Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |コロナの長期にわたる最悪の症状の1つは、最も誤解されていることでもあります The Atlantic 2022/9/12
fc2ブログ

Entries

コロナの長期にわたる最悪の症状の1つは、最も誤解されていることでもあります The Atlantic 2022/9/12

En:(grammar)



コロナの長期にわたる最悪の症状の1つは、最も誤解されていることでもあります
One of Long COVID’s Worst Symptoms Is Also Its Most Misunderstood

https://www.theatlantic.com/health/archive/2022/09/long-covid-brain-fog-symptom-executive-function/671393/
The Atlantic 2022/9/12










2020年3月25日、ハンナ・デイヴィスは2人の友人とメールをしていたところ、彼らのメッセージの1つが理解できないことに気づきました。
On March 25, 2020, Hannah Davis was texting with two friends when she realized that she couldn’t understand one of their messages.

今にして思えば、あれがコロナ・ウイルス感染の最初の兆候だったのだ。
In hindsight, that was the first sign that she had COVID-19.

また、「ブレイン・フォグ(脳の霧)」と呼ばれる現象を初めて経験し、以前の生活が現在の生活に収縮した瞬間でもあった。
It was also her first experience with the phenomenon known as “brain fog,” and the moment when her old life contracted into her current one.

彼女は、かつては人工知能の分野で働き、複雑なシステムの分析も躊躇なく行っていたが、今ではフォームに記入するような簡単な作業でも「心の壁に突き当たる」。
She once worked in artificial intelligence and analyzed complex systems without hesitation, but now “runs into a mental wall” when faced with tasks as simple as filling out forms.

かつては鮮明だった彼女の記憶も、擦り切れて儚くなっている。
Her memory, once vivid, feels frayed and fleeting.

食材の買い出し、食事の支度、片付けなど、今までの日常生活が苦痛になるくらいだ。彼女の内なる世界、彼女が言うところの「空想、計画、想像などの思考の余分なもの」がなくなってしまったのだ。
Former mundanities—buying food, making meals, cleaning up—can be agonizingly difficult. Her inner world—what she calls “the extras of thinking, like daydreaming, making plans, imagining”—is gone.

この霧は、「私の生活のあらゆるところに影響を及ぼしています」と、彼女は私に言いました。
The fog “is so encompassing,” she told me, “it affects every area of my life.”

900日以上もの間、他のCOVIDの症状が変化する一方で、彼女の脳の霧は一向に晴れることがなかった。
For more than 900 days, while other long-COVID symptoms have waxed and waned, her brain fog has never really lifted.


オックスフォード大学のプライマリケア専門医であるエマ・ラッズ氏は、COVIDの多くの症状の中で、「ブレイン・フォグは最も障害的で破壊的な症状の一つです」と教えてくれた。
Of long COVID’s many possible symptoms, brain fog “is by far one of the most disabling and destructive,” Emma Ladds, a primary-care specialist from the University of Oxford, told me.

また、最も誤解されている症状の一つでもあります。
It’s also among the most misunderstood.

コロナウイルスの大流行が始まった当初は、COVIDの症状として考えられるものの中にさえ含まれていなかったのです。
It wasn’t even included in the list of possible COVID symptoms when the coronavirus pandemic first began.

しかし、20〜30%の患者は最初の感染から3ヵ月後にブレイン・フォグを訴え、もっと長く病気が続く長期滞在者でも65〜85%がそうである。
But 20 to 30 percent of patients report brain fog three months after their initial infection, as do 65 to 85 percent of the long-haulers who stay sick for much longer.

人工呼吸器や病院での治療が必要なほどの病気ではなかった人が、この病気にかかることもある。また、精神的に充実した時期にある若い人たちが罹患することもあります。
It can afflict people who were never ill enough to need a ventilator—or any hospital care. And it can affect young people in the prime of their mental lives.




ブレイン・フォグは、多くの医療関係者を含む人々が冗談交じりに例えるようなものではないと、長年の経験者は言います。
Long-haulers with brain fog say that it’s like none of the things that people—including many medical professionals—jeeringly compare it to.

それは、二日酔いやストレス、疲労に伴う思考の曇りよりも、もっと深いものです。
It is more profound than the clouded thinking that accompanies hangovers, stress, or fatigue.

