Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |英国より多い医者、しかしフランスの医療も危機的状況 BBC 2023/1/11
fc2ブログ

Entries

英国より多い医者、しかしフランスの医療も危機的状況 BBC 2023/1/11

En: (grammar)


英国より多い医者、しかしフランスの医療も危機的状況
More medics than UK, but French healthcare in crisis too
https://www.msn.com/en-us/health/other/more-medics-than-uk-but-french-healthcare-in-crisis-too/ar-AA16cAXH?item=personalization_enabled:false

BBC 2023/1/11





英国の医療制度は、スタッフ不足とベッド不足の重圧で腰が引けている。一方、フランスでは、医師の数は増え、看護師の数も増えていますが、医療制度は依然として危機的な状況にあります。
The UK's health system is buckling under the weight of staff shortages and a lack of beds. In France, meanwhile, there are more doctors and many more nurses, yet its healthcare system is still in crisis.

マクロン大統領は、医療サービスにおける「終わりなき危機感」を打破するために、病院の資金調達方法を変更し、医師を時間のかかる管理から解放することを約束した。
President Emmanuel Macron has promised to change the way its hospitals are funded, and to free doctors from time-consuming administration, in a bid to break what he called a "sense of endless crisis" in its health service.

ここ数年、医療過疎地の開業医に5万ユーロ(4万4000ポンド)の契約ボーナスを出したり、フランスの医学生数の上限を撤廃するなど、目を引く施策が相次いだが、医療の格差を埋めるには至っていない。
A series of eye-catching measures over the past few years - such as signing-up bonuses of €50,000 (£44,000) for GPs in under-served areas, and ending a cap on the number of medical students in France - have failed to plug healthcare gaps.

病院と開業医の両方にとって、この冬の病気は3重苦となり、医療関係者は今月を「ブラック・ジャニュアリー」と呼んでいる。
The pressure on both hospitals and GPs has continued to mount with a triple-whammy of winter illnesses, leading medical staff to nickname this month "Black January".

何年も続いたコヴィッドの後、インフレの影響で、多くの人が慢性的なスタッフ不足と要求の増大が彼らの仕事を不可能にし、フランスの医療システムを脅かしていると言っています。
After years of Covid, and with inflation biting, many say chronic staff shortages and increasing demands are making their work impossible and threatening the French health system.

病院によっては、職員の9割までが「病欠抗議」をしている状況も報告されています。
Some hospitals are reporting up to 90% of their staff on "sick leave protest" at the conditions.

また、フランスで2番目に大きい医療労組は、フランスの開業医による2週間のストライキに続いて、今週「無制限のウォークアウト」を呼びかけている。
And France's second-largest health union has called an "unlimited walkout" this week, following a fortnight of strikes by French GPs.

医学部を卒業して8年目のジュリア・ヴェンチュリーニは、先週パリで開かれた開業医の集会に参加しました。
Julia Venturini, eight years into her medical degree, joined a rally of GPs in Paris last week.

「開業医になる」という選択をしたのは私ですが、今は自分の将来について多くの疑問があります。と彼女は私に語る。
"I made this choice [to be a GP] but now I have a lot of questions about my future," she tells me.

「私たちは皆、同じ船に乗っていて、その船は今やタイタニック号のようなものです。救急隊が倒れ、開業医が倒れ、病院が倒れる。フランスの医療制度は本当に崩壊している。"
"We're all in the same boat, and the boat is now like the Titanic. When the emergency services go down, the GPs go down, and the hospitals go down - the health system in France is really cracking."

ジュリアは、自分や多くの同級生が、このまま仕事を辞めてしまうか、海外で仕事をしてみるか、考えているという。
Julia says she and many of her classmates are considering whether to quit the profession entirely, or to try to work abroad.

"将来の医師として不安だが、患者としても不安だ "と彼女は語る。
"I'm worried as a future doctor, but I'm worried as a patient too," she says.

私は彼女に、フランスとイギリスのどちらの患者でいたいかと尋ねた。
I ask her whether she would rather be a patient in France or in the UK.

