Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |トランスジェンダー男性から虐待を受けた女性、入院中にノンバイナリー患者に「性別を間違えた」reduxx 2023/5/22として警察から連絡  
fc2ブログ

Entries

トランスジェンダー男性から虐待を受けた女性、入院中にノンバイナリー患者に「性別を間違えた」reduxx 2023/5/22として警察から連絡  

En:(grammar)


トランスジェンダー男性から虐待を受けた女性、入院中にノンバイナリー患者に「性別を間違えた」として警察から連絡
Woman Abused By Trans-Identified Male Contacted By Police After “Misgendering” Non-Binary Patient While In Hospital

reduxx 2023/5/22

ノンバイナリー:ノンバイナリージェンダー(nonbinary gender)とは、自分の性自認(=体の性ではなく、自分で認識している自分の性)が男性・女性という性別のどちらにもはっきりと当てはまらない、または当てはめたくない、という考えを指す。「第三の性」「クィア」とも呼ばれる。








英国の女性が、チェスターフィールド王立病院に入院中に「トランスフォビア」行為をした疑いでダービーシャー警察から事情聴取に呼び出された。
トニ・スミス* さんは、トランス自認の男性からの過去の虐待に関連したトラウマ的なエピソードを受けて治療を受けていた病院の精神保健室から退院した直後にこの通知を受け取ったと語った。
A UK woman has been summoned for an interview by Derbyshire Police over alleged “transphobic” behavior during her hospital stay at Chesterfield Royal Hospital.
Toni Smith* says she received the notice just after being released from the hospital’s mental health unit where she had been seeking treatment following a traumatic episode related to her past abuse by a trans-identified male.

スミス氏は独占共同レポートのためにReduxxとThe Publicaのインタビューに応じ、自ら救急サービスに連絡し、自傷行為をしたと説明した後、1月にチェスターフィールドのヘリントン病棟に自主的に入院したと説明した。
スミスさんは、性的および身体的虐待を繰り返し受けた生存者である。虐待は、トランスジェンダーの元ボーイフレンドから受けたものだという。
Speaking to Reduxx and The Publica for an exclusive joint report, Smith explained that she was voluntarily admitted to Chesterfield’s Herrington Unit in January after contacting emergency services herself and explaining that she had self-harmed.
Smith is a survivor of repeat sexual and physical abuse — abuse she says she suffered at the hands of her transgender ex-boyfriend.

「私たちが会ったとき、彼はボディビルダーでした。 彼の上腕二頭筋は私の頭より大きかった。 私は彼ほど偉大な人に会ったことがありませんでした。」 スミス氏は、この 2 つが 2017 年にアイテムになったと説明しています。
交際開始からわずか1年あまりで、スミスさんは、パートナーが女装する傾向があり、性転換したいという願望を表明していることに気づいたという。
“When we met, he was a bodybuilder. His biceps were bigger than my head. I’d never met anyone as big as him.” Smith says, explaining that the two became an item in 2017.
Just over one year into the relationship, Smith says she discovered that her partner had a proclivity for wearing women’s clothing and expressed a desire to transition.

「それは私を完全に盲目にしました。 私はしばらくの間、彼が[身体]に問題を抱えているのではないかと考えていました…最初は、彼の習慣の多くは、私の身体醜形障害が私に引き起こした問題と似ていました。 だから似ていると思ったんです。」
スミスさんは、彼氏の決定に敵意はなかったものの、彼の宣言を肯定することに興味はなかったと述べています。
“It completely blindsided me. I had thought for a while that he had [body] issues… at first, a lot of the habits he had were similar to the issues my body dysmorphia caused me. So I thought it was similar.”
Smith notes that while she was not hostile to her boyfriend’s decision, she was not interested in affirming his declaration.

