Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |イーロン・マスクCEO、Twitter社内文書を暴露。バイデンの息子の汚職を隠していた実態が発覚 2022/12/3
fc2ブログ

Entries

イーロン・マスクCEO、Twitter社内文書を暴露。バイデンの息子の汚職を隠していた実態が発覚 2022/12/3

En:(grammar)


イーロン・マスクCEO、Twitter社内文書を暴露。バイデンの息子の汚職を隠していた実態が発覚
2022/12/3











1. スレッド ツイッターファイル
1. Thread: THE TWITTER FILES

2. これからお読みいただくのは、Twitter社の関係者が入手した数千の内部文書に基づく、シリーズの第1回目です。
2. What you’re about to read is the first installment in a series, based upon thousands of internal documents obtained by sources at Twitter.

3. 「ツイッターファイル」は、世界最大かつ最も影響力のあるソーシャルメディアプラットフォームの内部からの驚くべき物語を語っています。これは、フランケンシュタインのように、人間が作った仕組が設計者の手から離れ、成長していく物語である。
3. The “Twitter Files” tell an incredible story from inside one of the world’s largest and most influential social media platforms. It is a Frankensteinian tale of a human-built mechanism grown out the control of its designer.

4. Twitterは、その構想からして、瞬時のマスコミュニケーションを可能にする素晴らしいツールであり、真の意味でのリアルタイムのグローバルな会話を初めて可能にしたのである。
4. Twitter in its conception was a brilliant tool for enabling instant mass communication, making a true real-time global conversation possible for the first time.

5. 初期の構想では、Twitterはそのミッション・ステートメントに十分応え、人々に「障壁なく、瞬時にアイデアや情報を創造し、共有する力」を与えていた。
5. In an early conception, Twitter more than lived up to its mission statement, giving people “the power to create and share ideas and information instantly, without barriers.”

6. しかし、時代が進むにつれて、Twitterは徐々に障壁を追加することを余儀なくされた。言論統制のための最初のツールのいくつかは、スパムや金融詐欺師と戦うために設計されたものであった。
6. As time progressed, however, the company was slowly forced to add those barriers. Some of the first tools for controlling speech were designed to combat the likes of spam and financial fraudsters.

7. Twitterのスタッフや幹部は、徐々に、これらのツールの用途を見出すようになった。最初は少し、次に頻繁に、そして常に、外部の人間も同様に言論を操作するよう会社に要求し始めた。
7. Slowly, over time, Twitter staff and executives began to find more and more uses for these tools. Outsiders began petitioning the company to manipulate speech as well: first a little, then more often, then constantly.

8. 2020年までには、関係者からのツイート削除依頼は日常茶飯事となった。ある幹部は、別の幹部にこう書き送った。 「バイデンのチームからもっと見直すように」。すると返信が来る。「処理した」と。
8. By 2020, requests from connected actors to delete tweets were routine. One executive would write to another: “More to review from the Biden team.” The reply would come back: “Handled.”

9. 有名人も無名人も、政党の意向で排除されたり、見直されたりする可能性がある。
9. Celebrities and unknowns alike could be removed or reviewed at the behest of a political party:

10.両党とも、これらのツールにアクセスできた。例えば、2020年には、トランプ・ホワイトハウスとバイデン陣営の両方からの要請があり、それに応えた。しかし・・
10.Both parties had access to these tools. For instance, in 2020, requests from both the Trump White House and the Biden campaign were received and honored. However:

11. ・・・このシステムはバランスが取れていなかった。それはコンタクトに基づいていた。Twitterは圧倒的に一つの政治的志向を持つ人々によって運営されていたため、右派よりも左派(まあ、民主党)の方がより多くのチャンネル、より多くの文句を言う方法が開かれていた。
11. This system wasn't balanced. It was based on contacts. Because Twitter was and is overwhelmingly staffed by people of one political orientation, there were more channels, more ways to complain, open to the left (well, Democrats) than the right.

12. その結果、コンテンツモデレーションの決定に傾斜が生じたことは、これからお読みいただく文書に表れています。しかし、それは複数の現・元高級幹部の評価でもある。
12. The resulting slant in content moderation decisions is visible in the documents you’re about to read. However, it’s also the assessment of multiple current and former high-level executives.


