Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナ後遺症は現実である chronogram 2023/4/1
fc2ブログ

Entries

コロナ後遺症は現実である chronogram 2023/4/1

En: (grammar)


コロナ後遺症は現実である
Long COVID is Real
https://www.chronogram.com/wellness/long-covid-is-real-17808007

chronogram 2023/4/1







挑戦的な回復への道のりに迫る
A Look at the Challenging Road to Recovery


2023年3月、コロナのパンデミックから3年目を迎えました。
March 2023 marked the third year of the Covid-19 pandemic.

アメリカだけでも100万人以上の命が失われたと報告されており、現在推定1600万人のアメリカ人がコロナ後遺症dと闘っている、決して歓迎できる記念日ではありません。
It's not a welcome anniversary, with over one million lives reported lost in the US alone and an estimated 16 million Americans currently struggling with long Covid.

科学の進歩により、ワクチンやブースターが急速に普及しましたが、コロナ後遺症の原因については、まだはっきりとした解明がされていません。
Despite scientific advances which swiftly brought us vaccines and boosters, there is still no clear understanding of what exactly causes long Covid.

そのため、診断や治療方針に関する知識のギャップが生じ、患者や医師を困らせています。
This has created a knowledge gap around diagnosis and treatment protocols that is frustrating patients and physicians.

良いニュースは、多くの場合、時間が経つにつれて良くなることですが、それは長い道のりになることがあります。
The good news is that many do get better over time, but it can be a long haul.



診断: 浮き沈み
Diagnosis: Ups and Downs

コロナ後遺症は、正式名称を「SARS-CoV-2感染後急性後遺症」といい、2020年に初めて認められましたが、200以上の症状が万華鏡のように現れるため、気づきにくいことが多々あります。
Long Covid, officially called Post-Acute Sequelae of SARS-CoV-2 infection, was first acknowledged in 2020, but its kaleidoscope of more than 200 symptoms often makes it difficult to recognize.

また、初感染から数ヶ月、数年後に突然症状が現れることもあります。
Also, symptoms can appear suddenly months or years after an initial infection.

Fishkillに住む2児の母、Ashley Puglieseは、2020年2月にCovidのような症状(当時、米国ではCovidの検査は行われていなかった)に見舞われました。ERを受診した後、彼女は胃の虫と診断されて帰宅しました。
Ashley Pugliese, a mother of two from Fishkill became ill with Covid-like symptoms—there were no tests in the US for Covid at the time—in February 2020. After an ER visit, she was sent home with a diagnosis of a stomach bug.

しかし、Puglieseさんは一向に良くならず、毎月毎月、様々な病気に悩まされることになった。ブレイン・フォグ、関節の痛みと腫れ、脱毛、視力障害、心臓の鼓動が激しくなる不安など、彼女の症状は衰弱の一途をたどった。
But Pugliese didn't get better, and a battery of ailments plagued her month after month. Her symptoms, including brain fog, joint pain and swelling, hair loss, vision problems, and crippling anxiety with a racing heartbeat, were debilitating.

"朝、ベッドから起き上がるのに30分以上かかっていた "と彼女は語る。
"It took me over a half hour to get out of bed in the mornings," she says.

しかし、ある医師は「貴方にはスパ(温泉治療)が必要かもしれない」と言ったという。
Yet, these were dismissed; with one doctor suggesting "maybe you need a spa day," she adds.

2020年にはコロナ後遺症に関する情報はほとんどなく、これをきっかけにPuglieseさんはコロナ後遺症患者の女性のためのサポートグループ「Covid Connection」を設立しました。
There was very little information about long Covid in 2020 and this led Pugliese to found Covid Connection, a support group for women with long Covid.