「10年前なら、フランスと言ったかもしれませんね。でも、今のフランスはとても複雑で、イギリスにお金があれば介護を受けることができます。だから、イギリスでお金持ちになって、良いケアを受ける方がいいと思うんです。」
"Ten years ago, I'd have said France," she replies. "But now in France, it's so complicated, and if you have money in the UK, you can get care. So, I think I'd rather be rich in the UK, and have good care [there]."

フランスの医療危機の原因は複雑ですが、医療従事者の不足に加え、高齢化という長期的なプレッシャーが、コヴィッドの大流行によってはっきりと浮き彫りにされました。
The causes of France's healthcare crisis are complex, but the long-term pressure of an aging population alongside a shortage of medical staff was brought starkly into focus by the Covid pandemic.

フランスは人口あたりの医師数がイギリスより多く、看護師数も多い。
France has more doctors per head of population than the UK, and many more nurses.

しかし、世界保健機関(WHO)によると、フランスの医師の半数近くが55歳以上で定年を迎えています。イギリスでは、この数字は約15%です。
But according to the World Health Organization, almost half of French doctors are above the age of 55 and approaching retirement. In the UK, that figure is around 15%.

若い医療従事者の多くは、専門的かつ経済的なプレッシャーから敬遠しており、Covidによって疲弊した労働力にも負担がかかっている。
Many younger medics are put off by the growing professional and financial pressures, which are also taking their toll on a workforce exhausted by Covid.

ポーリン・デュバールは、緊張に打ちひしがれているスタッフを助けるために設立された医療ヘルプラインで働いている。彼女によると、コヴィッドの大流行が始まって以来、問い合わせは3倍以上に増えたという。
Pauline Dubar works for a medical helpline, set up to help staff cracking under the strain. She says calls have more than tripled since the Covid pandemic began.

「コヴィッドの開始当初は、人々は未知のものに恐怖を感じ、その後、倦怠感が襲ってきました」と彼女は言います。そして今、私たちは、「自殺する」という電話に対して、定期的に救急隊に警告を発するという、非常に心配な段階にあります。
"At the start [of Covid], people were afraid of the unknown, then a weariness set in," she says. "And today we are in a very worrying phase where we regularly alert emergency services for people who call saying they are going to commit suicide."

全国看護師協会は、政府が病院職員の給与に年間120億ユーロ(約105億円)を追加で割り当てているにもかかわらず、働く看護師の40%が離職を希望していると推定している。
The National Order of Nurses estimates that 40% of working nurses want to leave the profession, despite the government allocating an extra €12bn (£10.5bn) a year for hospital workers' salaries.

関連動画 フランスの労働者がストライキを行い、定年退職年齢の引き上げ計画に抗議(カバービデオ)
Related video: French Workers Strike and Protest Against Plans to Raise Retirement Age (Cover Video)

「給料は以前より少し高くなった」とポーリンは言う。「でも、まともな給料のためには、夜も週末も働かなければならず、結局、長期的には人を疲弊させることになるんです」。
"The salaries are a little higher than before," Pauline tells me. "But for a decent salary, you have to work nights and weekends, and that ends up exhausting people in the long term."

ポーリーンは、インフレで賃金が下がっている今、このような時間帯に働こうとする人は少なく、人手不足でストレスの多いシフトになり、悪循環に陥っていると言います。
Pauline says fewer people are willing to work those kinds of hours now, especially when inflation is cutting into wages, and staff shortages mean more stressful shifts - a vicious cycle.

彼女は、夜間看護師として、自ら30人の患者を担当することになったことを語っている。そして、集中治療室以外での最低限の人員配置がされていないことが、患者やスタッフを危険にさらしていると言います。
She describes being put in charge of 30 patients herself, as an overnight nurse. And says the lack of minimum staffing numbers outside intensive care units is putting patients and staff in danger.

マクロン大統領は、病院の資金調達方法を変更することを約束し、職員へのプレッシャーを軽減することを目的としています。
President Macron's promise to change the way hospitals are funded is designed to ease some of the pressure on staff.

フランスの病院は、イギリスと同様、実施した手術に応じて一部資金が提供されるため、できるだけ多くの高給手術を実施するインセンティブが働きます。
Like in the UK, French hospitals are partly funded according to the procedures they carry out, creating an incentive to carry out as many high-paying procedures as possible.

