Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |安倍晋三は国葬に値する THE TIMES OF INDIA 2022/9/17
fc2ブログ

Entries

安倍晋三は国葬に値する THE TIMES OF INDIA 2022/9/17

En:(grammar)




安倍晋三は国葬に値する
Shinzo Abe deserves a state funeral
https://timesofindia.indiatimes.com/blogs/globespotting/shinzo-abe-deserves-a-state-funeral/

THE TIMES OF INDIA 2022/9/17








安倍晋三の暗殺は衝撃的だった。痛ましい。
Shinzo Abe’s assassination was shocking. Tragic.

しかし、もっと悲惨なのは、9月27日に行われる国葬の是非をめぐって日本で起きている抗議行動である。
What is more tragic though, are the ongoing protests in Japan about whether he should be given a state funeral on September 27.

約束されたこのイベントには、世界のリーダーたちが大集合します。ナレンドラ・モディ首相は、このイベントのために東京にやってきます。
The promised event will see a huge collection of global leaders. Prime minister narendra Modi will travel to Tokyo for the event.

その他、米国のカマラ・ハリス副大統領、オーストラリアのアンソニー・アルバネーゼ首相(実際には、オーストラリアから少なくとも3人の元首相が出席予定)、シンガポールのリー・シェンロン、ベトナムのグエン・スアン・フォック、欧州理事会のチャールズ・マイケル議長、カナダのジャスティン・トルドーなど、世界のリーダーが到着すると予想されています。
Other world leaders expected to arrive are — US Vice President, Kamara Harris, Australian PM, Anthony Albanese from Australia (in fact, at least three former PMs from Australia will be present at the event); Lee Hsien Loong from Singapore, Nguyen Xuan Phoc, Vietnam, Charles Michel President of the European Council, Justin Trudeau, Canada, among others.

それは日本にとって世界的な瞬間であるはずだ。しかし、現職の岸田文雄総理は、安倍首相の国葬が1200万ドル以上の日本の納税者の負担になるという批判に対して政治闘争を繰り広げている。
It should be a global moment for Japan. But the current incumbent, Fumio Kishida, is fighting a political battle against criticism that Abe’s state funeral would cost the Japanese taxpayer over $12 million.

今週は、なぜそのような葬儀が必要なのか説明できないことを日本国民に謝罪した。週末には臨時国会が開かれ、まさにこの問題について議論される。
This week, he apologised to the Japanese people for not being able to explain why such a funeral is needed. The weekend is seeing an extraordinary sitting of the Japanese Diet, to debate this very question.

読売新聞は、日本人の56%が国葬に反対しているという世論調査を発表した。岸田総理の評価は、葬儀が近づくにつれ、さらに悪化していきそうだ。
Yomiuri Shimbun ran a poll which said 56 per cent of Japanese opposed the state funeral. Kishida’s plunging ratings is likely to only get worse closer to the event.

国葬は、皇室の遺産というよりも、世界の指導者たちとの正式なお別れである。
A state funeral is less an imperial legacy, as it is a formal goodbye to global leaders.

安倍元総理は、これから起こる地政学的な課題によって、日本がこれまでとは異なる種類の大国になる必要があることを認識した、稀有なグローバルリーダーであった。
Abe was that rare global leader who recognised that the geopolitical challenges coming down the road require Japan to be a different kind of power.

また、新しい世界秩序には、同じような価値観を持ち、国際的なルールに基づいたシステムを尊重する民主主義国の協調が必要であるという信念を持った勇気ある人物であった。
He also had the courage of conviction that the new world order needed a concert of democracies with similar values and respect for the international rules-based system.

この「二つの海の合流点」が今日のインド太平洋であり、文字通り世界の地政学の中核をなしている。ロシア・ウクライナ戦争の影で、日本が安全保障の主導権を握り、より「自立」した道を歩もうとする安倍首相の姿勢は、今や先見の明があるように思われる。
His “confluence of the two seas” is today’s Indo-Pacific, literally the core of global geopolitics. In the shadow of the Russia-Ukraine war, Abe’s efforts to craft a more “independent” path for Japan, taking control of its security, now seems prescient.

安倍元総理は完璧ではなかった。世界的なリーダーは本当にそうではありません。
Abe was not perfect. No global leader really is.

彼の日本への政治的貢献を批判的に評価する式典がある。
There is an occasion to assess critically his political contribution to Japan.

確かに、彼の暗殺は、1950年代に韓国から輸入され、日本の保守政治に不釣り合いなほど大きなスペースを持つ、カルト的な統一教会にスポットライトを当てた。
Certainly, his assassination threw the spotlight on the cult-like Unification Church, a 1950s import from Korea that has a disproportionately large space in conservative Japanese politics.

世界第二位の経済大国が、葬儀に公費を使うことについて議論するのは異常だ。政府与党がその費用を負担するのは至極当然のことである。
It is extraordinary that the second most powerful economy would be debating about spending public money on a funeral. It is perfectly normal for the ruling government to foot the bill.

それは、自国の歴史に影響を与えたリーダーを記憶するための時間です。
It’s a time to remember leaders who made a difference in their nation’s history.

また、英国で最も長く君主を務めたエリザベス2世が96歳で亡くなり、これまでとは違う国葬を受けることになったことを受けての議論である。
The debate also comes at a time when Queen Elizabeth II, the longest serving British monarch, died at 96 and would receive a state funeral, unlike anything they have done before.

王政は古く、時代遅れとも言われる制度で、時に物議を醸し、女王の家族も同様です。
The monarchy, an ancient, and some would say, obsolete institution, has been controversial at times, and so has the Queen’s family.

ましてや、英国は今、深刻な不況に見舞われており、日本が心配するような経済状況ではない。
Not to speak of the fact that the UK is seriously in the suds at the moment, with a struggling economy that is not something Japan has to worry about.

現在の状況を考えると、日本の抗議は、いろいろな意味で、寛大さに欠けていると言わざるを得ないのではないだろうか。
In many ways, given the current context, the Japanese protests seem, shall we say, ungenerous?
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2774-2c72c7fc

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>