当時、ジェンダーイデオロギーの議論がまだ主流の人気から遠く離れていたことを考慮して、スミスさんはトランスジェンダーリズムをめぐる政治についてあまり考えたことはなかったと語る
Given the gender ideology debate was still far-removed from mainstream popularity at the time, Smith says she had never given too much thought to the politics surrounding transgenderism

しかし、パートナーの「転身」に対する彼女の心境は複雑だった。
「この関係を続けられないとすぐに分かりました。 でも私は彼に同情したし、彼がどんな人生を送っていても快適に過ごせるように手助けしたかったし、その後は友人として別れてもいいと思ったのです。」
However, her feelings about her partner’s “transition” were mixed.
“I knew straight away that I would not stay in the relationship. But I felt sorry for him, I wanted to help him feel comfortable with whatever life he was living, and I thought we could part as friends after that.”

しかし、それから間もなく、スミスさんのパートナーは彼女に対して身体的虐待を行うようになり、意見の相違は暴力的なものになることが多かったという。
「彼は私をひどく虐待しました」とスミスは主張する。 「ある時、彼は私の胸の上に座って、私が気を失うまで私の首を絞めました。」
But it wasn’t long after that Smith says her partner became physically abusive towards her and their disagreements would often turn violent.
“He abused me horrifically,” Smith alleges. “One time, he sat on my chest and strangled me until I passed out.”

暴力的な口論は警察の介入につながった。 当初、スミスさんのボーイフレンドは、彼女が彼に対して虐待的だったと主張した。 しかし後にスミスさんは、それを自分の性自認の問題のせいにしようとしたと語った。
「彼は、私の首を絞めたり、ひどいことをしたのは、私に嫉妬していたからだと言いました」と彼女は説明した。
The violent altercation resulted in police intervention. At first, Smith’s boyfriend claimed she had been abusive towards him. But later, Smith says he tried to blame it on his gender identity issues.
“He told me that the reason he’d strangled me and was so horrible was because he was jealous of me,” she explained.

スミスさんによると、虐待はエスカレートし続け、ボーイフレンドの性同一性が関係と彼女の精神的健康を継続的に悪化させるきっかけとなったという。
Smith says the abuse continued to escalate, with her boyfriend’s gender identity becoming a catalyst for the continued deterioration of the relationship and her mental health.

「彼は私の化粧を取り除き、私が不正行為をしたと非難しました。 彼はお金を管理していましたが、私が自分自身や薬物にお金を使っていると主張する家族にメッセージを送っていました。 また、彼は私にお金のために他の男性とセックスするよう強要し始めました」とスミスさんは言い、「最初は」彼は彼女に強制せず、代わりに男性を家に招待して彼女をその場に置いていたと説明した。
“He would take my make-up and accuse me of cheating. He controlled the money but would message his family claiming I was spending it on myself or drugs. He also began coercing me into having sex with other men for money,” Smith says, explaining that “at first” he didn’t force her, but would instead invite men over and put her on the spot.

「そのうちの1人は、終わり近くになって私にかなりの重傷を負わせました。 [私のパートナー]は、それが私にそれをさせるのは最後だったので、それがやりすぎであることを知っていました。 私が最終的に屈服したため、彼は他の人たちに対して、私を虐待しているわけではないと自分に言い聞かせたと思います。彼はそれが同意だと考えています」とスミスは言う。 「血がたくさん出ました。 その後、お腹の下の方に痛みが出始めました。 ある日、彼と別れた後、私は倒れてけいれんを始め、病院は私の避妊コイルが外れて、子宮頸部に突き刺さり、その内側に埋め込まれているのを発見しました。」
“One of them, near the end, injured me quite badly. [My partner] knew it was too much because it was the last time he made me do it. I think with others he told himself he wasn’t abusing me because I eventually gave in. He thinks that’s consent,” Smith says. “There was a lot of blood. I started getting pains after that low down in my stomach. After I left him one day I collapsed and started convulsing and the hospital found my birth control coil had been dislodged and was basically stabbing into my cervix and embedding in the inside of it.”

