Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |セリーナ・ソウル「女子スポーツの終焉」
fc2ブログ

Entries

セリーナ・ソウル「女子スポーツの終焉」

En:(grammar)



女子スポーツの終焉
The End of Women's Sports

セリーナ・ソウル
Selina Soule


女子スポーツの終わり
https://togetter.com/li/1627368

PragerU 一覧










私は8歳のときから高いレベルの競技会に参加できる短距離走者になることを目指してトレーニングを重ねてきた。両親、コーチ、チームメートの助けもあり、私はその目標を達成できた。
I’ve been training to be a championship sprinter since I was eight years old. With the help of my parents, my coaches, and my teammates, I did it:

2018年、二年生だった私は、コネチカット州の高校生女子の部でトップ5に入る短距離走者になった。
By sophomore year of high school, in 2018, I was one of the top five female high school sprinters in Connecticut.

ある日突然、そうでなくなるまでは。
But then, one day, I wasn’t.

その年の州選手権で、2人の選手が私より速く走った。いや、文字通り、すべての女子選手より速く走ったのだ。2人は1位と2位でゴールし、圧倒的な力を見せつけた
At the state championships that year, two people passed me—passed all of us girls. Literally. They finished first and second in our races, dominating the field.

2人はより強いモチベーションがあったのか? より厳しい練習を行ったのか? そうは思わない。
Were they more motivated? Did they train harder? I don’t think so.

しかし、2人には有利な点があった。私たちにはどうしようもない大きな利点だ。2人は、性自認が女子のトランスジェンダーであり、生物学的な男子だったのだ。
But they did have an edge—a big one we couldn’t match. They were biological boys who said they were transgender girls.

男性が女性と競うことをあなたは公平だと思うだろうか?
Do you think that’s fair—males competing against females?

あなたが結論を出す前に、トップレベルの女子短距離ランナーになるために私が何をしてきたかについて話をさせてほしい。
Before you make up your mind, let me tell you a bit about what it took for me to become a top female sprinter.

授業の後、毎日、チームメートと共に少なくとも2時間練習した。100メートルと200メートルのダッシュでコンマ数秒を削るためにだ。
It meant training with my team every day after school for at least two hours, working to shave fractions of a second off of my time in the 100- and 200-meter dash.

放課後に友だちと遊ぶことも、週末にどこかに出かけることもなかった。土曜が来るたびに朝早く起き、1日中競技会で競い合う。
It meant not hanging out after school or going out with friends on the weekends. It meant getting up early every Saturday morning, and competing all day at a meet.

夢を台無しにするかもしれない何かにうつつを抜かすこともない。
It meant not indulging in any of the things that might cost me my dream.

コネチカット州選手権の女子の部で金メダルと銀メダルを獲った2人の生物学的な男子について、知っておいてほしいことが1つある。2人の持つ記録では、州選手権の男子の部には出場すらできなかったのだ。
And here’s the thing about the two biological males that took the top two girls’ medals in the State of Connecticut: Their times were not even good enough to qualify them to compete in the state championships on the boys’ team.

念のために繰り返そう。2人の記録では、州選手権の男子の部には出場すらできなかったのである。
Let me say that again, in case you missed it: Their times were not good enough to qualify them for the boys’ state championships.

2人は2年続けて女子を相手に1位と2位を独占した。この2人の生物学的な男子選手は、あわせて15の女子選手権タイトルを獲得したのである。
But two years in a row, they won first and second place competing against the girls. All in all, these two biological males won 15 women’s state championship titles.

一部のメディアは、負け惜しみを言っていると私を責めた。もっと練習しろと私に言った。
Some in the media have accused me of being a sore loser. They tell me to run harder.

しかし、思春期の男子に起きる体の変化は非常に大きい。男子は筋力とスピードにおいて乗り越えようのないアドバンテージを得ることができる。
But the biological changes that males go through during puberty are so significant, they gain an insurmountable advantage in strength and speed.

だからこそ、男子は常に男子と競い、女子は常に女子と競うのだ。
That’s why boys always competed against boys and girls against girls.

アメリカ人陸上選手のアリソン・フェリックスを私は尊敬している。彼女は世界で最も速い女子短距離選手だ。
U.S. runner Allyson Felix is an inspiration to me. She’s the fastest female sprinter in the world.

