Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |マスクは有効だ、証拠を否定するために科学を歪曲することはできない。 Scientific American 2023/5/5
fc2ブログ

Entries

マスクは有効だ、証拠を否定するために科学を歪曲することはできない。 Scientific American 2023/5/5

En: (grammar)


マスクは有効だ、証拠を否定するために科学を歪曲することはできない。
Masks Work. Distorting Science to Dispute the Evidence Doesn’t

Scientific American 2023/5/5







医学的パラダイムに基づいた新しいマスク研究は、マスクの効果を示す数十年にわたる工学的・職業的科学を消し去るものではありません。
New mask studies relying on a medical paradigm do not erase decades of engineering and occupational science that show they work


マスクは有効です。特にレスピレータータイプのN95マスクは有効です。
Masks work. Especially respirator-style N95 masks.

パンデミックが進行し、空気中のウイルスによるインフルエンザやRSVが流行する中、マスクのウイルス遮断能力をめぐる議論は、COVID時代を象徴する愚行の1つです。
Amid an ongoing pandemic and outbreaks of influenza and RSV caused by airborne viruses, arguing over the virus-blocking power of masks remains one of the COVID era’s signature follies.

何十年も前からマスクの有効性が証明されているにもかかわらず、一部の医療関係者から異論が噴出し、科学を悪用し、命を危険にさらしているのです。
Disconcertingly, despite decades of evidence of their efficacy, some of the disagreement comes from a few in the medical field itself, misusing science and endangering lives.


最近では、複数のランダム化比較試験を系統的に評価するコクラン・レビューが、マスクが多くの呼吸器系ウイルスの感染を防ぐという証拠がないと主張し、大きな話題となりました。一般市民、医療従事者、誰にとってもではありません。
Most recently a Cochrane review, which systematically assesses multiple randomized controlled trials, provoked headlines after claiming a lack of evidence that masks prevent transmission of many respiratory viruses.

筆頭著者は、メディアのインタビューで、「マスクが何らかの違いをもたらすという証拠はない」と述べた。
Not for the public, health care workers, or anyone. “There is just no evidence that they make any difference,” the lead author said in a media interview.

これは、コクラン・ライブラリーの編集長から異例のお叱りを受け、「それはレビューで発見されたことを正確に表現していない」 と述べられました。
This brought an unusual chastisement from the Cochrane Library’s editor-in-chief, who stated it was “not an accurate representation of what the review found.”


このようなことが起こったのは、今回が初めてではありません。
That wasn’t the first time something like this has happened.

昨年末、あるランダム化比較試験で、医療従事者にとってN95レスピレーターは医療用マスク(またはサージカルマスク)よりも優れていないと主張されました。
Late last year, a randomized controlled trial claimed that N95 respirators were no better than medical (or surgical) masks for health care workers.

科学者、エンジニア、労働安全衛生の専門家がこの研究の欠点(コメント欄参照)を強調したのに対し、この2つのエピソードは、マスクのような物理的介入によってウイルス感染がどれだけ抑えられるかを検証するのに、この種の試験が適しているかという、より大きな根本問題を指摘しています。
Whereas scientists, engineers and occupational health and safety experts highlighted flaws (see its comments section) in the study, these two episodes point to a bigger fundamental question: whether these types of trials are suitable to test how well physical interventions like masks reduce viral transmission.


パンデミック時に使用されるマスクの科学に対する独占的な「所有権」を主張する医療関係者は、マスクが何十年にもわたって広く使用され成功を収めてきた、よく理解された工学的解決策であるという事実を無視しています。
Medical assertions of exclusive “ownership” over the science of masks when they are used during a pandemic ignore the fact that they represent a well-understood engineered solution, with decades of widespread and successful use behind them.

この証拠を否定する要求は、学際的な専門知識を認識し尊重することに失敗し、世界的なパンデミック対応を弱体化させたことを反映しています。
Demands to reject this evidence reflect a failure to recognize and respect interdisciplinary expertise that has undercut the global pandemic response.


ランダム化試験を観察研究、実験研究、モデル化研究など他の種類の研究よりも上位に置くことは、COVIDの対応を妨害している。
Placing randomized trials above other types of research such as observational, lab and modeling studies, has interfered with the COVID response.

少数の研究で他の分野の膨大な研究を打ち消すような無作為化試験アプローチは、科学に根拠がない。
A randomized trial approach that allows a few studies to cancel out a huge body of research from other disciplines has no basis in science.


