Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |需要の衰えを感じさせないコロナ後遺症のサポートは、これまでと同様に重要です: オランダの視点 2023/4/19
fc2ブログ

Entries

需要の衰えを感じさせないコロナ後遺症のサポートは、これまでと同様に重要です: オランダの視点 2023/4/19

En:(grammar)



需要の衰えを感じさせないコロナ後遺症のサポートは、これまでと同様に重要です: オランダの視点
Support for long COVID as crucial as ever as demand shows no sign of waning: A Dutch perspective
https://www.who.int/europe/news/item/19-04-2023-support-for-long-covid-as-crucial-as-ever-as-demand-shows-no-sign-of-waning--a-dutch-perspective

2023/4/19







一般開業医のサラ・ビエール・ラフィ医師は、C-Support に勤務する 140 人の医療専門家のうちの 1 人です。C-Support は、オランダ全土で、コロナ後遺症としても知られる新型コロナウイルス感染症後の状態にある患者に無料の情報、指導、アドバイスを提供する国の資金提供団体です。
General practitioner Dr Sara Biere-Rafi is one of 140 health professionals who works for C-Support, a state-financed organization that provides free information, guidance and advice to patients with Post COVID-19 Condition, also known as long COVID, across the Netherlands.

彼女と組織の同僚は、パンデミックが始まって以来、2万3,000人以上の患者を助けてきた。新型コロナウイルス感染症の感染者数はかつてのような状況ではないものの、彼らを助けたいという需要が衰える兆しはないと彼女は言う。 月平均 800 ~ 1,000 人の長期にわたる新型コロナウイルス感染症患者が助けを求めています。
She and her colleagues in the organization have helped over 23 000 patients since the beginning of the pandemic, and even though cases of COVID-19 are not what they once were, she says there is no sign of waning demand for helping them, with an average of 800 to 1000 long COVID patients a month registering for help.

2022年8月にオランダのフローニンゲン大学が発表した研究結果は、新型コロナウイルス感染症患者の12.7%(8人に1人)が、最初の感染から3~5か月後に新たな症状または重篤な症状の増加を経験していることを示唆しており、差し迫った必要性が浮き彫りとなっている。 長期にわたって衰弱させる多数の症状に対処している何千人もの人々への支援のために。
Results from a study published by the University of Groningen, Netherlands, in August 2022 suggest that 12.7% of people with COVID-19 – 1 in 8 – experience new or severely increased symptoms 3 to 5 months after their original infection, highlighting the pressing need for support to the thousands of people coping with a multitude of debilitating long-term symptoms.


ギャップを埋める
Bridging the gap

「人々が私たちに頼るのは、既存のケアが十分ではないからです」とビエール・ラフィ医師は言います。 「医療従事者の間では、長期にわたる新型コロナウイルス感染症に関する知識がまだ限られています。 また、ケアは非常に細分化されており、患者、特に衰弱性の症状のある患者のニーズを満たしていません。 私は、新型コロナウイルス感染症後の状況がこれらの人々とその家族だけでなく、より広範な社会に与えている、そして今後与えるであろう影響を非常に懸念しています。」
“People turn to us because the care that exists isn’t sufficient,” says Dr Biere-Rafi. “There is still limited knowledge on long COVID among health care providers. Also, the care is very fragmented and doesn’t meet the needs of patients, especially those with debilitating symptoms. I am very concerned about the impact Post COVID-19 Condition is having and will have not just upon these people and their families, but also upon wider society.”

最初の COVID-19 診断から 3 か月後に症状が出た場合は、オンラインで C-Support のサポートに登録できます。 その後、主にソーシャルワーカーと労働専門家で構成されるチームと、一般開業医、呼吸器内科医、産業保健医で構成される医療チームからの定期的な電話を受けることができます。
People can register for help from C-Support online if they are experiencing symptoms 3 months after their initial COVID-19 diagnosis. They then benefit from regular calls from the team, which mainly comprises social workers and labour experts, along with a medical team which consists of general practitioners, pulmonary (lung) physicians and an occupational health doctor.