ジョンズ・ホプキンスのポストアキュート・コビド19プログラムの共同ディレクターであるアルバ・アゾラ医学博士は、「患者は、生命を脅かすような症状ではないかもしれないが、非常にリアルで、非常に注意深い、多くの不安な症状を経験していることがある」と説明する。「例えば、胸の痛み、動悸、突然の発汗などです。」
"Patients can be experiencing a number of disturbing, real symptoms—maybe not life-threatening symptoms—but very real and very alerting," explains Alba Azola, MD, codirector of the Johns Hopkins Post-Acute Covid-19 Program. "For example, chest pain, palpitations, and sudden sweating."

患者はERに行き、すべての検査が正常であったため、心臓発作を否定されます。
The patient goes to the ER and after all the tests come back normal, they rule out a heart attack.

「多くの医師は、患者の経験や症状を肯定するのではなく、患者には何も問題がないかのように否定しています。
"Instead of validating the patient's experience and symptoms, many physicians dismiss the patient as if there's nothing wrong with them—which, in my view, is doing harm.

つまり、大きな問題なのです。医師としてできることは、症状や、診断や病態を捉える能力の限界を認めることだと思います。"
So, it's a huge problem. I think the least we can do as physicians is to acknowledge the symptoms and the limitations of our abilities to diagnose and capture pathology."


現在、コロナには長期にわたる症状が認められています。最も一般的なものは、持続的で極度の疲労、ブレイン・フォグ、頭痛、息切れ、胸痛、動悸などで、通常1ヶ月以上続きます。
There are now recognized long Covid symptoms. Some of the most common ones include persistent, extreme fatigue, brain fog, headaches, shortness of breath, chest pain, and palpitations—usually lasting more than a month.

これは、患者さんの自己診断に役立ち、多くのセンターで義務付けられているコロナ後遺症の治療を紹介するプライマリケア医を導くものです。しかし、コロナ後遺症のための特別な検査はありません。
This is helping patients to self-diagnose, and to guide primary care doctors in referring them for long Covid care—a requirement at many centers. However, there are no specific tests for long Covid.


コロナは、心筋炎(心臓の炎症)、腎臓病、肺塞栓(肺の血栓)などの重大な病気を引き起こす可能性があります。
Covid can cause serious diseases like myocarditis (inflammation of the heart), kidney disease, and pulmonary emboli (blood clots in the lungs).

Westchester Medical Center(WMC)のPost-Covid-19 Recovery Programの臨床主任であるGary Rogg, MDは、まずこれらを除外することが重要であると言います。
Gary Rogg, MD, clinical lead of the Westchester Medical Center (WMC) Post-Covid-19 Recovery Program, says it's important to rule these out first.


これは、患者さんの心を安らかにするのに役立ちます。「多くの人は、自分にとって差し迫った危険がないことがわかると、心が休まり、不安や憂鬱を解消することができます」と彼は説明します。
This can help put patients' minds at ease. "When most people realize they don't have something that's of immediate danger to them, that really helps rest their minds and helps with their anxiety and depression," he explains.

心筋炎はMRIで診断できますが、画像検査ではわからないコロナ後遺症関連の症状もあります。
Myocarditis can be diagnosed with an MRI, but there are other long Covid-related symptoms that can't be seen on imaging tests.


その一つが「ブレイン・フォグ」。混乱、物忘れ、思考や集中力の低下などの神経症状で、長距離輸送者の50%に及ぶと言われています。
One of these is brain fog, a cluster of neurological symptoms including confusion, forgetfulness, and difficulty thinking or concentrating, that affects up to 50 percent of long haulers.

「ブレイン・フォグ」 があると、人は危うさを感じ、今までできていたことができなくなる。
"When someone has brain fog, they feel compromised and they're not able to do what they could before.


神経科医で、Nuvance HealthのNeurosciences Instituteの上級副社長兼システム議長であるPaul Wright医学博士は、「彼らは自分の価値観を失い、それが二次的なうつ病になります」と説明します。
They lose their sense of worth, which becomes secondary depression," explains Paul Wright, MD, a neurologist and senior vice president and system chair of Nuvance Health's Neurosciences Institute.

