Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |病院のマスク着用義務解除でカナダ全土で新型コロナウイルス感染が急増 wsws 2023/5/22
fc2ブログ

Entries

病院のマスク着用義務解除でカナダ全土で新型コロナウイルス感染が急増 wsws 2023/5/22

En:(grammar)


病院のマスク着用義務解除でカナダ全土で新型コロナウイルス感染が急増
Surge of COVID across Canada as hospitals drop mask mandates
https://www.wsws.org/en/articles/2023/05/23/tfbx-m23.html

wsws 2023/5/22











感染力の高い新型の XBB.1.16、つまり SARS-CoV-2 ウイルスの「アークトゥルス」亜種が世界中に蔓延する中、カナダは他の資本主義国と同様、新型コロナウイルス感染症パンデミックのさらなる波に対処するための準備がひどく整っていません。
As the new and highly infectious XBB.1.16, or “Arcturus” variant of the SARS-CoV-2 virus sweeps across the world, Canada, like every capitalist country, stands woefully ill prepared to handle further waves of the COVID-19 pandemic.

新型コロナウイルス感染症の再拡大は、何よりも、国際的な対応を反映した、州および連邦レベルの政府による「永遠に新型コロナウイルス」という集団感染政策によるものである。
The resurgence of COVID is above all due to the “Forever Covid” mass infection policy of governments at the provincial and federal levels, mirroring their counterparts internationally.

トルドー自由党政権は、2022年初めに残っているすべての公衆衛生対策を撤廃するという極右フリーダム・コンボイの要求を受け入れるなど、この政策の先頭に立ってきた。 自由党は労働組合からひるむことのない支持を得たが、労働組合はパンデミック下で危険な労働条件に抵抗する労働者のあらゆる努力を抑圧してきた。
The Trudeau Liberal government has spearheaded this policy, including by embracing the demands of the far-right Freedom Convoy in early 2022 to dismantle all remaining public health measures. The Liberals received unflinching support from the trade unions, which have suppressed all efforts by workers during the pandemic to resist dangerous working conditions.


いくつかの州では最近、新型コロナウイルス感染症による入院者数と死亡者数が増加している。 マニトバ州では5月12日までの1週間に新型コロナウイルス感染症関連の入院者数が41人となり、前週から16人増加した。 ICU入室者も11人に増加し、2人がこの病気で死亡した。
Several provinces have recently experienced an uptick in COVID-19 hospitalizations and deaths. During the week leading up to May 12, Manitoba saw 41 COVID-19-related hospitalizations, up 16 from the previous week. ICU admissions also increased to 11, and two died of the disease.


同じ週にノバスコシア州では8人の新型コロナウイルス感染症による死亡が報告され、保健当局はこれらはこれまで報告されていなかった死亡で、過去数週間および数か月の間に「発生した可能性が最も高い」とすぐに指摘した。
In the same week, Nova Scotia reported eight COVID-19 deaths, with health authorities quick to point out that these were previously unreported deaths and “most likely occurred” during previous weeks and months.

これは、下水の監視を除いて、パンデミックに関するいかなるデータ収集の見かけも政府のあらゆるレベルによって解体されてきた程度を強調するだけである。
This only underscores the extent to which any semblance of data gathering on the pandemic has been dismantled by every level of government, with the exception of wastewater monitoring.

要するに、3800万人の国民全体が、進行中のパンデミックの中で盲目的に飛行しているのです。唯一の体系的なデータ分析と解釈は、毎月全国ハザード指数をまとめ、入院と死亡の両方を追跡するCOVID-19 Resources Canadaなどのボランティアグループによって行われます。
In essence, the country’s entire population of 38 million people is flying blind through an ongoing pandemic, with the only systematic data analysis and interpretation conducted by volunteer groups like COVID-19 Resources Canada, which compiles a monthly national Hazard Index and tracks both hospitalizations and deaths.