「私たちは、症状のせいで家に閉じこもったり、寝たきりになったり、非常に孤立した生活を送っている患者たちと話をします」と彼女は説明する。 「彼らはリハビリプログラムに参加するには重篤で、助けを求める場所もありません。」
“We speak to patients who are sometimes house- or bed-bound due to their symptoms, and live a very isolated life,” she explains. “They are too ill to participate in rehabilitation programmes and have nowhere to turn to for help.”

「患者8,000人を対象に調査を行ったところ、30%が症状のために働けず、45%が通常の労働時間を半分に短縮していることがわかりました。 私たちのデータは、傷病手当金を求めて従業員保険会社に頼っている長期にわたる新型コロナウイルス患者の数によって裏付けられています。 この数が増え続けると、重大な問題に直面することになります。 より良いケアへの投資が必要です。」
“We did some research with 8000 of our patients and found that 30% were unable to work due to their symptoms, and 45% had reduced their normal working hours by a half. Our data is supported by the numbers of long COVID patients who are turning to an employee insurance company for sickness benefit. If this number continues to grow, we will face significant problems. We must see an investment in better care.”

現在 C-Support に連絡している人の多くは、2 年間である傷病手当金の法定受給資格の満了に近づいており、職を失う可能性があるため、そうしているのだとビエール・ラフィ博士は語ります。
Many of those now contacting C-Support are doing so because they are reaching the end of their statutory entitlement for sickness benefit, which is 2 years, and could now lose their jobs, Dr Biere-Rafi tells us.

「パンデミックが始まった当初、問題は症状に関する何らかの認識と情報を見つけることの方が多かった。 今、人々は法的および経済的なアドバイスを求めているだけでなく、自分に役立つ可能性のあるまだ試したことのない治療法がないか尋ねています。」
“At the start of the pandemic, the questions were more about finding some form of recognition and information on the symptoms. Now, people are looking for legal and financial advice, as well as asking if there are any treatments that they haven’t yet tried that may help them.”

専門クリニックの必要性
A need for specialized clinics

患者に情報とアドバイスを提供することに加えて、チームは医療専門家に教育を提供し、症状を研究するプログラムに参加しています。
In addition to offering information and advice to patients, the team also offers education to health care professionals and participates in programmes researching the condition.

同組織は、患者のケアを統合して一元化し、医療専門家を教育し、大規模な研究を促進する、新型コロナウイルス感染症後の症状の専門クリニックを求めている。
The organization is calling for specialist Post COVID-19 Condition clinics, which would integrate and centralize care for patients, educate health professionals, and facilitate large-scale research.

「この病気については、まだ多くのことを学ぶ必要があり、その答えの一部は、感染症後の病気に関するこれまでの経験から探られるかもしれません」とビエール・ラフィ医師は言う。 「私たちは専門クリニックの必要性、研究へのさらなる資金提供、国内および国際的な協力の必要性について政府と話し合ってきました。 患者は証明されていない、場合によっては危険な治療法を必死で利用しているため、緊急の対策が必要です。」
“This is a disease about which we still need to learn so much and some of the answers may be sought in previous experiences with post-infectious diseases,” says Dr Biere-Rafi. “We have been talking to the government about the need for specialized clinics, more funding for research and for more national and international collaboration. Since patients are desperately turning to unproven and sometimes dangerous treatments, urgent measures are needed.”

WHOの欧州地域全体では、パンデミックの最初の2年間だけで少なくとも1,700万人が新型コロナウイルス感染症後の状態を経験したと考えられています。 WHO/ヨーロッパは、現在および元の新型コロナウイルス感染症ロング患者によって運営されているロングコロナウイルス患者団体のネットワークであるロングコロナウイルスヨーロッパと連携し、以下のような取り組みを通じて政府や保健当局がこの症状を真剣に受け止めるよう取り組んでいます。
Across the WHO European Region, at least 17 million people were believed to have experienced Post COVID-19 Condition in the first 2 years of the pandemic alone. WHO/Europe is working with Long COVID Europe, a network of long COVID patient associations run by current and former long COVID patients, to ensure that the condition is taken seriously by governments and health authorities through greater:



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/3009-70977c42

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>