さて、このプロセスについて、もっと喉が渇くような話があったのですが、もういいや、前に飛び出そう。
Okay, there was more throat-clearing about the process, but screw it, let's jump forward

16. Twitterファイル、パート1:TwitterがHunter Bidenのラップトップストーリーをブロックした方法と理由
16. The Twitter Files, Part One: How and Why Twitter Blocked the Hunter Biden Laptop Story

17. 2020年10月14日、ニューヨーク・ポスト紙は、ハンター・バイデンが放棄したノートパソコンの中身を基にした暴露記事「BIDEN SECRET EMAILS」を発表した。
17. On October 14, 2020, the New York Post published BIDEN SECRET EMAILS, an expose based on the contents of Hunter Biden’s abandoned laptop:

18. Twitterはこの記事を弾圧するため、リンクを削除し「危険」であるとの警告を掲載するという異常な手段をとった。さらに、児童ポルノなどの極端なケースにのみ使用されるダイレクトメッセージによる送信をブロックした。
18. Twitter took extraordinary steps to suppress the story, removing links and posting warnings that it may be “unsafe.” They even blocked its transmission via direct message, a tool hitherto reserved for extreme cases, e.g. child pornography.

19. ホワイトハウスの広報担当者Kaleigh McEnanyは、この記事についてツイートしたためにアカウントからロックアウトされ、トランプ陣営のスタッフMike Hahnからの激怒の手紙が届き、彼は憤慨した。「せめてあと20日くらいは気にするフリをしてくれ」。
19. White House spokeswoman Kaleigh McEnany was locked out of her account for tweeting about the story, prompting a furious letter from Trump campaign staffer Mike Hahn, who seethed: “At least pretend to care for the next 20 days.”

20.この為、公共政策担当役員のキャロライン・ストームは、丁寧なWTF問い合わせを出した。複数の社員が、モデレーションをほとんど/ほとんどコントロールできない通信/政策チームと、安全/信頼チームの間に緊張関係があると指摘した。
20.This led public policy executive Caroline Strom to send out a polite WTF query. Several employees noted that there was tension between the comms/policy teams, who had little/less control over moderation, and the safety/trust teams:

21. Stromのメモには、ラップトップの記事は会社の「ハッキングされた資料」ポリシーに違反するとして削除されたという答えが返って来た。
21. Strom’s note returned the answer that the laptop story had been removed for violation of the company’s “hacked materials” policy:

22. この夏、連邦警察から外国からのハッキングの可能性に関する「一般的な」警告を聞いたと複数の関係者が証言していますが、私が見た限りでは、ラップトップの記事に政府が関与していた証拠はありません。実際、それが問題だったのかもしれません...。
22. Although several sources recalled hearing about a “general” warning from federal law enforcement that summer about possible foreign hacks, there’s no evidence - that I've seen - of any government involvement in the laptop story. In fact, that might have been the problem...

23. この決定は会社の最高レベルで行われたが、CEOのジャック・ドーシーが知らないところで、法務・政策・信頼の元責任者ビジャヤ・ガッデが重要な役割を担っていたのである。
23. The decision was made at the highest levels of the company, but without the knowledge of CEO Jack Dorsey, with former head of legal, policy and trust Vijaya Gadde playing a key role.

24. 「彼らはただフリーランスでやっていた」というのが、ある元社員によるこの決定の特徴だ。「ハッキング」は言い訳だったが、数時間のうちに、かなりの人がそれが通用しないことに気づいた。しかし、誰もそれを覆す勇気がなかった。
24. “They just freelanced it,” is how one former employee characterized the decision. “Hacking was the excuse, but within a few hours, pretty much everyone realized that wasn’t going to hold. But no one had the guts to reverse it.”


25.ガッデと前信託安全部長のヨエル・ロスを含む以下の長いやりとりに、混乱が見て取れる。通信関係者のトレントン・ケネディは「私は、これを安全でないとマークする政策的根拠を理解するのに苦労している」と書いている。
25.You can see the confusion in the following lengthy exchange, which ends up including Gadde and former Trust and safety chief Yoel Roth. Comms official Trenton Kennedy writes, “I'm struggling to understand the policy basis for marking this as unsafe”:

26. この時点で「誰もがこれがめちゃくちゃなことだと分かっていた」とある元従業員は語っていますが、その対応は基本的に「間違いを続ける側に回る事」でした。
26. By this point “everyone knew this was fucked,” said one former employee, but the response was essentially to err on the side of… continuing to err.

27. 元グローバルコミュニケーション担当副社長ブランドン・ボーマンは「これがポリシーの一部であると正直に主張してもいいのだろうか?」
27. Former VP of Global Comms Brandon Borrman asks, “Can we truthfully claim that this is part of the policy?


28. これに対して、元副法務官のジム・ベーカーは「慎重な対応が必要だ」として、再び不参加を勧めている様だ。
28. To which former Deputy General Counsel Jim Baker again seems to advise staying the non-course, because “caution is warranted”:

29. テック企業とコンテンツモデレーションの根本的な問題:スピーチ担当者の多くがスピーチについてほとんど知らない/気にしていないため、部外者から基本的なことを教えてもらわなければならない。つまり・・・
29. A fundamental problem with tech companies and content moderation: many people in charge of speech know/care little about speech, and have to be told the basics by outsiders. To wit:

30. ・・・初日のユーモラスなやりとりでは、民主党のRo Khanna下院議員がGadde氏に接触し、電話で「スピーチに対する反発」について話すように優しく勧めています。Khannaは、私がファイルの中で見つけた、懸念を表明した唯一の民主党関係者であった。
30. In one humorous exchange on day 1, Democratic congressman Ro Khanna reaches out to Gadde to gently suggest she hop on the phone to talk about the “backlash re speech.” Khanna was the only Democratic official I could find in the files who expressed concern.

