Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナ後遺症と闘ってきた8人のセレブ toofab 2023/5/26
fc2ブログ

Entries

コロナ後遺症と闘ってきた8人のセレブ toofab 2023/5/26

En: (grammar)


コロナ後遺症と闘ってきた8人のセレブ
8 Celebs Who Have Struggled With Long COVID
https://toofab.com/2023/05/26/celebs-who-have-struggled-with-long-covid/

toofab 2023/5/26








「私は医療の旅の途中で、答えを得ることを真剣に考えています」と「RHONY」卒業生のベテニー・フランケルは語った。
"I am on a medical journey and I'm serious about getting answers," said "RHONY" alum Bethenny Frankel.

過去 3 年間にわたり、新型コロナウイルスは世界中の何百万人もの人々に影響を及ぼしました。 ありがたいことに多くの人がウイルスから完全に回復しましたが、数か月、場合によっては数年も続く症状に今も苦しんでいる人もいます。 CDC によると、最初の感染から 4 週間以上にわたって「継続または発症する症状や状態」を経験した人は、潜在的にポストコロナ状態、別名コロナ後遺症に苦しんでいる可能性があります。
Over the past three years, COVID has affected millions of people around the world. While many have thankfully made a full recovery from the virus, others are still struggling with symptoms that have lingered for months -- and sometimes even years. According to the CDC, anyone who has experienced "symptoms and conditions that continue or develop" over four weeks after an initial infection could potentially be suffering from Post-COVID Conditions, AKA Long COVID.


残念ながら、特定の人々が長期にわたって新型コロナウイルスの影響を受ける理由について多くの医師は答えを持っておらず、治療法はまだ研究中です。 最高の医療を受けられることが多い有名人でさえ、コロナ後遺症の影響を受けています。 グウィネス・パルトロウやベテニー・フランケルのようなスターたちは、自分たちの旅について信じられないほどオープンに語っており、彼らが答えを見つけることで他の人たちも助けることができればと願っています。
Unfortunately, many doctors don't have answers as to why certain people are affected by COVID long term, and treatment options are still being researched. Even celebrities, who often have access to some of the best medical care, are being impacted by Long COVID. Stars like Gwyneth Paltrow and Bethenny Frankel have been incredibly open about their journey -- and hopefully as they find answers, they can help others too.

これらのスターがコロナ後遺症について何と言ったかをご覧ください…
Find out what these stars had to say about Long COVID…

グウィネス・パルトロウ
1. Gwyneth Paltrow

グウィネス・パルトロウは、パンデミックの「早い段階で新型コロナウイルスに感染した後」、疲労や頭の霧などの長期的な症状を経験し始めたと述べた。 過去2年間、グウィネスは現在、特に非常に特殊な食生活を通じてコロナ後遺症の治療に取り組んでいる。 これには、正午まで断食し、昼食には骨スープなどの食べ物、夕食には野菜を食べることが含まれます。
Gwyneth Paltrow says "that after having COVID early on" in the pandemic, she began to experience long-term symptoms like fatigue and brain fog. For the past two years, Gwyneth has now been treating Long COVID, specifically through a very particular diet. That includes fasting until noon and having foods like bone broth for lunch and vegetables for dinner.

「私はコロナ後遺症に感染しており、それが長期にわたって非常に高レベルの炎症を引き起こすのが私にとっての症状です」と彼女はインスタグラムで共有し、「(ウィル)コール博士と協力して、コロナウイルスではない食品に重点を置いている」と付け加えた 炎症性。
"I have Long COVID, and the way it manifests for me is very high levels of inflammation over time," she shared on Instagram, adding that she's been "working with Dr. [Will] Cole to really focus on foods that aren't inflammatory."

彼女は続けて、「これは私の医学的結果と、私が時間をかけて行った広範な検査に基づいています…それはまさに私にとって効果があったものです。それは非常に強力で、非常にポジティブでした。」と続けました。
She continued, "This is based on my medical results and extensive testing that I've done over time…It's really just what has worked for me. It's been very powerful and very positive."

ベテニー・フランケル
2. Bethenny Frankel

ベセニー・フランケルは、自己免疫疾患POTSとの闘いを皮切りに、かなり長い間健康上の問題と闘ってきました。 新型コロナウイルスに感染した後、症状が悪化したようで、それ以来、彼女は他の多くの症状に悩まされている。 POTSによる倦怠感、めまい、心拍数の上昇に加えて、ベセニーさんは定期的に「首の激しい痛み」を経験しているという。 昨年、魚に対する致死的なアレルギー反応を経験したベセニーさんは、現在、その答えを見つけるためにできる限りのことを行っている。
Bethenny Frankel has been struggling with health issues for quite some time, beginning with a battle with auto-immune disorder POTS. After contracting COVID, it seemingly exacerbated the condition, and she's since been dealing with numerous other symptoms. In addition to fatigue, dizziness and a fast heart rate caused by POTS, Bethenny says she also regularly experiences "severe aches and pains in [her] neck." After experiencing a near-fatal allergic reaction to fish last year, Bethenny is now doing whatever she can to find answers.

