Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |カナダ: トランスジェンダーの主張により、幼児をレイプした男が母子寮のある刑務所に静かに移される。 reduxx 2023/2/14
fc2ブログ

Entries

カナダ: トランスジェンダーの主張により、幼児をレイプした男が母子寮のある刑務所に静かに移される。 reduxx 2023/2/14

En: (grammar)


カナダ: トランスジェンダーの主張により、幼児をレイプした男が母子寮のある刑務所に静かに移される
CANADA: Man Who Raped Infant Quietly Moved to Prison with Mother-Baby Unit After Transgender Claim
https://reduxx.info/canada-man-who-raped-infant-quietly-moved-to-prison-with-mother-baby-unit-after-transgender-claim/

reduxx 2023/2/14









生後3カ月の乳児を強姦した罪で有罪判決を受けたカナダの男性が、収監中にトランスジェンダーであると認識し始め、現在、母子ユニットのある女性更正施設に収容されているそうです。
A Canadian man who was convicted of the horrific rape of a 3-month-old infant boy has begun identifying as transgender while incarcerated and is currently being held in a women’s correctional facility with a mother and child unit.


1997年、アダム・ラブーカンは、ブリティッシュコロンビア州ケネルで生後3ヶ月の男児に性的暴行を加えました。ラブーカンは当時15歳で、この子の子守をするために雇われていたのです。この暴行で男児は残酷な傷を負い、再建手術を受けるために410マイル離れたバンクーバーまで飛行機で運ばなければなりませんでした。
In 1997, Adam Laboucan sexually assaulted a three-month-old baby boy in Quesnel, British Columbia. Laboucan was 15-years-old at the time and had been hired to babysit the child. The infant was so brutally injured by the attack that he had to be flown to Vancouver, 410 miles away, to undergo reconstructive surgery.

報道によると、ラブーカンは恐ろしい暴行を加えた後、「自分の体を切り刻み、自分の肉を食べた」という。
After committing the horrific assault, Laboucan “mutilated himself and ate his own flesh,” according to news reports.


裁判の中で、専門家の証人は、ラブーカンが "性転換から小児性愛の傾向まで "を示していると述べた。ラボカンを診察した法医学精神科医は、彼自身さえも自分が危険であると信じていたと証言している。イアン・ポストニコフ博士は、BC州最高裁判所に対し、「彼は犯罪生活を計画しているわけではないと言ったが、暴力的で殺人的な空想の洪水を制御する術がないと感じていた」と述べた。
During the trial, an expert witness stated that Laboucan displayed “everything from transsexual to pedophilic tendencies.” A forensic psychiatrist who examined Laboucan testified that even he believed himself to be a danger to the public. “He said he was not planning a life of crime, but he felt he had no way to control the flood of violent, murderous fantasies,” Dr. Ian Postnikoff told the B.C. Supreme Court.


ポストニコフはさらに、ラブーカンが1997年に性的暴行で有罪判決を受けた後、プリンス・ジョージの青少年収容センターでラブーカンと何度も面会したことを詳しく説明しました。拘留中、ラブーカンは自分の手首を噛んで、深刻な自傷行為に及んだ。
Postnikoff further detailed how he met with Laboucan several times at the Youth Containment Centre in Prince George after the teen was convicted in 1997 on the sexual assault charges. While in custody, Laboucan chewed on his wrists, resulting in serious self-mutilation.

「しかし、この高度な自傷行為、ほとんど自己共食いは、他の弱い人間にも向けられ、致命的な結果をもたらすかもしれない」と、ポストニコフは付け加えた。
“While in custody, he would turn them against himself, but this high level of self-mutilation, almost self cannibalization, could be turned against other, weaker individuals, with possibly fatal consequences,” Postnikoff added.

"彼は自分を噛むことで怒りとフラストレーションを和らげる傾向があると言っていました。"ポストニコフは法廷での手続き中にそう言いました。"ある例では、彼は自分の腕を30分間噛み続け、脂肪と筋肉組織を摂取した "と。
“He said that biting himself tended to ease the anger and frustration,” Postnikoff said during court proceedings. “In one instance, he chewed on his arm for 30 minutes, ingesting fat and muscle tissue.”


