Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |英国で野良猫をすべて殺すべき理由 Dailymail 2016/9/21
fc2ブログ

Entries

英国で野良猫をすべて殺すべき理由 Dailymail 2016/9/21

En:(grammar)




英国で野良猫をすべて殺すべき理由
Why we should KILL every stray cat in Britain

https://www.dailymail.co.uk/news/article-3801135/Why-KILL-stray-cat-Britain-s-deeply-controversial-conclusion-new-book-piece-appal-millions-naturalist-backs-cull.html
Dailymail 2016/9/21








率直に言って、私は猫好きではありません。多くの人に喜びを与えてくれることは不承不承ながら受け入れるが、ネコ科動物に嫌な面があるのに、国民がネコ科動物に寄せる愛情は理解に苦しむ。
To be frank, I am not a cat person. While I will grudgingly accept that they bring joy to many, I struggle to understand our national affection for felines when they have such a nasty side.

猫は抱きしめたくなるかもしれませんが、私たちの人気のあるペットは致命的な殺人者でもあり、毎年何百万もの野鳥や哺乳類を死に至らしめています.
Cats may be cuddly, but our popular pet is also a lethal killer — responsible for the deaths of millions of wild birds and mammals every year.

そして今、ある一流の科学者が、何百万匹ものモギーを大規模に処分するよう呼びかけました。 そして、正直なところ、私は彼に同意する傾向があります。
And now one leading scientist has called for a wholesale cull of millions of moggies. And, to be honest, I'm inclined to agree with him.

猫は抱きしめたくなるかもしれませんが、私たちの人気のあるペットは致命的な殺人者でもあり、毎年何百万もの野鳥や哺乳類の死の原因となっています.
Cats may be cuddly, but our popular pet is also a lethal killer — responsible for the deaths of millions of wild birds and mammals every year

米国の鳥の専門家であるピーター・マーラ博士は、その著書『キャット・ウォーズ: 抱きしめたくなる殺人者の壊滅的な結果』の中で、猫の問題について厳しい評決を下しています。
In his book Cat Wars: The Devastating Consequences Of A Cuddly Killer, U.S. bird expert Dr Peter Marra gives his stark verdict on the cat problem.

英国では 5,500 万羽、米国では 24 億羽の鳥が殺されています。彼を悩ませているのは、野生生物への壊滅的な影響だけではありません。猫は、猫の糞便を介して広がる可能性のあるトキソプラズマ症などの感染症を伝染させ、人間の健康を脅かしています。
They kill 55 million birds in the UK — and 2.4 billion in the U.S. But it's not just their devastating impact on wildlife that bothers him — cats also threaten human health by passing on infections such as toxoplasmosis, which can be spread via cat faeces.

トキソプラズマ症は、妊娠中の女性に感染すると流産を引き起こす可能性があり、不安やうつ病に関連しています. まれに、失明に至る場合があります。
Toxoplasmosis can cause miscarriage if it infects pregnant women, and has been linked to anxiety and depression. In rare cases, it can lead to blindness.

彼の解決策は? 自宅軟禁 — または死。 今週、ラジオ 4 の今日の番組で、マーラ博士は、ペットが自由に歩き回ることを許可しているすべての猫の所有者に、すぐにやめるよう呼びかけました。
His solution? House arrest — or death. Speaking on Radio 4's Today programme this week, Dr Marra called for all cat owners who allow their pets to wander free to stop doing so immediately.

'猫は歩き回ることが許可されています。 それは止めなければなりません。 外に出したいなら、ひもにつないでください。
'Cats are allowed to roam; that has to stop. Put them on a leash if you want them outside.'

これは急進的に聞こえるかもしれませんが、代替手段が単にこれらの国内殺人者が自由に歩き回ることを許可することである場合、私たちは彼の提案を真剣に受け止めなければならないと思います. その後、何百万人もの猫愛好家を恐怖に陥れたことに、彼ははるかに根本的な解決策を提案しました。それは、現在英国に住んでいる 900 万匹以上の野良猫に対処するものです。
This may sound radical, but when the alternative is simply allowing these domestic killers to roam free, I believe we have to take his suggestion seriously. Then, to the horror of millions of cat-lovers, he proposed a far more radical solution — one that would deal with the more than nine million stray cats currently living in Britain.

