Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |12歳で歩くことができず、家に閉じこもった – コロナ後遺症の極端な影響 WHO 2023/5/15
fc2ブログ

Entries

12歳で歩くことができず、家に閉じこもった – コロナ後遺症の極端な影響 WHO 2023/5/15

En:(grammar)


12歳で歩くことができず、家に閉じこもった – コロナ後遺症の極端な影響
Unable to walk and housebound at the age of 12 – the extreme consequences of long COVID

WHO 2023/5/15









11歳、イギリス出身のジェイは、同年代の多くの少年たちと同じでした。友達とサッカーをするのが大好きで、ボクシングに熱中し、最新のコンピューターゲームで次のレベルに到達するのに何時間もかけていました。つまり、彼は10代になろうとしている普通の少年で、健康で学校生活もうまくいっていた。そんな彼が重い病気になるとは、本人も両親も思ってもみなかった。
At 11 years old, Jay from the United Kingdom was just like many boys of his age. He loved playing football with his friends, had a passion for boxing and spent hours trying to get to the next level of the latest computer game. In short, he was a normal boy on the verge of becoming a teenager, fit and healthy and doing well at school. The idea that he might get seriously ill was the very last thing on his, or his parents’, mind.

COVID-19に感染した彼の重症化は、家族にとって衝撃的な出来事だったと、彼の母で開業医のNeeraは説明します。「パンデミック(世界的大流行)の最中、私たちは高齢の母のために家を引っ越したのですが、このような大変な時期に一人でいることに苦労していました。母が歩行器や車椅子を使うことになったときのために、移動しやすい家を選んだのですが、もちろん、そのようなものを使う必要があるのはジェイだとは思ってもみませんでした。
His mother, Neera, a general practitioner (GP), explains how his severe illness following a COVID-19 infection was a shock to them all. “During the worst of the pandemic, we had moved house to accommodate my elderly mother who was struggling being on her own at such a difficult time. We’d deliberately chosen a house that was easy to get around in case she needed to use a walking frame or wheelchair – not realizing, of course, that it would be Jay who would need to be using such things.”

COVID-19の初感染とその後の後遺症について
喉の痛み、鼻水、微熱が続いた後、2022年1月11日にジェイはCOVID-19の陽性反応を示しました。「最初にCOVIDに感染したときは、それほどひどいものではありませんでした」とジェイは語ります。"少し体調が悪く、いつもより寝ていたのですが、その後、事態は大きく悪化しました。"
Initial COVID-19 infection and subsequent aftereffects
Following a period of having a sore throat, runny nose and slight fever, Jay tested positive for COVID-19 on 11 January 2022. “When I first got COVID, it wasn’t that bad,” Jay tells us. “I felt a bit ill and was sleeping more than usual, but then things got a lot worse.”

2022年2月までに彼はひどい腹痛を発症したが、医師である彼の母親にはそれが理解できなかった。 ジェイさんの両親はジェイさんをロンドン南部クロイドン地区にある地元の病院の事故救急部門に連れて行きましたが、何度も血液検査や調査を行ったにもかかわらず、医師たちは原因を見つけることができませんでした。 痛みが再発するため、ジェイは何度か学校から家に帰されなければなりませんでした。
By February 2022 he had developed bad stomach pains, which his mother, as a doctor, could not understand. Jay’s parents took him to the accident and emergency department of the local hospital, in the Croydon area in south London, but despite numerous blood tests and investigations, the doctors were unable to find a cause. The recurring pains meant that Jay had to be sent home from school on several occasions.

その後間もなく、彼はめまい、胸の痛み、寝汗、顔の発疹、指の皮のむけ、倦怠感、下痢など、他のさまざまな衰弱的でランダムに見える症状を発症し始めました。
Not long afterwards, he began to develop a range of other debilitating and seemingly random symptoms, including dizziness, chest pains, night sweats, a face rash, peeling fingers, fatigue and diarrhoea.

コロナ後遺症の診断
ジェイの重度の症状に対する何らかの答えと治療法を求めて、家族は2022年4月にお金を払って民間コンサルタントの小児科医に診てもらった。ジェイの病気に対する従来の説明は見つからず、最初の感染からかなり時間が経ってから症状に苦しんでいたことを考慮すると、 コンサルタントは、一般にロングコロナとして知られる新型コロナウイルス感染症後の状態と診断しました。
Long COVID diagnosis
Desperate to get some answers and treatments for Jay’s severe symptoms, the family paid to see a private consultant paediatrician in April 2022. Without being able to find a conventional explanation for Jay’s illness, and given that he was suffering symptoms long after his original infection, the consultant made a diagnosis of post COVID-19 condition, commonly known as long COVID.

