Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |採用危機が高まる中、イングランドの学校は英語教師の採用で前例のない苦戦に直面している The Guardian 2023/6/17
fc2ブログ

Entries

採用危機が高まる中、イングランドの学校は英語教師の採用で前例のない苦戦に直面している The Guardian 2023/6/17

En:(grammar)



採用危機が高まる中、イングランドの学校は英語教師の採用で前例のない苦戦に直面している
Schools across England face unprecedented struggle to hire English teachers as recruitment crisis grows
https://www.theguardian.com/education/2023/jun/17/schools-across-england-face-unprecedented-struggle-to-hire-english-teachers-as-recruitment-crisis-grows

The Guardian 2023/6/17









イングランドの学校は英語教師の採用に苦戦しており、校長らは英語教師の採用が危機的状況に達していると警告しており、9月までに数百人が欠員を埋めようとしている。
中等教育学校の校長らは、数学、科学、コンピューターサイエンス、デザインテクノロジーの教師向けの広告を掲載しても、適切な応募者が集まらないことに慣れていると話す。 しかし多くの人は、伝統的に採用数を増やしてきた科目である英語の教師探しも、現在では同様の争いになっていることにショックを受けている。
Schools in England are struggling to recruit English teachers, with hundreds still trying to fill vacancies in time for September, as headteachers warn they have reached crisis point.
Secondary heads say they have become used to adverts for maths, science, computer science and design technology teachers failing to attract any suitable applicants. But many have been shocked to find that it is now a similar battle to find teachers for English – traditionally a subject that buoyed recruitment numbers.

彼らは、政府が低賃金、過重労働、オフステッドによる検査の圧力に対処しなければ、教師不足が深刻化し、学級規模が急増し、適切な専門科目の知識がないために子供たちが遅れをとることになると警告している。
全国教育組合の全国執行部は今週末、条件と給与をめぐってさらに2日間のストライキを行うことに同意した。 これらは7月5日と7日に開催されます。 この措置は州立学校と第6形態の大学に影響を与えるだろう。 会員らはインフレ率を上回る賃金引き上げと、既存の学校予算から資金を捻出しないことの保証を求めている。
They warn that if the government does not tackle low pay, overwork and the pressure of inspections by Ofsted, growing teacher shortages will mean spiralling class sizes and children falling behind because they do not have the right specialist subject knowledge.
The national executive of the National Education Union agreed this weekend to stage two further days of strike action over conditions and pay. These will take place on 5 and 7 July. The action will affect state schools and sixth form colleges. Members are calling for an above-inflation pay rise and assurances that money will not come from existing school budgets.

NEUの共同書記長であるメアリー・ブーステッド博士は、教育長官のジリアン・キーガンに対し組合との緊急会合を要請し、行動を回避するのは「彼女の手中にある」と述べた。 「イースター前以来、会合は開かれていない。 それは驚くべきことだ」と彼女は言った。 「我々はいつでも喜んで国務長官と話しに来ますが、彼女は関与しないことを選択しました。 それは職業に対するひどい扱い方だ。」
教育省が今月発表した新しい学校職員数データによると、昨年は約4万人の現役教員が退職し、2010年の統計開始以来最高水準となった。
Dr Mary Bousted, joint general secretary of the NEU, called on education secretary Gillian Keegan to meet the union urgently, saying it was “in her hands” to avert the action. “There have been no meetings since before Easter. It’s remarkable,” she said. “We’re always willing to come in and talk to the secretary of state but she has chosen to just not engage. It’s a terrible way to treat the profession.”
Last year, almost 40,000 working-age teachers left the profession, the highest level since records began in 2010, according to new school workforce data released by the Department for Education this month.

ハルとヨークシャー東部地区で8校の学校を運営するEducation Alliance academy trustの最高責任者であるJonny Uttley氏は、「科学と数学の教師の採用は何年も前からうまくいっていませんでしたが、今では英語のように問題になっていなかった科目が不足分野になっています」と述べています。「この言葉は軽々しく使ってはいけない。
この週末、900以上の学校が、即日または9月開始の英語教師の求人を出していた。すでに学校で働いている教師は、1学期前に通知しなければならないので、転勤のタイミングを逃してしまったという事実があるにもかかわらずだ。
“Recruiting science and maths teachers has been bad for years, but now subjects which weren’t a problem like English have become shortage areas,” said Jonny Uttley, chief executive of the Education Alliance academy trust, which runs eight schools in Hull and the East Riding of Yorkshire. “It is a crisis, and I don’t use that word lightly.”
This weekend, more than 900 schools were advertising English teaching jobs for an immediate or September start, despite the fact that teachers who are already working in schools have to give a term’s notice, so they have missed the transfer window.

大規模な複数のアカデミーを運営するトラストの幹部は匿名を条件に、「覚えている限り初めて、英語教師の採用に苦労しているのは、非常に多くの人が他の分野に去り、代わりがいないためだ」と語った。
今年、彼のトラストは、重要な人員不足を埋めるために代理店を利用することを含め、採用費用として余裕のない5万ポンドを費やした。 「この国の一部の地域では、良い教師はおろか、悪い教師も見つからない」と彼は付け加えた。
A senior leader in a large multi-academy trust, speaking on condition of anonymity, said: “For the first time I can remember, we are struggling to recruit English teachers as so many are leaving for other sectors and not being replaced.”
This year, his trust had spent £50,000 it could not afford on recruitment fees including using agencies to help it fill important staff gaps. “You can’t find a bad teacher, let alone a good one, in some parts of the country,” he added.