XBB.1.16 亜種はインドで発生したと考えられており、同国での感染と入院の急増を引き起こしています。 4月11日だけで、この国は550万人の新規感染者を記録したが、悪名高いナレンドラ・モディ首相が新型コロナウイルス感染症を最小限に抑え、ウイルスそのものからではなく「ロックダウン」から国を救うと誓ったことを考えると、これはほぼ間違いなく過小評価である。
The XBB.1.16 variant is thought to have originated in India and has led to a massive surge of infections and hospitalizations in that country. On April 11 alone, the country registered 5.5 million new infections, which is almost certainly an undercount given the notorious COVID-19 minimizing of Prime Minister Narendra Modi, who infamously vowed to save the country not from the virus itself, but from “lockdowns.”


XBB.1.16 は、BA.2.10.1 と BA.2.75 のバリアントを組み合わせたもので、スパイク タンパク質に追加の変異を備えています。 実験室研究では、この変異が感染力と病気の重症度を高める可能性があることが示されています。
XBB.1.16 is a combination of the BA.2.10.1 and BA.2.75 variants and features an additional mutation on its spike protein. Lab studies have shown that this mutation could potentially increase infectivity and severity of disease.

それにもかかわらず、カナダ全土の政府と保健当局は、新しい変異種の危険性を軽々しく無視している。 この点で彼らは、金融市場への譲歩として、最近パンデミックを世界的な健康上の緊急事態として指定することをやめた、誤った名前の世界保健機関からヒントを得た。
Nevertheless, government and health authorities across Canada have blithely dismissed the danger of the new variant. In this, they took their cue from the misnamed World Health Organization, which recently ended its designation of the pandemic as a global health emergency as a concession to the financial markets.


この新たな変異種は、4月中旬までにオンタリオ州の新規感染者数の少なくとも3分の1を占めると予想されていた。 同州の陽性率は2週間前に1年ぶりの低水準に達した後、上昇し始めている。 同州では5月第2週に16人の新型コロナウイルス感染症による死亡が確認されたが、入院者数は2022年6月に記録した過去最低水準を下回っている。
The new variant was expected to make up at least one-third of all new infections in Ontario by mid-April. Positivity rates have begun to climb in the province after reaching a one-year low two weeks ago. The province witnessed 16 COVID deaths during the second week of May, although hospitalizations are below the previous low set in June 2022.

いくつかの不穏な展開は、コロナウイルスに対する集団的防御がさらに弱まり、感染、入院、死亡の増加につながることを示唆している
Several disturbing developments point to a further weakening of collective protection against the coronavirus, which will lead to an increase of infections, hospitalizations, and deaths.

カナダの医療現場の大多数は、患者とスタッフの両方に対するマスク義務を廃止した。 これには病院や地域の診療所も含まれます。
The vast majority of health care settings in Canada have dropped mask mandates for both patients and staff. This includes hospitals and community clinics.

同時に、州都とその保健当局からの公共メッセージは個人にマスクをする責任を課しており、事実上、新型コロナウイルス感染症の感染責任は全人口を感染させることを目的とした資本主義の公衆衛生政策ではなく、個人自身に課せられている。
At the same time, public messaging from provincial capitals and their health authorities has put the onus on individuals to mask, effectively placing the responsibility for acquiring COVID-19 on the individual themselves, not on capitalist public health policies designed to infect the entire population.

このキャンペーンを誘導するレトリックは堕落的で政治的に不誠実であり、パンデミック中の行動が新型コロナウイルス感染症による数万人の死亡に直接つながった州の公衆衛生職員や医療幹部らから発せられている。 本質的に、彼らは大量死政策への共犯をごまかそうとする政治犯罪者である。
The rhetoric guiding this campaign is degenerate and politically dishonest, emanating from provincial public health officers and health care executives whose conduct throughout the pandemic has directly led to the deaths of tens of thousands of people from COVID-19. In essence, they are political criminals trying to whitewash their complicity in policies of mass death.

