Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |新型コロナウイルスは消えていないが、共感、思いやり、連帯は消え去った truthout 2023/7/6
fc2ブログ

Entries

新型コロナウイルスは消えていないが、共感、思いやり、連帯は消え去った truthout 2023/7/6

En: (grammar)


新型コロナウイルスは消えていないが、共感、思いやり、連帯は消え去った
COVID Hasn’t Disappeared — But Empathy, Care and Solidarity Have
https://truthout.org/articles/covid-hasnt-disappeared-but-empathy-care-and-solidarity-have/

truthout 2023/7/6









世界中の政府は、たった 1 つの簡単なトリックで、人々を衰弱させる病気に見捨てています。それは、病気はもう存在しないと言うということです。
Governments worldwide are abandoning people to a debilitating disease with one simple trick: saying it no longer exists.

2023年5月8日、ニューヨーク市ブルックリン区にあるグリーン・ウッド墓地にて、Naming the Lost Memorials、City Lore、Green-Wood Cemeteryの協力のもと、20のコミュニティ・グループがCOVID-19の影響を受けた人々に捧げたアート作品のそばを歩く人。
A person walks by tributes in art made by 20 community groups to those impacted by COVID-19, done in collaboration between Naming the Lost Memorials, City Lore and Green-Wood Cemetery, at Green-Wood Cemetery on May 8, 2023, in the Brooklyn borough of New York City.



2020年から2021年にかけて、私はCOVIDについて多くの記事を書き、この病気の深刻さと、世界的な大流行を前にして資本主義政府が国民、特に最も弱い立場にある人々の健康と安全を確保できていないことを強調しようとした。
Throughout 2020-2021, I wrote many pieces about COVID in an effort to highlight both the severity of the disease and the failure of capitalist governments to ensure the health and safety of their citizens, especially the most vulnerable of them, in the face of a global pandemic.

また、パンデミック下でのエッセンシャルワーカーの声を中心に据えた「ケアの最前線からの派遣」シリーズも編集しました。
I also edited a series, “Dispatches from the Frontlines of Care,” where I tried to center the voices of essential workers during the pandemic.

しかし、私にはまた別の話もある。 傾向も性質も違うものだ。
But I also have a different story to share – something different in both tenor and nature.

私が新型コロナウイルスに関して行った他のすべての仕事と、以下に読む内容の違いは、処方箋と開いた傷の違いです。
The difference between all the other work I have done on COVID and what you will read below is the difference between a prescription and an open wound.




2021 年春: 少なくとも私は…
Spring 2021: At Least I Have…

私は不本意ながら、二重マスクをして二重ワクチン接種を受けて、ゆっくりと仕事に戻ります。
I creep back to work, unwillingly, double masked, double vaxxed.

オンラインで正式に教えたいという私のリクエストは大学によって拒否されました。 私は今、自分と子供を守るために、自分自身のスポンジ状で中途半端なアイデアと戦略を使用する必要があります。
My request to formally teach online has been denied by my university. I now have to use spongy, half-formed ideas and strategies of my own to protect myself and my child.

私は重度の喘息を持っており、最近、呼吸器科医から肺活量が 40% しかないと言われました。
I have severe asthma, and my pulmonologist has recently told me that I only have 40 percent lung capacity.

最初の屈辱:ほとんどが18歳の新入生でいっぱいのクラスに親密な病歴を共有すること。
First humiliation: sharing intimate medical history with a class full of freshmen, mostly 18-year-olds.



「私は喘息なので…などなど、クラスでは皆さんマスクをしていただければ幸いです。」 多くの人は同情的にうなずきますが、無関心な人もいます。 「マスクを提供します」と私は必死に言いました。
“I have asthma… etc. etc., so I would be very grateful if you all masked in my class.” Many nod sympathetically, others are indifferent. “I will supply you with masks,” I say desperately.

こうして、Amazon との 2 年間の関係が始まり、毎週の終わりに、私は生徒のためにマスクを一箱自分のお金で購入しました。
Thus begins a two-year relationship with Amazon, where at the end of each week, I buy, with my own money, a box of masks for my students.

