Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |独占インタビュー:NHSが対応に苦慮する中、病院のトロリーで何日も立ち往生する患者をITVが撮影 itv 2022/7/27
fc2ブログ

Entries

独占インタビュー:NHSが対応に苦慮する中、病院のトロリーで何日も立ち往生する患者をITVが撮影 itv 2022/7/27

En:(grammar)


独占インタビュー:NHSが対応に苦慮する中、病院のトロリーで何日も立ち往生する患者をITVが撮影
Exclusive: ITV films patients stuck on hospital trolleys for days as NHS struggles to cope
https://www.itv.com/news/2022-07-27/exclusive-patients-stuck-on-hospital-trolleys-for-days-as-nhs-struggles-to-cope?utm_medium=Social&utm_source=Twitter#Echobox=1658937869






ITVは、救急隊員の危険な遅延も引き起こしているNHSの現在の危機への前例のないアクセスを許可されました。UKエディターのポール・ブランドがレポートします。
ITV was granted unprecedented access to the current crisis in the NHS, which is also causing dangerous delays for ambulance crews. UK Editor Paul Brand reports

ITV Newsが明らかにしたところによると、病院があまりに混雑しているため、患者がA&E部門の外で何日もトロリーの上で寝かされているとのことだ。
Hospitals are so overwhelmed that patients are being forced to sleep on trolleys for days on end outside A&E departments, ITV News can reveal.

私たちのカメラは、救急隊に危険な遅れをもたらしているNHSの現在の危機に、前例のないアクセスを許可されました。
Our cameras were granted unprecedented access to the current crisis in the NHS, which is also causing dangerous delays to ambulance crews.

ITVの番組「Tonight」は、ノースウェスト救急隊とウォリントン病院と2日間にわたって撮影を行いました。
ITV's Tonight programme spent two days filming with the North West Ambulance Service and Warrington Hospital.

イギリス全土で、救急車の遅れが過去最高を記録している。脳卒中や心臓発作を起こした患者は18分以内に到着することになっているが、多くの患者は何時間も待たされている。
Across the country, ambulance delays are at a record high. Patients having a stroke or heart attack are supposed to be reached within 18 minutes, but many are now waiting hours.

A&Eのベッドが不足しているため、病院の廊下で待つ患者さん。
Patients wait in the hospital corridor due to a lack of beds in A&E.


Credit: ITV TONIGHT

NHSイングランドは、遅延の原因を説明したいと考え、ウォリントン病院の事故・救急の内部を撮影するよう私たちを招待してくれました。
NHS England wanted to explain what is causing the delays, inviting us to film inside Accident and Emergency at Warrington Hospital.

そこでは、入り口からすぐの3本の廊下に、ベッド不足でA&Eに入れない患者さんが長い列を作っていました。
There, we found long queues of patients along three corridors just outside the entrance, unable to be admitted to A&E due to a lack of beds.

行列の先頭にいたのは、92歳のメイ・ライブシーさんだった。
At the front of the queue was 92 year-old May Livesey.

腰痛で病院に運ばれた彼女は、2泊3日の間、トロリー(移動ベッド)で待機していた。
Brought to hospital with severe back pain, she had been waiting on her trolley for three days and two nights.

彼女は、トロリーでA&Eへの入院を待っている19人の患者の一人だった。
She was one of 19 patients on trolleys waiting to be admitted to A&E.

娘のジャニス・イェーツはこう語っている。「私は幸せではありません、全く幸せではありません。母はとても苦しんでいますが、ここの看護師さんやお医者さんは本当に素晴らしい方ばかりです」。
Her daughter, Janice Yates, told us: “I'm not happy, not happy at all. Mum’s been in a lot of pain, but the nurses and the doctors here have been absolutely excellent."

病院の廊下で3日間もトロリーで待たされたメイ・リヴシーさん(92歳)。
May Livesey, 92, was waiting on a trolley in a hospital corridor for three days

撮影当日、シフトに入っていたスタッフの多くは、夜までシフトを延長して、滞留時間を解消しようとしていました。しかし、A&E内の行列は、外にも行列を引き起こしている。
Many of the staff on shift the day we filmed had extended their shifts through the night to try and clear the backlog. But the queues inside A&E are causing queues outside too.