「他のすべてが排除された後、ジェイの症状が最初の新型コロナウイルス感染症によって引き起こされたことが最終的に確認できて、安堵しました」とニーラは言う。 「これにより、ジェイの症状の深刻さを理解していない、または信じていない一部の専門家によって無視されるだけでなく、もっと真剣に受け止められることを願っています。 また、私たちが何に取り組んでいるのかについてより多くのアイデアが得られたので、調査を行ったり、提案された治療法を試したりすることができました。」
“It was a relief to finally have it confirmed that Jay’s condition was caused by his original COVID-19 infection, after everything else had been ruled out,” says Neera. “With it, we would hopefully be taken more seriously, and not just dismissed as we had been by some professionals who did not understand or did not believe the severity of Jay’s symptoms. It also gave us more of an idea of what we were dealing with, so we could do some research and try out suggested treatments.”

治療法を見つけようとしている
ジェイの繰り返し起こる腹痛を治療するために、コンサルタントは彼が過敏性腸に苦しんでいると信じて、完全な栄養プロファイルを提供する液体食事療法である要素食を彼に与えました。 この4週間の厳格な食事療法の一環としてジェイが食べられる唯一の固形物は鶏肉と米だった。 この食事を実践することで、ジェイの腹痛はしばらく治まったようです。
Trying to find treatments
In an attempt to treat Jay’s recurring stomach aches, the consultant put him on an elemental diet – a liquid meal regimen that offers a complete nutritional profile – in the belief that he was suffering from an irritable bowel. The only solids that Jay could eat as part of this strict 4-week diet were chicken and rice. By following this diet, Jay’s stomach pains seemed to subside for a while.

しかし、6月のフォローアップの予定までに、ジェイの胸の痛みはこれまで以上に悪化し、苦痛で夜中に目が覚めるほどだった。要素食をやめさせようとした結果、胃の問題が再発した。 ジェイは新しい薬を処方されたものの、痛みを伴う症状は頑固に治まらなかった。
However, by his follow-up appointment in June, Jay’s chest pains were worse than ever – he was waking up in the night in agony – and an attempt to take him off the elemental diet resulted in the return of his stomach problems. Although Jay was prescribed new medication, his painful symptoms stubbornly refused to go away.

短い休息の時間
2022 年の夏にかけて、状況は好転し始めました。 穏やかなペースで活動を続けることで、ジェイは疲労を感じなくなり、寝汗も止まり、腹痛も自然に治まりました。
A brief window of respite
Over the summer months of 2022, things started to look up. Through gentle pacing of activities, Jay was feeling less fatigued, his night sweats stopped and his abdominal pain resolved itself.

ジェイは次のように説明します。「夏休み中は、学校の勉強をする必要がなかったので、ただ座って寝て、自分のペースで過ごすことができました。 休暇が終わると、私は学校に戻るのに十分な体力があり、ボクシングやサッカーをするエネルギーさえありました。 素晴らしかったです。やりたかったことをすべてもう一度やることができました。」
As Jay explains, “During the summer holidays, I could just sit and sleep and pace myself because I didn't need to do any schoolwork. When the holidays ended, I was fit enough to return to school and even had the energy to do boxing and play football. It was amazing – I could do all the things I wanted to do again!”

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染から1年後:再発
しかし、これも長くは続きませんでした。 最初の COVID-19 診断からちょうど 1 年後、ジェイは再び体調を崩し始め、高熱を記録し、リンパ節の腫れと喉の痛みを感じました。 当時大規模な流行があったため、かかりつけ医との電話相談を通じて、これはグループ A レンサ球菌感染症の可能性として扱われました。 それに応じて薬が処方されました。
A year on from his COVID-19 infection: relapse
But this was not to last. Exactly 1 year on from his original COVID-19 diagnosis, Jay started becoming ill again, registering a high temperature and having swollen lymph nodes and a sore throat. Through a telephone consultation with his GP, this was treated as a possible Group A streptococcal infection as there was a large outbreak at that time. Medication was prescribed accordingly.