私のクラスの一部は大人数で、生徒がマスクを忘れることが多いため、授業中は毎日新しいマスクを提供しています。
Some of my classes are large, and students often forget their masks, so each day of class I supply them with a new one.

そして延々と。 それでも、私は幸運だと感じています。少なくとも彼らは拒否していません。
And on and on. And yet, I feel lucky — at least they are not refusing.




最後の文を言い換えさせてください。衰弱性の病気に対して最小限の防御策を講じている他の人たちのために、私は幸運だと感じています。
Let me rephrase that last sentence: I am made to feel lucky for others observing minimal protections against a debilitating disease.

その効果は、不当に低賃金の仕事に就いている労働者が幸運であると感じさせられるのと同じように感じます(「少なくとも仕事がある」)
The effect is, I feel, not unlike the way workers on unconscionably low-wage jobs are made to feel lucky (“at least you have a job”).



2021 年秋: 数字とその平凡さ
Fall 2021: Numbers and Their Banality

新しい学生グループです。 私から彼らへのまたしてもひどい要求。
A new group of students. Another round of abject requests from me to them.

一方で、私が未だにレストランに入って食事をしたり、屋内で二重マスクを外したりするようなことをすることを拒否しているため、友人たちは私にイライラし始めています。
Meanwhile, friends are getting impatient with me, as I still refuse to go into restaurants to eat or to do anything indoors that involves taking my double masks off.

この秋、私の子供は高校で未だにマスクをしているごく少数の生徒の一人です。
This fall, my child is one of a very, very small handful of students in her high school who are still masking.

私の部署でそうしているのは私だけです。 2020年1月以来どこにも旅行していません。
I am the only one doing so in my department. I have not traveled anywhere since January 2020.




私の周りで誰かがマスクをしていると、私は感謝の気持ちにさせられます。 マスクをお願いすると理不尽な思いをさせられます。
When someone masks around me, I am made to feel grateful. When I request that someone masks, I am made to feel unreasonable.

私の地元のインディアナ州は、「新型コロナウイルス感染症流行下で最も安全な州」のリストで最下位にランクされている。
My home state, Indiana, ranks last on a list of “safest states during COVID-19.”

アン・ボイヤーの驚くべき著書『不死』を読んだ。「病気の歴史は医学の歴史ではない - そして、肉体を持つことの歴史は、少数者の利益のために私たちのほとんどになされたことの歴史と言えるかもしれない」。
I read Anne Boyer’s extraordinary book, The Undying. “The history of illness is not the history of medicine,” writes Boyer, rather, “it’s the history of the world — and the history of having a body could well be the history of what is done to most of us in the interest of the few.”


アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のウェブサイトを見てみると、パンデミックから1年半が経過した2021年9月4日、CDCは米国の週間死亡者数を15,493人と記録している。
I look at the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) website: on September 4, 2021, a year and half into the pandemic, the CDC records weekly deaths in the U.S. to be 15,493.

年末までにCDCは小さな文字で記録する予定で、それを見つけるには検索を微調整する必要がある。2021年1月から12月までに米国で合計46万人が死亡した。
By the end of the year, the CDC will record in small letters, and you will have to fine-tune your search to find it: there were a total of 460,000 deaths in the U.S. during January to December 2021.

言葉の前にたくさんの言葉を並べると、なぜ死の重要性や恐怖が滲み出てしまうのだろうか、と私は疑問に思う。
I find myself wondering: Why does death get leached of its significance and dread when you plant a large number in front of the word?



2022 年春-夏-秋: バズフィードのリストとしての COVID
Spring-Summer-Fall 2022: COVID as a Buzzfeed Listicle

私は世界各国の政府とその主要なメディア情報源から「新型コロナウイルスとともに生きる」という新しいフレーズを学びました。
I learn a new phrase from world governments and their pet media sources: “living with COVID.”

ワシントン・ポスト紙は、広く回覧された「新型コロナウイルスと共存する(そして普通の生活を送る)ための10のヒント」という見出しでそれを最もよく表現している。 記事の冒頭には「シンプルで定期的な予防策を講じていれば、新型コロナウイルスとの共存は簡単になる」と書かれている。
The Washington Post puts it best in its widely circulated headline “10 tips for co-existing with COVID (and leading a normal-ish life);” the opening line of the article reads: “Living with COVID can be easy if you take simple, regular precautions.”



