Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナ後遺症は経済に影響を与え、カナダで「大規模な障害事象」となる可能性があるとの報告書 The Star 2023/3/9
fc2ブログ

Entries

コロナ後遺症は経済に影響を与え、カナダで「大規模な障害事象」となる可能性があるとの報告書 The Star 2023/3/9

En: (grammar)


コロナ後遺症は経済に影響を与え、カナダで「大規模な障害事象」となる可能性があるとの報告書
Report says long COVID could impact economy and be ‘mass disabling event’ in Canada
The Star 2023/3/9
https://www.thestar.com/life/health_wellness/2023/03/09/report-says-long-covid-could-impact-economy-and-be-mass-disabling-event-in-canada.html











カナダの最高科学顧問が木曜日に発表した報告書によると、COVID-19はパンデミックの「頭」であり、コロナ後遺症は個人とその家族、そして国の経済に大きな被害を与える「尻尾」であると考えています。
A report released Thursday by Canada’s chief science adviser says she considers COVID-19 the “head” of the pandemic but long COVID its “tail” as the illness inflicts significant harm on individuals, their families and potentially the country’s economy.



モナ・ネメル博士によると、COVID-19に感染した人の約10~20%は、感染から回復した後にコロナ後遺症を発症し、高血圧や不整脈から慢性疲労、脳霧、筋肉痛、目のかすみといった医学的に定義されていない症状まで、さまざまな症状に悩まされるそうです。
Dr. Mona Nemer said about 10 to 20 per cent of people with COVID-19 develop long COVID after they have recovered from infection and struggle with a variety of symptoms ranging from high blood pressure and an irregular heartbeat to medically undefined symptoms such as chronic fatigue, brain fog, muscle pain and blurred vision.


明確な定義や診断基準が確立されていないため、働けなくなった人の社会扶助、障害者支援、保険請求に影響を与える。
“Some patients have not recovered two to three years after the initial infection and it is uncertain whether a proportion may ever fully recover,” Nemer said of the condition that lacks consensus on a clear definition and diagnostic criteria, affecting claims for social assistance, disability supports and insurance by those who can no longer work.


コロナ感染後の状態(PCC)とも呼ばれるコロナ後遺症の広範な影響について、「カナダに対する将来の社会経済的影響は広範囲に及ぶ可能性があり、計画や監視が必要です」と述べました。
“Future socio-economic implications for Canada may be far-reaching and require planning and monitoring,” she said about the wider fallout of long COVID, also known as post COVID-19 condition or PCC.


"英国や米国など他国のPCCの社会経済的影響を分析した結果、医療費や需要に加え、労働市場や国内総生産(GDP)に大きな影響があることがわかりました。"
“Analysis of the socio-economic impact of PCC from other countries, including the United Kingdom and the United States, indicates significant impacts on the labour market and the Gross Domestic Product (GDP), in addition to health costs and demands.”


COVID-19が糖尿病や高血圧を含むいくつかの慢性疾患のリスクを高めることが明らかになりつつあるため、カナダは「大量障害発生」に直面する可能性があるとNemer氏は述べ、診断基準が確立されていないため、コロナ後遺症に悩まされる人の数は予想以上に多くなる可能性があると付け加えた。
Canada could face a “mass disabling event” because it’s increasingly clear that COVID-19 raises the risk of several chronic diseases including diabetes and hypertension, Nemer said, adding the number of people afflicted with long COVID may be greater than expected due to the lack of established diagnostic criteria.


カナダ統計局は昨年末、国内の成人の約15%がCOVID-19陽性反応から少なくとも3ヶ月後に何らかのコロナ後遺症の症状を報告しており、140万人にのぼると発表しました。
Statistics Canada said late last year that about 15 per cent of adults in the country reported some long COVID symptoms at least three months after a positive COVID-19 test, amounting to 1.4 million people.


Nemerは、標準化された評価と臨床ガイドラインとともに、カナダ全体の研究・臨床ケアネットワークの確立を含む18の提言を行った。
Nemer made 18 recommendations, including the establishment of a Canada-wide research and clinical care network, along with standardized assessments and clinical guidelines.


「臨床レベルでは、PCC/long-COVIDが単一の疾患なのか、それとも個別の治療やフォローアップを必要とする疾患の集合体なのかが重要な問題となる」と報告されている。
“At the clinical level, an important question will be whether PCC/long-COVID is a single disease, or a constellation of conditions requiring distinct treatment and follow up,” the report says.



これを受けて、連邦政府は1日、臨床ガイドラインの作成と、研究者や臨床医がコロナ後遺症に関する情報を互いに共有し、一般に公開するためのオンラインネットワークの構築に2900万ドルの資金を提供すると発表した。
In response, the federal government on Thursday announced $29 million in funding for the development of clinical guidelines and the creation of an online network where researchers and clinicians can share information about long COVID with each other and the public.


