Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |イングランドの生徒の5人に1人が、過去1学年に持続的に欠席していた The Guardian 2023/3/16
fc2ブログ

Entries

イングランドの生徒の5人に1人が、過去1学年に持続的に欠席していた The Guardian 2023/3/16

En: (grammar)


イングランドの生徒の5人に1人が、過去1学年に持続的に欠席していた
One in five pupils in England were persistently absent in past school year

The Guardian 2023/3/16
https://www.theguardian.com/education/2023/mar/16/one-in-five-pupils-in-england-were-persistently-absent-in-past-school-year










DfEの統計によると、パンデミック前と比較して出席率が低下した主な理由はコビドやその他の病気
Covid and other illnesses main reasons for attendance drop compared with pre-pandemic, according to DfE figures


イングランドでは、昨年度、5人に1人の生徒が長期欠席したと報告されており、パンデミック以前に比べ、教室での欠席率が急上昇した最大の要因は、コビッドやその他の病気であった。
One in five pupils in England were reported as persistently absent during the last school year, with Covid and other illnesses the biggest contributors to soaring classroom absence rates compared with pre-pandemic years.

教育省(DfE)が発表した数字によると、パンデミックの余波は2022年夏まで州立学校の出席率に大きな影響を与え続けていました。全国的な欠席率は7.6%で、コヴィッド以前の4~5%を大きく上回った。
The figures from the Department for Education (DfE) showed the aftermath of the pandemic continued to significantly affect state school attendance into the summer of 2022. The national absence rate of 7.6% was well above the rates of 4%-5% before Covid.


コビド検査で陽性となった生徒を含め、病気による欠席が6割近くを占め、パンデミック前の2倍に近い割合となった。また、DfEは無断欠席の増加も報告しており、2020-21年の1.3%から2021-22年には2.1%となる。
Illness accounted for nearly 60% of the absences, including pupils who had tested positive for Covid, with the proportion of children absent through illness close to twice the rate seen before the pandemic. The DfE also reported an increase in unauthorised absences, from 1.3% in 2020-21 to 2.1% in 2021-22.


この数字は、州立学校の生徒の22%が、1学年のうち10%以上、約19日以上欠席していることを示しており、DfEの定義では「持続的欠席」と分類される。
The figures showed that 22% of state school pupils were missing for more than 10% of sessions, about 19 days or more during the school year, leading to them being classed as “persistently absent” under the DfE’s definitions.


無料給食の対象児童の欠席率は37%でしたが、対象外の児童の欠席率が最も高く、前2学年に比べ2倍以上の17.5%になりました。
While children eligible for free school meals were absent for 37% of sessions, the fastest increase came among children not eligible, whose absence rate more than doubled to 17.5% compared with the previous two school years.


保護者が学期中に子供を連れ出すことに積極的になったという憶測があるにもかかわらず、無断欠席は増加の一因にはなりませんでした。この数字によると、無断欠席は昨年、セッションのわずか0.4%に過ぎず、2016年から2020年にかけて記録されたのと同じ割合である。
Unauthorised holidays played no role in the increases, despite speculation that parents have become more willing to take their children away during term time. The figures showed unauthorised holidays amounted to just 0.4% of sessions last year, the same rate recorded between 2016 and 2020.


DfEの広報担当者は、「大多数の」子どもたちが学校に通い、学習していると述べた。
A DfE spokesperson said the “vast majority” of children were in school and learning.


"私たちは、学校、信託、運営団体、自治体と緊密に連携し、欠席が続く危険性のある生徒や欠席が続く生徒を特定し、それらの子どもたちが規則正しく一貫した教育に戻れるよう支援するために(協力して)取り組んでいます。"と同局は述べています。
“We work closely with schools, trusts, governing bodies and local authorities to identify pupils who are at risk of becoming or who are persistently absent and [are] working together to support those children to return to regular and consistent education,” the department said.


パンデミックや学校閉鎖以降、欠席率が高く、持続的であることが懸念されたため、DfEは、専任の出席アドバイザーの雇用、成功事例を共有する「出席ハブ」の設置、ミドルスブラでのプログラムのように、持続的で深刻な欠席をする生徒へのサポートを通じて、いじめや精神衛生問題など根本的な原因に取り組むことを目的としたパイロットプログラムなどの取り組みを開始したのです。
After concerns were raised at the high and persistent levels of absence since the pandemic and school-related closures, the DfE has started a number of initiatives, including hiring dedicated attendance advisers, creating “attendance hubs” to share best practice, and pilot programmes such as one in Middlesbrough, aiming to tackle underlying causes including bullying or mental health issues by giving support to persistently and severely absent pupils.


しかし、今年度のより新しいデータでは、病気や無断欠席が多くの学校で依然として問題になっていることが示唆されています。校長たちは、「文化の変化」によって、親が子どもの留守番を許可する傾向が強くなっていると述べています。
However, more recent data from the current academic year suggested illness and unauthorised absences remained a problem for many schools. Headteachers have said a “cultural shift” meant parents were more likely to allow children to stay at home.


独自調査の結果、15歳児の3分の1が今年度の秋学期に教室を執拗に欠席していることが判明しました。
Data compiled by independent research found a third of 15-year-olds have been persistently absent from classrooms in the autumn term of the current school year.



イングランドの児童委員であるレイチェル・デ・スーザは、最近、両親が在宅勤務をしているため、学校では「以前はなかった大量の金曜日の欠席が見られる」と主張しました。
Rachel de Souza, the children’s commissioner for England, recently claimed schools were “seeing a huge amount of Friday absence that wasn’t there before” because of parents working from home.





スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2955-4f7aa734

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>