デイヴィスさんにとっては、ADHDの経験とは異なるものであり、またそれ以上に悪いものであった。
For Davis, it has been distinct from and worse than her experience with ADHD.

心因性のものではなく、脳の構造や化学的な変化を伴うものです。
It is not psychosomatic, and involves real changes to the structure and chemistry of the brain.

気分障害ではありません。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の神経学者であるジョアンナ・ヘルマス氏は、「これがうつ病や不安神経症によるものだと言う人がいるとすれば、それは何の根拠もありませんし、データが示すように、その逆かもしれません」と教えてくれた。
It is not a mood disorder: “If anyone is saying that this is due to depression and anxiety, they have no basis for that, and data suggest it might be the other direction,” Joanna Hellmuth, a neurologist at UC San Francisco, told me.


また、ブレイン・フォグという曖昧な名前にもかかわらず、ブレイン・フォグはあらゆる精神的問題を包括する言葉ではありません。
And despite its nebulous name, brain fog is not an umbrella term for every possible mental problem.

ヘルマスによれば、その核心は、ほとんどの場合、「実行機能」(注意を集中し、情報を心に留め、雑念を遮断することを含む一連の精神的能力)の障害であるという。
At its core, Hellmuth said, it is almost always a disorder of “executive function”—the set of mental abilities that includes focusing attention, holding information in mind, and blocking out distractions.

これらのスキルは非常に基礎的なものであり、これが崩れると、その人の認知的基盤の多くが崩壊してしまうのです。
These skills are so foundational that when they crumble, much of a person’s cognitive edifice collapses.

集中力、マルチタスク、計画性を要すること、つまり、重要なことはほとんどすべて、とんでもなく大変なことになるのです。
Anything involving concentration, multitasking, and planning—that is, almost everything important—becomes absurdly arduous.

「健康な人が無意識に行っていることを、意識的な意思決定のレベルにまで引き上げてくれるのです」と、スコットランドのアバディーンに住む作家のフィオナ・ロバートソンは教えてくれた。
“It raises what are unconscious processes for healthy people to the level of conscious decision making,” Fiona Robertson, a writer based in Aberdeen, Scotland, told me.



例えば、ロバートソンの脳はしばしば文章の途中で集中力を失い、彼女が冗談で言う「そうそう症候群」になってしまう。自分が何を言っているのか忘れてしまって、『そう、そう......』となってしまうんです」と彼女は言います。クリステン・チャデンは、途中で目的地を忘れてしまうため、ブレイン・フォグが原因で車の運転ができなくなりました。
For example, Robertson’s brain often loses focus mid-sentence, leading to what she jokingly calls “so-yeah syndrome”: “I forget what I’m saying, tail off, and go, ‘So, yeah …’” she said. Brain fog stopped Kristen Tjaden from driving, because she’d forget her destination en route.

1年以上、文字も読めなかった。言葉の羅列の意味を理解することが難しくなったからだ。
For more than a year, she couldn’t read, either, because making sense of a series of words had become too difficult.

アンジェラ・メリケス・バスケスは、Eメールでミーティングの予定を組むのに2時間かかったことがあるという。カレンダーをチェックしても、受信トレイを立ち上げた瞬間に情報が漏れてしまうのだそうです。
Angela Meriquez Vázquez told me it once took her two hours to schedule a meeting over email: She’d check her calendar, but the information would slip in the second it took to bring up her inbox.

最悪の場合、食器洗い機も下ろせなかった。物を識別し、どこに置くべきかを覚えて、そこに置くということがあまりにも複雑だったからだ。
At her worst, she couldn’t unload a dishwasher, because identifying an object, remembering where it should go, and putting it there was too complicated.



記憶もまた、アルツハイマー病のような変性疾患とは異なる形で損なわれているのです。
Memory suffers, too, but in a different way from degenerative conditions like Alzheimer’s.

記憶はあるのですが、実行機能がうまく働かないため、脳が重要なものを選んで保存したり、その情報を効率よく取り出したりすることができません。
The memories are there, but with executive function malfunctioning, the brain neither chooses the important things to store nor retrieves that information efficiently.

患者主導型研究共同体の一員であるデイヴィスさんは、科学論文の事実を記憶することはできても、出来事を記憶することはできない。
Davis, who is part of the Patient-Led Research Collaborative, can remember facts from scientific papers, but not events.