パンデミックは終わった!もはやバズフィードのリスト記事のようだ!
The pandemic is over! It is now like a Buzzfeed listicle!

CDCは依然として毎週平均4,000人の死亡者を報告している。
The CDC is still reporting an average of 4,000 deaths weekly.

言い換えましょう。毎週、母親、父親、子供、近所の人、祖父母、同僚である 4,000 人が亡くなっていました。 彼らは二度と窓を開けたり、キスをしたり、冗談を言って笑ったりすることはありません。
Let me rephrase that: Every week, 4,000 people who were mothers, fathers, children, neighbors, grandparents, colleagues, were dying. They will never again open a window, kiss, laugh at a joke.




CDCは、3,100万人の労働年齢のアメリカ人がコロナ後遺症に罹患していると推定している。
The CDC estimates that 31 million working-age Americans have long COVID.

私には完全には理解できませんが、ある研究によると、コロナウイルスは「広範な指向性」を持ち、ACE2受容体を介してヒトの細胞に感染します。
A study, which I don’t understand fully, tells me that the coronavirus has a “wide tropism” and infects human cells via the ACE2 receptor.

コロナ後遺症患者は、「認知障害、感情障害、心臓や肺の損傷」を抱えている可能性が高く、これらの症状は「相互に語り合う」と考えられています。
People with long COVID are likely to have “cognition problems, affective disorders, heart and pulmonary damage,” and that these symptoms “speak to each other.”

オランダの調査では、25歳という若さの新型コロナウイルス生存者の間で認知機能の問題が増加していることが示されている。
A Dutch survey shows increasing cognitive problems among COVID survivors, some as young as 25.




米国では、資本主義のために死ぬと誓った場合にのみ、生きるチャンスが与えられる。
In the U.S., only if you pledge to die for capitalism, do you get a chance to live.

これらの事実の広がりを前に、私はある種のめまいを感じます。
I feel a certain vertigo before the expanse of these facts.

最近、私はよく科学哲学者トーマス・クーンの言葉を思い出します。「人が何を見るかは、その人が何を見るか、そして彼の以前の視覚的概念の経験が彼に何を見るように教えたかの両方に依存する」。
These days, I often think of the words of scientific philosopher Thomas Kuhn: What one sees “depends both upon what he looks at and also upon what his previous visual-conception experience has taught him to see.”

コロナ後遺症の事実、COVIDの死に関する事実は、迷走する事実として存在し続ける。何らかの目に見えない力が、それらの事実が地図や物語にまとまるのを阻止する。知識になることを。
Facts about long COVID, about COVID deaths, continue to exist as stray facts; some invisible force stops those facts from coalescing into a map, a narrative. From becoming knowledge.



久しぶりにターゲット(スーパー)に行きます。 2 人の若い (20 代前半) 男性 (白人) 従業員の間で次のような会話が聞こえます。
I go to Target (supermarket) after a long time. I hear a conversation between two young (early 20s) male (white) employees:

従業員 1: 新型コロナウイルスのことを聞いたとき、すぐに感染したくなりました。
Employee 1: As soon as I heard of COVID, I wanted to have it.

従業員2:なぜですか?
Employee 2: Why?

従業員 1: だって、もしあなたが新型コロナウイルスに感染したら、Target は全額給与で 3 週間の休暇をくれるからです。
Employee1: Because if you get COVID, Target gives you three weeks off with full pay, dude!



私はすぐに、戦争で兵士がパープルハートを獲得した場合、州立大学で無料で教育を受ける権利があるというインディアナ州の法律を思い出しました。
I am immediately reminded of an Indiana law that if a soldier earned a Purple Heart in war, they were entitled to free education in a state university.

アメリカでは、資本主義のために死ぬと誓った場合にのみ、生きるチャンスが与えられると思います。
I think, In the U.S., only if you pledge to die for capitalism, do you get a chance to live.