スミスは、交際中に彼女が録画した多数の秘密ビデオを Reduxx と The Publica に提供しました。 そのうちの1件では、彼女が顔に化粧水を吹きかけた際に誤って化粧水がかかったために、家庭用の洗浄用消毒剤を喉にスプレーしたことを認めた。
Smith provided Reduxx and The Publica a number of covert videos she had recorded while in the relationship. In one, he admitted to spraying a household cleaning disinfectant down her throat because she accidentally got facial toner on him while she was spritzing it on her face.

2020年4月の別のビデオでは、スミスさんは、赤く染めた長い髪とピンクのパジャマパンツを着たパートナーとのやりとりを捉えており、寝室で歌っていることで彼女に怒っていた。スミスさんによれば、これは彼女が自分の感情を遮断するためにしていた行為だったとのことだ。 彼が彼女に向けていた言葉の暴力。
In another video from April of 2020, Smith captured an interaction with her partner, who is seen wearing long red-dyed hair and pink pajama pants, becoming angry at her for singing in the bedroom — something Smith says she was doing to block out the verbal abuse he had been directing at her.

このやり取りは、彼が家の電気を止めるために飛び出し、スミスを真っ暗な暗闇の中に置き去りにし、彼が彼女を「虐待している」と罵ったことで終わります。
スミスさんは、彼女が電気を入れようと録音を止めた後、彼女を壁に蹴りつけたと主張している。
The interaction ends with him storming out to shut the house’s electricity off, leaving Smith in pitch-black darkness while he calls her “abusive.”
Smith alleges that after she stopped recording to go turn the electricity back on, he kicked her into a wall.

気がかりなことに、スミスさんはその後、パートナーが自分の性自認を十分に肯定しなかったことを理由に「憎悪犯罪」で通報したと語る。このようなことは、これまでも二人の関係において何度かあったとスミスさんは言う。
Disturbingly, Smith says her partner then reported her for a “hate crime” for not sufficiently affirming his gender identity — something she says had happened multiple times before in their relationship.

警察が邸宅に立ち会ったが、介入の必要のない単純な家庭内紛争として分類された。
翌日、スミスは関係を終わらせることを決めた。
Police attended the residence, but classified it as a simple domestic dispute with no intervention needed.
The next day, Smith decided to end the relationship.

「別れた日、私は彼に助けを求めました。 彼はそんなことはしないと私に言いました…それで友人がタクシーを呼んでくれて、私はその場を去りました。 私はイングランド北部まで行きましたが、その時点で彼は私が実際に彼のところに戻るつもりはないことに気づいたのだと思います。 彼は私が自殺しなければ自殺すると脅迫し始めましたが、私は断りました。」
“The day I left, I was begging him to get help. He told me he wouldn’t … so my friend called me a taxi and I left. I went up to the north of England, at which point I suppose he realized I was not actually going to come back to him. He started threatening to kill himself unless I did, but I refused.”

翌週、警察はスミスさんに関係について質問する連絡を入れたが、時間の経過とともに邸宅からかかってくる悲惨な電話の数を明らかに懸念していた。
Over the coming week, police contacted Smith with questions about the relationship, clearly concerned about the distressing number of calls that had come out of the residence over time.

スミスさんは関係が終わった後、ようやく警官らに虐待について打ち明けた。 マージーサイド警察は彼女にビデオ陳述を録画するよう手配し、ダービーシャー警察が事件を引き継いだ。
スミスが去ってから2か月後の2020年6月、警察がスミスによる性的人身売買を受けたというスミスの主張を捜査している間に、彼女の元恋人が逮捕された。
Smith finally opened up to officers about the abuse after the relationship ended. Merseyside Police arranged for her to record a video statement, and Derbyshire Police took over the case.
In June of 2020, two months after Smith left, her ex was arrested while police investigated Smith’s claims of having been sex trafficked by him.

「私の声明から彼を逮捕するまでに彼らがこれほど長い時間がかかった理由は、彼らが彼が私に対して行ったすべての報告を調べたためです。 彼は私の知らないうちに私に通報しており、あまりに多くの通報があったため、すべての通報を確実に閉鎖するのに数週間かかったが、彼らは現在、通報は悪意があり虚偽であるとみなしていると述べた」とスミス氏は説明した。
“The reason it took them so long between my statement and arresting him was because they went through every report he’d made against me. He’d been reporting me without my knowledge and there were so many reports it took them a couple of weeks to make sure they’d closed all of his, which they said they now regarded as malicious and false,” Smith explained.