救急隊員は病院のスタッフに引き継ぐまで患者から離れることができないため、診療科のドアのすぐ向こうには、遅れに遅れた救急車の長い列があります。
Paramedics are unable to leave a patient until they’ve been handed over to hospital staff, so just beyond the doors to the department is a long line of ambulances caught up in the delay.

これらのクルーは、患者の引き渡しに何時間も待たされている間は、新たな通報に対応することができません。
Those crews cannot attend new calls while they are waiting for hours to hand over patients.

つまり、脳卒中や心臓発作を起こした人の10人に1人は、救助が来るまでに2時間近くも待つことになるのです。
That means one in ten people suffering a stroke or heart attack will now wait for almost two hours for help to arrive.

ラグビーでは、ナタリー・マクモーランが自宅で心臓発作を起こしたとき、パートナーのトミー・タッピングが車で病院に連れて行ってくれた。彼は救急車に2時間かかると言われ、それ以上待つのはやめようと思ったそうです。
In Rugby, Natalie McMorran had to be driven to hospital by her partner Tommy Tapping when she suffered a heart attack at home. He was told the ambulance would take two hours and decided not to wait any longer.

彼らは「ナタリーを病院に連れて行かないことを強くお勧めする」と言いました、「救急車が近くまで来ていることを教えてください」と言うと、「そうでなければ、私が行きます」と言われました。
“They said we strongly advise you not to take Natalie to the hospital – so I’m saying can you tell me the ambulance is close – otherwise I will.

自分で心肺蘇生をすれば、彼女の命を救えたかどうかはわからない。ただ、彼らの言うことを聞かなくて本当によかった。辿り着いてよかった"
I don’t know whether I could have saved her life doing CPR myself. I’m just so glad I didn’t listen to what they said. I’m just glad we got there.”

A&Eでナタリーは倒れ、心停止に陥りました。医師は彼女の命を救いましたが、彼女の心臓は現在、通常の25%の能力しかありません。彼女は、治療の遅れがどの程度のダメージになったのか、確信が持てません。
Inside A&E Natalie collapsed and went into cardiac arrest. Doctors saved her life, but her heart now only works at 25% of normal capacity. She cannot be sure how much of the damage was down to the delay to her treatment.

ウエスト・ミッドランズ救急車は、患者の引き渡しに手間取り、病院で車が滞留することが日常茶飯事であることを謝罪した。
Apologising for her wait, West Midlands Ambulance confirmed that their vehicles are routinely backed up at hospitals because of hold-ups in handing over patients.

GMBユニオンが「トゥナイト」のために救急車スタッフ2,300人を対象に行った独占調査によると、85%が患者の回復に深刻な影響を与えるような遅れを目撃したことがあることがわかりました。
An exclusive survey for the Tonight programme of 2,300 ambulance staff by the GMB Union found 85% have witnessed delays which have seriously affected a patient’s recovery.

35%は、遅延が患者の死につながったケースに関与したことがあると思うと回答しています。
35% told us they believed they had been involved in cases where delays contributed to a patient’s death.

GMBナショナル・オフィサーのレイチェル・ハリソンは、次のように述べています。「この恐ろしい数字は、GMBの組合員が私たちに伝えていることを裏付けるものです。
Rachel Harrison, GMB National Officer, said: “These horrifying figures confirm exactly what GMB members are telling us.

"10年にわたる大幅な削減、需要の爆発的増加、救急隊員の大量離職により、救急医療サービスは破滅の淵に立たされている。"
“A decade of savage cuts, an explosion in demand and ambulance workers leaving in droves has left the service on the edge of disaster. "

ジャネット・カーペンターの夫リチャードは、心臓手術から自宅で療養中に倒れましたが、救急車が到着するまでに5時間かかり、彼女は一人で彼の命を救おうとすることになったのです
Jeanette Carpenter's husband Richard collapsed while recovering at home from a heart operation, but the ambulance took five hours to arrive and she was left trying to save his life by herself

また、「トゥナイト」では、ノースウェスト救急サービス(NWAS)のコントロールルームに独占的にアクセスすることができました。
The Tonight programme also gained exclusive access to the control room at North West Ambulance Service (NWAS).