彼女が愛する人や昔の生活を思い出すと、それらは遠くに感じられます。"私に影響を与えた瞬間が、もう私の一部であるようには感じられない。"と彼女は言った。"私は空虚で、空虚に生きているような気がします。"
When she thinks of her loved ones, or her old life, they feel distant. “Moments that affected me don’t feel like they’re part of me anymore,” she said. “It feels like I am a void and I’m living in a void.”


ブレイン・フォグのほとんどの患者は、それほど重症ではなく、時間とともに徐々に改善されていきます。
Most people with brain fog are not so severely affected, and gradually improve with time.

しかし、働けるほど回復しても、以前より軽快さを失った頭脳に悩まされることもある。
But even when people recover enough to work, they can struggle with minds that are less nimble than before.

「スポーツカーに慣れている私たちが、ポンコツ車に乗っているのだから」と、バスケス氏は語った。
“We’re used to driving a sports car, and now we are left with a jalopy,” Vázquez said.

職業によっては、ポンコツ車では済みません。
In some professions, a jalopy won’t cut it.

UTヘルス・サンアントニオのリハビリテーション専門家、モニカ・ベルドゥスコ・グティエレス氏は、「外科医には、実行機能が必要なので、手術に戻ることができない人がいます」と話してくれました。
“I’ve had surgeons who can’t go back to surgery, because they need their executive function,” Monica Verduzco-Gutierrez, a rehabilitation specialist at UT Health San Antonio, told me.

一方、ロバートソンさんは、大学で理論物理学を学んでいたときに発病し、かつては明るく輝いていた進路が霧に覆われた。
Robertson, meanwhile, was studying theoretical physics in college when she first got sick, and her fog occluded a career path that was once brightly lit.

「これらのものをまとめて、宇宙がどのように機能するかを見始めることができるように、私は輝いていました」と彼女は私に語った。
“I used to sparkle, like I could pull these things together and start to see how the universe works,” she told me.

「私は、あの感覚はもう二度と味わえない。毎日、痛いほど恋しい。」
“I’ve never been able to access that sensation again, and I miss it, every day, like an ache.”

そのアイデンティティーの喪失は、病気の身体的側面と同じくらい破壊的だった。ロバートソンさんは、「私はいつも、きちんと考えれば何とかなると思っていた」と語った
That loss of identity was as disruptive as the physical aspects of the disease, which “I always thought I could deal with … if I could just think properly,” Robertson said.

"これが私を最も不安定にさせたものだ"
“This is the thing that’s destabilized me most.”



ロバートソンは、パンデミックが2020年3月に認知機能障害の波を引き起こすと予測した。
Robertson predicted that the pandemic would trigger a wave of cognitive impairment in March 2020.

彼女のブレイン・フォグは、20年前に別のウイルス性の病気で始まったようですが、長距離輸送者が経験するのと同じ実行機能障害を発症し、昨年COVIDを投与したところ悪化したのです。
Her brain fog began two decades earlier, likely with a different viral illness, but she developed the same executive-function impairments that long-haulers experience, which then worsened when she got COVID last year.

また、HIV感染者、てんかん患者、がん患者、ケモブレイン、線維筋痛症などの複雑な慢性疾患患者にも、このような問題が多くみられます。
That specific constellation of problems also befalls many people living with HIV, epileptics after seizures, cancer patients experiencing so-called chemo brain, and people with several complex chronic illnesses such as fibromyalgia.

これは、デイヴィスをはじめとする多くの長距離労働者が患っている慢性疲労症候群(ME/CFS)とも呼ばれる筋痛性脳脊髄炎の診断基準の一部である。
It’s part of the diagnostic criteria for myalgic encephalomyelitis, also known as chronic fatigue syndrome, or ME/CFS—a condition that Davis and many other long-haulers now have.

COVIDが登場する以前から、ブレイン・フォグは存在し、多くの人々が、その症状に烙印を押されたり、否定されたり、無視されたりしてきたのです。
Brain fog existed well before COVID, affecting many people whose conditions were stigmatized, dismissed, or neglected.

ロバートソンは、「この数年間、人々は研究する価値がないかのように扱ってきた」と話してくれた。「多くの人が、ああ、これはちょっとした鬱病なんだ 」と言われたものです。
“For all of those years, people just treated it like it’s not worth researching,” Robertson told me. “So many of us were told, Oh, it’s just a bit of a depression.”



