Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |中国外交官 「台湾を統一して台湾人の再教育を行う」 National Review 2022/8/3
fc2ブログ

Entries

中国外交官 「台湾を統一して台湾人の再教育を行う」 National Review 2022/8/3

En:(grammar)



中国外交官 「台湾を統一して台湾人の再教育を行う」 
Top Chinese Diplomat Vows ‘Reeducation’ of Taiwan after ‘Reunification’

National Review 2022/8/3

Lu Shaye (卢沙野 Lu sha ye ルー・シャ・ヤー)










中国の駐仏大使は、ウイグル弾圧を想起させる政策をほのめかしつつ、侵略を否定していない。
China’s ambassador to France hinted at a policy reminiscent of Uyghur repression, while not ruling out an invasion.

中国の駐仏大使は水曜日、北京が台湾の本土との「統一」後、台湾で人口の「再教育」を行うと警告し、政権のウイグル人迫害の言葉を借りて、台湾の反対派への弾圧を威嚇した。
China’s ambassador to France warned Wednesday that Beijing would pursue a population “reeducation” in Taiwan following its “reunification” with the mainland, borrowing language from the regime’s persecution of the Uyghurs in threatening a crackdown on the Taiwanese opposition.


この外交官、卢沙野は一般に強硬派と見られているが、北京が世界に対して意図するメッセージの露骨な表現を正確に反映している人物である。
The diplomat, Lu Shaye, is generally viewed as a hard-liner — but one who accurately reflects a bluntly articulated version of Beijing’s intended message to the rest of the world.


彼はフランスのBFMTVネットワークのインタビューで、ナンシー・ペロシ下院議長が今週台湾を訪問したことについて、不吉な発言をしたのである。
He made the ominous comments during an interview on France’s BFMTV network, while discussing House speaker Nancy Pelosi’s trip to Taiwan this week.

このような再教育政策は、中国が台湾を侵略した場合にのみ可能となる可能性が高いため、彼の発言は、中国による台湾吸収の意図に対する世界の警戒感を高めることになる。
His comments could serve to increase global alarm about China’s intentions to absorb Taiwan, since such a reeducation policy would likely only be possible were China to invade Taiwan.


「10年前、20年前は、台湾の人口の大多数が統一に賛成していたのに、なぜ、今は、反対しているのか?それは民進党が反中国のプロパガンダをたくさん流したからだ」と、台湾の与党について述べた
“Ten years ago, 20 years ago, the majority of the population of Taiwan was for reunification, but why, now, are they against it? It’s because the Democratic Progressive Party has spread a lot of anti-Chinese propaganda,” he said about Taiwan’s ruling political party.


番組の司会者からそのことを追及された卢は、こう明言した。「統一したら、再教育をする」。
Pressed on this by the show’s host, Lu clarified: “After the reunification, we will do reeducation.”


中国共産党の幹部は台湾を大陸と統一すると言っているが、中国共産党が台湾を支配したことは一度もなく、今も強硬に主張し続けている。10年前に台湾人の過半数が統一を支持したという卢の主張も誤りである。
Although Chinese Communist Party officials speak about reunifying Taiwan with the mainland, the party has never controlled the island, to which it aggressively continues to lay claim. Lu’s claim that a majority of Taiwanese favored reunification ten years ago is also false.


おそらく、卢が言及した再教育は、台湾への残忍な侵略の後にのみ行われるのだろう。このインタビューの前に、彼は中国が台湾を攻撃する可能性は「常にある」と述べたが、そのような攻撃は「台湾の人々に対してではない」と主張した。
Presumably, the reeducation drive referenced by Lu would only follow a brutal invasion of the island. Earlier during the interview, he said that the possibility of a Chinese attack on Taiwan “is always there,” but claimed such an attack would “not be against the population of Taiwan.”


BFMTVに出演した卢は、台湾の人々は北京の統治を受け入れることに好意的になっており、中国政権に対する、おそらく「愛国心」がさらに強くなっているとの見方を示した。
In his BFMTV appearance, Lu said he believes the Taiwanese population is becoming more favorable to accepting Beijing’s rule and that it is becoming even more “patriotic,” presumably toward the Chinese regime.