マクロン大統領は、共同で合意した健康目標に基づく資金提供モデルに移行したいと述べていますが、それがどのように機能するかはまだ明らかではありません。
Mr Macron says he wants to shift to a funding model based on jointly agreed health objectives, though it's not clear yet exactly how that would work.

そして、それはGPが抱える問題を解決するものではありません。
And it doesn't solve the problems faced by GPs.

「私は週に60時間働いています」と、先週ストライキに参加したトゥールーズの開業医、パトリシア・ランコ=サン=ギュイリーは言う。「もっと働かなければ、生きていけない。私たちは動揺し、疲れています。52歳なので、転職したいんです」。
"I work 60 hours a week," says Patricia Lanco-Saint-Guily, a GP in Toulouse who was out on strike last week. "If I worked less, I couldn't live. We are upset and tired. I'm 52 years old, and I want to change job."

フランスでは、大多数の開業医が個人で開業しており、1回の診察の70%がフランス国から患者に償還される仕組みになっています。
The vast majority of GPs in France operate as individual private practices, with 70% of each consultation reimbursed to patients by the French state.

開業医は診察料を25ユーロから50ユーロに倍増することを望んでいる。政府は値上げを検討する意向を示しているが、これほど大きな値上げはない。
GPs want a doubling of the consultation fee from €25 to €50. The government has said it is willing to look at an increase, but not one this big.

開業医の中には、この仕事から離れ、クリニックや病院での稀少な給与所得者の地位を求めている者もいる。そこでは、終わりのない事務処理から解放され、限られた時間しか働けないため、深夜や週末の予約に対応できる開業医の数はさらに減少している。
Some GPs are drifting away from the profession, or looking for the rarer, salaried positions in clinics or hospitals, where they are freed from endless paperwork and work limited hours - further reducing the number of GPs available for late night and weekend appointments.

マクロン大統領は、開業医の診察時間を増やすために、医療助手を増員し、一部の業務を薬剤師や看護師に任せることを約束しています。
President Macron has promised to recruit more medical assistants, and delegate some tasks to pharmacists and nurses, in order to free up more consultation time for GPs.

しかし、これはフランスの最大の医療問題の一つである、地方や郊外の広大な地域が「医療砂漠」と呼ばれ、医者にかかることが全くできないという問題に直接取り組むものではありません。
But none of this will directly tackle one of the country's biggest healthcare problems: large swathes of rural and suburban France known as "medical deserts", without access to a doctor at all.

フランス政府は、最もサービスが行き届いていない地域に5年間勤務するGPに5万ユーロの契約ボーナスを出すという手段に打って出た。
The French government has resorted to offering €50,000 signing-up bonuses for GPs who commit to the most under-served areas for five years.

そして、国会では新しい法律が可決され、すべての医学部4年生がいわゆる医療砂漠で1年間のインターンをすることが義務づけられたばかりである
And the National Assembly has just passed a new law, requiring all fourth-year medical students to complete a year's internship in a so-called medical desert.

しかし、自暴自棄になった地方自治体の中には、独自の解決策を選択するところもある。
But some desperate local authorities are opting for their own solutions.

リヨンから車で2時間のところにあるオリエルグ村への道は、マシフ・サントラルの麓を通り、小さなシャトーが見下ろす、古い石造りの家々が並ぶ絵のように美しい盆地へと続いています。
The road into the village of Olliergues, two hours' drive outside Lyon, winds through the foothills of the Massif Central to a picturesque basin of old stone houses, overlooked by a small château.

古い石垣に映える鮮やかなブルーの大きな垂れ幕が、村に入る人たちを迎えている。
A large banner, bright blue against the old stone walls, greets all entrants to the village: advertising vacancies for GPs to work at the new clinic here.

"2018年からGPがいない "と、アルノー・プロヴァンシェール市長は教えてくれた。"私たちは1人を募集しようとしましたが、単に候補者が集まらなかったのです。誰も来たがらないのです。GPは一人でここに来て、需要に没頭することを恐れているのです。"
"We haven't had a GP since 2018," Mayor Arnaud Provenchère tells me. "We tried recruiting one, but we simply didn't get any candidates. No-one wanted to come. GPs are afraid of arriving here alone and being submerged by the demand."