私が話した何人かの臨床医は、ブレイン フォグという用語は、この状態を一時的な不都合のように聞こえさせ、認知障害のようなより医学化された言葉が与えるであろう正当性を患者から奪うと主張しました. しかし、オクラホマ大学の障害の歴史家である Aparna Nair は、障害者コミュニティがこの用語を何十年も使用しており、用語を超えてブレイン フォグの却下の背後にある他の多くの理由があると指摘しました。 (音節の過剰は、線維筋痛症と筋痛性脳脊髄炎が矮小化されるのを止めませんでした。)
Several clinicians I spoke with argued that the term brain fog makes the condition sound like a temporary inconvenience and deprives patients of the legitimacy that more medicalized language like cognitive impairment would bestow. But Aparna Nair, a historian of disability at the University of Oklahoma, noted that disability communities have used the term for decades, and there are many other reasons behind brain fog’s dismissal beyond terminology. (A surfeit of syllables didn’t stop fibromyalgia and myalgic encephalomyelitis from being trivialized.)

たとえば、Hellmuth 氏は、彼女の認知神経学の分野では、「実質的にすべてのインフラストラクチャと教育」がアルツハイマー病のような変性疾患に集中していると指摘しました。 ウイルスが若い人に認知障害を引き起こす可能性があることを知っている研究者はほとんどいないため、その影響を研究している人はほとんどいません。 「その結果、誰も医学部でそれについて学ぶことはありません」と Hellmuth 氏は述べています。 そして、「医学には謙虚さがあまりないため、人々は答えを探す代わりに患者を非難することになります」と彼女は言いました.
For example, Hellmuth noted that in her field of cognitive neurology, “virtually all the infrastructure and teaching” centers on degenerative diseases like Alzheimer’s, in which rogue proteins afflict elderly brains. Few researchers know that viruses can cause cognitive disorders in younger people, so few study their effects. “As a result, no one learns about it in medical school,” Hellmuth said. And because “there’s not a lot of humility in medicine, people end up blaming patients instead of looking for answers,” she said.

ブレイン フォグを持つ人々は、それを隠すことにも長けています。 しかし、彼女の話し方が明らかに鈍いときは、「夫と母以外は誰も私を見ることができません」とロバートソンは言いました。 また、長距離輸送者が経験する汚名は、社交の場や医師の診察の際に通常のように振る舞う動機にもなります。 「彼らはあなたが彼らをテストしているときに彼らに求められたことを行い、あなたの結果は彼らが正常であると言うでしょう」とシナイ山で長期のCOVIDリハビリテーションクリニックを率いるデビッド・プトリノは私に語った. 「2日後にチェックインして初めて、1週間壊れたことがわかります。」
People with brain fog also excel at hiding it: None of the long-haulers I’ve interviewed sounded cognitively impaired. But at times when her speech is obviously sluggish, “nobody except my husband and mother see me,” Robertson said. The stigma that long-haulers experience also motivates them to present as normal in social situations or doctor appointments, which compounds the mistaken sense that they’re less impaired than they claim—and can be debilitatingly draining. “They’ll do what is asked of them when you’re testing them, and your results will say they were normal,” David Putrino, who leads a long-COVID rehabilitation clinic at Mount Sinai, told me. “It’s only if you check in on them two days later that you’ll see you’ve wrecked them for a week.”

「ブレイン フォグを測定するための適切なツールもありません」と Putrino 氏は述べています。 医師は、認知症の高齢者の極度の精神的問題を発見するために設計されたモントリオール認知評価をよく使用しますが、「55 歳未満の人には検証されていません」と Hellmuth 氏は私に語った。 深刻なブレイン フォグを持つ人でさえ、それをエースすることができます。 より洗練されたテストが存在しますが、以前のベースラインではなく、母集団の平均と人々を比較しています。 「正常範囲内にある能力の低下を伴う高機能の人は、問題はないと伝えられます」とHellmuth氏は述べた.
“We also don’t have the right tools for measuring brain fog,” Putrino said. Doctors often use the Montreal Cognitive Assessment, which was designed to uncover extreme mental problems in elderly people with dementia, and “isn’t validated for anyone under age 55,” Hellmuth told me. Even a person with severe brain fog can ace it. More sophisticated tests exist, but they still compare people with the population average rather than their previous baseline. “A high-functioning person with a decline in their abilities who falls within the normal range is told they don’t have a problem,” Hellmuth said.