法医学精神科医は、集中治療が必要だと考えていると述べた。"ラブカン氏の犯罪の歴史と重大性から、彼の治療がどのくらい続くかを言うのは難しい "と彼は言った。「彼は普通の性犯罪者ではありません。非常に長い期間、おそらく何年もかかると思います。近い将来、ラブーカンが社会復帰すると聞けば、私はとてもとても心配になります。"
The forensic psychiatrist said that he believed intensive treatment would be necessary. “With the history and severity of the offenses of Mr. Laboucan, it’s difficult to say how long his treatment would last,” he said. “He’s not a regular sexual offender. I would say it would be a very long time, possibly years. I would be very, very concerned to hear that Laboucan would be released into the community in the near future.”


CBCが1999年に伝えたニュースによると、臨床心理学者のスティーブ・シグモンド博士は、1997年にラブーカンを診察した際、1993年にケネルで3歳の男の子を溺死させたことも認めていたと法廷で証言した。ラブーカンは11歳の時に殺人を犯したとされているが、法律では被告人は少なくとも12歳でなければならないため、告訴されることはなかった。
According to a 1999 news report by the CBC, clinical psychologist Dr. Steve Sigmond testified in court that when he examined Laboucan in 1997, the teen had also admitted to drowning a 3-year-old boy in Quesnel in 1993. Laboucan was 11 when he allegedly committed the killing, and no charges were ever lodged against him because under the law, an accused must be at least 12 years old.


子供の母親であるDelores Deutschは、Laboucanが一生刑務所にいることを望むと法廷で語った。"彼らは事故だと思ったけど、心の中ではそうでないと思っていた。私は知らない。私は母親がちょうど知っていると思う、その気持ちの内側に、"彼女は言った。
The child’s mother, Delores Deutsch, told the court that she wanted Laboucan to remain in prison for the rest of his life. “They thought it was an accident, but inside I knew it wasn’t. I don’t know. I guess a mother just knows, inside that feeling,” she said.


裁判所が彼のケースを検討する中で、Sigmondは、Laboucanが3歳以下の子どもに対して性的な幻想を抱いていることを説明し、学校で性的攻撃的な行動をとったことがあると証言した。
As the court considered his case, Sigmond testified that Laboucan had described having sexual fantasies about children under the age of three and that he had a history of sexually aggressive behavior at school.


犯行の恐ろしさから、ラブーカンは1999年、17歳という若さで異例の不定期刑を言い渡され、全米最年少の犯罪的暴力性犯罪者とされたのです。
Due to the horrific nature of the crime, Laboucan was handed a rare indeterminate prison sentence in 1999 at the age of 17, and was declared the nation’s youngest criminally violent sex offender.


しかし、ラブーカンはその暴力的で性的な犯行にもかかわらず、現在は「女性」であると認識しており、アボッツフォードのフレイザー バレー女性のための施設に移管されました。
But despite the violent and sexual nature of his crimes, Laboucan is now identifying as a “woman” and has been transferred to the Fraser Valley Institution for Women in Abbotsford.


ラブーカンがいつ正式に移行を始めたのかは不明だが、最近浮上した2018年の出会い系プロフィールには、「ヴァギナ」と豊胸手術を自慢している受刑者が写っている。
While it is unknown when Laboucan officially began transitioning, a recently surfaced dating profile from 2018 shows the convict boasting of his “vagina” and breast implants.


"私はトランスジェンダーの女性で、男性として生まれましたが、手術を受けて完全な女性になりました。"ラブーカンはカナダの受刑者コネクトのプロフィールに書きました。"私はペニスではなく膣を持っていて、720ccのDDジェルインプラントも持っています。"
“I am a transgender woman and I was born a man but now after surgery I became a full woman,” Laboucan wrote on his Canadian Inmates Connect profile. “I have a vagina, not a penis, and also have 720ccs DD gel implants.”


過去のニュースでは、有罪判決を受けた強姦魔の豊胸手術は税金で賄われたと推測するものもあり、その費用は約1万ドルと見積もられていました。しかし、カナダ矯正庁はこの問い合わせに対し、そのような費用は連邦政府が負担するものではないと回答した。そのため、ブリティッシュコロンビア州が直接手術費を負担したとみられている。
Some past news reports speculated that the convicted rapist’s breast implants were paid for by taxpayers and estimated the cost at approximately $10,000. However, Corrections Canada responded to the inquiry by stating that such expenses were not covered by the federal government. It is therefore believed that the province of British Columbia directly funded the surgery.