パンデミックの最初の年に学校の再開を監督し、SARS-CoV-2を空気感染病原体として分類することを断固として拒否したブリティッシュ・コロンビア州の州保健官ボニー・ヘンリー博士は、州は「するなとは言っていない」と主張した。 マスクを着用してください。私たちが言いたいのは、マスクはもはや義務ではないということです...」
Dr. Bonnie Henry, British Columbia’s provincial health officer, who oversaw the reopening of schools during the first year of the pandemic and steadfastly refused to categorize SARS-CoV-2 as an airborne pathogen, claimed that the province was not “telling you not to wear a mask, what we’re saying is it’s no longer mandatory…”

オンタリオ州トロントの大学保健ネットワークの感染制御医であるアロン・ヴァイズマン博士は、医療システムを限界点を超えて大勢の感染者を追い出した集団感染政策によって医療従事者の燃え尽き症候群が引き起こされたと勇敢に主張した。 労働者が業界を辞めたのは、実はマスク着用が原因だった
Dr. Alon Vaisman, an infection control physician at the University Health Network in Toronto, Ontario, had the gall to claim that health care worker burnout, caused by mass infection policies that have pushed the health care system past the breaking point and drove legions of workers to quit the industry, was actually caused by mask-wearing.

「...ストレスを軽減するために私たちにできることがあれば」とヴァイズマン氏は話し始めた。「必要がなくなった、リスクが極めて低い場所でマスキングを取り除くことができれば…燃え尽き症候群を減らすのに非常に役立ちます。」
“...if there’s anything we can do to try to alleviate the stress,” Vaisman began, “if you could remove masking where it’s no longer necessary and where the risk is extremely low … it’s very helpful to reduce burnout.”

カナダの労働組合官僚の対応は、パンデミックを通じて政府の職場や学校の再開推進と集団感染政策を強化する一方、労働者のあらゆる反対を妨害してきたカナダの立場を示している。
The response by Canada’s trade union bureaucracy is indicative of its position throughout the pandemic, which has been to buttress the governments’ workplace and school reopening drives and mass infection policies, while sabotaging all worker opposition.

カナダ公務員組合(CUPE)の全国会長マーク・ハンコック氏は、病院でのマスク着用義務解除のニュースに反応し、「政府が雇用主に『職場の安全を最前線の労働者に押し付ける』ことを許可することは容認できない」と叫んだ。 ”
Mark Hancock, national president of the Canadian Union of Public Employees (CUPE), responded to news of the lifting of mask mandates in hospitals by exclaiming that it was “not acceptable for governments to allow employers to ‘download workplace safety onto front-line workers.’”

しかし、これはまさに CUPE と国内の他のすべての労働組合がこれらの政府に 3 年以上許可してきたことです。 教師、看護師、工場労働者などの労働者がパンデミックの危険な状況を打破し、より良い保護策を講じようと立ち上がるたびに、労働組合の官僚たちはこれらの取り組みをすぐに隠蔽した。 次から次へと団体交渉闘争が行われ、労働組合は、売り渡し契約を批准するために経営陣と水面下で協力しながら、新型コロナウイルス感染症への言及を著しく省略した。
But this is precisely what CUPE and every other union in the country has allowed these governments to do for over three years. Whenever workers, including teachers, nurses and factory workers rose up to overturn unsafe pandemic conditions and institute better protections, union bureaucrats quickly smothered these initiatives. In one collective bargaining struggle after another, the unions conspicuously omitted any mention of COVID-19, while working behind the scenes with management to ratify sellout contracts.


国内の苦境に立たされた医療機関におけるマスク着用義務の解除に加え、全国で無料の迅速検査の支給が終了したか、終了しつつある。 ケベック州は店頭から無料の迅速検査を撤去したばかりで、オンタリオ州もすぐにこれに追随した。 これらの検査自体は、最も正確なポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 検査の代替品としては不十分であり、PCR 検査は 1 年以上にわたり、最も医学的に脆弱な人々を除いて拒否されてきました。
In addition to the removal of mask mandates in the country’s ailing health care institutions, free rapid-test disbursement has ended or is ending across the country. Quebec has just pulled free rapid-tests from store shelves, and Ontario is quickly following suit. These tests in and of themselves are a poor substitute for the more accurate polymerase chain reaction (PCR) tests, which for over a year have been denied to all but the most medically vulnerable.