2023 年春夏: 新型コロナウイルスとの共存
Spring-Summer 2023: Living With COVID


1月のメモを見てみます。 この言葉には、新型コロナウイルスに対する不安の赤線と、10代の若者たちに私の医学的事実を明らかにし、彼らの寛大さに頼らなければならない屈辱が続いていることが伝わってくる。 新年の1月、CDCは週平均3,662人の死亡を記録した。
I look at my notes from January. Threaded through the words are red lines of anxiety about COVID, the continuing humiliation of having to reveal my medical facts to teenagers and depend on their generosity. In January of the new year, the CDC records a weekly average of 3,662 deaths.

もしこれらの人々が全員億万長者だったとしても、私たちはパンデミックを克服したと言えるでしょうか? ある夜、私は、富裕層と目の合わない人々だけを殺すパンデミックの夢を見た。
I wonder: If all these people were millionaires, then would we still say we were over the pandemic? One night I dream of a pandemic that only kills the rich and people with mismatched eyes.

新型コロナウイルスは、近年の歴史の中で最も驚くほど広範囲に広がったガスライティング現象を引き起こしました。
COVID has yielded the most stunningly pervasive gaslighting phenomenon in recent history.


私はウクライナ戦争で最愛の人を失いました。 私は防衛予算と医療に割り当てられたお金を比較するのをやめます。 「コロナとともに生きる」ということは、実際にはコロナを無視することを意味することに気づき始めています。
I lose a beloved person to the war in Ukraine. I stop comparing defense budgets to money allocated for health. I begin to realize that “living with COVID” actually means ignoring COVID.

1 つのきっかけは、5 月 11 日が連邦政府の新型コロナウイルス感染症による公衆衛生上の緊急事態の終了を示す日であるということです。
One cue, May 11 marks the end of the federal COVID-19 public health emergency.

2月のメモを振り返ってみます。 私が書いたことがわかります:
I turn back to my notes from February. I see that I wrote:



私たちの新型コロナウイルス感染症政策に示されている、障害者や弱い立場にある人々の生活に対する組織的な無視は、過去 3 年間に、一般の人々もそのようなアプローチをとらざるを得なくなったことを意味します。 あるいは職を失うこともある。
The institutional disregard for disabled and vulnerable lives displayed in our COVID policies means that ordinary people, in these last three years, have also been forced to adopt that approach. Or lose their jobs.

この何気ない悪意の文化の深化による長期的な影響は、私たちに長期にわたって残り、社会生活の多くの分野で共感、配慮、連帯を阻害することになるでしょう。
The long-term effects of this deepening culture of casual malice will be with us for a long time, inhibiting empathy, care, and solidarity in many areas of social life.


6月に入り、ついに新型コロナウイルスに感染してしまいました。 私の娘もそうです。 私が注意しなかったからではなく、他の人が注意しなかったからです。
In June, I finally get COVID. As does my daughter. Not because I did not take care, but because others did not.

飲み込むと喉に100本のナイフが突き刺さっているように感じます。 体温が上がります。
My throat feels like a hundred knives are being plunged into it as I swallow. My temperature rises.

このような病的な具体性にもかかわらず、新型コロナウイルスは今や幻の病気です。 資本主義制度のおかげで、それは個人の信念と選択の問題になりました。
Despite such morbid concreteness, COVID now is a phantom disease. It has become, thanks to capitalist institutions, a matter of personal belief and choices.


最低限の保護を求めると、最も賢明な人でも肩をすくめて「でも、いつまで?」と言うでしょう。 尋ねる人、覆い隠す人は、私たちが不可能なことを要求していると感じさせられます。
When one asks for the minimum protections, even the most sensible individuals shrug and say, “but for how long?” Those who ask, those who mask, are made to feel that we are demanding impossible things.

新型コロナウイルスは、近年の歴史の中で最も驚くほど広範囲に広がったガスライティング現象を引き起こしました。 世界中の意欲的かつ熱心な政府は、「病気はもう存在しない」という単純なトリックによって、国民を衰弱性の病気に見捨てています。
COVID has yielded the most stunningly pervasive gaslighting phenomenon in recent history. Willing and eager governments worldwide are abandoning citizens to a debilitating disease by one simple trick: saying it no longer exists.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3112-1438855d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>