また、中国が侵略を行うかもしれないとインタビューで断言したにもかかわらず、卢は再教育の努力は平和的で「脅威ではない」と述べ、「集団」再教育でないことを明らかにした。
And despite affirming in the interview that China might mount an invasion, Lu said that any reeducation effort would be peaceful and “not under threat,” clarifying that it would not be a “mass” reeducation.


しかし、中国最西部の新疆ウイグル自治区で行われている党の「再教育」政策は、ウイグル人やその他の少数民族を収容所に閉じ込めている。
Yet the party’s “reeducation” drive in the far western Chinese region of Xinjiang places Uyghurs and other ethnic minorities in prison camps.

そこに収容された人々は、収容所や地域の至るところで、民族主義的な洗脳などの残虐行為を受けている。2021年1月、国務省は、再教育の推進は、ウイグル人を同化させ、最終的に民族としての存在を抹殺することを目的としたジェノサイドの一環であると断定した。
Detainees there are subjected to nationalistic brainwashing, among other atrocities, in the camps and throughout the region. In January 2021, the State Department determined that the reeducation drive is part of a genocide aimed at assimilating Uyghurs and eventually erasing their existence as a people.

新疆ウイグル自治区での再教育は、ウイグル人の過激な独立運動のために必要だと、党の幹部は主張している。この言葉は、水曜日の呂氏の発言からもうかがい知ることができる。
Party apparatchiks have claimed that the reeducation campaign in Xinjiang is made necessary by a supposed extremist independence movement pursued by Uyghurs. Echoes of this language could be heard in Lu’s comments on Wednesday.

「問題は、民進党が過激なプロパガンダを流したことだ」と述べた。卢は民進党が段階的な独立運動をしていることを非難した。「私たちが反応しなければ、反応しなければ、彼らは独立という目的を達成することになるのです」。
“The problem is that the Democratic Progressive Party has spread extremist propaganda,” he said. Lu accused the DPP of engaging in a step-by-step independence campaign. “If we don’t react, if we don’t respond, they will attain their objective — independence.”

民進党は一般に、台湾のもう一つの主要政党である国民党よりも中国に対してタカ派と見られているが、台湾の独立を正式に宣言することには賛成していない。台湾の蔡英文総統は、台湾が北京から独立して存在する現状を世界は認めなければならないと発言しているが、台湾の独立を正式に宣言する取り組みを受け入れてはいない。
Although the DPP is generally viewed as more hawkish toward China than the other main Taiwanese party, the Kuomintang, it does not favor a formal declaration of Taiwanese independence. While Taiwanese president Tsai Ing-wen has said that the world must recognize the status quo in which Taiwan exists independently of Beijing, she has not embraced efforts to formally declare Taiwan’s independence.

卢は、駐仏大使時代に外交問題を引き起こし、物議を醸した中国政府高官として知られている。
Lu is known as a controversial Chinese official for his history of sparking high-profile diplomatic incidents during his time as ambassador to France.

コロナウイルスのパンデミック初期、2020年初頭、中国大使館のツイッターアカウントは、中国の外交官がフランスの高齢者介護施設が入居者を "飢えと病気で死なせる "事件を目撃したと主張した。
In the early stages of the coronavirus pandemic, in early 2020, the Chinese embassy’s Twitter account claimed that a Chinese diplomat witnessed incidents in which French senior-care facilities had left their residents “to die of hunger and disease.”

また、フランスの議員がWHO事務局長のTedros Adhanom Ghebreyesus氏を人種差別用語で呼んだという虚偽の疑惑もある。これらの事件の後、当時フランスの外相であったJean-Yves Le Drianは、自国の憤りを表明するために卢を会議に呼び寄せた。
It also alleged, falsely, that French lawmakers had referred to WHO director-general Tedros Adhanom Ghebreyesus using a racial slur. After those incidents, Jean-Yves Le Drian, then France’s foreign minister, summoned Lu for a meeting to express his country’s outrage.

翌年、フランス外務省は、フランス人学者のアントワーヌ・ボンダズに対する大使館のネット上での嫌がらせと、ウイグル人の残虐行為に対する欧米の対中制裁に関連する脅しについて、2日間に2回、再び卢を呼び出した。
The following year, the French foreign ministry summoned Lu again, twice in two days, over the embassy’s online harassment of French scholar Antoine Bondaz and its threats related to Western sanctions against China for the Uyghur atrocities.



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2723-bccbfbec

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>