彼女の400メートル競走の生涯最高記録は49.26秒である。
Her lifetime best for the 400 meters is 49.26 seconds.

しかし、2018年のデータを見てみると、アメリカだけでもこの記録を上回った高校生が300人近くいる。
But based on 2018 data, nearly three hundred high school boys in the U.S. alone could beat that record.

男子選手が女子のトロフィーを奪うことだけを話しているのではない。
What we are talking about, then, is not just boys taking women’s trophies—though they are.

生物学的な男子が女子のスポーツ奨学金を奪うことだけを話しているのでもない。
And we aren’t talking about biological boys taking women’s athletic scholarships—though they’ll do that, too.

能力差の大きい陸上などのスポーツで、生物学的な男子が女子と競うことが許されるなら、女子が締め出されてしまうということを話しているのだ。 勝つ機会を奪われ、参加する機会すら奪われかねないのである。
When biological boys are allowed to compete against girls in sports like track, where the differences in performance are so great, we are talking about girls getting shut out—never getting the chance to win, or even compete at all.


私が参加した2019年の室内州選手権で2人の生物学的な男子が1位と2位を占めたとき、私はニューイングランド選手権に出場するチャンスを失った。私は、優れたコーチの目に止まる機会や、そしておそらく奨学金を得る機会を失ったのだ。
When two biological boys took the first- and second-place spots against me in the 2019 indoor state championship, I lost the opportunity to participate at the New England championships. I lost the chance to be scouted by top coaches, possibly even to win scholarships.

現在、生物学的な男子が女子の部で記録を残すことを許されている。これにより、女子の記録が塗り替えられ、実際の女子による成績が消し去られる。そして、女子がどれほど練習しても、どれほど懸命に努力してもおそらく手の届かない基準が打ち立てられる。
Right now, biological boys are being allowed to set records on the girls’ team—deleting girls’ records, erasing the achievements of actual girls, and setting a standard probably no girl can meet no matter how much she trains or how hard she tries.

そもそも女子スポーツが存在する理由は、才能にあふれ、懸命に練習し、一心不乱に競技に打ち込む女子選手に、脚光を浴び、評価を得るための平等な機会を提供するためだ。
The reason that we have girls’ sports in the first place is to give female athletes with talent, hard work, and dedication an equal opportunity to shine and be recognized.

しかし、陸上、ソフトボール、バレーボール、バスケットボールのようなスポーツで、女子が生物学的な男子と競わなければならないとしたら、女子はその機会を失ってしまう。
But girls will never have that opportunity if they are forced to compete with biological boys in sports like track and field, softball, volleyball, or basketball.


女性は、私のような女子が平等な条件で競う機会を得られるように、長い間懸命に戦ってきた。
Women fought too hard, for too long, so girls like me can have the opportunity to compete on a level playing field.


おそらく最悪なことは、筋力とスピードに関する男女間の生物学的な差は非常に大きくてリアルなのだという事実を女子が指摘し、異議を申し立てようとすると、偏見を持つ人間だと呼ばれることだ。学校職員、教師、コーチ、他の学生は、黙って受け入れろと言う。女子は行儀よくして口を開くなと言うのだ。
Maybe worst of all: When girls try to object—when we point out the truth that biological differences in strength and speed between boys and girls are massive and real—we’re called bigots. Administrators, teachers, coaches, and other students tell us to just keep quiet and take it. We’re told a girl’s place is to be seen and not heard.


私たちは黙ったりしない。私たちは反撃しようとしている。私は、平等な条件で公正な競技に参加する女性と女子の権利を守るため、コネチカット州の2人の女子ランナーと共に、タイトルIX (注: 性差別を禁止する教育改正法第9編) に基づき連邦裁判所に訴訟を起こした。
Well, we won’t be silenced. We are fighting back. With two other top female runners in Connecticut, I’ve filed a federal lawsuit under Title IX to protect the rights of women and girls to a fair competition on a level playing field.

アメリカよ、私たちに背を向けないでほしい。これは、ジェンダー・アイデンティティの問題ではない。 これはフェア・プレイの問題なのだ。
Please don’t turn your backs on us, America. This isn’t about gender identity.It’s about fair play.

セリーナ・ソウルでした。
I’m Selina Soule for Prager University.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2716-03a13c4b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>