このパターンは、COVID の長期にわたる多くの症状に見られます。医師は、不適切または過度に単純化した検査を指示し、その陰性結果は、患者の真の症状の信用を傷つけるために使用されます。 医療機関によって感情的またはヒステリックであるとレッテルを貼られてきた長い歴史を持つ女性に、ブレイン フォグ (およびより一般的には長い COVID) が不均衡に影響することは助けにはなりません。 しかし、ブレイン フォグを持つすべての患者は、「実行機能の症状についてまったく同じ話を私に伝えます」と Hellmuth 氏は述べています。 「人々がこれをでっち上げていたら、臨床の物語は同じではなくなっていたでしょう。」
This pattern exists for many long-COVID symptoms: Doctors order inappropriate or overly simplistic tests, whose negative results are used to discredit patients’ genuine symptoms. It doesn’t help that brain fog (and long COVID more generally) disproportionately affects women, who have a long history of being labeled as emotional or hysterical by the medical establishment. But every patient with brain fog “tells me the exact same story of executive-function symptoms,” Hellmuth said. “If people were making this up, the clinical narrative wouldn’t be the same.”

今年初め、英国の研究者チームは、MRI スキャンの鮮明な白黒画像で脳の霧の目に見えない性質をレンダリングしました。 オックスフォード大学の Gwenaëlle Douaud と彼女の同僚は、パンデミックの何年も前から定期的に何百人ものボランティアの脳をスキャンした英国バイオバンクの研究からのデータを分析しました。 これらのボランティアの何人かが COVID に感染したとき、チームは彼らの後のスキャンを前のものと比較することができました。 彼らは、軽度の感染症でさえ、脳をわずかに収縮させ、ニューロンが豊富な灰白質の厚さを減少させる可能性があることを発見しました. 最悪の場合、これらの変化は 10 年間の老化に匹敵するものでした。 それらは、記憶の符号化と検索に重要な海馬傍回や、実行機能に重要な眼窩前頭皮質などの領域で特に顕著でした。 入院していない人でも、まだ明らかでした。 そして、彼らは認知の問題を伴っていました。
Earlier this year, a team of British researchers rendered the invisible nature of brain fog in the stark black-and-white imagery of MRI scans. Gwenaëlle Douaud at the University of Oxford and her colleagues analyzed data from the UK Biobank study, which had regularly scanned the brains of hundreds of volunteers for years prior to the pandemic. When some of those volunteers caught COVID, the team could compare their after scans to the before ones. They found that even mild infections can slightly shrink the brain and reduce the thickness of its neuron-rich gray matter. At their worst, these changes were comparable to a decade of aging. They were especially pronounced in areas such as the parahippocampal gyrus, which is important for encoding and retrieving memories, and the orbitofrontal cortex, which is important for executive function. They were still apparent in people who hadn’t been hospitalized. And they were accompanied by cognitive problems.

