Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |CARBは、2030年までにガスヒーター、炉、給湯器の販売を禁止すると発表しました california globe 2022/9/24
fc2ブログ

Entries

CARBは、2030年までにガスヒーター、炉、給湯器の販売を禁止すると発表しました california globe 2022/9/24

En:(grammar)



CARBは、2030年までにガスヒーター、炉、給湯器の販売を禁止すると発表しました
CARB Announces Ban on Sales of Gas Heaters, Furnaces, Water Heaters by 2030
https://californiaglobe.com/articles/carb-announces-ban-of-new-sales-on-gas-heaters-furnaces-water-heaters-by-2030/
california globe 2022/9/24











カリフォルニア州大気資源委員会 (CARB) は木曜日、2030 年までに天然ガスヒーター、給湯器、加熱炉の新規販売を禁止するなど、今後 15 年間にわたって連邦オゾン基準を満たすための新しい包括的な計画を発表しました。The California Air Resources Board (CARB) announced on Thursday a new comprehensive plan to meet federal ozone standards over the next 15 years, including the ban on new sales of natural gas heaters, water heaters, and furnaces by 2030.
The California Air Resources Board (CARB) announced on Thursday a new comprehensive plan to meet federal ozone standards over the next 15 years, including the ban on new sales of natural gas heaters, water heaters, and furnaces by 2030.

2022 年の州実施計画 (SIP) 戦略によると、新しい措置は、新しい連邦政府の 70 ppb、8 時間オゾン基準を満たします。 木曜日に提案された措置には、中型および大型車に対するさらなる排出規制、2040年代までに政府および事業用車両のゼロエミッションを目標とするゼロエミッションの高度なクリーンフリート規制、2040年代までのトラックに対する同じ規制、さらに 軽自動車、オートバイ、ハーバークラフト、およびその他の車両の排出削減、消費者製品の一部の削減、一部の農薬の削減など。
According to the 2022 State Implementation Plan (SIP) Strategy, the new measures will meet the new federal 70 parts per billion, 8-hour ozone standard. Proposed measures going into Thursday included further emissions controls against medium and heavy-duty vehicles, zero-emission advanced clean fleet regulations with a goal of zero emission for government and business vehicle fleets by the 2040s, the same regulation for trucks by the 2040s, further emission reductions for light-duty vehicles, motorcycles, harbor craft, and other vehicles, some reductions on consumer products, reductions on some pesticides and others.

ただし、木曜日に可決された主な措置は、スペースと給湯器に関するものでした。 CARB によると、新しい措置の主な目標は、カリフォルニア州で販売されている新しい住宅および商業スペースと給湯器からの排出量を削減することです。 CARB は、2030 年に発効する暖房器具と給湯器の排出基準を設定する予定です。その年から、新しい天然ガスを動力源とするヒーターと給湯器の売上の 100% は、電気を入れるなど、排出基準に準拠する必要があります。 ヒーターまたはその他のゼロエミッション オプション。
However, the main one measure that was passed on Thursday was over space and water heaters. According to CARB, the primary goal of the new measure is to reduce emissions from new residential and commercial space and water heaters sold in California. CARB will now set an emission standard for space and water heaters to go into effect in 2030. Beginning that year, 100 percent of sales of new natural gas powered heaters and water heaters would need to comply with the emission standard, such as putting in electric heaters or other zero-emission options.

建物から排出される排出量の 90% は暖房器具や給湯器からのものであると CARB は推定しているため、電気ヒーターによってカリフォルニア州の窒素酸化物排出量が 4% も削減されるため、窒素酸化物汚染が大幅に削減されることになります。 CARBの当局者はまた、これにより、州内のより混雑した裕福でない地域の汚染が大幅に削減されると指摘しました.
As CARB estimates that 90% of emissions emitting from buildings come from space and water heaters, it would greatly reduce nitrogen-oxide pollution, with electric heaters cutting down by as much as 4% of California’s nitrogen-oxide footprint. CARB officials also noted that this would drastically reduce pollution in more congested and less-wealthy areas of the state.