しかし、父親が先月に新型コロナウイルス感染症の検査で陽性反応を示したため、家族はこれが実際には新型コロナウイルス感染症の再感染ではないかと疑った。 広範な検査が利用できなくなったため、確実に知る方法はありませんでした。
However, as his father had tested positive for COVID-19 the previous month, the family suspected that this was in fact a COVID-19 reinfection. As widespread testing was no longer available, there was no way to know for sure.

機動性の喪失
原因は何であれ、ジェイの症状は再び悪化しました。 倦怠感と腹痛がぶり返し、食欲を失い、さらに悪いことに脚に激しい痛みが生じて可動性が著しく制限されました。 ジェイはこう説明します。「足が痛くて歩けなくなり、床を這わなければならないほどになりました。 階段を上るのに苦労し、トイレに行くのに長く立っていられるようにドア枠に体をつかまなければなりませんでしたが、それでも足はゼリーのように震えていました。」
Losing mobility
Regardless of the cause, Jay’s symptoms worsened again. The fatigue and stomach pain returned, he lost his appetite and, worse still, intense pain developed in his legs that severely limited his mobility. Jay explains, “My legs ached so much that it got to the point where I couldn’t walk and had to crawl round on the floor. I struggled to get up the stairs and had to haul myself up on the doorframe to be able to stand up long enough to go to the toilet and, even then, my legs would shake like jelly.”

2023年1月末以来、ジェイさんは民間の小児理学療法士の自宅訪問を受けており、優しい筋肉運動を指導してもらっている。 彼は歩行器を使ってみたこともありますが、一度に歩けるのは最大 10 歩までです。 モビリティ スクーターも役立ち、1 階を移動したり、裏庭で新鮮な空気を吸ったりする機会を与えてくれますが、いつ再び適切に歩けるようになるかはまだわかりません。
Since the end of January 2023, Jay has been receiving home visits from a private paediatric physiotherapist who gives him gentle muscle exercises to do. He has tried using a walking frame, but can only manage up to 10 steps at a time. A mobility scooter also helps, giving him the opportunity to move around the ground floor and get fresh air in the back garden, but he still doesn’t know when he might be able to walk properly again.

当然のことながら、これらすべてのことがジェイをいくらか落ち込んでイライラさせます。 「以前はできていたことがすべてできなくなって、イライラしてとても悲しいです」と彼は言います。 「そして医師たちは私の状態を理解していないため、あまり助けてくれませんでした。」
Not surprisingly, all of this leaves Jay somewhat depressed and frustrated. “I’m feeling annoyed and really sad because I can't do all the things I used to be able to do,” he tells us. “And the doctors have not been able to help me much, because they simply don’t understand my condition.”

ジェイは今どこにいるのか
ジェイは、病気になってから 14 か月後の自分の生活がどのようなものかを語ります。 「普通の日は、たいてい睡眠が中断されて目が覚めて、起きる気力が湧くまでしばらくベッドに座っています。 着替えるのは大変な労力がかかるので、お父さんとお母さんが手伝ってくれなければなりません。 そして食欲もありません。 お母さんが私に食べさせないといけないから、トーストのような小さなものを食べます。」
Where Jay is now
Jay describes what his life is like after 14 months of being ill. “On a normal day, I wake up, usually after an interrupted sleep, and sit on the bed for a while before finding the energy to get up. Getting dressed takes a lot of effort and my mum and dad have to help me. And I have no appetite. Mum has to make me eat, so I'll eat something small, like toast.”

彼は続けて、「日中は学校の勉強や理学療法をすることもありますが、同じ日に両方をこなすことはできません。 私が行う活動はすべて 15 分間にまとめて行う必要があります。 そうしないと、疲労で倒れてしまいます。 母は私の学校の勉強を手伝ってくれますが、私は情報処理に問題があるので、きちんと説明しなければなりません。 家の中をあまり遠くまで移動するエネルギーがないので、今はソファに横になって多くの時間を過ごしています。」
He continues, “During the day, I might do some schoolwork or physiotherapy, but I can’t manage both on the same day. Any activity I do has to be in 15-minute bursts; otherwise I crash out from exhaustion. Mum helps me with my schoolwork and has to really explain things, because I have problems processing information. I spend a lot of time lying on the sofa now as I just don’t have the energy to move very far around the house.”