猫の飼い主は、自分のペットのサイコパスな面を知らないことがよくあります。 すべての猫の飼い主は、ペットが歓迎されない「プレゼント」を持ち帰り、それをドアマットに置いた経験があります。
Cat owners are often blind to their pet's psychopathic side. Every cat owner has experienced their pet bringing back an unwelcome 'present', and depositing it on the doormat

彼は、これらの動物を捕まえて、私たちの都市、町、田舎から追い出す必要があると信じています.
He believes we need to catch these animals and remove them from our cities, towns and countryside.

次に、可能であれば、人々にそれらを採用するよう説得します。
Then, if we can, persuade people to adopt them.

しかし、家に戻すことができない、または管理下に置くことができない猫については、マーラ博士は悪いニュースを伝えています。「安楽死させる必要があります。」 それは科学的に言えば、殺されたということです。
But for those cats that can't be rehomed — or kept under control — Dr Marra has bad news: 'They will need to be euthanised.' That's science-speak for killed.

繰り返しますが、申し訳ありませんが、私は彼に同意しなければなりません。 猫がカエルから野ネズミまで、多くの鳴き鳥や小型の哺乳類を殺していることは疑いの余地がありません (彼らは犠牲者にこだわりません)。
Again, I'm sorry, but I have to agree with him. There's no doubt that cats kill many songbirds and small mammals — from frogs to field mice (they're not particular about their victims).

寛大な見方は、もちろん、彼らは単に本能に従っているということです.それほど昔ではありませんが、すべての猫は野生に住んでいて、生計を立てるために狩りをしなければなりませんでした.
The generous view is that they are, of course, simply following their instincts: not all that long ago, all cats lived in the wild, and had to hunt and kill for a living.

数年前、ケニアのマサイマラで BBC のビッグ キャット ダイアリーを作成したときに自分の目で見たように、ライオン、ヒョウ、チーターなどの大型ネコ科動物は、世界で最も恐ろしく効果的な捕食者です。 そして、大きな猫が忍び寄って殺すのを見たことがありますが、同じように飼いならされたモギーを見ることはできませんでした.
As I saw for myself when I produced the BBC's Big Cat Diary in Kenya's Masai Mara a few years ago, their larger cousins — lions, leopards and cheetahs — are the world's most fearsome and effective predators. And having seen a big cat stalk and kill, I've never been able to watch a domestic moggy in quite the same way again.


飼いならされた猫が獲物に忍び寄るとき、野生の近縁種とまったく同じテクニックを使用します。つまり、ゆっくりと静かに忍び寄ってから、空中に飛び出し、無意識の犠牲者に飛びつきます。 素早く、計算高く、無慈悲。
When a tame cat stalks its prey, it uses exactly the same techniques as its wild relatives: creeping up slowly and silently, before launching itself into the air and pouncing on its unwitting victim. Quick, calculating, merciless.

それは彼らの性質によるものかもしれませんが、猫は特に残酷で、しばしば獲物をもてあそび、あちらこちらに逃げ回らせ、最終的に頭を引きちぎります。
It may be in their nature, but cats are especially cruel, often toying with their prey, sending it scurrying hither and thither, before finally ripping its head off.

さらに悪いことに、狩りをする特別な理由がなく、空腹を満たす必要がない飼い猫にとって、この拷問は単にサディスティックな娯楽のためのものです。
Worse, for domestic cats who have no particular reason to hunt — having no hunger to satisfy — this torture is simply for their own sadistic amusement.

腹立たしいことに、猫の飼い主は自分のペットのサイコパスな面を知らないことがよくあります。 すべての猫の飼い主は、ペットが歓迎されない「プレゼント」を持ち帰って、玄関マットに置いた経験があります。
Infuriatingly, cat owners are often blind to their pet's psychopathic side. Every cat owner has experienced their pet bringing back an unwelcome 'present', and depositing it on the doormat.

しかし、どういうわけか、彼らは愛猫は例外であると常に主張しているようです。ああ、彼は無防備な小鳥や哺乳類を殺すことは決してありません。 ハエを傷つけません。
But somehow they always seem to insist their beloved cat is the exception to the rest: Oh he never kills any defenceless small bird or mammal. Wouldn't hurt a fly.