医学的な意思決定において、このような臨床試験が重要視されるようになったのは、善意からでした。1980年代、専門家たちは、科学的知識をよりよく医療に取り入れることを望んでいました。
Enthroning these trials atop medical decision-making started with the best of intentions. In the 1980s, experts wanted to better integrate scientific knowledge into medicine.

そのため、医療従事者の間で、読書、経験、教育が異なるため、意思決定が大きく異なっていました。
Decisions then varied widely among practitioners based on disparate reading, experience and education.

そこで、医学的な意思決定を、より再現性が高く、一貫性があり、エビデンスに基づいたものとするために、エビデンスに基づく医療という運動が生まれました。
Refining medical decision-making to make it more repeatable, consistent and linked to evidence marked the laudable birth of the evidence-based medicine movement.


この取り組みには、「エビデンスの階層性」の確立も含まれます。これは、医学的な意思決定者にとって、ある種のエビデンスが他のものよりも有用であるという考え方です。
This effort included establishing a “hierarchy of evidence,” the idea that some types of evidence are more useful to medical decision-makers than others.

ピラミッドの一番下には専門家の意見や観察研究、真ん中にはランダム化試験、そして一番上にはコクランレビューのように、研究者が複数の臨床試験結果をまとめ、レビューすることで、より広範で決定的な見解を示すことができる、これらの試験のシステマティックレビューがあります。
Expert opinion and observational studies are at the bottom of the pyramid, randomized trials in the middle, and at the top, systematic reviews of these trials, where researchers compile and review several clinical trial results to make broader, more conclusive statements as happens with Cochrane review.


ランダム化試験は医学研究の根幹をなすものであるが、人体は厄介である。
Randomized trials underlie much of medical research, because the human body is messy.

実験室や動物モデルで有効な化学物質が、人体に入ると役に立たなくなったり、有害になったりすることがあります。また、遺伝や環境、基礎疾患によって、一部の人しか使えない場合もあります。試験参加者を無作為化することで、そのようなノイズを平均化し、バイアスを軽減することができます。
A chemical effective in a lab or an animal model might turn out useless, or even harmful, once inside a human body—or only in some people, depending on genetics, environment or underlying illness.



Randomizing trial participants averages out that noise and reduces biases.

無作為に選んだグループ間で治療結果を比較することで、効果の切り分けが期待できるため、医学研究の「ゴールドスタンダード」ともいえる試験です。
By comparing treatment outcomes between randomly selected groups, we can hope to isolate effects, making these trials a “gold standard” in medical research.

しかし、多くの場合、時間、多くの参加者(特に期待される差が小さい場合)、大きな予算が必要となります。最も厳密な試験であっても、ある治療法が別のプロトコルで有効であったかどうかを知ることはできません。
However, they often take time, many participants (especially if the expected differences are small) and big budgets. Even the most rigorous of trials can’t tell you if a treatment would have been effective with a different protocol.

例えば、航空機の衝突事故におけるシートベルトの試験では、自動車でシートベルトが有効であるとは言えません。
For example, a trial of seat belts in airplane crashes couldn’t say they work in cars.


このような臨床試験は非常に狭い範囲に集中しており、しかも意見が対立することがあるため、コクラン組織による体系的な編集やレビューによって、医療上の意思決定を迅速かつ容易にすることができます。
Because these trials are so narrowly focused—and can disagree—systematic compilations and reviews such as those produced by the Cochrane organization can make medical decision-making quicker and easier.

もちろん、このようなレビューに頼ることは、一つひとつの研究を咀嚼して本当の知識を得るという厳密さよりも利便性を優先させることになり、その点が懸念されます。
Relying on such reviews, of course, trades convenience over the rigor of digesting each study and gaining real knowledge; this is one concern with them.


マスクについては、そもそもランダム化試験は基本的な工学的安全システムの評価方法として適切なのでしょうか。
For masks, are randomized trials an appropriate way of evaluating a basic engineered safety system in the first place?

シートベルト、自転車用ヘルメット、ライフジャケットなどでは、このような試験は行われていませんし、よく言われるパラシュートの無作為化試験は、昔からあるジョークです。
We don’t rely on such trials for seat belts, bike helmets or life jackets, and the oft-cited randomized trial of parachutes is an old running joke.

なぜそれがそんなに愉快なのでしょうか?技術者が知っていて、医者が知らないことがあるのでしょうか?
Why is that so hilarious? What do the engineers know that doctors don’t?

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2994-176265a0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>