Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |Shein:使い捨てファストファッションの容認できない一面 The Guardian 2022/4/10
fc2ブログ

Entries

Shein:使い捨てファストファッションの容認できない一面 The Guardian 2022/4/10

En:(grammar)


Shein:使い捨てファストファッションの容認できない一面
Shein: the unacceptable face of throwaway fast fashion

The Guardian 2022/4/10
https://www.theguardian.com/fashion/2022/apr/10/shein-the-unacceptable-face-of-throwaway-fast-fashion













衣料品大手は「テスト&リピート」モデルで利益を上げているが、そのために安価な製品を生産する人々、そして地球にどれだけの犠牲を払っているのだろうか?
The clothing giant is raking in the profits with its supercharged ‘test and repeat’ model but at what cost to those producing its cheap lines – and to the planet?

ファストファッションは、忙しい生活にフィットするように作られている。低価格は低メンテナンス(洗濯やアイロンをかけるより、チャックする方が安くて早い)を誘い、低リスク(急いで購入すれば、似合わなくても悔いる必要はない)、無類の便利さ(スワイプ、クリック、ドアを開ける)である。
Fast fashion is engineered to fit in with busy lives. Low prices invite low maintenance (cheaper and quicker to chuck than to launder and iron), low risk – or so it appears (buy in haste, no need to repent if it doesn’t look right), and the convenience is unrivalled (swipe, click and answer the door).

トレンドに乗らなければならないというプレッシャーは、ソーシャルメディア上で何百万人ものフォロワーの耳と目を持つ何千人ものアフィリエイターやセレブリティによって利用されています。
The pressure to look on trend is capitalised on by thousands of affiliates and celebrities who have the ears and eyes of millions of followers on social media.

購買意欲は非常に高く、多くの人にとって抗しがたい魅力があります。積極的なマーケティングと、ソーシャルメディアをスキャンしてミクロのトレンドを探るアルゴリズムの活用により、ブランドは生産期間を最短で10日に短縮することができるようになった。デザイナーは時代遅れとなり、代わりにエンジニアと高度なソフトウェアが、スクリーンに映るような、陳腐化し、廃棄される運命にある服を生産することを可能にするのです。
The enticement to buy is immense and, for many, irresistible. Aggressive marketing combined with the use of algorithms, which scan social media for micro trends, enable brands to cut production to as little as 10 days. The designer is obsolete and, instead, engineers and sophisticated software allow the production of clothes that are fit for the screen, designed for obsolescence, destined for landfill.


Sheinは、この新しいビジネスモデルの最前線にいます。先週、このEコマースの巨人は1,000億ドルと評価され、ZaraとH&Mを合わせたのと同じ価値があるとされました。Sheinは比較的無名の存在からこの市場を支配するまでになり、2018年に20億ドルだった売上を2021年には157億ドルにまで引き上げています。その衣服の製造モデルと、私たちの需要によって、1日に最大1万個という驚異的な数の新製品が生み出されています。時間や分単位で表示される一定のタイムリーなマークダウンは、「今買わなければならない」「二度着ることはできない」という考えを永続させる。
Shein is at the forefront of this new business model. Last week, the e-commerce giant was valued at $100bn, making it worth as much as Zara and H&M combined. Shein has risen from relative obscurity to dominate this market, taking revenue from $2bn in 2018 to $15.7bn in 2021. Its model of manufacturing garments, plus our demand for them, means it churns out up to a staggering 10,000 new products a day. The constant, timed mark-downs, shown in hours and minutes, perpetuate the idea that you need to buy now and can’t wear anything twice.


広州を拠点とするこの企業は、2008年にクリス・シューによって設立され、7,000人の従業員を抱えています。InditexやH&Mで有名な「テスト&リピート」モデルを採用しており、90日以上在庫があるのは全体のわずか6%。1アイテムあたり50~100着程度の小ロットの服を、中国のサードパーティサプライヤーに頼って生産している。商品が好調であれば、さらにロットを増やし、不調であれば即座に生産を中止する。配送だけでなく、返品による排出も考えると、大変なことです。返品された商品の多くは、再び流通させるためにコストがかかるため、埋立処分されてしまう。シェインは昨年、米国で最もダウンロードされたショッピングアプリとしてアマゾンを抜きました。これは、デジタルマーケティングの活用により、いかにライバルを巧みに追い越したかを示しています。
The Guangzhou-based business was founded in 2008 by Chris Xu and has 7,000 employees. Predicated on the “test and repeat” model, made famous by Inditex and H&M, just 6% of Shein’s inventory remains in stock for more than 90 days. It relies on third-party suppliers in China to produce small batches of clothes, about 50-100 per item. If an item does well, more batches are commissioned; if not, the lines are immediately discontinued. Shein ships to more than 150 countries – a sobering thought when you consider the emissions not just of deliveries but also returns. Most returns end up in landfill because it costs more to put them back in circulation. Shein overtook Amazon as the most downloaded shopping app in the US last year, underlining how its use of digital marketing has helped it overtake rivals so adeptly.


シャインの躍進は、環境と社会的な観点からすでに資源を枯渇させるモデルであるファストファッションをさらに深化させ、超高速ファッションという新たなカテゴリーを切り開いているのだ。気候変動に関する政府間パネルが気候変動の緊急事態を明らかにし、地球の未来に深い関心を寄せる人々が増えている今日、シャインの成功はある種のパラドックスと言えるかもしれません。
Shein’s meteoric rise is taking fast fashion, an already resource-depleting model in environmental and social terms, to fresh depths, carving out a new category: ultra-fast fashion. In a week when we have also seen the Intergovernmental Panel on Climate Change lay out the stark realities of the climate emergency – and with a growing number of people purporting to care deeply about the future of the planet – the success of Shein is somewhat of a paradox.