しかし、それが本当なら、誰の猫が殺しをしているのでしょうか? 否定は私を怒らせます。 ここ英国の問題は、何百年も前に猫が効果的なげっ歯類殺しであることに気づいて以来、この異星人の捕食者を非常に多く導入してきたことです。
But if that's really true, whose cats are doing the killing? The denial angers me. The problem here in Britain is that since we realised hundreds of years ago that cats are effective rodent killers, we have introduced this alien predator in such huge numbers — we keep nearly eight million as pets — that our native wildlife just can't cope.


コマドリやクロウタドリなどの庭の鳥は、猫の存在に適応することを学ぶ時間がなかったため、突然の攻撃の犠牲になることがよくあります。
Garden birds such as the robin and blackbird simply haven't had time to learn to adapt to the cats' presence, and so often fall victim to their surprise attack

猫が引き起こす殺戮に関する正確な数字を入手するのは困難ですが、哺乳類協会の最新の推定によると、英国では毎年 2 億 7,500 万匹もの獲物が持ち込まれ、そのうち 5,500 万匹は鳥です。
Accurate figures on the carnage they cause are hard to come by, but the latest estimate from the Mammal Society suggests that cats bring in as many as 275 million prey items every year in the UK, of which 55 million are birds.

これが鳥の個体数全体にどの程度の影響を与えるかについては、一部で議論されています。 RSPB は、毎年孵化する何百万羽ものひな鳥のうち、大多数が繁殖の機会を得る前に死んでしまうと指摘しています。 そして、猫は若い、病気の、または弱い鳥を捕まえる傾向があるため、全体的な影響は私たちが最初に考えたほど深刻ではないかもしれません.
How much impact this has on the overall bird populations is disputed by some. The RSPB points out that of the millions of baby birds that hatch out each year, the vast majority will die before they get the chance to breed. And, the argument goes, because cats tend to catch young, sick or weak birds — those which would probably have died anyway — the overall effect may not be quite as serious as we first thought.

しかし — マーラ博士のように — 私にはよくわかりません。 スズメのようにすでに減少しているいくつかの種については、増え続ける猫の数が、彼らを長期的な減少に追いやった原因ではないかと思います.
But — like Dr Marra — I'm not so sure. For some already declining species, such as the house sparrow, I wonder if ever-increasing numbers of cats may be what's tipped them over the edge into long-term decline.

そして、猫とその殺戮が実際に鳥の総数を減らしていないとしても、私が容認できないほどの残虐行為を引き起こしている.
And even if cats and their killing sprees are not actually reducing the overall numbers of birds, they still cause untold cruelty that I find unacceptable.

猫の殺人騒動を止めるためにできることがあります。
There are things you can do to stop your cat's murderous mayhem.

英国の主要な猫福祉慈善団体である Cats Protection は、あなたのペットが連続殺人犯になる可能性を減らすいくつかの方法を推奨しています。
Cats Protection, Britain's leading cat welfare charity, recommends several ways to reduce the chances of your pet becoming a serial killer.

猫は主に夜明けと夕暮れに狩りをするので、その時間帯に屋内にとどめておくことで、殺す数を劇的に減らすことができます.
Cats hunt mostly at dawn and dusk, so by keeping them indoors during those times, you'll dramatically reduce the number of kills they make.

猫の首輪に鈴を付けたり、鳥の餌を地面に置くのではなく鳥のテーブルを使用することも、庭の鳥を保護するのに役立ちます.
Fitting a bell to a cat's collar, and using a bird table rather than putting birdseed on the ground, will also help to protect your garden birds.

Cats Protection の獣医官であるサラ・エリオットも、イエネコを去勢することを勧めています。 そして、彼女はそれらを一晩中室内に保管することを提案しています. しかし、マーラ博士は、これらの措置が十分に行き届いていることを認めていません。
Cats Protection's veterinary officer Sarah Elliott also recommends neutering domestic cats, as this stops them wandering off and adding to the feral population. And she suggests keeping them indoors all night. But Dr Marra simply doesn't accept that these measures go far enough.

彼は、世界中で 60 種以上の哺乳類、鳥類、爬虫類が永久に地球規模で絶滅したのはネコが原因であると主張しています。
He argues that, worldwide, cats have been responsible for the permanent global extinction of more than 60 species of mammal, bird and reptiles.