31.Gaddeはすぐに返信し、すぐにTwitterのポリシーに飛び込み、Khannaが権利章典についてもっと心配していることに気づかない。
31. Gadde replies quickly, immediately diving into the weeds of Twitter policy, unaware Khanna is more worried about the Bill of Rights:


32.Khannaは話を憲法修正第1条に戻そうとするが、この件への言及は資料の中で見つけるのが難しい。
32.Khanna tries to reroute the conversation to the First Amendment, mention of which is generally hard to find in the files:

33.その日のうちに、公共政策の責任者Lauren Culbertsonは、調査会社NetChoiceのCarl Szaboから「下院司法委員会からJudy Chu議員の事務所まで」12名の議員(共和党9名、民主党3名)に調査をした、恐ろしい手紙と報告書を受け取る。
33.Within a day, head of Public Policy Lauren Culbertson receives a ghastly letter/report from Carl Szabo of the research firm NetChoice, which had already polled 12 members of congress – 9 Rs and 3 Democrats, from “the House Judiciary Committee to Rep. Judy Chu’s office.”



34.NetChoiceはTwitterに、今後の議会公聴会で「血の海」が待っていることを知らせ、メンバーはそれが「転換点」であると言い、ハイテクが「自分たちで規制もできないほど大きくなり、政府が介入する必要があるかもしれない」と不満を述べています。
34.NetChoice lets Twitter know a “blood bath” awaits in upcoming Hill hearings, with members saying it's a "tipping point," complaining tech has “grown so big that they can’t even regulate themselves, so government may need to intervene.”

35.SzaboはTwitterに、一部の議会関係者がラップトップの話を「アクセスハリウッドの瞬間」と特徴づけていると報告しています。
35.Szabo reports to Twitter that some Hill figures are characterizing the laptop story as “tech’s Access Hollywood moment”:

36.ツイッターファイルは続けた。「憲法修正第一条は絶対ではない」。Szaboの手紙には、民主党議員の姿勢を伝える冷ややかな一節がある。彼らは「もっと」節度を求めており、権利章典に関しては「絶対的なものではない」のだ。
36.Twitter files continued:
"THE FIRST AMENDMENT ISN’T ABSOLUTE”
Szabo’s letter contains chilling passages relaying Democratic lawmakers’ attitudes. They want “more” moderation, and as for the Bill of Rights, it's "not absolute"

Twitter/ハンター・バイデンのラップトップ事件の驚くべき小ネタは、CEOのジャック・ドーシーの知らないところでどれだけのことが行われていたか、そしてドーシーが飛び込んだ後でも(ある元従業員が言うように)状況が「クソ化」するまでにどれだけの時間がかかったかということです。
An amazing subplot of the Twitter/Hunter Biden laptop affair was how much was done without the knowledge of CEO Jack Dorsey, and how long it took for the situation to get "unfucked" (as one ex-employee put it) even after Dorsey jumped in.

ドーシーのファイルには、政治的スペクトラムにまたがるアカウントに対して、停止やその他のモデレーションアクションに疑問を呈するために介入した複数の事例がある。
There are multiple instances in the files of Dorsey intervening to question suspensions and other moderation actions, for accounts across the political spectrum

「ハッキングされた資料」という判決の問題点は、通常ハッキングがあったという公式・法執行機関の認定が必要なことだと複数の関係者は述べている。しかし、ある幹部は、24時間体制で会社全体を巻き込んだ「旋風」と表現しているが、そのような認定が出ることはなかった。
The problem with the "hacked materials" ruling, several sources said, was that this normally required an official/law enforcement finding of a hack. But such a finding never appears throughout what one executive describes as a "whirlwind" 24-hour, company-wide mess.

私にとっても、あっという間の96時間でした。シャドーバニング、ブースティング、フォロワー数、様々な個人アカウントの運命などの問題に関する質問への回答を含め、まだまだ多くのことが待ち受けています。これらの問題は、政治的な右派に限ったことではありません。
It's been a whirlwind 96 hours for me, too. There is much more to come, including answers to questions about issues like shadow-banning, boosting, follower counts, the fate of various individual accounts, and more. These issues are not limited to the political right.


皆さん、おやすみなさい。この数日、電話を取ってくれた人たちに感謝します。
Good night, everyone. Thanks to all those who picked up the phone in the last few days.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2880-677b8f4e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>