Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |カナダの人権派弁護士が来日、中国での「生体臓器摘出」に焦点を当て The Macdonald-Laurier Institute 2022/10/25
fc2ブログ

Entries

カナダの人権派弁護士が来日、中国での「生体臓器摘出」に焦点を当て The Macdonald-Laurier Institute 2022/10/25

En:(grammar)



国会議事堂で行われた臓器移植に関する公聴会に出席するアーリア代表
Representative Dr. Arya attends a hearing on Organ Harvesting at the Japanese parliament building
https://tibet.net/representative-dr-arya-attends-a-hearing-on-organ-harvesting-at-the-japanese-parliament-building/

Tibet.net 2022/10/25














東京 チベット日本・東アジア事務所のツワンギャルポ・アーリア代表は、本日、日本の衆議院議員会館会議室において、カナダ在住の国際人権弁護士デビッド・マタス氏による「中国および中国占領地における血まみれの臓器狩り」に関するヒアリングに出席し、講演を行いました。
Tokyo: Representative Dr. Tsewang Gyalpo Arya of Office of Tibet Japan & East Asia attended and spoke at a hearing on “Bloody Organ Harvesting in China and China occupied regions” by David Matas, an international human rights lawyer based in Canada, at the Japanese Lower House Parliament conference room today.

『血まみれの収穫』の共著者で2010年ノーベル平和賞候補のデービッド・マタス氏は、中国共産党政権がまず法輪功学習者に、その後ウイグル人やその他の少数民族に行った臓器狩りについて発表しました。国際社会が独裁政権によるこの凶悪犯罪に沈黙し続ければ、反体制派や良心の囚人からの臓器強制摘出は続くと警告しました。
David Matas, the co-author of the book “The Bloody Harvest” and 2010 Nobel Peace Prize nominee, did a presentation on organ harvesting that the Chinese communist regime committed first on the Falun Gong practitioners and later on Uyghurs and other minority communities. He warned that if the international community continues to stay silent on this heinous crime by the dictatorial regime, the forced extraction of organs from dissidents and prisoners of conscience will continue.

中国政府による臓器狩り犯罪の阻止と啓発に取り組むNGO「Stop Medical Genocide」と日本ウイグル協会が、ヒアリングとトークイベントを開催しました。約10名の日本の国会議員および地方議員がヒアリングに参加し、懸念を表明し、共産党政権のこの重大な人道に対する犯罪を非難しました。さらに、中国と占領地で血なまぐさい犯罪を続ける中国を暴露し、阻止するために活動しているすべてのNGOとの連帯を表明しました。
The Stop Medical Genocide, an NGO working to stop and raise awareness of the Chinese government’s organ harvesting crime, and the Japan Uyghur Association organised the hearing and talk event. Around ten Japanese national and local Parliamentarians attended the hearing, expressed their concern, and condemned the communist regime for this grave crime against humanity. Furthermore, they expressed solidarity with all the NGOs working to expose and stop China from continuing the bloody crime in China and the occupied regions.

アーリア代表は、デイビッド・マタス氏の中国における臓器狩りに関するプレゼンテーションと、彼を公聴会に招待した主催者に謝辞を述べた。彼は、中国が自国民と占領地の人々に対して犯し続けている血なまぐさい犯罪を非難した。彼は、拘束中のチベット人政治犯の死亡と失踪が増加し、中国当局が死体の引き渡しを拒否していることは、チベットでも臓器狩りが横行していることを明確に示していると述べました。
Representative Arya thanked David Matas for his presentation on Organ Harvesting in China and the organisers for inviting him to speak at the hearing. He condemned the bloody crime that China continues to commit against its people and the people in the occupied territories. He said that the increased death and disappearance of Tibetan political prisoners in custody and the Chinese authority’s refusal to hand over the dead bodies clearly show that organ harvesting has been rampant in Tibet too.

アーリア代表は、ここ数年チベットで行われている大規模なDNAデータ収集に関するヒューマン・ライツ・ウォッチの最近の報告書について参加者に説明しました。この収集活動は、チベット人を草の根レベルで管理し、常に監視されているという恐怖を人々に植え付けることを目的としています。このDNAバンクの情報は、臓器提供者(マッチング)の可能性を特定し、犠牲者を冤罪で拘束するためにも使用される恐れが高まっているのです。
Representative Arya appraised the participants of the recent report by Human Rights Watch on massive DNA data collection taking place in Tibet for the last few years. The collection drive aims to achieve grass root level control on the Tibetans and instil fear in the people that they are constantly being watched. There is a growing fear that this DNA bank information will also be used to identify possible organ donors (match) and detain the victims on false charges.

日本ウイグル協会副会長のハルマット・ロウジ氏、南モンゴル会議議長のテムツェルト・ショブチュード氏は、中国による残虐行為やそれぞれの地域で行われている血生臭い臓器狩りについて講演しました。NPO法人法輪功協会会長の稲垣健太郎氏は、法輪功の会員がずっと苦しんできたこと、習近平の在任中に弾圧が強まったことを話した。習近平氏が3期目を確保したことで、アジアと世界は今後、厳しく困難な時代を迎えることになると警告した。
Halmat Rouzi, Vice Chairman of the Japan Uyghur Association, and Temtselt Shobchuud, Chairman of the Southern Mongolia Congress, spoke on the atrocities perpetrated by China and the bloody organ harvest taking place in the respective regions. Inagagi Kentaro, Chairman of the NPO Falun Gong Association, spoke on how the members of the Falun Gong community have suffered all these years and that the repression has increased under Xi’s tenure. He warned that as Xi Jinping has secured the third term, Asia and the world will have tough and difficult times ahead.

公聴会には、日本の国会議員、知識人、人権活動家、NGO、マスコミ関係者が参加しました。アーリア代表は国会議員や報道陣と交流し、チベットに関する書籍や情報を配布しました。チベット事務所のツェハが代表のヒアリングに同行しました。
The hearing was attended by Japanese parliamentarians, intellectuals, human rights activists, NGOs, and media people. Representative Arya interacted with the parliamentarians and the press and distributed books and information on Tibet. Tselha of the Office of Tibet accompanied the Representative to the hearing.


-Reported by the Office of Tibet, Japan

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2821-af906b5c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>