カナダ公衆衛生庁は、トロントのユニバーシティ・ヘルス・ネットワークの上級医師科学者であるAngela Cheung博士が率いるコロナ後遺症 Web研究ネットワークに2,000万ドルを投入することを発表しました。
The Public Health Agency of Canada said $20 million will go toward the Long COVID Web research network, to be led by Dr. Angela Cheung, a senior physician scientist with Toronto’s University Health Network.



カナダ保健研究所からの資金提供により、Cheungは約300人の研究者、臨床医、コロナ後遺症の人たちと協力して、診断法、治療法、リハビリテーションの開発に取り組むことになります。
The funding, from the Canadian Institutes of Health Research, will allow Cheung to work with about 300 researchers, clinicians and people with long COVID to develop diagnostics, treatments and rehabilitation.


Cheung氏は、全国の研究者がリソースを共有し、互いに学び合う機会を得ることができるようになると述べています。
Cheung said researchers across the country will now have a chance to share resources and learn from each other.


Cheung氏は、「私たちはウェビナーを開催して結果を共有し、例えばオンタリオ家庭医学会のような州や専門機関とつながる予定です」と述べ、一般の人々もこのネットワークにアクセスできるようにすると付け加えた。
“We will conduct webinars to share our results and we will connect with provincial and professional bodies, for example, like the Ontario College of Family Physicians,” Cheung said, adding the public will have access to the network.


PHACによると、残りの900万ドルは、COVID-19感染から回復したものの、症状に悩まされ続けている人のための臨床実践ガイドラインを開発するために、マクマスター大学に提供されます。
PHAC said the remaining $9 million will go to McMaster University to develop clinical practice guidelines for those who have recovered from a COVID-19 infection but continue to struggle with symptoms.


ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、オンタリオ州、ケベック州など一部の州では、コロナ後遺症専門クリニックやリハビリテーションサービスを利用することができます。
Specialized long COVID clinics and rehabilitation services are available in some provinces, including British Columbia, Alberta, Ontario and Quebec.


しかし、その正確な数や場所は容易に知ることができず、患者は利用できるサービスがあっても長い待ち時間に耐えている、とNemerの報告書は述べている。
But their exact number and locations are not readily available and patients endure long wait times for any services they could access, Nemer’s report says.


ブリティッシュコロンビア州では、昨年9月に1つのクリニックが閉鎖され、別のクリニックと合併したため、4つのクリニックが存在すると、厚生省の広報担当者は電子メールで回答した。
British Columbia has four clinics, after one closed and merged with another last September, a spokesperson with the Health Ministry said in an emailed response.


しかし、同省は紹介件数の減少を理由に、4月1日にすべてのクリニックを閉鎖し、バーチャルクリニックに移行すると発表している。
However, all the clinics will close on April 1 and shift to a virtual clinic, the ministry said, citing a declining number of referrals.


2021年5月には755件のクリニックへの紹介があったが、2022年10月、11月、12月にはそれぞれ80件に減少したという。
It said that in May 2021, there were 755 referrals to the clinics but that number dropped to 80 in each of October, November and December 2022.


バンクーバー、サリー、アボッツフォード、ビクトリアの各1拠点から、バーチャルクリニック1拠点に移行することで、「州全体のケアへのアクセス」を提供すると、同省は述べています
The shift to a single virtual clinic, from one site each in Vancouver, Surrey, Abbotsford and Victoria, will offer “provincewide access to care,” the ministry said.


"現在、州内で1,500人以上の患者さんがこれらのサービスにアクセスしており、今後も必要なケアを受けることができます。"
“Currently, more than 1,500 patients across the province are accessing these services and they will continue to get the care they need.“


コロナ後遺症患者のためのオンラインサポートグループを立ち上げたスージー・グールディングは、一部のクリニックに通わない理由として、紹介する家庭医の不足が一因である可能性を指摘する。
Susie Goulding, who founded an online support group for “long haulers,” said a lack of family doctors to make referrals could be partly to blame for why people may not be attending some clinics.


Goulding氏は、オンタリオ州ケンブリッジから、「これらの診療所にアクセスするのは容易ではない」と述べ、寝たきりになってしまい、優先的に治療を受けなければならない人もいると付け加えた。
“It’s just hasn’t been easy to gain access to these clinics,” Goulding said from Cambridge, Ont., adding some people have become bedridden and need to be prioritized for care.


"そのための不安 "や "主治医の適切な治療が受けられず、「どうなってしまうんだろう」と思うこと "がある。仕事を失い、賃金を失うことで、精神的な強迫や緊張があります。この経済状況でどうやって自分を支えていくのか?"
“There’s a lot of anxiety for that and for not having proper care with your doctor and thinking, ‘What’s going to happen to me?’ There’s a lot of emotional duress and strain in losing your job and losing your wages. How are you going to support yourself in this economy?”