Reduxxとパブリカは、スミスとダービーシャー警察の巡査の間で交わされた通信を調査したが、その中で「彼女」という代名詞が彼女の虐待者を表すために使われていた。
最終的に告訴は行われず、その決定に至った理由については最小限の詳細がスミスに提供された。
Reduxx and The Publica reviewed communications exchanged between Smith and a constable with the Derbyshire Police, in which “she/her” pronouns were used for her abuser.
No charges were ultimately pursued and minimal details were provided to Smith on why that decision had been reached.

「[巡査が]やって来て、上司は十分な証拠がないと感じており、検察に判断を求めることさえ拒否したと言いました。 彼はそれ以上の行動をとらずにただ閉じただけだ。」
スミスさんは関係が終わったことに安堵の表情を浮かべているが、別れた後も精神的健康と闘い続けた。
“[The constable] came and said that his superior felt there wasn’t enough evidence and refused to even ask the crown prosecution service for a decision. He just closed it with no further action.”
Though Smith expresses her relief that the relationship had ended, she continued to struggle with her mental health even after the break-up.

彼女はうつ病のエピソード、自傷行為、重度の不安を経験しました。 スミスさんは、元恋人との交際中に受けた性的虐待の関係者に会うのではないかとの恐怖から、家から出るのが怖くなったこともあったという。
2023年1月、スミスさんは重度の自傷行為を経験し、地元の病院に助けを求めたと語った。
She experienced depressive episodes, self-harm, and severe anxiety. At times, Smith says she was scared to leave the house out of fear she would see one of the men who had been apart of the sexual abuse she endured while with her ex.
In January of 2023, Smith says she had a severe self-harming episode, and contacted her local hospital for help.

彼女はスペース不足のためチェスターフィールド病院の緊急治療室に案内され、最終的には病院の精神科施設であるハーティントン病棟に入院しました。 スミスさんは治療のために女性部門に配置され、その後数週間リハビリに費やすことになった。
She was directed to the emergency room at Chesterfield Hospital due to a lack of space, and was ultimately admitted to the Hartington Unit, the hospital’s psychiatric facility. Smith was placed in the female section for treatment, where she would spend the next few weeks rehabilitating.

そこにいる間、スミスは病棟内の他の数人の女性患者と友人になった。そのうちの一人は、スミスの知らないうちにノンバイナリーであると認識されていた。
While there, Smith befriended a few other female patients in the unit — one of which, unbeknownst to Smith, identified as non-binary.

「彼女がノンバイナリーであることについては言及されていませんでした。 知りませんでした。 彼女が別の患者について『トランスフォビアであり、精神疾患が原因ではない』とコメントしているのを聞いたのですが、奇妙に思いました」とスミス氏は言い、続けてこう述べた。「しかし、彼女のアイデンティティについては特に言及されていなかった。 彼女は精神疾患を患うレベルに達していないようで、非常に機能的でした。」
“There was no mention of her being non-binary. I didn’t know. I had heard her make a comment about another patient, saying that she was ‘transphobic and no mental illness causes that,’ which I thought was strange,” Smith says, continuing: “But there was no mention of her identity specifically. She seemed to be on a low-end of having a mental illness and was very functional.”

当初、二人は友好的な関係にあったが、非バイナリーの人物がスミスが元パートナーと別の患者について話し合っているのを聞いてから、事態は悪化した。
「彼女は、私が共用エリアで別の女性と話しているのを聞いていました…私は元恋人について打ち明け、彼がトランスジェンダーであることを話していました」とスミスさんは説明した。 彼女によると、夕方のタバコ休憩から帰ってきた後、ノンバイナリーの患者はトランスジェンダーの権利について「心の底から叫んでいた」という。
While the two had an amicable relationship at first, things went downhill after the non-binary individual overheard Smith discussing her ex-partner with another patient.
“She heard me talking to this other lady in the common area … I was opening about my ex and mentioned he was transgender,” Smith explained. She says that after she came in from an evening cigarette break, the non-binary patient was “screaming at the top of her lungs” about trans rights.