彼は、ブレイン フォグがうつ病を引き起こすのか、それとも新型コロナウイルスによるうつ病とブレイン フォグの組み合わせなのかを判断するのは難しいと述べています。
He says it's difficult to determine whether the brain fog causes depression or if it's a combination of the Covid causing depression and brain fog.

「それは誰かが見ることができるものではありません。骨折した腕を直すほど簡単ではありません。それが治療が難しい理由であり、患者が欲求不満で助けを求めている理由です」とライト博士は言います.
"It's not something someone can see. It's not as simple as fixing a broken arm. That's why it's difficult to treat and that's why patients are frustrated and seeking help," Dr. Wright says.


治療法: ワンサイズではすべての人に適応しない
Treatment: One Size Doesn't Fit All


コロナ後遺症を治す方法はありません。むしろ、患者さん一人ひとりの異なる症状を管理することが重要であり、そのためには個別の治療計画が必要です。「コロナ後遺症の問題は、治療のパラダイムが存在しないことです」とRogg博士は言います。
There's no cure for long Covid. It's more about managing each patient's distinct set of symptoms—requiring a personalized treatment plan. "The problem with long Covid is there is no treatment paradigm," says Dr. Rogg.


そして、最大の課題は「希望を失わせないこと」だという。
The biggest challenge, he adds, is "not letting people lose hope.

特に、今まで普通に生活していたのに、半階分の階段も座らないと歩けなくなると、本当にがっかりしてしまいます」。
It really does get very disheartening—especially when you've had a normal life and now you can't even walk up a half-flight of stairs without sitting down."



もうひとつの治療上の課題は、アゾラ博士が言うところの "コロナ・コースターに乗る "ということです。ある日頑張りすぎると、次の日に症状が再燃することがあります。
Another treatment challenge is what Dr. Azola calls, "riding the corona coaster." Too much exertion one day can cause symptoms to flare up the next.


"患者さんは、気分が良くなって、いろいろなことをやっては、数日間クラッシュする "と彼女は説明します。"患者さんが良くなる可能性を見失うことなく、現状を受け入れてもらうことが本当に重要です "と彼女は説明します。
"Patients feel better and then do a lot and then crash for a few days," she explains. "It's really important to get them to accept where they are without losing perspective on their ability to get better."


Azola博士のチームは、理学療法士と協力して、患者さんにペーシングとエネルギー保存の戦略をトレーニングしています。
Dr. Azola's team works with physical therapists to train patients on pacing and energy conservation strategies.




マンハッタンにあるケルマンウェルネスセンターのディレクター、ラファエル・ケルマン医学博士は、炎症と免疫活性を測定する特定の血液検査を用いて、コロナ後遺症の治療に別の、より総体的なアプローチを取っています。
Taking a different, more holistic approach to long-Covid treatment, Raphael Kellman, MD, director of the Kellman Wellness Center in Manhattan, uses specific blood tests to measure inflammation and immune activity.


"私のアプローチは、根本的な原因を追究し、生理学的なレベルで問題に対処することです"。
"My approach is to go to the root cause and address problems on a physiological level," he says.


治療計画はすべて個別化されますが、彼は患者さんのマイクロバイオーム(体中に生息する細菌の広大な世界)が治癒の鍵になると考えています。「研究により、バランスの悪いマイクロバイオームが大きな役割を担っていることが分かっています。
All treatment plans are personalized but he considers the patient's microbiome (the vast world of bacteria that lives throughout the body) key to healing. "Research shows an unbalanced microbiome plays a big role.


胃腸の症状がなくても、コロナ後遺症でこのことがわかるそうです」とケルマン博士は説明します。さまざまなプレプロバイオティクスとポストバイオティクスでマイクロバイオームのバランスをとることで、マイクロバイオームを回復させ、「免疫系をトーンダウンさせる」ことができる、と博士は述べています。
They know this in long Covid, even if you don't have any gastrointestinal symptoms," Dr. Kellman explains. Balancing the microbiome with a range of pre-pro-and post-biotics, can help restore the microbiome and "tone down the immune system," he says.


