Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ウクライナ人作家でウィキペディアンのヴォロディミル・ヴァクレンコ氏、ロシア連邦のウクライナ侵攻により殺害される Diff 2022/12/5
fc2ブログ

Entries

ウクライナ人作家でウィキペディアンのヴォロディミル・ヴァクレンコ氏、ロシア連邦のウクライナ侵攻により殺害される Diff 2022/12/5

En:(grammar)



ウクライナ人作家でウィキペディアンのヴォロディミル・ヴァクレンコ氏、ロシア連邦のウクライナ侵攻により殺害される
Ukrainian writer and Wikipedian Volodymyr Vakulenko killed by Russian Federation’s invasion of Ukraine
https://diff.wikimedia.org/2022/12/05/ukrainian-writer-and-wikipedian-volodymyr-vakulenko-killed-by-russian-invaders/

Diff 2022/12/5










今週初め、ウクライナの作家、活動家、そして長期にわたるウィキペディアのボランティアであるヴォロディミル・ヴァクレンコが、ロシア軍によるウクライナ侵攻の際に殺害されたとの確認が入りました。
Early this week, we received confirmation that Ukrainian writer, activist and long-term Wikipedia volunteer Volodymyr Vakulenko had been killed by the Russian army during its invasion of Ukraine.


ヴォロディミル・ヴァクレンコは、ウクライナの著名な作家、ジャーナリスト、通訳者、詩人である。13冊の本を出版し、複数の文学賞を受賞している。彼はいくつかの文学アンソロジーを編集・出版し、ウクライナ全土で数多くの文学・芸術イベントを開催した。
Volodymyr Vakulenko was a prominent Ukrainian writer, journalist, interpreter, and poet. He is an author of 13 published books and has received multiple literary awards. He edited and published several literary anthologies, and he organized numerous literary and artistic events across Ukraine.

ヴォロディミルは活動やボランティア活動にも参加していた。2014年にウクライナで行われた「尊厳の革命」抗議デモに参加し、そこで負傷した。
Volodymyr had also been involved in activism and volunteer work. He participated in the 2014 Revolution of Dignity protests in Ukraine and was wounded there.

ヴォロディミルはウクライナのウィキペディアに約100の記事を作成し、2010年以降、約4000の編集に貢献しました。記事の主題として特に硬貨と郵便マークに興味を持ちました。
Volodymyr created around 100 articles on Ukrainian Wikipedia and contributed with almost 4,000 edits since 2010; he was especially interested in coins and postal marks as subjects of his articles.

彼の貢献により、ウィキペディアの読者はアゼルバイジャンの中世のコイン、メキシコの歴史、ウクライナの詩人、その他多くのトピックについて学ぶことができます。彼が作成した記事は、15万回以上閲覧されています。
Thanks to his contributions, Wikipedia readers can learn about the medieval coins of Azerbaijan, history of Mexico, or a Ukrainian poet, and many more topics. The articles he had created have been viewed more than 150 000 times.


ロシア軍がヴォロディミルの住むウクライナ北東部ハリコフ地方のカピトリフカ村を占領したとき、ヴォロディミルは村を離れることを拒否し、村の弱者の世話をし続けたのです。
When the Russian Army occupied Volodymyr’s village of Kapytolivka in the Kharkiv region in northeastern Ukraine, Volodymyr refused to leave – and continued to care for the vulnerable in his village.


彼は3月初旬に幼い息子と一緒にロシア軍に誘拐された。息子はその後解放され、現在は無事だが、ヴォロディミール本人は9月にウクライナ軍がハリコフ地方を解放した後も見つかっていない。
He was kidnapped by the Russian Army in early March together with his young son. His son was later released and is now safe, but Volodymyr himself couldn’t be found, even after Ukraine’s Armed Forces liberated the Kharkiv region in September.


親族や友人たちはヴォロディミルが殺されたのではと心配していたが、11月28日(月)になってDNA検査で死亡が確認されたのである。
While his relatives and friends feared Volodymyr had been killed, it was only on Monday, November 28th that DNA tests confirmed his death.

ヴォロディミルは当時50歳くらいで、7歳の息子ヴィタリイと両親に囲まれている
Volodymyr, aged around 50 at the time of his death, is survived by his 7-year-old son Vitalii and his parents.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2882-7562c28b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
27位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>