CARBのリアン・ランドルフ委員長は、木曜日の声明で、「大気汚染の悪影響から公衆衛生を守るというコミットメントを果たすために、できる限りの行動をとる必要があり、この戦略は、それをどのように行うことができるかを示しています。 「この戦略はすべてのカリフォルニア州民の空気をきれいにしますが、より深刻な大気汚染が続いている多くの低所得で不利な立場に置かれたコミュニティでの排出量の削減にもつながります。 しかし、オゾン基準を真に満たすために、カリフォルニア州は、機関車や外航船から航空機に至るまで、主に連邦政府が管理する有害なディーゼル汚染源からの有害なディーゼル汚染を一掃するために、より多くの連邦政府の行動を必要としています。 品質。 連邦政府がその役割を果たさなければ、カリフォルニア州民にきれいな空気を提供することはできません。」
“We need to take every action we can to deliver on our commitments to protect public health from the adverse impacts of air pollution, and this strategy identifies how we can do just that,” said CARB Chair Liane Randolph in a statement on Thursday. “While this strategy will clean the air for all Californians, it will also lead to reduced emissions in the many low-income and disadvantaged communities that experience greater levels of persistent air pollution. But to truly meet the ozone standard, California needs more federal action to clean up harmful diesel pollution from primarily federally controlled sources, from locomotives and ocean-going vessels to aircraft, which are all concentrated in communities that continue to bear the brunt of poor air quality. We simply cannot provide clean air to Californians without the federal government doing its part.”


2030年新措置の課題
Issues with the new 2030 measure

ガス炉とヒーターは 2030 年に一晩でなくなるわけではありませんが、電気モデルにのみ置き換えることができます。 金曜日、シエラクラブを含む多くの環境および公害団体がこの戦略に同意した。
While gas furnaces and heaters will not go away overnight in 2030, they will only be able to be replaced by electric models. Many environmental and pollution groups agreed with this strategy on Friday, including the Sierra Club.

「これにより、建築部門の二酸化炭素排出量が削減され、公衆衛生が改善されます。 また、プロセスのすべての段階で公平性を重視した関与とコミュニティへの貢献に感謝しています」と、シエラ クラブ カリフォルニアのシニア ポリシー アドボケイトであるダニエル バラッドは述べています。
“This will reduce the building sector’s carbon footprint and improve public health. We also appreciate the commitment to equity-centered engagement and community input in all states of the process,” noted Sierra Club California senior policy advocate Daniel Barad.

しかし、多くの批評家はすぐにこの計画に飛びつき、電気代が高くなることでカリフォルニア州の貧しい人々に課せられる全体的な負担を増やすだけであり、カリフォルニア州の送電網にさらに負担をかけるだけだと述べました。
However, many critics quickly jumped on the plan, saying that it will only add to the overall burden put on poorer Californians through higher electric bills and would only further strain California’s electric grid.

「CARB は、前回の熱波の停電から何も学ばなかったのでしょうか?!」と、配電網で働く電気技師の Rosa de la Concha 氏は、金曜日にグローブ紙に尋ねました。 「炭素排出量を削減することは重要ですが、州はまずしっかりとした電気計画を立てる必要があります。 つまり、ほんの数週間前にディアブロキャニオンをかろうじて救いました。それがなければ、システム内で多くの電力を失っていたでしょう. カリフォルニアは環境に配慮していますが、ガスプラントを撤去し、これらの新しい対策をすぐに導入することを考える前に、これらの新しいプラントをオンラインにする必要があり、バッテリーシステムを設置する必要があります. ガソリン車の段階的廃止は、すでに大きな負担になっています。 なぜさらに追加するのですか?」
“Did CARB learn nothing from the brownouts of the last heatwave?!,” asked Rosa de la Concha, an electrical engineer who works on electrical grids, to the Globe on Friday. “Cutting down on carbon emissions is important, but the state needs to have a firm electrical plan in place first. I mean, we barely saved Diablo Canyon just a few weeks ago, and without it we would have lost a lot of power in the system. California is going green, but we need those new plants online and we need battery systems in place before we can even think of getting rid of the gas plants and from putting in these new measures so soon. The phasing out of gas-powered cars is already going to put on a major strain. Why add even more?”

「私たちは正しく計画していません。 もう一度言いますが、グリーンになることは何も悪いことではありません。 それが必要とされています。 しかし、私たちはそれを緩和する必要があります。そうしないと、主要な電源の問題が発生する危険があります。 そして、これはその可能性をさらに高くするだけです。」
“We are not planning correctly. Once more, there is nothing wrong with going green. It is needed. But we need to ease into it or else we risk major power supply problems. And this is just going to make the likelihood of that even higher.”

今後数年間で、より多くの主要な炭素およびその他の排出削減が予想されます。
More major carbon and other emission cuts are expected in the coming years.



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2794-3dcb94f1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>