カナダ仮釈放委員会は、何年にもわたってラブーカンの釈放要求を何度も拒否してきた。
The Parole Board of Canada has repeatedly denied Laboucan’s requests for release over the years.


2010年12月の仮釈放審査では、「性自認、衝動的な行動、暴力、性的逸脱」など、多くの側面から、彼が依然として公衆に対する脅威であることを示唆していると結論付けたと、CTVは報じている。
In a December 2010 parole review, the board concluded that a number of aspects suggested he remained a threat to the public, including his “gender identity, impulsive behaviour, violence and sexual deviance,” CTV reported.


特に懸念されるのは、ラブーカンが過去に幼い子供を殺害したことを告白していることだ、と当局は述べている。「あなたの矯正ファイルによると、怒りに任せて被害者を池に突き落としたとあります」と仮釈放委員は指摘した。
Of particular concern, officials said, was Laboucan’s past confession to murdering a young child. “According to your correctional file, while in a fit of anger, you pushed your victim into a pond,” parole board members noted.

警官たちは、犯人の「奇妙な性行動」と、矯正ファイルに記載されている、年下の親族や友人に対する性的虐待の前歴を強調した。
Officers emphasized the criminal’s “bizarre sexual behavior” and prior incidents listed in his correctional file of the sexual abuse of his younger relatives and friends.


「ペニスの切除も行われており、女性になりたいと主張している」と委員会は述べています。2010年までに、彼は7回の仮釈放審問に出席し、「彼の性同一性の混乱」が各会議で言及されました。
“Mutilation of your penis has also occurred, with you claiming [you] want to be female,” the board said. By 2010, he had attended seven parole hearings, and “his gender-identity confusion” was mentioned at each meeting.


仮釈放委員会は、ラブーカンが他の囚人に売春をさせ、麻薬を使用していたことも聞かされた。彼は初歩的な手作りのナイフを持っており、女性看守を殺すと脅していたことがわかりました。
The parole board was also told how Laboucan had been prostituting himself to other prisoners and using drugs. He was found with a rudimentary hand-made knife and had been threatening to kill a female guard.


ラブーカンがいつ女性矯正施設に移されたのか正確には不明だが、2018年4月、トロント・スター紙は、児童強姦犯が "今は女性として認識している "と女性代名詞で言及しながら、再び仮釈放申請を却下したことを報じている。
Although it is unclear exactly when Laboucan was transferred to the women’s correctional facility, in April of 2018 The Toronto Star reported on another rejected parole appeal while referring to him with feminine pronouns, stating that the child rapist “now identifies as female.”


前年の2017年には、理事会側の彼に対する「偏見」を理由に釈放を訴えており、この時にはすでにフレーザーバレー女性施設に移送されていたようだ。ラブーカンは女性受刑者に暴行を加えており、報道によれば、"別の受刑者の髪をはねた後、顔面を蹴った "という。
The year prior, 2017, he had appealed for release on the grounds of “bias” against him on the part of the board, and it would appear that by this time he had already been transferred to the Fraser Valley Institution for Women. Laboucan had been assaulting female inmates, and according to reports, “flung another inmate by her hair, then kicked her in the face.”



彼の最新の仮釈放の訴えは、昨年9月20日の判決で却下されました。仮釈放委員会のメンバーによると、ラブーカンの最新の精神鑑定では、再犯の危険性が高く、したがって社会にとって潜在的な危険人物であると判断されました。また、仮釈放された場合、彼の行動がエスカレートする可能性を示す危険因子として、彼の感情の爆発、無礼な行動、薬物使用などが強調されました。
His latest parole appeal was denied last year in a September 20 ruling. According to members of the parole board, Laboucan’s most recent psychiatric assessment determined he was at a high risk of re-offending and was therefore deemed a potential danger to society. The board also highlighted his emotional outbursts, disrespectful behavior and drug use as risk factors that indicated his actions could escalate if released from prison.


ラブーカンのケースは2024年10月に再度審査される予定だが、もし上訴が却下されれば、数十年にわたる精神鑑定で完全な社会復帰の予後が悪いとされているため、一生女性受刑者とともに収監され続ける可能性もある。
Laboucan’s case will be up for review once again in October of 2024, though if his appeal is denied, there is a possibility he will remain incarcerated with women inmates for the rest of his life as decades of psychiatric evaluations have asserted that he has a poor prognosis for complete rehabilitation.


