Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナ以降、一部の学校で生徒の欠席率が急増 Irishtimes 2023/4/28
fc2ブログ

Entries

コロナ以降、一部の学校で生徒の欠席率が急増 Irishtimes 2023/4/28

En: (grammar)



コロナ以降、一部の学校で生徒の欠席率が急増
Surge in student absenteeism rates in some schools since Covid
https://www.irishtimes.com/ireland/education/2023/04/28/surge-in-student-absenteeism-rates-in-some-schools-since-covid/

Irishtimes 2023/4/28










特に3年生が授業時間を大幅にロスしていることを懸念している。
Concern over third year students, in particular, who have lost significant tuition time

一部の中学校では、生徒の欠席率が高く、コロナ・パンデミック以前は10%だったのが、現在では25%に跳ね上がっていることに悩んでいます。
Some secondary schools are struggling with high student absenteeism rates which have jumped from 10 per cent before the Covid pandemic to 25 per cent today.


中等教育機関の経営者グループであるJoint Managerial Bodyの会長であるジョン・バリーは、金曜日の会議で、特に3年生は小学校の重要な月日を過ごしているため、2年生のスタート時に混乱が生じることが懸念されると述べました。
John Barry, president of the secondary school managers group the Joint Managerial Body, told a conference on Friday that there were concerns over third year students, in particular, who have out on crucial months of primary school and faced disruption at the start of second level.


「しかし、パンデミックの結果、教育、生徒とその家族、そして職員に長期的な大きな影響があります」とバリー氏は言います。
“The immediate Covid wave may have passed but there is a huge long-term effect as a result of the pandemic on education, on our students and their families, and on our staff,” Mr Barry said.

「私たちはこのような例を毎日目にしていますが、その影響は、社会的および経済的に恵まれないコミュニティに奉仕する学校で増幅されると思います.
“We see examples of this every day, and I think its effects are amplified in schools serving socially and economically disadvantaged communities.


「蓄積された不安、ストレス、不満、怒りは、学校に大きな影響を及ぼしています。欠席率は、コロナ前の10%(全国平均程度)から、コビッド後は25%以上に上昇し、コロナ前のレベルに戻そうとあらゆる手を尽くしたにもかかわらずです。
“The anxiety, stress, frustrations and anger that have built up are having a huge effect in our schools. Our absentee levels has increased from 10 per cent pre-Covid which was around the national average to over 25 per cent post Covid, despite us trying everything we could to bring it back to pre-Covid levels.”


また、小学校から入学してくる生徒が授業時間を大幅にロスしているため、多くの生徒が読み書き、計算、社会的スキルに遅れをとっていると述べた。
He said students coming into schools from primary school have missed a significant amount of tuition time, which resulted in many falling behind on their literacy, numeracy and social skills.


"現在の3年生は、6年生の授業の終わりに4ヶ月間欠席し、入社してからも2年近くマスクを着用し、学校の閉鎖やコロナ関連の欠席により、さらに授業や学習の時間を失いました。"と述べています。
“Our current third years missed four months at the end of sixth class, wore masks for nearly two years when they joined us, and lost more teaching and learning time due to the school closures and Covid related absenteeism,” he said.


学習ロスだけでなく、トラウマなどの要因による精神的な問題が高いレベルで存在することや、最近ではネット上でのいじめの増加も報告されており、その大半は学校外で発生していると述べた。
In addition to learning loss, he said there is also evidence of high level of mental health issues due to factors such as trauma and recent reports of increases in online bullying, the vast majority of which occur outside of school.


特に休み明けのネットいじめ攻撃による問題は「毎日のように私たちのドアに届いている」という。
He said the problems caused by cyberbullying attacks “arrive at our doors every day”, especially after a break.


"多くのコメンテーターが考えているような、社会の問題全体の缶詰を担ぐことはできないので、学校だけでこれらの問題を解決できると期待するのは無理がある "と述べた。
“It is unreasonable to expect that our schools can solve these problems on our own as we cannot carry the can for the entirety of society’s problems, as many commentators seem to think,” he said.


また、バリー氏は、若者がソーシャルメディアに「ほぼ完全に没頭」していることが悪影響を及ぼしていると指摘し、懸念を示しました。
Mr Barry also raised concern over what he said were the negative effects of young people’s “almost complete immersion” in social media.


"最近3日連続で、母親たちが、ソーシャルメディアからの圧力、いじめ、悪口、脅し、排除に関連して、娘との間に起きているひどい経験を話してくれました。"
“Three days in a row recently I had mothers talking to us of some of the awful experiences they were having with their daughters in relation to social media pressures, bullying, name-calling, threats, and exclusion.”


彼は、第二の学校管理者は、これらの問題やその他の精神的な問題に対処するために、感情的なカウンセリングや治療サービスへのアクセス強化を求めていると述べた。"
He said second school managers are seeking enhanced access to emotional counselling and therapeutic services to help deal with these and other mental health issues.


小学校では試験的な導入が予定されていますが、小学校以降のレベルでは「これまで以上に」必要だと述べています。
While a pilot scheme is due to get under way in primary schools, he said it is needed “more than ever” at post-primary level.


"私たちは、生徒とスタッフに対して注意義務を負っています。不安、トラウマの回復、行動上の課題、長期的なキャリアプランの損傷という点で大きなニーズを持つ世代の学生がおり、戦争や紛争によって故郷を離れなければならなかった子どもたちへの影響も相まって、私たちには、そのような学生たちがいます」と述べました。
“We have a duty of care to our students and to our staff. We have a generation of students with huge needs in terms of anxiety, trauma recovery, behavioural challenges, and long-term career plan damage coupled with the effects on children who have had to leave their homelands due to war and conflict,” he said.



「教師は、チューターや学年主任がどんなに優秀でも、これに対処する資格はないのです。また、自分自身の不安と向き合っている教師もいます」。
“Teachers are not qualified to deal with this regardless as to how good a tutor or year head is. Also, we have teachers who are dealing a lot more with their own anxieties.”


今、ささやかな投資をすれば、将来、病院、精神科、福祉施設、診療所、そして社会的障害の減少に「大きな節約」をもたらすと彼は言った。
A modest investment now, he said, would bring “huge savings” into the future in our hospitals, psychiatric services, social services, clinics, and a decrease in social disorder.


「また、警察官を助け、刑務所への入所を減らすこともできる。10年後に『昔はこうじゃなかった』と手を合わせても仕方がない」と語った。
“It will also help our gardaí and lower admissions to prisons. It is no good in 10 years’ time ringing our hands together and saying ‘it wasn’t like this in the good old days’,” he said.

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2997-bf39e373

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>