多くの校長と同様に、先週、リシ・スナック氏とジリアン・キーガン教育長官が英語学校の「教師数の記録的増加」を祝っているのを見て激怒したが、2010年以来の教師数の6%増加が追いついていないことには言及しなかった。 同期間で学生数は 11% 増加しました。
「彼らの自慢話はガスライティングのあまりにも不快な例で、本当に辞めたくなるほどだ」とトラストのリーダーは語った。 「欠員は2倍近くに増加しており、学校は以前は考慮していなかった人材を昇進させなければなりません。」
Like many headteachers, he was enraged to see Rishi Sunak and education secretary Gillian Keegan celebrating a “record number of teachers” in English schools last week, but neglecting to mention that the 6% rise in the number of teachers since 2010 did not keep pace with an 11% rise in the number of students over the same period.
“Their boasting is such a sickening example of gaslighting that it genuinely makes me want to quit,” the trust leader said. “Vacancies have nearly doubled, and schools are having to promote staff who they would not have considered previously.”

エクセター大学の社会的流動性を専門とするリー・エリオット・メジャー教授は、資格のある英語教師の不足は最も貧しい子供たちに最も大きな打撃を与えるだろうと述べた。 「英語は、その科目自体のためだけでなく、読み書きのスキルがカリキュラムの残り全体の可能性を広げるため、絶対的に重要です」と彼は言いました。
レディング大学で英語の大学院教師養成コースを率いるレイチェル・ロバーツ博士は次のように述べています。 一般に、英語教師を養成するコースは全国で約 3 分の 1 減少しています。」
Lee Elliot Major, professor of social mobility at Exeter University, said that the lack of qualified English teachers would hit the poorest children hardest. “English is absolutely critical not just because of the subject itself, but because reading and writing skills open up the whole rest of the curriculum,” he said.
Dr Rachel Roberts, who leads the postgraduate teacher training course in English at Reading University, said: “We’re down on applications. Generally, courses training English teachers are down by about a third across the country.”

全米英語教育協会(NATE)の元会長だったロバーツ氏は、すべての生徒が18歳まで数学を勉強するべきだと宣言したリシ・スナック首相に怒っているが、この政策は多くの教師が誘致に失敗したために実現不可能だと宣言していたものだ。 16 歳まででも数学を教えるのに十分な数の数学教師がいます。
Roberts, who was formerly chair of the National Association for the Teaching of English (NATE), is angry at prime minister Rishi Sunak for proclaiming that all pupils should study maths until 18 – a policy which many teachers declared unworkable due to the failure to attract enough maths teachers to teach it even up to age 16.

「首相が数学を奨励しても全く役に立たなかった」と彼女は言う。 「重要なのは数学だけではありません。 英語も同様に重要ですが、政府は英語が[同じくらい重要]であるかのように支援していません。」
NATEは、英語を教えるための新兵訓練の減少は、Aレベルで英語を学ぶことを選択する学生の数の低迷が一因であると考えている。 この夏、約 54,000 人の学生が英語の A レベルを受講していますが、これは 2012 年の 90,000 人弱から 40% 減少しています。
“The prime minister promoting maths hasn’t helped at all,” she said. “Maths isn’t the only subject that counts. English is just as important but the government isn’t supporting it as though it is [as important].”
NATE believes the decline in recruits training to teach English is being caused in part by a slump in the number of students choosing to study English at A-level. This summer, about 54,000 students are sitting an A-level in English, down 40% from just under 90,000 in 2012.

その結果、英語で学位を取得する学生の数が大幅に減少し、入学サービスのユーカスは、志願者数が10年間で3分の1減少したと報告している。
かつて自身も英語教師向けのトレーニングコースを運営していたブーステッド氏は、「かつては英語が採用の残りの数字を押し上げる科目だった。 今ではそれも不足の対象になっています。」
In turn, this has driven a major fall in the number of students taking a degree in English, with admissions service Ucas reporting a downturn in applications of a third in 10 years.
Bousted, who used to run a training course for English teachers herself, said: “English used to be a subject that buoyed up the rest of the figures on recruitment. Now it’s a shortage subject too.”

ブーステッド氏は火曜日、教師の採用と定着の危機に関する教育特別委員会の調査に対して証拠を提出する予定である。 彼女は、現在、子どもたちの20%近くが、関連する資格を持たない人物から英語を教えられていると付け加えた。
教育省は、「同省は、今秋の英語教師候補者研修に利用できる1万5000ポンドの奨学金の再導入など、優秀な候補者を教職に引き付けるための幅広い採用・定着イニシアチブを提供している」と述べた。
Bousted will give evidence on Tuesday to an inquiry by the education select committee on the crisis in teacher recruitment and retention. She added that nearly 20% of children were now being taught English by someone without a relevant qualification.
The department for education said: “The department offers a range of recruitment and retention initiatives to attract the best candidates into teaching, including the reintroduction of a £15,000 bursary, which will be available for prospective English teachers training this autumn.”

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3072-5fe99a6b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>