「私は医療の旅の途中で、答えを得ることを真剣に考えています。長期にわたる新型コロナウイルス感染症から体の痛み、脱水症状、クマ、自己免疫疾患まで、処理し消化することがたくさんあります。人生において物事を少しずつ行うことは、 「健康ではうまくいきません。このパズルに取り組む必要があります」と彼女はインスタグラムに書いた。 「私は自分がどのように見えるかは気にしません。他の人が私をどう思うかは気にしません。私は自分がどのように感じているか、そして娘、私の愛する人たち、そしてあなたたちのために健康であることを大切にしています。」
"I am on a medical journey and I’m serious about getting answers. From long COVID to body pain to dehydration to dark circles to autoimmune disorders, it's a lot to process and digest. I've learned that doing things piecemeal in life and in health doesn't work. I need to tackle this puzzle," she wrote on Instagram. "I don't care how I look. I don't care how others think I look. I care about how I feel and about being healthy for my daughter, my loved ones and for you."



ビリー・アイリッシュ
3. Billie Eilish

ビリー・アイリッシュは2022年に新型コロナウイルスに感染した後、回復するまでに数カ月かかったという。 最初の感染症への対応は「惨め」で「ひどい」ものだったと彼女は言うが、彼女はほぼ2か月間病気のままだった。
After having COVID in 2022, Billie Eilish says it took months for her to recover. While she says dealing with the initial infection was "miserable" and "terrible," she remained sick for almost two months.

「最悪でした。つまり、私は死ななかったし、死ぬつもりもありませんでしたが、だからといって悲惨な状況が消えるわけではありません。ひどいものでした。今でも副作用があります。私は病気でした。 約2か月です」と彼女は「ハワード・スターン・ショー」で語り、「ワクチンを受けていなかったら、おそらく死んでいたと思います。ワクチンが悪かったからです」と付け加えた。
"It was bad. I mean, I didn't die, and I wasn't gonna die, but that does not take away from how miserable it was. It was terrible. I still have side effects. I was sick for, like, two months almost," she said on "The Howard Stern Show," adding, "I think if I weren't vaccinated, I would have, like, died, because it was bad."

コリン・ファレル
4. Colin Farrell

コリン・ファレルさんは新型コロナウイルス感染症を2度経験しており、初めて罹患したときは回復するまでに数カ月かかったという。 2回目の感染直後にインタビューを受けたコリンさんは、再び長期にわたる症状を避けるため、安静にするつもりだと語った。
Colin Farrell has experienced COVID twice, and he says that the first time he was sick, it took him months to recover. While being interviewed shortly after his second infection, Colin said he planned to lay low in the hopes of avoiding long-term symptoms again.

「2回とも、3日か4日はひどい状態だったけど、ちょっと気分が悪くなるのが好きなんだ。ただ、体温や頭痛など、すべてだ」と彼は『CBS Sunday Morning』で語った。 「今後しばらくは、ほとんど何もしないつもりです…検査で陰性が出てから約1週間後に初めて外出し、再びランニングを始めました。自分を台無しにしてしまい、約6か月間長い新型コロナウイルスに感染してしまいました。」
"Both times I've had it, I got a good whack for three or four days, but it likes to have a bit of a shindig. Just everything, temperature, headaches," he told "CBS Sunday Morning," adding, "I'm going to do very little now for the next while…the first time I went out about a week after testing negative, and I started running again. I messed myself up and got the long COVID for about six months."

サルマ・ハエック
5. Salma Hayek

サルマ・ハエックはパンデミックの初期に新型コロナウイルスに感染し、危うく入院するところだった。 医師は診察を受けるよう懇願したが、サルマさんは「むしろ自宅で死にたい」と語った。 サルマさんは結局、自宅の一室で7週間隔離されることになったが、その後も症状は続いた。 彼女は2020年の大半を回復に費やし、翌年まで仕事に戻ることができなかった。
Early on in the pandemic, Salma Hayek had a severe case of COVID that almost landed her in the hospital. While her doctor begged her to check herself in, Salma said she'd "rather die at home." Salma ended up isolating in a room in her home for seven weeks, and even after, she still experienced symptoms. She spent much of 2020 recovering and was unable to return to work until the following year.

「それは長引く感じでした。回復するまでに時間がかかりました。回復しましたが、その後、長い間新型コロナウイルスに感染していました。ワクチン接種を受けるまでは、とても疲れていました。どういうわけか、今は気分が良いです...動悸がたくさんありました 「不安症だと思っていました。それが新型コロナウイルスの症状の一つであることが分かりました。その部分については誰も話していませんでした」と彼女は「ライブ・ウィズ・ケリーとライアン」で語った。
"It kind of lingered. It took me a while to recover. I did, but then I had long COVID. I was tired a lot until I got the vaccination. For some reason, I feel fine now…I had a lot of palpitations. I thought it was anxiety. It turns out it’s one of COVID symptoms. Nobody was talking about that part," she said on "Live With Kelly and Ryan."