COVID の原因となるコロナウイルスである SARS-CoV-2 は、中枢神経系に侵入して感染する可能性がありますが、効率的、持続的、または頻繁にそうするわけではありません、とスタンフォード大学の神経腫瘍学者であるミシェル モンジェは私に言いました。代わりに、ほとんどの場合、ウイルスは脳に直接感染するのではなく、脳に害を与えると彼女は考えています.彼女と彼女の同僚は最近、マウスが軽度のCOVIDの発作を経験すると、炎症性化学物質が肺から脳に移動し、そこでミクログリアと呼ばれる細胞を破壊することを示しました.通常、ミクログリアはグラウンドキーパーとして機能し、不要な接続を剪定し、不要な破片を掃除することでニューロンをサポートします.炎症を起こすと、彼らの努力は熱狂的になり、破壊的になります。それらが存在すると、海馬(記憶にとって重要な領域)が生成する新鮮なニューロンは少なくなり、既存のニューロンの多くは絶縁コートを失うため、電気信号はこれらの細胞に沿ってゆっくりと進みます.これらは、Monje が「ケモ フォグ」を持つがん患者に見られるのと同じ変化です。彼女と彼女のチームはマウスで COVID の実験を行いましたが、ブレイン フォグを伴う長距離輸送者に同じ炎症性化学物質が高レベルで含まれていることを発見しました。
Although SARS-CoV-2, the coronavirus that causes COVID, can enter and infect the central nervous system, it doesn’t do so efficiently, persistently, or frequently, Michelle Monje, a neuro-oncologist at Stanford, told me. Instead, she thinks that in most cases the virus harms the brain without directly infecting it. She and her colleagues recently showed that when mice experience mild bouts of COVID, inflammatory chemicals can travel from the lungs to the brain, where they disrupt cells called microglia. Normally, microglia act as groundskeepers, supporting neurons by pruning unnecessary connections and cleaning unwanted debris. When inflamed, their efforts become overenthusiastic and destructive. In their presence, the hippocampus—a region crucial for memory—produces fewer fresh neurons, while many existing neurons lose their insulating coats, so electric signals now course along these cells more slowly. These are the same changes that Monje sees in cancer patients with “chemo fog.” And although she and her team did their COVID experiments in mice, they found high levels of the same inflammatory chemicals in long-haulers with brain fog.

Monje は、COVID がブレイン フォグを引き起こす「おそらく最も一般的な方法」は神経炎症であると考えていますが、そのような経路は多数ある可能性が高いと考えています。 COVID は、免疫系が神経系を誤って攻撃する自己免疫の問題を引き起こしたり、ME/CFS や多発性硬化症などの状態に関連しているエプスタイン-バーウイルスなどの休眠中のウイルスを再活性化したりする可能性があります。 血管に損傷を与え、小さな血栓で満たすことにより、COVID は脳の血液供給も抑制し、最もエネルギーを必要とする臓器から酸素と燃料を奪います。 この酸素不足は、ニューロンを殺したり、人々を ICU に送り込んだりするほど深刻ではありませんが、「脳はすべてのシリンダーを活性化するのに必要なものを得ていません」とプトリノは私に語った. (一部の COVID 患者を緊急治療に追い込む重度の酸素欠乏は、ほとんどの長距離移動者が経験するものとは異なる認知上の問題を引き起こします。)
Monje suspects that neuro-inflammation is “probably the most common way” that COVID results in brain fog, but that there are likely many such routes. COVID could possibly trigger autoimmune problems in which the immune system mistakenly attacks the nervous system, or reactivate dormant viruses such as Epstein-Barr virus, which has been linked to conditions including ME/CFS and multiple sclerosis. By damaging blood vessels and filling them with small clots, COVID also throttles the brain’s blood supply, depriving this most energetically demanding of organs of oxygen and fuel. This oxygen shortfall isn’t stark enough to kill neurons or send people to an ICU, but “the brain isn’t getting what it needs to fire on all cylinders,” Putrino told me. (The severe oxygen deprivation that forces some people with COVID into critical care causes different cognitive problems than what most long-haulers experience.)

これらの説明はどれも確定していませんが、ブレイン フォグの特徴をまとめて理解することはできます。 酸素が不足すると、精巧でエネルギーに依存する認知作業が最初に影響を受けるため、実行機能と言語が「最初に機能する」理由が説明できるとプトリノ氏は述べています。 絶縁被膜がないと、ニューロンの動作が遅くなるため、多くの長距離移動者が処理速度が低下していると感じている理由が説明されています。 これらの問題は、睡眠や休息などの要因によって悪化したり緩和されたりする可能性があり、ブレインフォグを持つ多くの人々が良い日と悪い日を過ごす理由を説明しています. また、他の呼吸器ウイルスは脳に炎症性大混乱をもたらす可能性がありますが、SARS-CoV-2 はたとえばインフルエンザよりも強力です。これは、ロバートソンのような人々が現在のパンデミックのずっと前にブレイン フォグを発症した理由と、症状が特に深刻である理由の両方を説明しています。 COVIDの長距離輸送業者の間で際立っています。
None of these explanations is set in stone, but they can collectively make sense of brain fog’s features. A lack of oxygen would affect sophisticated and energy-dependent cognitive tasks first, which explains why executive function and language “are the first ones to go,” Putrino said. Without insulating coats, neurons work more slowly, which explains why many long-haulers feel that their processing speed is shot: “You’re losing the thing that facilitates fast neural connection between brain regions,” Monje said. These problems can be exacerbated or mitigated by factors such as sleep and rest, which explains why many people with brain fog have good days and bad days. And although other respiratory viruses can wreak inflammatory havoc on the brain, SARS-CoV-2 does so more potently than, say, influenza, which explains both why people such as Robertson developed brain fog long before the current pandemic and why the symptom is especially prominent among COVID long-haulers.