また、必要に応じて従来の薬だけでなく、ハーブ、栄養補助食品、サプリメントなど、さまざまな天然化合物を使用することもあるそうです。
He also uses a range of natural compounds, including herbs, nutraceuticals, and supplements, as well as traditional medications when required.



気分が良くなるには時間がかかる
Feeling Better Takes Time

ロッグ博士によると、ほとんどの人が良くなるのは平均して1年から2年で、2年以上症状が残る人は約20%だそうです。しかし、「半年前、1年前と比べてどうかと尋ねると、全員が良くなったと答える」と付け加えています。
Dr. Rogg says it averages between a year and two years for most people to get better, with about 20 percent having symptoms that linger beyond two years. However, he adds, "when you ask them how they feel compared to six months ago, or a year ago, they all say better."


Puglieseさんは現在、"驚くほど元気 "だという。"私は去年の3月のある日、もう病気で生きるのはやめようと思いました。自分自身を元気にする必要があったのです。
Pugliese says she's now doing "amazingly well." "I chose one day last March to no longer live being sick. I had to get myself well.


それは、ジムに通うことから始まり、食生活を変え、ソーシャルワーカーの助けを求め、処方箋などの従来の療法に頼らずに治すようになりました。
That started with getting to my gym, changing my diet, seeking the help of a social worker, and no longer relying on traditional therapies such as prescriptions to help me heal.


今でも処方箋を飲んでいないわけではありませんが、依存度は低くなっています」。関節痛の薬も飲まなくなり、たまにタイレノールを飲む程度になりました。
Not to say I don't still take certain prescriptions, but I rely on them less and less." She no longer takes medication for joint pain—only an occasional Tylenol.


彼女はフルタイムで仕事に復帰し、症状はほとんどなくなりました。ただ、時折、頭がぼーっとしたり、物忘れがひどくなることがありますが、これはストレスのせいだと考えています。
She's back to work full time and her symptoms have almost disappeared—aside from some occasional brain fog/forgetfulness, which she attributes to stress.



今後について
Looking Ahead



米国国立衛生研究所の11.5億ドルの長期コビド研究プログラムによる継続的な取り組みにもかかわらず、新しい診断法や治療法には数年かかるかもしれません。「私たち医師は患者さんを助けたいと願っていますが、これを飲めば来週には良くなるという即効性のある薬がない以上、長い時間がかかるのです」とライト博士は言います。
Despite ongoing efforts via the National Institutes of Health's $1.15 billion long Covid research program, new diagnostics and treatments may take several years. "Obviously, we as physicians want to help patients and when there's no quick-pill answer to say take this and you'll be better next week—it's a long haul," says Dr. Wright.


コロナ後遺症は、おそらくしばらくの間、ここにある。衰弱しがちな症状を伴うこの疾患の原因究明が科学的に急がれる中、その知識を臨床に生かすには何年もかかるかもしれません。しかし、その間に、医師たちは、人々が健康な状態に戻るのを助けるために、今あるツールで最善を尽くしています。
Long Covid will likely be here for a while. As science races to uncover what causes this condition with its barrage of often debilitating symptoms, it may take years to apply that knowledge in the clinic. In the interim, physicians are doing their best with the tools they have to help get people back to good health.


そして、患者さんは自分に合ったものを見つけています。"私にとって、良くなることは、これまでも、そしてこれからも、自分の心の状態に大きく関係しています。良い友人、ジム、セラピスト、そして夫が、そのために常にチェックをしてくれています。「悪い日、嫌な日もありますが、3年経った今、良い日が悪い日をはるかに上回っています。
And patients are finding what works for them. "For me, getting better has, and continues to have, a lot to do with my state of mind; good friends, my gym, my therapist, and my husband have been my constant check in for that," says Pugliese. "There are bad, yucky days—but the good ones, now three years later, far outweigh the bad."


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2968-9e6feea9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>