大多数の開業医がそうであるように、診察ごとに働く開業医は、インフレの高まりとペーパーワークの増加により、非常に長い時間働かざるを得ないと述べています。医療砂漠の中で、このようなプレッシャーは、急性期の需要、非常に少ない医療支援、限られた公共サービスとともに存在する。
GPs working on a per-consultation basis, as the majority do, say rising inflation and growing paperwork forces them to work very long hours. In a medical desert, those pressures exist alongside acute demand, very little medical support, and limited public services.

この状況に業を煮やしたプロヴァンシュエール市長は、開業医に自治体との契約を結び、勤務時間、給与、医療アシスタントをつけることで問題を解決することにした。
Fed up with the situation, Mayor Provenchère decided to solve the problem by offering GPs a local government contract, with set working hours, a regular salary and a medical assistant.

年間4万ユーロの財政に穴を開けてしまったのです。そして、それが功を奏した。セリーヌ・プルーは先週からここで仕事を始めている。
It's put a €40,000-a-year hole in the local finances. And it worked: Céline Preux began work here last week.

"本当に心を動かされる任命がいくつかありました。「甲状腺の治療をずっと前にやめてしまった人、急性心筋梗塞の危険がある人など、ほとんど危険な状態にある人たちです。甲状腺の治療をずっと前にやめてしまった人、急性心筋梗塞の危険がある人など、ほとんど危険な状態にある人たちです。
"There were some appointments that really moved me," she says. "Fragile people, in situations they should not be in. Some are almost in danger: they stopped their thyroid treatment a long time ago, or they're at risk of acute cardiac events, because they're not well cared for."

セリーヌは週に2日、病院に勤務しており、そこの救急部で医療砂漠から溢れた人々を定期的に見ているという。
Céline works two days a week at a hospital and says she regularly sees the overflow from medical deserts in the emergency department there.

"GPがいないために来院する患者を見かけます。安定した治療を受けられるはずなのに、何日も、時には何週間も入院している患者さんたちです。
"We see patients come in because they don't have a GP. These are patients that are hospitalised for many days, sometimes weeks, when they could have had a stabilising treatment."

Guillaume Garotは、社会党の議員として、医療砂漠の問題に取り組むための党派を超えた法案を主導しています。
Guillaume Garot is a Socialist MP leading a cross-party bill to tackle the problem of medical deserts.

「800万人のフランス人が医療砂漠に住んでいて、600万人が主治医を持っていないんだ。「私の住むマイエンヌ県では予約を取るのに平均6カ月かかりますが、パリでは2時間です」。
"Eight million French people live in a medical desert, and six million don't have an attending doctor," he says. "It takes six months, on average, to find an appointment in my department of Mayenne; in Paris it takes two hours."

短期的な解決策としては、政府が新しい医師が開業できる場所を管理し、まだカバーされていない地域に向かわせることだと彼は考えている。
The short-term solution, he believes, is for the government to control where new doctors can practice - channelling them towards areas that aren't already covered.

「しかし、本当の解決策は、労働者階級出身や地方出身の若い世代が医師になることを認めることです」と彼は言う。"なぜなら、これらのテリトリーで育った彼らは、そこで診療に戻ることが難しくなくなるからです。"
"[But] the real solution is allowing a generation of young people from working-class backgrounds and rural areas to become doctors," he says. "Because having grown up in these territories, they will have less difficulty in returning to practice there."

マクロン大統領は、現在フランスに住む60万人の慢性疾患患者が、今年末までに医師と、あるいは治療チームと接触できるようにすると約束しました
President Macron has promised that 600,000 chronically-ill patients currently living in France without a doctor will have access to one - or to a treatment team - by the end of this year.

しかし、病棟やオリエルのような場所から医療従事者がいなくなることは、フランスで最も差し迫った健康問題であり、これを解決するのは容易ではない。
But the loss of medics, whether from hospital wards or places like Olliergues, is France's most pressing health problem, and it won't be easy to cure.



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2931-1c20ac8f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>