Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |インド: 10代の少年をレイプした罪で有罪判決を受けたトランスジェンダーの男性が女性刑務所に収監される。 reduxx 2023/2/16
fc2ブログ

Entries

インド: 10代の少年をレイプした罪で有罪判決を受けたトランスジェンダーの男性が女性刑務所に収監される。 reduxx 2023/2/16

En: (grammar)


インド: 10代の少年をレイプした罪で有罪判決を受けたトランスジェンダーの男性が女性刑務所に収監される。
INDIA: Trans-Identified Male Held In Women’s Prison After Being Convicted Of Raping Teen Boy
https://reduxx.info/india-trans-identified-male-held-in-womens-prison-after-being-convicted-of-raping-teen-boy/

reduxx 2023/2/16









インドの都市ティルヴァナンタプラムで2016年に起きた10代の少年のレイプ事件に関連して、「女性」を自認する男性に有罪判決が下されました。
A male who identifies as a “woman” has been convicted in relation to the 2016 rape of a teenage boy in the Indian city of Thiruvananthapuram.

2016年2月23日に事件が起きてから約7年、16歳の少年を強姦したサチュ・サムソン(34)が有罪になった。サムソンはケーララ州のファストトラック特別法廷から、この犯罪に対して7年の実刑判決と25,000ルピー(約300米ドル)の罰金を言い渡された。罰金は被害者に直接賠償金として支払われることになっており、サムソンは不履行の場合、さらに1年の禁固刑を科されるリスクがある。
Sachu Samson, 34, has been found guilty of raping a 16-year-old boy nearly seven years after the incident took place on February 23, 2016. Samson was handed a seven-year prison sentence and 25,000 Rupee (approx. $300 USD) fine for the crime by the Fast Track Special Court of Kerala. The fine is set to be paid as compensation directly to the victim, and Samson risks an additional year in prison if he defaults.

2月7日の審問で検察側は、レイプが駅の公衆トイレで行われたことを伝えた。被害者は、サムソンに脅され、無理やり閉所へ連れ込まれたと証言した。その後、少年は "不自然なセクハラ "と表現されるようなことをされた。サムソンは、この試練の間のある時点で少年の電話番号を入手し、レイプの後も何度も連絡を取り、2人が再び会うことを要求してきたという。
During a hearing on February 7, prosecution told the court that the rape had taken place in a public restroom at a train station. The victim testified that Samson had threatened him and forced him into the closed area. The boy was then subjected to what was described as “unnatural sexual harassment.” Samson obtained the boy’s phone number at some point during the ordeal and contacted him repeatedly following the rape, demanding that the two meet again.

「拷問するぞ」と脅されながら、被害者は家族にそのことを告げなかった。サムソンによる少年への嫌がらせが発覚したのは、ティーンエイジャーの母親が息子の奇妙な行動に気付き始めてからである。検察側は、母親が "子供が常に携帯電話でメッセージを送っていること、子供がしばしば恐怖を感じていることに気づいていた "と指摘した。
Under threat of “torture,” the victim did not inform his family of his ordeal. It was not until the teen’s mother began to notice her son acting strangely that Samson’s harassment of the boy was uncovered. The prosecution noted that the mother had “noticed that [her] child was constantly sending messages on the phone, and that the child was often afraid.”

加害者をブロックしようとした後も、サムソンはソーシャルメディアを通じて彼に接触する手段を探し続けました。やがて、少年の母親がサムソンが息子に送ったFacebookのメッセージを発見し、地元警察に被害届を提出しました。警察は母親と協力して「罠を仕掛ける」ことに成功し、母親はサムソンにメッセージを送り、再度会うことに同意し、逮捕に至ったのです。
Even after the teen attempted to block his assailant, Samson continued to find means of contacting him through social media. Eventually, the boy’s mother uncovered the Facebook messages Samson had sent to her son and contacted local police to file a report. Police worked with her successfully to “set a trap,” prompting the mother to message Samson and agree to another meeting, which led to his arrest.

サムソンの弁護側は、彼が現在 "Shefina "として知られ、"性別を肯定する医療処置 "を受けたと主張し、彼の「トランスジェンダー」としてのアイデンティティを利用して、彼の無実を主張しようとしたと伝えられていた。サムソンの "性別を肯定する医療介入 "を証明するものとして、診断書が使われた。
Samson’s legal defense had reportedly attempted to use his “transgender” identity to argue his innocence, claiming he was now known as “Shefina” and had undergone “gender affirming medical procedures.” A medical certificate was used as evidence of Samson’s “Gender Affirmative Medical Intervention.”