おそらく、この新たな科学の最も重要な意味は、脳の霧が「潜在的に可逆的」であるということです. 症状が永続的な脳感染の働きである場合、または深刻な酸素欠乏に続くニューロンの大量死である場合、元に戻すのは困難です. しかし、神経炎症は運命ではありません。 たとえば、がん研究者は、マウスの凶暴なミクログリアを落ち着かせ、認知能力を回復させる薬を開発しました。 一部は初期の臨床試験でテストされています。 「COVIDでも同じことが当てはまると期待しています」と彼女は言いました。
Perhaps the most important implication of this emerging science is that brain fog is “potentially reversible,” Monje said. If the symptom was the work of a persistent brain infection, or the mass death of neurons following severe oxygen starvation, it would be hard to undo. But neuroinflammation isn’t destiny. Cancer researchers, for example, have developed drugs that can calm berserk microglia in mice and restore their cognitive abilities; some are being tested in early clinical trials. “I’m hopeful that we’ll find the same to be true in COVID,” she said.

生物医学の進歩には何年もかかるかもしれませんが、長距離輸送者は今、ブレイン フォグの助けを必要としています。 治療法がない場合、治療へのほとんどのアプローチは、人々が症状を管理するのを助けることです. より良い睡眠、健康的な食事、およびその他の一般的なライフスタイルの変更により、状態がより許容できるようになります。 呼吸法とリラクゼーション法は、ひどい再燃から人々を救うことができます。 言語療法は、言葉を見つけるのに問題がある人を助けることができます。 抗ヒスタミン薬などの一部の市販薬は炎症症状を緩和することができますが、覚せい剤は集中力を高めることができます.
Biomedical advances might take years to arrive, but long-haulers need help with brain fog now. Absent cures, most approaches to treatment are about helping people manage their symptoms. Sounder sleep, healthy eating, and other generic lifestyle changes can make the condition more tolerable. Breathing and relaxation techniques can help people through bad flare-ups; speech therapy can help those with problems finding words. Some over-the-counter medications such as antihistamines can ease inflammatory symptoms, while stimulants can boost lagging concentration.

「自然にベースラインに戻ってしまう人もいますが、2 年半経った今も、多くの患者は改善していません」と Hellmuth 氏は私に語った。 そして、これらの両極端の間におそらく最大の長距離輸送者のグループが存在し、ブレイン・フォグは改善されたものの消失はせず、「比較的普通の生活を維持できるが、真剣に対応した後にのみ」とプトリノ氏は述べた。 長い回復期間と多くのライフハックにより、通常の生活が可能になりますが、より遅く、より高いコストがかかります.
“Some people spontaneously recover back to baseline,” Hellmuth told me, “but two and a half years on, a lot of patients I see are no better.” And between these extremes lies perhaps the largest group of long-haulers—those whose brain fog has improved but not vanished, and who can “maintain a relatively normal life, but only after making serious accommodations,” Putrino said. Long recovery periods and a slew of lifehacks make regular living possible, but more slowly and at higher cost.

Kristen Tjaden は、短いバーストの後に長い休憩が続くものの、再び読むことができますが、まだ仕事に戻っていません. Angela Meriquez Vázquez は仕事はできますが、マルチタスクや会議のリアルタイム処理はできません。 大規模な生物医学研究プログラムを率いるのを手伝っているジュリア・ムーア・フォーゲルは、彼女の仕事に十分な執行機能を集めることができますが、「私の人生の他のほとんどすべては、その余地を作るために切り取ってきました」と彼女は私に語った. 「私は週に一度だけ家を出たり、社交をしたりします。」 そして、彼女がこれらの問題について公然と話すことはめったにありません。なぜなら、「私の分野では、あなたの脳があなたの通貨だからです」 「私がこれらの認知的課題を抱えていることを知ることで、多くの人々の目から見た私の価値が低下することを私は知っています。」
Kristen Tjaden can read again, albeit for short bursts followed by long rests, but hasn’t returned to work. Angela Meriquez Vázquez can work but can’t multitask or process meetings in real time. Julia Moore Vogel, who helps lead a large biomedical research program, can muster enough executive function for her job, but “almost everything else in my life I’ve cut out to make room for that,” she told me. “I only leave the house or socialize once a week.” And she rarely talks about these problems openly because “in my field, your brain is your currency,” she said. “I know my value in many people’s eyes will be diminished by knowing that I have these cognitive challenges.”