ジェイは現在家に閉じこもっていますが、家族のたくさんのペットがいくらかの慰めになっています。 ニーラさんは、動物たちが彼の精神的健康をサポートしていると信じています。 「ペットを飼うことはジェイにとって大きな助けになりました。 彼がソファに横たわっていると、パグたちは彼に寄り添い、彼が歩行器を使って歩こうとするといつも一緒に来ます。 彼はただ彼らの隣に横たわり、彼らを撫でるのが大好きです。 トカゲやハムスターをケージから出して膝の上で遊ぶのも好きです。」
Although Jay is now housebound, the family’s many pets provide some comfort. Neera believes the animals support his mental health. “Having pets has helped Jay greatly. When he is lying on the sofa, the pugs snuggle up to him and whenever he tries to walk using his walking frame they join him. He loves just lying next to them and stroking them. He also likes taking the lizard and hamster out of their cages to play on his lap.”

ニーラは、ジェイがこれほど劇的で困難な人生の変化にうまく対処したことに驚き、非常に誇りに思っています。 彼女は、長い間病気を患っていた後に彼が示した回復力に注目しています。
Neera is surprised by and very proud of how well Jay has coped with such a drastic and difficult change in his life. She notes the resilience he has shown after such a long time being ill.

家族全員が影響を受けました
ジェイは事実上障害を負ったため、現在は家族全員に制限が課されている。 「以前は私たち家族は本当にアクティブな家族で、劇場に行ったり、サンデーローストに一緒に出かけたり、犬の散歩をしたりしていました。でも、ジェイには行く気力がないので、土壇場でたくさんキャンセルしなければならなかったのです」 そういったことをするために出かけたのです」とニーラは言います。
The whole family affected
With Jay effectively disabled, restrictions have now been put on the whole family. “We used to be a really active family, going to the theatre, going out together for Sunday roasts, walking the dogs – but we’ve had to cancel so much at the last minute because Jay just doesn’t have the energy to go out to do those things,” Neera says.

「今の生活は、仕事と家でジェイの世話をしたり、理学療法士や整骨医の予約を手配したりすることだけです。 それは私たち全員に影響を与えています。 しかし、患者団体 Long COVID Kids から受けたサポートは非常に貴重なものでした。 同じような境遇の子どもを持つ他の親たちとつながり、この状況についてさらに詳しい情報を知ることができて、とても安心しました。」
“Life is now just about work and being at home to look after Jay and to arrange physio and osteopath appointments. It’s affected all of us. The support we’ve received from the patient group Long COVID Kids has been invaluable, though. It's been a relief to connect with other parents who have children in similar circumstances and to find out more information about the condition.”

影のパンデミック
COVID-19 の原因となるウイルスである SARS-CoV-2 に感染した人のうち、10 人に 1 人がコロナ後遺症を発症します。これは、最初の感染から 3 か月後に新たな症状が継続または発現し、これらの症状が長期間続くことと定義されます。 他に説明がない場合は少なくとも 2 か月。
The shadow pandemic
Of those infected by SARS-CoV-2, the virus that causes COVID-19, 1 in 10 will go on to develop long COVID, defined as the continuation or development of new symptoms 3 months after the initial infection, with these symptoms lasting for at least 2 months with no other explanation.

Long Covid は、元の症状の重症度に関係なく、あらゆる年齢層の人に発症する可能性があります。 SARS-CoV-2 ウイルスに再感染する回数が増えるほど、この症状を発症する可能性が高まることも知られています。
Long Covid can develop in people of all ages, regardless of severity of original symptoms. It is also known that the chance of developing the condition increases the more times a person gets reinfected by the SARS-CoV-2 virus.

英国国家統計局は、2023年3月5日の時点で190万人(国の人口の2.9%に相当)が自己申告によるコロナ後遺症の症状を経験していると推定している。
The United Kingdom’s Office of National Statistics estimates that 1.9 million people (equivalent to 2.9% of the country's population) were experiencing self-reported long COVID symptoms as of 5 March 2023.

コロナ後遺症、特に小児における新型コロナウイルスの影響については、まだ学ぶべきことがたくさんあります。そのため、WHO/ヨーロッパは、コロナ後遺症ヨーロッパと協力して、加盟国に対し、認識、研究、リハビリテーションの3つのRを増やすよう呼びかけています。 – 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)後の状態(コロナ後遺症)の場合。
We still have so much more to learn about long COVID and in particular how it presents in children, which is why WHO/Europe, in partnership with Long COVID Europe, is calling for Member States to increase the 3 Rs – recognition, research and rehabilitation – for post COVID-19 condition (long COVID).



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3021-001f5da4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>