カナダの新型コロナウイルス感染症リソース責任者であるタラ・モリアーティ博士は最近、国民のワクチン摂取量が急激に減少していると指摘した。 モリアーティ氏によると、過去6か月以内に一連の初回の新型コロナウイルスワクチン接種を完了したか、新たな接種を受けた人は人口のわずか12.8%だという。 70歳以上ではこの割合は30%に上昇しますが、国民全体の脆弱性により、特に現在緩和策が全く講じられていない医療現場では、高齢者の感染リスクが高まっています。
Dr. Tara Moriarty, head of COVID-19 Resources Canada, recently pointed to the steep drop-off in vaccine uptake in the population. According to Moriarty, only 12.8 percent of the population has completed their primary COVID vaccine series or had a new dose within the last six months. This rises to 30 percent for people aged 70 or older, but vulnerability among the population at large puts the elderly at increased risk of acquiring the disease, especially in health care settings where there are now zero mitigations in place.


カナダの公的医療制度は、パンデミック前から数十年にわたる予算削減ですでに破綻しており、その基盤が揺るがされている。 この事実は、ブリティッシュ・コロンビア州サリー記念病院の医師グループが書いた公開書簡で浮き彫りになり、「当院に存在する危険な状況と、この危機について患者や一般の人々への情報伝達が不足していることを国民に」必死に警告した。
Canada’s public health care system, already buckling after decades of budget cuts prior to the pandemic, is being shaken to its very foundations. This fact was highlighted by an open letter penned by a group of physicians at British Columbia’s Surrey Memorial Hospital, desperately warning “the public of the unsafe conditions that exist in our hospital, and the lack of communication about this crisis to patients and public.”


この手紙は、医師の診察を担架の上で何日も待ち続ける患者や、途中で死亡する患者も含め、州内で最も多忙な救急部門の廊下医療の不気味な現状を浮き彫りにしている。 サリー記念館の例は例示的なものですが、カナダ全土の労働者は、自分の地域でも同様の恐ろしい話をよく知っているでしょう。
The letter paints a macabre picture of hallway medicine in the province’s busiest emergency department, including patients waiting for days on a gurney to be seen by a doctor, with some dying in the process. While the example of Surrey Memorial is illustrative, workers all over Canada will be familiar with similar horror stories in their own regions.


重篤な新型コロナウイルス感染症による肺炎によるICU入院者数は、オミクロンによる猛威を振るった2021年から2022年の冬の急増よりも少ないとはいえ、これまでで最も医学的に脆弱なカナダ人の少なくとも5万2000人が、完全に予防可能な病気で死亡している。
Even though ICU admissions for severe COVID-induced pneumonia are lower than the brutal Omicron-fueled winter surge of 2021-2022, at least 52,000 of the most medically vulnerable Canadians to date have died of what is a completely preventable disease.


言い換えれば、パンデミックの初期に強力な新型コロナウイルス感染症撲滅戦略が策定され、世界レベルで調整されていれば、数万人はまだ生きていただろう。 これは、人口の約15パーセントが長期にわたる新型コロナウイルスの影響に苦しんでいることを考慮する前の数字であり、影響を受けた人々にとっては生涯にわたる苦痛となる可能性がある。
In other words, had a robust COVID-19 elimination strategy been instituted at the start of the pandemic, and coordinated on a global level, tens of thousands of people would still be alive. This is before taking into account the roughly 15 percent of the population suffering from the effects of Long COVID, which could prove to be a lifelong affliction for those affected.



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3035-ccf60ade

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>