患者は、どこに行き着くかに関係なく、自分がどれだけ変化したか、それに伴う偏見と和解するのに苦労しています。 通常の状態に戻ろうとする彼らの必死さは、危険な場合があります。特に、挑戦を乗り越えることをめぐる文化的規範や、運動後の倦怠感 (わずかな肉体的または精神的運動の後にすべての症状が悪化する重度のクラッシュ) と組み合わせると危険です。 多くの長距離運転者は仕事に戻ろうとし、代わりに「自分自身をクラッシュに追い込む」とRobertsonは私に語った. 彼女が無理やり正常に戻ろうとしたとき、彼女は 1 年間ほとんど家に閉じこもり、フルタイムのケアが必要になりました。 今でも、調子の悪い日に集中しようとすると、「マラソンを走ったような疲労感と痛みが体に表れます」と彼女は語った。
Patients struggle to make peace with how much they’ve changed and the stigma associated with it, regardless of where they end up. Their desperation to return to normal can be dangerous, especially when combined with cultural norms around pressing on through challenges and post-exertional malaise—severe crashes in which all symptoms worsen after even minor physical or mental exertion. Many long-haulers try to push themselves back to work and instead “push themselves into a crash,” Robertson told me. When she tried to force her way to normalcy, she became mostly housebound for a year, needing full-time care. Even now, if she tries to concentrate in the middle of a bad day, “I end up with a physical reaction of exhaustion and pain, like I’ve run a marathon,” she said.

運動後の倦怠感は長距離運転者の間で非常に一般的であるため、「治療としての運動はCOVIDの長期患者には不適切です」とPutrino氏は述べています. 価値が疑わしいが、脳の霧の潜在的な治療法としてしばしば言及される脳トレーニングゲームでさえ、精神的な努力は肉体的な努力であるため、非常に慎重に配給する必要があります. ME/CFS を持つ人々は、この教訓を苦労して学び、運動療法を受けようと懸命に闘いました。かつてはこの症状に対して一般的に処方されていましたが、米国と英国では公式のガイダンスから削除されました。彼らはまた、ペーシングの価値を学びました。 エネルギーレベルを管理してクラッシュを回避します。
Post-exertional malaise is so common among long-haulers that “exercise as a treatment is inappropriate for people with long COVID,” Putrino said. Even brain-training games—which have questionable value but are often mentioned as potential treatments for brain fog—must be very carefully rationed because mental exertion is physical exertion. People with ME/CFS learned this lesson the hard way, and fought hard to get exercise therapy, once commonly prescribed for the condition, to be removed from official guidance in the U.S. and U.K. They’ve also learned the value of pacing—carefully sensing and managing their energy levels to avoid crashes.

フォーゲルはこれをウェアラブルで行い、心拍数、睡眠、活動、ストレスをエネルギーレベルの代理として追跡します。 彼らが気分が落ち込んでいる場合、彼女は身体的にも認知的にも休むように強制します. ソーシャル メディアをチェックしたり、メールに返信したりすることはカウントされません。 そのような時、「あなたはこの医療上の危機に瀕していることを受け入れなければならず、あなたにできる最善のことは文字通り何もしないことです」と彼女は言いました. 霧の中で立ち往生しているとき、唯一の選択肢はじっと立っていることです。
Vogel does this with a wearable that tracks her heart rate, sleep, activity, and stress as a proxy for her energy levels; if they feel low, she forces herself to rest—cognitively as well as physically. Checking social media or responding to emails do not count. In those moments, “you have to accept that you have this medical crisis and the best thing you can do is literally nothing,” she said. When stuck in a fog, sometimes the only option is to stand still.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2793-420d91fe

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>