反対尋問で被害者は、サムソンの容姿や名前は現在変わっているが、暴行を加えたのはサムソンであり、"当時は男性であった "と述べた。
During cross-examination, the victim stated that while Samson’s appearance and name have now changed, he was still the one who assaulted him and had been “a male person at the time.”

証人に立ったある医師は、サムソンの「性自認」が未成年に対する性犯罪を犯すことができないと判断する証拠がないことを確認した。裁判所は、被害者と医師の供述を考慮し、サムソンが「ずっとトランス女性であった」ためレイプを犯すことはできなかったという弁護側の主張を退けました。
One doctor who stood as a witness confirmed that there was no evidence to suggest that Samson’s “gender identity” would have deemed him incapable of committing the sex crime against the minor. The court took the victim and doctor’s statements into consideration when rejecting the defense’s argument that Samson “had been a trans woman all along,” and couldn’t have committed the rape.

インドの法律ニュース「Bar and Bench」によると、サムソンは「トランスジェンダーの受刑者のための特別な刑務所」に移送されるまで女性刑務所に拘留されるとのことです。
Samson will be detained in a women’s prison until transferred to a “special jail for transgender convicts,” according to Indian legal news outlet, Bar and Bench.

ケーララ州の裁判所から、現在「シェフィーナ」と呼ばれているサムソンのために、「女性刑務所に拘留されている間、被告人の尊厳と名誉を守るために...」特別な手配をするよう、総合警察長官が指示されたのです。
The Director of General Police was told by the Kerala court to make special arrangements for Samson, now referred to as “Shefina,” to safeguard “the dignity and honor of the accused… while she [sic] is detained at the women’s prison.”

暴行事件が起きたケララ州は、インドで最も「トランスジェンダーに優しい」場所として知られている。
The region of Kerala, where the assault was committed, is known as being one of the most “transgender-friendly” places in India.

この事件を取り上げたインドのメディアは、レイプ犯を "女性 "あるいは "トランス女性 "と呼び、主に「she/her」の代名詞を利用している。
Indian media covering the case have largely utilized “she/her” pronouns to refer to the rapist, referring to him as a “woman” or “trans woman.”


独立系映画監督、作家、女性の権利活動家であるVaishnavi Sundarは、この不正確な報道に対し、Bar and Benchがジェンダーイデオロギーに「屈服」していると書き、「常に男性のことを女性の代名詞で呼びかける」ことに批判を向けました。
Vaishnavi Sundar, an independent filmmaker, writer, and women’s rights activist, responded to the inaccurate reporting and directed pointed criticism at Bar and Bench, writing that they were “capitulating” to gender ideology “by constantly addressing a male with female pronouns.”

サチュ・サムソンの有罪判決について、サンダルは、サムソンが女子刑務所に収容されている間、サムソンの「尊厳と名誉」を守るようにという裁判官の命令が、女性受刑者の同じ尊厳と名誉を無視することを意味することを指摘しました。スンダルは、女性受刑者が「一般の同年齢の女性に比べて、自殺で死亡したり自殺傾向に苦しんだりする確率が20倍も高い」ことを紹介しました。
Regarding the conviction of Sachu Samson, Sundar noted that the Judge’s order for the police to safeguard the “dignity and honor” of Samson while he is detained in a women’s prison meant disregarding female prisoners’ same dignity and honor. Sundar shared that female prisoners “are 20 times more likely to die by suicide and suffer with suicidal tendencies than women of the same age in the general population.”


スンダルは独立した活動に加え、女性や少女の性に基づく権利を守るためのボランティアによる世界的組織「女性宣言インターナショナル」のインド窓口も務めています。
In addition to her independent work, Sundar is also the Indian contact for Women’s Declaration International, a global organization of volunteers dedicated to defending women and girls’ sex-based rights.



2022年4月、スンダルは、デリー高等裁判所が、パスポートの性別表示を変更するための「自己同一性」条件を実施する命令を下したことを取材しました。この判決は、個人が異性として識別するために医療介入を必要としないこと、法的文書を変更することを公式に定めたものです。裁判所は、"移行を反映するための外科的処置を受けることに関して、不必要であり、個人の選択を侵害する "とした。
In April 2022, Sundar covered the Delhi High Court’s passing of an order to implement “self-identification” terms for changing sex markers on passports. The ruling officially decreed that no medical intervention would be required for an individual to identify as the opposite sex, or change their legal documents. The Court called it “unnecessary and violative of the choice of the individual with respect to undergoing a surgical procedure to reflect the transition.”

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2938-1c3dc9c9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>