その人気は、社会的・環境的記録が乏しく、小規模なレーベルからデザインをパクったと言われたり、鉤十字のネックレスを製造したり、サプライヤーの労働条件は言うまでもなく、物議を醸す行為にもかかわらず、並外れた上昇を遂げています。
Its extraordinary rise in popularity comes despite a poor social and environmental record and controversial practices, from allegedly ripping off designs from small labels to producing swastika necklaces, not to mention the labour conditions found among its suppliers.




シャインの評価は意見が大きく分かれていますが、その理由を考えてみるのもよいでしょう。ある者はその価格帯から包括的であると謳い、またある者はその実践が生活や人生に与える影響について呼び起こす。我々は幻想を抱くべきではありません。超高速ファッションは民主化とはほとんど関係がなく、トップに立つ者の利益と富に大いに関係があるのです。
The Shein valuation has sharply divided opinion and we would do well to consider why this is so. Some herald it as inclusive, due to its price points, and others call it out for the impact of its practices on life and lives. We should be under no illusions: ultra-fast fashion has little to do with democratisation and much more to do with profit and wealth for those at the top.


この産業を牽引しているのは、低所得者層ではありません。最大の顧客層は、かなりの可処分所得を持つ人々である。このことは、我々のファッションセンスはどこでそんなに間違ってしまったのか、という問いを提起している。
It is not those on low incomes who drive this industry. The biggest customer base is people with substantial disposable incomes, which raises the question: where did our fashion sense go so wrong?


このようなファッションの支配的なモデルには、我慢がなりません。環境的・社会的に破壊的な服を着るよりも、生計を立てたり、自分を表現するためにもっと良い方法があるはずだ。このようなモデルに従わないファッションは、急成長している(しかし、まだ完全には代表的ではない)。Bethany Williamsのようなデザイナーは、誠実なファッションを体現している。中古品や再販、レンタルは急速に拡大しているが、支配的なシステムの少なくとも一部を置き換えるのではなく、人々は依然としてこうしたブランドに誘惑され、繁栄の歪んだイメージを永続させている。
This dominant model of fashion is untenable. There are much better ways of making a living and representing yourself than through clothes that are environmentally and socially destructive. There is a burgeoning (but not yet fully representative) array of fashion that does not subscribe to this model. Designers such as Bethany Williams embody fashion with integrity. Secondhand, resale and rental are rapidly growing, but rather than replacing at least part of the dominant system, people are still tempted back to these brands, which perpetuate such a warped image of prosperity.


政府は、汚染、排出物(ファッションは国際航空と海運の合計よりも多くのものを排出する)、土壌劣化、生物多様性の損失、人間の福利に生じるコストを考慮しない、規制が不十分で搾取的な行為を支持し、害を与えるライセンスを提供し続けています。このような規制の欠如と無限に成長するインセンティブは、有限な地球上では不条理なことです。ファストファッションは決して安くはありません。誰かが、どこかで、本当の代償を払っているのです。レスターで汗水たらして働く労働者の時給が3.5ポンドであろうと、インドの農民が危険な化学薬品を使った綿花の生産で命を落とそうと、集団としても個人としても、私たち全員が代償を払っているのです。
Governments continue to offer a licence to do harm, endorsing poorly regulated, exploitative practices that don’t count the costs incurred in pollution, emissions (fashion emits more than international aviation and shipping combined), soil degradation, biodiversity loss and human wellbeing. This lack of regulation and incentives to grow infinitely are an absurdity on a finite planet. Fast fashion is far from cheap – someone, somewhere is paying the real price. Whether they are workers in Leicester being paid £3.50 an hour in sweatshop conditions, or farmers in India dying from dangerous chemicals in the production of cotton – collectively and individually, we are all paying.

ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(UAL)の学生たちと共に、私たちはこのモデルを変革するファッションの提案を行うことにしました。この業界は、どんな犠牲を払っても利益を最大化するように設計されているため、公平性、人種的、気候的な正義を含むように再構築するための根本的な行動を取らなければならないのです。私たちは、ヨルダンの難民キャンプやロンドン東部のコミュニティなど、最も大きな変化をもたらすことができる場所で、クリエイティブなスキルを発揮しています。ファッションは、私たち全員が参加するものです。ファッションは、社会的、創造的、経済的、文化的な活動であり、世界から奪うだけでなく、世界に貢献することができるのです。
Working with students at London College of Fashion, UAL, we set out to create propositions in fashion that can transform this model. The industry was designed to maximise profit at any cost, so radical action must be taken to rebuild it to include equity, racial and climate justice. We apply our creative skills in places where we can make the biggest difference, from refugee camps in Jordan, to communities in east London. Fashion is something that we all take part in. It’s a social, creative, economic and cultural set of activities that can contribute to the world, not just take from it.


私たちは、害を与えるライセンスを取り上げる必要があるのです。先週、欧州環境庁はファストファッションの取り締まりを発表しました。英国政府もこれに倣うべきです。未来の世代のために地球と産業を守るという連帯責任を果たすには、政府、大学、企業が協力し合う必要があります。4℃の温暖化を回避するためには、抜本的な変革に勝るものはありません。その世界では、ファッションはもちろん、生命も存在しないのです。
We need to take away the licence to do harm. Last week the European Environmental Agency announced a crackdown on fast fashion. The UK government should follow suit. It will take governments, universities and businesses working together to fulfil our collective responsibility to protect our planet and industry for future generations. Nothing less than radical change is required to avoid 4C warming. There is no life, let alone fashion, in that world.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2841-bb302afd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>