フレーザーバレー女性刑務所には、最小限のセキュリティしかない別館があり、収監されている母親とその赤ちゃんのためのプログラムを開催しています。母子寮は、キッチン、ラウンジ、バスルームなどの共有設備と複数のベッドルームで構成されたハウスで行われます。母子寮は、同じような住居が集まった、いわば近所のような場所にあります。
Fraser Valley Institution for Women features a minimum-security annex that hosts a program for incarcerated mothers and their babies. The Mother-Child Program takes place in a house comprised of facilities such as a shared kitchen, lounge and bathroom, as well as multiple bedrooms. It is situated within a compound of similar housing units, much like a neighborhood.

また、母親ではない他の受刑者は、リスク評価を受ける可能性はあるものの、ベビーシッターや「おばちゃん」として母子に付き添うことが許可される場合があることが、ナショナル・ポスト紙の報道で明らかになった。
Other inmates who are not mothers themselves may be permitted to stay with the mother and child can even apply to serve as babysitters or “aunties”, though they may be subject to a risk assessment, a National Post report revealed.


刑務所の敷地内に子どもを居住させるためには、事前に児童福祉機関によるアセスメントを受けなければなりません。許可が下りると、5歳の誕生日まではフルタイムで、7歳の誕生日まではパートタイムで母親と一緒に暮らすことができます。
The family must undergo an assessment by a child-welfare agency prior to gaining approval to have a child reside on prison grounds. If permission is granted, children can reside full-time with their mothers up to their fifth birthday and part-time up to their seventh birthday.



収容されている女性の権利擁護者が、下院議員に対する2021年の準備書面の中で、フレーザー・バレーでのラブーカンの状況について直接言及しました。公共安全・国家安全常任委員会で演説したヘザー・メイソンは、カナダ連邦政府のメンバーに対し、複数の女性が女性施設に収容されたトランスアイデンティティの男性からセクハラの被害に遭ったと報告していることを伝えたのです。
An advocate for the rights of incarcerated women made direct mention of Laboucan’s situation at Fraser Valley in a 2021 brief to members of the House of Commons. Addressing the Standing Committee on Public Safety and National Security, Heather Mason told members of Canada’s federal government that multiple women had reported being the victim of sexual harassment by trans-identified males who had been placed in female institutions.

"これらの女性の1人は、母子プログラム中に、小児性愛の前科を持つ2人のトランスジェンダー、マディリン・ハークスとタラ・デソウサが彼女と彼女の子供の近くをうろつき、性差別的で不適切な敵対的コメントをしたと報告しています。" メイソンは声明でこう述べています。
“One of these women reported that while in the mother-child program, two transgender individuals with convictions for pedophilia, Madilyn Harks and Tara Desousa, would loiter near her and her child, making sexist and inappropriate antagonizing comments,” Mason said in her statement.


ハークスは、本名をマシューといい、「幼い少女への性的虐待にすべてを捧げる先入観を持つ」と評される連続小児性愛者である。当局は、彼が性的虐待に関連する約200件の犯罪で起訴される前に、少なくとも60人の犠牲者をターゲットにしていたと考えています。
Harks, whose given name is Matthew, is a serial pedophile who has been described as having “all-encompassing preoccupation in sexually abusing young girls.” Authorities believe he targeted at least 60 victims before being charged for approximately 200 offenses related to sexual abuse.

2019年、女性受刑者から性的暴行の被害届が提出されたが、告訴はされなかった。同年、女性担当の前副長官ケリー・ブランシェット氏は、男性からの女性刑務所への移送要請のうち、半数が有罪判決を受けた性犯罪者であることを明らかにした。
In 2019, a sexual assault report was filed against him by a female inmate, but no charges were pursued. That same year, the former Deputy Commissioner for Women, Kelly Blanchette, revealed that of all the requests from men to transfer into women’s prisons, half were from convicted sex offenders.


メイソンは、フレーザー・バレーに収容されている女性たちと交わしたやりとりをReduxxに話した。ある受刑者は、ラブーカンが母子プログラムの住居の隣のユニットに収容されていることを確認し、女性たちを「敵対」させるために子どもたちを「凝視」していたと言った。
Mason shared with Reduxx exchanges she’d had with women being held in Fraser Valley. One inmate confirmed that Laboucan was being housed in a unit next to the Mother-Child Program residence, and said that he had been “staring” at the children to “antagonize” the women.