「彼女は共用エリアに立って、『トランス女性は女性だ』と叫んでいました」とスミスさんは言う。 「彼女はそう叫んでいました。 これはプライベートな会話ではありませんでした。」
スミスさんは、彼女はその爆発が自分に向けられたものだとすぐに気づき、若い女性に近づき、自分の経験を伝えようとしたと説明した。
“She was standing in the communal area, shouting ‘trans women are women,’” Smith says. “She was shouting it. This wasn’t a private conversation.”
Smith explains she immediately perceived the outburst as being directed at her, and approached the young woman to relay her own experience.

「私は彼女に、『行ってレイプされて、その人がどれほどの女性なのか教えてください』と言いました」とスミスさんは言う。 「私は彼女に怒鳴りつけなかったので、立ち去って寝ました。」
最終的に警察に通報されたのは事件が発生した翌日でした。
“I told her, ‘go and get raped by one and tell me how much of a woman they are,’” Smith says. “I didn’t shout at her, and then I walked off and went to bed.”
It was the next day that the incident occurred which was ultimately reported to police.

「看護師と口論になりましたが、看護師は叫び声を上げている患者はノンバイナリーであり女性ではないと主張し続けました。 私の経験から、ガスライティングは私に奇妙な影響を与えています。 (看護師は)『彼らは女性ではない』と言ったので、私は『はい、女性です、まず女性病棟にいます』と言いました。」
スミスさんによると、彼女は非常に動揺し、非バイナリーの患者はその会話を聞いており、会話が自分に関するものだったことに気づき、別の場所から叫び始めたという。
“I got into an argument with a nurse who kept insisting the shouting patient was non-binary, not female. That gaslighting affects me in a strange way, because of my experience. [The nurse] told me, ‘they’re not a woman,’ and I said, ‘yes she is, she’s on a women’s ward, for a start.’”
Smith says she got very upset, and the non-binary patient overheard the conversation and began shouting from another area, recognizing the conversation had been about her.

スミスさんの新しいパートナーは、看護師の行為が彼女に精神的苦痛を与えたのではないかと懸念し、後に病院に電話で苦情を申し立てた。
「この病院が、一方ではトランスジェンダーの男性によって引き起こされたと理解していた私のトラウマをどのように治療するつもりなのか、他方では女性は女性ではないと主張してきたのか、私たちは理解できませんでした。」
Smith’s new partner would later call the hospital to complain about the nurse’s conduct, concerned that they had caused her emotional distress.
“We could not work out how this hospital was, on one hand, supposed to treat me for my trauma which they understood was caused by a transgender male, and on the other, argue with me that a woman was not a woman.”

スミスさんは、この事件をきっかけにスタッフに対する不信感が増し、病院を辞めたいと思うようになったと語った。
彼女は2月末に退院し、約1か月後にダービーシャー警察から正式な面接のため警察署に出向くよう通知が届いた。
Smith says the incident made her want to leave the hospital because she felt increasingly distrustful of the staff.
She was discharged at the end of February, and, approximately one month later, was issued a notice from Derbyshire Police informing her she was required to attend the station for a formal interview.

警察は書簡の中で、スミスさんは「病棟内の他の個人に対して攻撃的と思われる言葉を発した」という「公序良俗違反を行った」疑いがあると説明している。
手紙の日付は、スミスが非バイナリーの患者についてキッチンで看護師と交わした会話と一致している。
In the letter, police explain Smith was alleged to have “performed a public order offense” in which she “directed words deemed offensive towards another individual on the ward.”
The date on the letter corresponds with the conversation Smith had with the nurse in the kitchen about the non-binary patient.