これらには、かつてニュージーランド沖の島に住んでいた小さな飛べない鳴き鳥であるスティーブンス島ミソサザイが含まれる場合があります。
These may include the Stephens Island wren, a tiny, flightless songbird that once lived on an island off the coast of New Zealand.

1894 年にさかのぼると、灯台守の猫、ティブルズは、わずか 12 か月余りでこの鳥の全世界の個体数を殺すことに成功しました。
Back in 1894, so the story goes, the lighthouse keeper's cat, Tibbles, managed to kill the entire world population of this bird in just over 12 months.

マーラ博士は、「かわいい名前の猫 1 匹が鳥類全体を絶滅させた」と主張しています。
Dr Marra claims: 'One cat with a cute name was responsible for the destruction of an entire bird species'.

驚くべきことに、動物福祉慈善団体である PETA (動物の倫理的扱いを求める人々の会) でさえ、猫の問題に対する解決策として殺処分が行われる場合があることを慎重に受け入れています。
Surprisingly, even the animal welfare charity PETA — People for the Ethical Treatment of Animals — has cautiously accepted that culling may sometimes be the answer to the cat problem.

しかし、猫に対処するよう求める声は騒動を引き起こしました。
Calls to deal with cats have, however, caused uproar.

昨年、イスラエルで行われた野良猫の去勢計画は、動物の繁殖サイクルを妨害するために納税者のお金を使うことは罪深いと主張する右翼のユダヤ人の宗教原理主義者に反論された。
Last year a programme to neuter feral cats in Israel fell foul of Right-wing Jewish religious fundamentalists, who claimed it was sinful to use taxpayers' money to interfere with the animals' reproductive cycle.

オーストラリア政府が昨年、最大 200 万匹の野良猫を屠殺する計画を発表したとき、歌手で動物愛護運動家のモリッシーは激怒しました。
And when the Australian government announced plans to slaughter up to two million feral cats last year, the singer and animal rights campaigner Morrissey was up in arms.

「愚か者が地球を支配していることは誰もが知っていますが、これはあまりにも愚かなことです」と悲惨を愛するクルーナーは宣言しました.
'We all know that the idiots rule the earth, but this is taking idiocy just too far,' the misery-loving crooner declared.

彼は続けて、猫は、昨年ジンバブエで米国の歯科医によって殺害されたライオンのセシルを小さくしたようなものだと言いました。 ベテランのフランス人女優ブリジット・バルドーは、口のきけない獣に立ち向かうことでよく知られているが、モリッシーに加わり、淘汰に反対した。
He went on to say that cats were like smaller versions of Cecil the Lion, whose killing by a U.S. dentist in Zimbabwe last year sparked outrage. And veteran French actress Brigitte Bardot, well known for standing up for dumb beasts, joined Morrissey in his opposition to the cull.

オーストラリアの環境大臣は、猫を「暴力と死の津波」と呼んで対応しました.
The Australian environment minister responded by calling cats 'a tsunami of violence and death'.

彼はまた、ヨーロッパの入植者によって導入されたネコは、バンディクートやポトルー (小さなカンガルーのような有袋類) など、この国のユニークで絶滅の危機に瀕している動物の多くを殺す責任があると述べました.
He also noted that, having been introduced by European settlers, cats have been responsible for killing many of the country's unique and endangered animals, such as bandicoots and potoroos (small kangaroo-like marsupials).

これは、野良猫だけでなく、すべての猫を駆除する必要があると私に納得させるのに十分ですか?
Is this enough to convince me we should get rid of all our cats and not just the strays?

後ろ姿が見られて残念としか言いようがないが、いや、そうでもない。 私のような熱心な鳥愛好家でさえ、それが少し極端であることを認めなければなりません.
Though I can't hand on heart say I'd be sorry to see the back of them, no, not quite. Even a dedicated bird-lover like me has to concede that's a bit extreme.

しかし、飼い猫が自由に歩き回るのを止める必要があると私は信じています。
But I do believe that we need to put a stop to allowing domestic cats to roam free, with the devastating consequences for our wildlife that entails.

野良猫の群れの住処を見つけられなかったら? 残念ながら、私はマーラ博士と一緒にいます — これらのかわいいキラーを淘汰することが唯一の解決策かもしれません.
And if we can't find homes for the armies of stray cats? Well, I'm afraid I'm with Dr Marra — culling these cuddly killers may be the only solution.





スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2788-a99366cd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>