アリッサ・ミラノ
6. Alyssa Milano

アリッサ・ミラノさんの新型コロナウイルス感染症の旅は、2020年初めに息切れ、嗅覚障害、動悸などの症状を残した急性感染症から始まった。 12日後の検査では陰性だったが、症状は続いているという。 2022年、アリッサさんはCTスキャンの結果、肺の小さな血管がわずか30%の容量で機能していることが判明したと語った。
Alyssa Milano's journey with COVID began in early 2020 with an acute infection that left her with symptoms like shortness of breath, loss of smell, and heart palpitations. While she tested negative after 12 days, she says she has continually experienced symptoms. In 2022, Alyssa shared that a CT scan revealed the small blood vessels in her lungs were operating at only 30% capacity.

「私は常に、考えられるあらゆる症状を抱えていました。つまり、急性の新型コロナウイルスによるものであれ、長期にわたる新型コロナウイルスによるものであれ、リストに挙げられているすべての症状を経験したことがあります。息切れ、動悸、頭の霧、夕方4時の疲労感、 手と足のチクチク感と、単なる物忘れです」と彼女はNBCニューヨークに語った。
"I have always had every single symptom imaginable, so every symptom that they list whether it be from acute COVID or long COVID, I have had. Shortness of breath, heart palpitations, brain fog, exhaustion at 4 o'clock in the evening, tingling in my hands and feet and just forgetfulness," she told NBC New York.

アリッサさんは治療を受けているが、2023年になってもまだ苦しんでいると語る。
While she's been receiving treatment, Alyssa says she is still struggling in 2023.


レナ・ダナム
7. Lena Dunham

レナ・ダナムは、一時はロングコロナも含め、生涯を通じて多くの健康問題に対処してきました。 2020年初めにウイルスに感染し、1か月間隔離生活を送った後、同年7月になっても症状が続いていたことを明かした。 彼女は、疲労と「絶え間ない片頭痛」、そして手足の腫れに悩まされていたと語った。 その後、医師は彼女の下垂体が「ほぼ完全に機能を停止」し、関節炎が再発したことを発見した。
Lena Dunham has dealt with many health issues throughout her life, including Long COVID at one point. After contracting the virus in early 2020 and spending a month isolating, she shared that she was still experiencing symptoms in July of that year. She says she suffered from fatigue and an "unceasing migraine[s]" as well as swollen hands and feet. Her doctor later discovered that her pituitary gland had "almost entirely ceased to function" and her arthritis had flared.

「新型コロナウイルス感染症による長期にわたる深刻な健康への影響について、医師たちは時間ごとに学んでいる。医療においてこれほど迅速に前進したことはかつてなかったし、そうする必要があったこともなかった。そして専門家は封じ込めと感染防止に関して驚くべき取り組みを行っている」 しかし、この病気が人々の体と心に与える長期的な影響はまだわかっていません」と彼女はインスタグラムに書いた。
"The serious long-term health consequences of a Covid-19 infection are something doctors are learning more about every hour. We have never moved this fast in medicine – we've never had to – and experts are doing some incredible work with containment and prevention. But we don't yet understand the long term impact of this illness on people's bodies and minds" she wrote on Instagram.

デイブ・ナバロ
8. Dave Navarro

デイブ・ナバロ氏は2021年12月に初めて新型コロナウイルスに感染し、5か月後も症状が続いていることを明かした。 デイブさんはインスタグラムへの投稿で、疲労感に悩まされており、いつ昔の自分に戻れるか分からないと書いている。 その9月、デイヴは症状に対処するためにジェーンズ・アディクションのツアーを辞退しなければならなかったが、健康上の問題のため未だにバンドの仕事に復帰していない。
Dave Navarro first caught COVID in December 2021 and five months later, he shared that he was still experiencing symptoms. In an Instagram post, Dave wrote that he was dealing with fatigue and didn't know when he would feel like his old self. That September, Dave had to back out of a Jane's Addiction tour while he dealt with symptoms -- and he still hasn’t returned to work with the band due to health issues.

「そうです、私も『長期にわたる新型コロナウイルス』に罹患した一人です。 12月から体調を崩しており、おそらくどれくらいで元の状態に戻るだろう…どれくらいかかるかは誰にも分からない」と彼は現在削除された投稿の中で書いている。 「もし陰性の結果が出た後もずっと苦しんでいる人がいたら、あなたは一人ではないと言いたいのです。疲労と孤独はかなりひどいものですが、愛する人たちと時間を過ごし、創造性を保つように努めてください。」 「それが私がこの問題を乗り越えようとしている方法です。また、多くのスピリチュアルな実践、瞑想、ヨガがとても役に立ちました。私は大丈夫です、ただいつになるかはわかりません。」
"So yeah, I'm one of the ones who came down with the 'long haul covid.' Been sick since December and supposedly will be back to my old self in… nobody knows how long," he wrote in the now-deleted post. "If there are any of you who are still suffering long after your negative results, I'm just saying you aren't alone. The fatigue and isolation is pretty awful but try to spend your time with the ones you love and stay creative. That's how I'm trying to get through this thing. Also lots of spiritual practices, meditation and yoga have been very helpful. I'll be ok, just don't know when."



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3036-850a2c4f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>