スミスさんは、彼女が精神病棟で精神的健康の治療を受けている患者であることを知っていたにもかかわらず、警察が手紙を発行したという事実を特に問題視し、この手紙について信じられないと説明した。
Smith explained that she was incredulous about the letter, taking particular issue with the fact police issued it despite knowing she had been a patient on a psychiatric ward receiving treatment for her mental health.

「この具体的なことは私を怖がらせません。 彼らが私を起訴できないことはわかっています。 私は法律のことは十分に知っています…しかし、警察が女性の言論を理由に女性に嫌がらせをすることができるという事実は恐ろしいです」とスミスは言う。 「私が犯罪的なことを言ったことは何もありません。 しかし、彼らが女性に対してこのようなことをしているのではないかと心配です。」
“This specific thing does not frighten me. I know they won’t be able to prosecute me. I know the law well enough… but the fact that the police are able to harass women because of their speech is frightening,” Smith says. “There’s nothing I said that is criminal. But it does worry me that they are doing this to women.”

ReduxxとThe Publicaはダービーシャー警察にコメントを求めたが、調査に対する返答は得られなかった。
それまでの間、スミスさんは警察に連絡するつもりはないと述べ、警察は彼女の連絡先情報を知っているものの、警察署での面接の日程を決めるための連絡はまだ取れていないことを指摘した。
Reduxx and The Publica reached out to Derbyshire Police for comment but did not receive a response to the inquiry.
In the interim, Smith says she has no intention of contacting police, noting that they have her contact information but have yet to reach out to establish a date for her station interview.

「もし彼らが私を降ろさせたいなら、彼らは私がどこにいるか知っています。 これは私に、警察の取り調べを自分で行うよう積極的に手配するよう求めているのですが…私はそんなつもりはありません。 そうする必要はないはずだ。」
スミスさんはつい最近になって、オンラインコミュニティを通じて性同一性をめぐる議論にさらに関与するようになり、トランスジェンダーの男性から虐待を受けた過去の経験への支援を求めた。
“If they want me to come down, they know where I am. This whole asking me to be proactive to arrange for my own police interview… I’m not going to do that. I shouldn’t have to.”
Smith only recently became more involved in discussions surrounding gender identity through online communities, seeking support for her past experience having been abused by a trans-identified male.

「この運動全体…女性蔑視の男性運動だと私は感じます。 「これは『トランスジェンダーの権利』とは何の関係もありません。彼らは弱い立場にある女性を狙っており、世界の見方を変えるよう要求しています。」
気がかりなことに、トランスジェンダーの個人を「怒らせた」として警察の介入に直面したイギリスの女性はスミスが初めてではない。
“This whole movement… it’s a misogynistic men’s movement, I feel. It has nothing to do with ‘trans rights.’ They’re going after vulnerable women, and demanding we change the way we see the world.”
Disturbingly, Smith is not the first woman in the United Kingdom to face police intervention after “offending” a transgender individual.

今年1月、南ウェールズで障害のある女性が家庭内暴力への意識を高めるステッカーを貼ったとして「トランスフォビア・ヘイトクライム」を犯したとして通報を受け、家宅捜索を受け、警察に拘留された。
In January of this year, a disabled woman in South Wales had her home searched and was subjected to police detention after being reported for committing a “transphobic hate crime” for putting up stickers raising awareness about domestic violence.

翌月、ジェンダーイデオロギーに対して率直に反対してきた5人の子供の母親であるキャロライン・ファローさんは、ソーシャルメディアでの活動が犯罪者として報道された後、サリー警察によって自宅に強制立ち入りをさせられた。 ファローさんは2019年にツイッター上でトランスジェンダーであると認識した男性の性別を間違えた疑いで警察の捜査を受けていた。
The next month, Caroline Farrow, a mother of five who has been outspoken against gender ideology, had her house forced into by Surrey Police after her social media activity was reported as criminal. Farrow had previously been investigated by police in 2019 for misgendering a trans-identified male on Twitter.




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3029-c863833f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>