 3 年間を振り返ってみると、最も大きな不満の 1 つは、医師の対面での診察がほとんどできなかったことです。
時間が経つにつれて、彼女と彼女のような人々は忘れ去られつつあると彼女は言いました。
「人々はコロナ後遺症の存在を知らないと思います。これは目に見えない病気です」と彼女は語った。
「新型コロナウイルスは(ニュースから)消え去り、何百万人もの人々がコロナ後遺症に感染し続けている。」
Looking back over the past three years, one of the biggest frustrations has been barely being able to see doctors face-to-face.
As time moves on she said she and others like her are being forgotten.
"I think people don't know long Covid exists - it's an invisible illness," she said.
"Covid is gone [from the news] and millions of people have long Covid."


トルファーン州カンブラン出身のガレス・エバンスさん(45)はコロナ後遺症の影響で仕事に復帰し、以前のような体力をいくらか取り戻すことができたので、他の人たちと比べて幸運だと感じていると語った。
2020年4月に耳の痛み、発熱、倦怠感などの体調不良を起こした。 検査は受けられず、咳もなかったため、新型コロナウイルスに感染していないと告げられた。
Gareth Evans, 45, from Cwmbran, Torfaen, said he felt lucky compared with others with long Covid as he has been able to return to work and regain some of his previous fitness.
In April 2020 he became unwell with ear pain, fever and fatigue. With no testing available and the absence of a cough he was told he did not have Covid.


彼は休むためにベッドに入りましたが、症状が改善するどころか時間が経つにつれて、新たな症状が現れていることに気づきました。
血液検査とX線検査は一貫して正常に戻りました。
彼は経過観察中に入院したが、2020年6月に不安症とうつ病を患っていると告げられた。
He went to bed to rest but as time went on instead of getting better he found he was developing new symptoms.
Blood tests and X-rays consistently came back normal.
He was admitted to hospital under observation and in June 2020 was told he was suffering from anxiety and depression.

この間、彼も Facebook グループコロナ後遺症サポートに出会いました。
「他の人たちと経験を共有したり、自分が実際に病気であるという証明を得るという点で、それは私にとって大きな慰めの源でした」と彼は語った。
During this time he too came across the Facebook group Long Covid Support .
"It was a great source of comfort to me in terms of sharing experiences with other people or getting that validation that I was actually sick," he said.


「(コロナ後遺症の影響で)パートナーや家を失い、障害を主張しようとしているが、自分が病気であることを証明できないため、本当に困難を抱えているという人々からのメッセージを見てきました」 その助けを得ようとしているのです。」
彼にとって最も困難な症状の一つは不眠症だと語った。
"I've seen messages from people where as a result [of long Covid] they've lost their partners or their homes, they're trying to claim disability but because they can't prove that they're ill they have real difficulty trying to get that help."
He said for him one of the most challenging symptoms was insomnia.

「私は何時間もベッドに横たわっていました。誰もその病気について何も知らなかったので大変でした。回復するのか、生きるのか死ぬのかもわかりませんでした。
「それが私に与えた精神的負担は計り知れないものだった」と彼は語った。
"I was lying in the bed for hours on end. It was difficult because it was a condition no-one knew anything about, I wasn't sure if I was ever going to recover or if I was going to live or die.
"The mental toll it took on me was enormous," he said.

病気になる前、ギャレスさんはトライアスロンのトレーニングをしていて、体調は最高潮に達していましたが、気がつくと仕事を辞めてしまい、ほとんど家から出ることができていませんでした。
非常に多くの症状があるため、ギャレスさんは数え切れないほどの専門家に紹介されました。
Before getting sick Gareth had been training for a triathlon and was at the peak of his fitness - but he found himself signed off work and barely able to leave the house.
With so many symptoms Gareth was referred to countless specialists.

「振り返ってみると、これまでに受けた予約の数を数えてみました。現時点で 127 件の予約がありましたが、これは入院期間外です」と彼は語った。
「私の考えでは、それは資源の有効活用ではありません。」
彼は、ウェールズにおけるコロナ後遺症患者への扱いに大きな変化が見られることを望んでいる。
"Looking back, I've gone back and counted the number of appointments that I've had - at the moment I've had 127 appointments and that's outside of the stays I've had in hospital," he said.
"In my view isn't an effective use of resources."
He wants to see big changes in the way Wales treats people with long Covid.


「ここウェールズにも、イングランドにあるような専門クリニックがあったほうが良いと思います」と彼は言う。
同氏は、患者が「生命を脅かす特定の状態を除外するためのさまざまな検査をすべて利用でき、安心感を与えられる」場所を望んでいる。
"I think we'd be better served with a specialist clinic here in Wales, similar to what they have in England," he said.
He wants somewhere where patients can "access all the various tests to rule out certain life-threatening conditions and give you that peace of mind".

同氏はまた、この疾患を持つ患者に対する最善の治療法についての会話に患者が参加することを望んでいる。
ウェールズ政府は、コロナ後遺症患者への資金提供を増額しており、彼らへの支援は依然として優先事項であると述べた。
ウェールズにはコロナ後遺症の診療所はないが、リハビリテーションサービスは一般医を通じて利用できると述べた。
He also wants to see patients involved in the conversation about how best to treat those with the condition.
The Welsh government said it has increased funding for long Covid patients and supporting them remained a priority.
Although there are no long Covid clinics in Wales, it said rehabilitation services could be accessed through GPs

ギャレス氏が最初に新型コロナウイルスに感染して以来、英国では3人の首相が誕生したが、新型コロナウイルス調査が始まるまでは、ウクライナでの生活費危機と戦争により、新型コロナウイルスの話題は見出しから消えた。
「テレビをつければ新型コロナウイルスのニュースがあちこちで流れていたが、最近ではそれについて聞かない」とギャレス氏は語った。
Since Gareth first got Covid the UK has seen three prime ministers and, until the Covid inquiry, the cost-of-living crisis and war in Ukraine has knocked Covid from the headlines.
"Covid was everywhere in the news when you turned on the TV but nowadays you just don't hear about it," said Gareth.

「一部の人々にとって、私たちは苦しんでおり、まだ以前の生活に戻っていないため、私たちはまだパンデミックの真っ只中にいます。」
イヴァも同様に忘れ去られたと感じている。
「人々はコロナ後遺症の存在を知らないと思います。これは目に見えない病気です」と彼女は語った。
「とても心配です。このままだと一生地獄になってしまうのです。恐ろしい、恐ろしいです。」
"For some people we are still in the middle of the pandemic because we are suffering, we still haven't got back to our old lives."
Iva feels similarly forgotten.
"I think people don't know long Covid exists - it's an invisible illness," she said.
"I'm very worried, if I stay like that all my life will be hell, it's horrible, horrible."

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3131-88405310

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>