続けて、ラブキャンとの恐ろしいやり取りを説明した。彼女は、ボランティア感謝祭に招待され、乳児の息子を連れてきたと説明しました。警備員の一人が、ラブーカンがそのイベントに参加していることをこっそり彼女に伝え、生後3ヶ月の男の子に対する彼の犯罪を知らしめたのです。
The anonymous source continued to describe a frightening interaction she’d had with Laboucan. She explained that she’d been invited to attend a volunteer appreciation event, and had brought her infant son with her. One of the guards secretly informed her that Laboucan was at the event and made her aware of his crimes against a 3-month-old baby boy.




"非常に長い間、幼い子供の前に出たことのない、極めて暴力的な児童性犯罪者が存在すると聞きました。"と彼女は言い、自分の子供がラブーカンの幼児被害者と同じ年頃であると付け加えました。
“I was told that there was an extremely violent child sex offender present who hadn’t been in the presence of a young child in a very long time,” she said, adding that her own child was around the same age as Laboucan’s infant victim.


"子供に対する犯罪の病的で残忍な性質を知らされた時、私はその人が私の子供に目をつけたこと、行ったことさえ後悔しました。"
“Once I was informed of the sick and brutal nature of the crime against the child, I regretted even going or letting that person set eyes on my child.”



ラブーカンは、この事件の後、母子寮の隣に収容され、その時点で行動がエスカレートしていったという。
Laboucan, she says, was housed next to the Mother-Child facility after this incident, at which point his behavior escalated.


"児童プログラムの周りに迫ったこれらの非難は、このトランス性犯罪者が女性受刑者を抱き上げて投げ、彼女が地面に倒れた後、暴行を続けるために突撃するという紛争に発展した "と関係者は説明した。"幸いにも看守が迎撃したが、このトランス受刑者性犯罪者の行為に立ち向かったことで反応を煽ったとして、女性受刑者を隔離した "とメイソンに語った。
“These accusations of looming around the child program resulted in a dispute in which this trans sex offender picked up and threw a female inmate and charged after her once she was on the ground to continue the assault,” the source explained. “Luckily, guards intercepted, but they segregated the female inmate for inciting a reaction for confronting this trans inmate sex offender for his actions,” she told Mason.


カナダの矯正局のデータによると、先住民の女性は女性刑務所患者のほぼ半分を占めています。一般市民と比較して、投獄された女性は身体的または性的虐待の履歴を持つ可能性が高く、精神衛生上の問題の発生率も高い。また、女性の犯罪者は、暴力犯罪で有罪判決を受ける可能性が男性よりもはるかに低いです。
Indigenous women make up nearly half the female prison population, according to data from Canada’s Correctional Service. Compared to the average citizen, incarcerated women are more likely to have a history of physical or sexual abuse, and have a higher incidence of mental health issues. Female offenders are also far less likely than men to be convicted for violent crimes.


2022年に矯正局が発表した報告書によると、カナダで性犯罪歴のある「性別が多様な」受刑者の82%が、トランスジェンダーを名乗る男性であったことが明らかになった。ほぼ全員が、トランスジェンダーであることを主張する前に犯罪を犯していた。圧倒的多数が、被害者に死や深刻な被害を与える犯罪を犯し、その半数以上が女性や子どもだった。

A report released by the Correctional Service in 2022 revealed that 82% of “gender diverse” prisoners in Canada who had a history of sexual offending were men who identified as transgender. Almost all had committed their crimes prior to claiming a transgender status. The overwhelming majority committed offenses that caused death or serious harm to their victims, over half of whom were women or children.



2017年6月、「性自認」というカテゴリーが、「法案C-16」という物議を醸す法案を通じてカナダの人権法に追加され、保護特性として位置づけられるようになった。カナダ政府は、この法案が承認される前に女性への影響を評価したと主張していますが、評価結果の詳細については公表を拒否しています。
In June of 2017, the category of “gender identity” was made a protected characteristic after it was added to the Canadian Human Rights Act via a controversial piece of legislation known as Bill C-16. The Canadian government claimed the bill had been assessed for its impact on women prior to approval, but has refused to release any details of the assessment’s findings.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2939-5f1dc993

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>