ある配車係のエマ・プラントは、こう語っています。「すべての患者は、娘、息子、妻、夫であり、あなたは彼らの人生と誰が車を手に入れるかで神を演じているのです。
One dispatcher, Emma Plant, told us: “Every patient is a daughter, son, wife or husband and you are playing God with their lives and who gets a vehicle.

「貴方には50人の患者がいるのに、4台しかない。」 「誰が車を手に入れるのか?」
“You’ve got 50 jobs, but you’ve only got four vehicles cleared – who gets the vehicle?”

また、デミ・リー・オレアリーさんは、すぐに助けを与えることができない苦しみを語ってくれました。「ほとんどの人は疲れ切っています。電話口で患者さんが悪化していくのを聞いて、警戒心もなく、呼吸も悪くなり、本当に動揺しています」。
Another, Demi-Leigh O’Leary, told us of the distress of not being able to provide immediate help: “Most people are exhausted, to hear those patients deteriorate on the phone and not be alert and the breathing get worse, it’s really upsetting.”

NHS全体で需要が増加しており、A&Eへの入院は昨年10%増加しました。
Demand is up across the NHS with A&E admissions rising by 10% in the last year.

課題は、患者さんを入院させるだけでなく、退院させることです。
The challenge isn’t just getting patients into hospital but back out again.

Warrington病院では、136人の患者さんが退院できる状態になっている病棟を見学しましたが、地域でのケアが限られているため、最長で6週間も退院を待っている患者さんがいるそうです。
Warrington Hospital took us to one ward where 136 patients were ready to be discharged, but with limited care in the community some have been waiting up to 6 weeks to leave.

彼らの退院が遅れるということは、A&Eから患者を移送するための病棟のベッドがないということであり、その結果、新たに到着した患者を受け入れる救急部のスペースがなくなり、病院の外で救急車の列ができることになります。
Their delayed discharge means there are no beds on the wards to transfer patients from A&E, which in turn means no space in the emergency department to admit new arrivals, causing the queues of ambulances outside hospitals.

かつては冬に感じていたプレッシャーが、今では一年中埋め込まれているのです。
Whereas once the pressures were felt in winter, they have now been embedded all year round.

緊急入院の担当者であるSharon Kilkennyは、次のように述べています。「しかし、それが不可能な場合、患者はレスパイトケアや看護ケアを必要とし、それらの施設は満床のため、私たちは課題を抱えています」。
Sharon Kilkenny, in charge of emergency admissions said: “Wherever possible we’d be discharging patients to their own home – but where that’s not possible, they do need respite care, nursing care and it's those placements that we have a challenge with, because they’re full."

ポール・ブランドは、ITV Newsの報道に対する政府の対応について説明しています。
Paul Brand explains how the government has responded to ITV News' reporting

この番組に対して、保健省は次のように述べています。「救急車が直面しているプレッシャーは十分に承知しています。NHSは、最も困難な状況にある病院に支援を提供し、A&Eと救急隊員を解放することで、患者を迅速に診察し、救急車を道路に戻すことができる」と述べた。
Responding to the programme, the Department of Health said: “We absolutely recognise the pressures ambulance services are facing ... The NHS is providing support to the most challenged hospitals, to free up A&E and ambulance crews, so we can get patients seen quickly and ambulances back on the road."

保健省によると、救急車の労働力は2010年以来40%増加しており、今年は救急車の増車に2000万ポンドが投資されています。
The Department of Health says the ambulance workforce is up by 40% since 2010 - with £20 million being invested this year in more ambulances.

政府は、退院を支援するために病院に33億ポンドを提供したと発表しました。
The government told us they have given £3.3 billion to hospitals to help discharge patients.

999: 国家的緊急事態か?今夜は7月28日(木)20:30からITVで放送です。
999: A National Emergency? Tonight is on Thursday 28th July, on ITV at 8.30pm



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2730-24fdbe30

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>