グールディングによると、複雑で不可解な症状の一部として、汚れたオムツやタバコの煙、腐ったゴミなどの臭いが存在しないにもかかわらず、自分が臭いと思い込んでいる人がおり、時には医療従事者や自分の家族からさらなるスティグマを受けることになるという。
As part of the complex and mysterious spectrum of symptoms, Goulding said some people believe they smell dirty diapers, cigarette smoke and rotting garbage when those smells do not exist, sometimes leading to further stigma from health-care providers and even their own families.


"不足しているのは、パブリックメッセージです。医師が知らない、3年経っても医師がコロナ後遺症の存在すら信じていないなど、完全に断絶しています。問題があり、その問題に対処する必要があるのです」と述べています。
“It’s public messaging that’s missing. There’s a complete disconnect with doctors not knowing, three years into it, doctors still not even believing that long COVID exists. There’s a problem, and the problem needs to be addressed,” she said.


グールディングは2020年3月にCOVID-19に感染した。1年後、症状のリストが増えるにつれ、彼女はオンタリオ州バーリントンの脳損傷クリニックに助けを求め、3カ月間、理学療法士と作業療法士、言語療法士に診てもらった。また、鍼灸治療やカウンセリングも受けました。
Goulding became infected with COVID-19 in March 2020. A year later, as her list of symptoms grew, she sought help at a brain injury clinic in Burlington, Ont., where for three months she saw a physiotherapist and occupational and speech therapists. She also received acupuncture and counselling.


めまい、視力障害、耳の痛み、脳内霧などが緩和されつつあると語るグールディングは、「回復の可能性が一番高いと思う」と語った。しかし、声帯の腫れ、簡単な単語を思い出せない、胃腸の問題など、他の問題も浮かんでは消える。
“I think I have the best chance of recovering,” said Goulding, who said she is getting some relief from dizziness, vision problems, a sore ear and brain fog. But other issues, such as swollen vocal cords, an inability to recall simple words and gastrointestinal problems come and go.


また、Nemerは報告書の中で、コロナ後遺症の子どもたちを対象とした「重要な研究分野」についての研究は非常に少ないと指摘しています。
In her report, Nemer also noted thereare very few studies on the “important area of research” involving children with long COVID.


レジーナのパム・ミロスさんは、11歳の息子イアン・ミロスさんが2021年3月、自分と他の家族5人とともにコロナに感染したことを明らかにしました。
Pam Milos of Regina said her 11-year-old son, Ian Milos, was infected with COVID-19 in March 2021, along with herself and five other family members.


息子は当初、その中で最も病気が軽かったのですが、その後、筋肉痛、慢性疲労、騒音に対する極度の過敏症など、不可解な症状が現れ、家族は「卵の殻を被って歩く」ような状態になったそうです。
Her son was initially the least sick of all of them but then developed inexplicable symptoms including muscle pain, chronic fatigue and extreme sensitivity to noise, leaving the family to “walk on eggshells,” she said.


昨年11月に小児科医からCOVIDと診断され、救急外来の医療スタッフからは、注意を引くために症状を偽っているのではないかと指摘されたといいます。
It wasn’t until last November that a pediatrician diagnosed him with long COVID, she said, adding health-care staff at an emergency department have suggested he’s faking his symptoms to get attention.



ミロスさんは、息子が自転車やスクーターに乗り、バスケットボールをするような活発な子どもから、学校をたくさん休むようになったと言います。出席しても、家に帰ると極度の疲労から午後4時に寝てしまうこともあるそうです。
Milos said her son went from an active child who rode his bike and scooter and played basketball to missing a lot of school. When he does attend, he sometimes comes home and falls asleep at 4 p.m. from extreme fatigue.


彼は現在、作業療法士とカウンセラーに診てもらっているが、延長給付がとっくに終わっているので、月に400ドルほど支払っている、と教師であるミロスさんは言う。彼は家庭教師として副業をせざるを得なかった。
He now sees an occupational therapist and counsellor but her extended benefits have long run out so she is paying about $400 a month, said Milos, a teacher, who was forced to take on a second job as a tutor.


"1年半も彼を助けられなかったので、私も精神的に参っています。"と彼女は言います。"あの子はもう普通の子に戻れないのだろうか "と思うほどです」
“It’s taking a toll on me mentally too because I have not been able to help him for 18 months,” she said. “I am at the point where I’m thinking, ‘Is he ever going to be a regular kid again?’ ”



このThe Canadian Pressによるレポートは、2023年3月9日に初公開されました。
This report by The Canadian Press was first published March 9, 2023.


Canadian Pressの健康報道は、Canadian Medical Associationとの提携によりサポートを受けています。この内容については、CPが単独で責任を負います。
Canadian Press health coverage receives support through a partnership with the Canadian Medical Association. CP is solely responsible for this content.

SHARE:






スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2957-16ade6ef

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
35位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>