Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |イェール大学経済学部教授が、急速な高齢化社会に対処するため、日本における高齢者の集団自殺と割腹を提案し、怒りを買っている。Daily Mail 2023/2/13
fc2ブログ

Entries

イェール大学経済学部教授が、急速な高齢化社会に対処するため、日本における高齢者の集団自殺と割腹を提案し、怒りを買っている。Daily Mail 2023/2/13

En: (grammar)


イェール大学経済学部教授が、急速な高齢化社会に対処するため、日本における高齢者の集団自殺と割腹を提案し、怒りを買っている。
Yale University economics professor sparks outrage by proposing mass suicide and disembowelment of elderly people in Japan to deal with the country's rapidly aging society
https://www.dailymail.co.uk/news/article-11743113/Yale-University-economics-professor-sparks-outrage-proposing-mass-suicide-Japan.html

Daily Mail 2023/2/13











エール大学の成田悠輔教授(経済学)は、2021年に提案された
Yusuke Narita, a professor of economics at Yale, made the suggestion in 2021

高齢者の集団自殺について「唯一の解決策ははっきりしている気がする」と発言
'I feel like the only solution is pretty clear,' he said of mass suicides of elderly

日本は高齢化と少子化が進んでいる
Japan has an aging population and declining birth rate

イェール大学教授が、急速に進む日本の高齢化に対処する唯一の方法は、集団自殺と割腹であると示唆し、怒りを買っている。
A Yale University professor has sparked outrage by suggesting the only way to deal with Japan's rapidly aging population is a mass suicide and disembowelment.

イェール大学の経済学助教授である成田裕介氏は、2021年にストリーミングニュース番組で発言した後、今週末のニューヨーク・タイムズのプロフィールで自身の見解を擁護した。
Yusuke Narita, an assistant professor of economics at Yale, defended his views in a New York Times profile this weekend after he made the remarks on a streaming news program in 2021.

唯一の解決策ははっきりしているような気がする』と、当時は言っていた。『結局、高齢者の集団自殺、集団 "切腹 "ではないでしょうか』
'I feel like the only solution is pretty clear,' he said at the time. 'In the end, isn't it mass suicide and mass 'seppuku' of the elderly?'

切腹は、19世紀の日本で、名誉を傷つけた武士に強制された切腹の儀式である。
Seppuku was a ritual disembowelment that was forced upon samurai who had brought dishonor to themselves in 19th century Japan.

成田氏はニューヨーク・タイムズ紙に対し、「文脈を無視された」と述べたが、将来的には安楽死が義務化される可能性もあると発言しており、彼の発言はそれにもかかわらず反発を招いたのである。
Narita told the New York Times he was 'taken out of context' but he has also said that euthanasia could become mandatory in the future, his comments forcing a backlash nonetheless.

そうすれば、ビジネスや政治など、上の世代が離れようとしない社会の中で、若い世代が活躍できるようになると主張しています。
He claims that this would allow younger generations to make their way in business, politics and other aspects of society that the older generation refuses to leave.

日本は少子化で、第一世界の中で最も公的債務が多い国である。女性一人当たりの出生数は1.34人で、米国の1.65人を下回っている。
Japan has a low birthrate and the most public debt in the first world. The country has 1.34 births per women, below the United States' 1.65.

昨年、日本では少子高齢化の進展により、人口が60万人以上減少しました。
Last year, Japan saw its population plunge by more than 600,000 due to declining fertility rates and a rapidly aging population.

総務省によると、同国の人口は11年連続で減少し、64万4,000人減となった。
The country's population dropped for the eleventh consecutive year and was down by 644,000, according to its Ministry of Internal Affairs and Communications.

死亡者数が出生者数を60万9千人上回り、転出者が転入者を3万5千人上回ったため、人口全体が減少した。
The overall population fell as deaths exceeded births by 609,000 and as people who moved out of the country outnumbered those who moved in by 35,000.

悠輔の発言は人々を怒らせただけでなく、視聴者を獲得し、彼のツイッターのフォロワーは569,000人を超えている。
Yasuke's comments not only made people angry, but won him a audience - he has over 569,000 Twitter followers.

日本のメディアにはカジュアルな服装で登場することが多く、まるでラジオでおなじみのショックジョックのようだ。ツイッターの経歴には「言ってはいけないと言われたことはたいてい本当だ」と謳われている。
He frequently shows up in Japanese media wearing casual clothing and presents himself much like a radio shock jock, his Twitter bio proclaiming: 'The things you're told you're not allowed to say are usually true.'

成田は今年初めの授業で自分の意見を守るよう求められ、カルト教団が年上の会員を崖から飛び降りさせるという2019年の映画『ミッドソマー』の映像を見せることでそれを実行しました。
Narita was asked to defend his views in a class earlier this year and did by showing a clip from the 2019 film Midsommar, in which a cult forces an older member to jump off a cliff.

「それが良いか悪いか、それはもっと難しい問題だ」と成田は言った。「だから、それが良いと思うのなら、そういう社会を作るために頑張ればいいのかもしれない。」
'Whether that's a good thing or not, that's a more difficult question to answer,' Narita said. 'So if you think that's good, then maybe you can work hard toward creating a society like that.'

彼の発言は、1月にソーシャルメディアが発見し、社会学者が「弱者への憎悪」と宣言したことで、改めて注目された。
His comments received renewed attention when social media discovered them in January, with a sociologist proclaiming them as 'hatred toward the vulnerable.'

成田氏はタイムズ紙に「主に日本での現象に関心がある。同じ大物が長年にわたって政治、伝統産業、メディア/エンターテイメント/ジャーナリズムの世界を支配し続けている」と語った。
Narita told the Times he was 'primarily concerned with the phenomenon in Japan, where the same tycoons continue to dominate the worlds of politics, traditional industries, and media/entertainment/journalism for many years.'

彼は、あの言い方は、古い世代が段階的に消えていかなければならないという比喩の意味だったと認め、それ以来、言葉を和らげている。
He allows that the way he said it was meant as a metaphor for how an older generation must be phased out and he has softened his language since.

「ネガティブな意味合いを持つ言葉であることに、もっと気をつけるべきでした」と成田は言う。自省して、昨年からこの言葉を使うのをやめました」。
'I should have been more careful about their potential negative connotations,' Narita said. 'After some self-reflection, I stopped using the words last year.'

しかし、彼だけでなく、この国の自民党の主要人物の一人が、老人は「早く死ね」と言い出したのだ。
He's not alone, however, as one of the major players in the country's Liberal Democratic Party has suggested old people need to 'hurry up and die.'

成田は、ソーシャルメディアやコメディ番組、エナジードリンクの広告、さらにはTikTokの印象派を通じてメッセージを発信しています。
Narita spreads his message on social media and in comedy shows, energy drink ads and even via TikTok impressionists.

日本では、国民が自発的な安楽死を支持しているという調査結果もあるほどです。
Surveys have even suggested that the public in Japan supports voluntary euthanasia.

成田は「立場を軟化させている」「文字通りに受け取られないように」と強調し続けるが、議論はこれからだ。
Narita continues to emphasize that he's softening his position and not to be taken literally, but the discussion is coming.

「私は導入を提唱しているわけではありません。もっと広く議論されると予測している。」
'I am not advocating its introduction,' he said. 'I predict it to be more broadly discussed.'






スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2937-6f3dabc0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
35位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>