Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ロシア兵がウクライナ人囚人を去勢する様子を撮影した動画が公開される The Guardian 2022/7/29
fc2ブログ

Entries

ロシア兵がウクライナ人囚人を去勢する様子を撮影した動画が公開される The Guardian 2022/7/29

En:(grammar)




ロシア兵がウクライナ人囚人を去勢する様子を撮影した動画が公開される
Video appears to show Russian soldier castrating Ukrainian prisoner
https://www.theguardian.com/world/2022/jul/29/video-appears-to-show-russian-soldier-castrating-ukrainian-prisoner

The Guardian 2022/7/29











ロシア兵がウクライナの囚人を去勢しているように見える恐ろしい映像が公開され、その後殺害されたとの報告もある。
Horrific video has emerged that appears to show a Russian soldier castrating a Ukrainian prisoner who other reports suggest was subsequently murdered.

Guardianが確認したこの映像は、もともと親ロシア派のテレグラム・チャンネルに投稿されたものです。
The footage, reviewed by the Guardian, was originally posted on pro-Russian Telegram channels.

黒いつばの広い帽子をかぶったロシア兵が、両手を縛られ、ズボンの後ろを切られてうつ伏せになっている別の人物に近づいているのが見える。
A Russian soldier, wearing a distinctive black wide-brimmed hat, is seen approaching another figure who has his hands bound and is lying face down with the back of his trousers cut away.

囚人は、ウクライナ人であることを示す青と黄色のワッペンをつけている。
The prisoner is wearing blue and yellow patches identifying him as Ukrainian.

青い手術用手袋をはめた帽子の兵士は、緑色の柄のナイフを持ち、他の兵士が囚人を虐待する中、手を伸ばして囚人を切り刻んでいます。
The soldier in the hat, who is wearing blue surgical gloves, is holding a green-handled knife and reaches down to mutilate the prisoner as other soldiers abuse the prisoner.

この映像の出所や撮影日、場所については不明な点が多いが、ロシア兵は以前、ウクライナ東部のシエヴィエロドネツクのアゾット化学工場付近で撮影され、アクマット大隊と呼ばれるチェチェン人部隊に属していたという主張がある。
While much is unknown about the provenance and date that the footage was recorded – and where – there are claims that the Russian soldier was previously filmed in the vicinity of the Azot chemical works in Sievierodonetsk in eastern Ukraine and that he was serving with a Chechen formation known as the Akhmat battalion.

ガーディアンはこの映像の真偽を独自に確認することはできなかったが、この映像は親ロシア派のメディアサイトやウクライナのソーシャルメディアで広く共有され、一部のロシアのユーザーは切断された兵士を嘲笑する画像を投稿した。
While the Guardian has been unable to independently verify the authenticity of the footage, it has been widely shared on pro-Russian media sites as well as on Ukrainian social media, with some Russian users posting images mocking the mutilated soldier.

このビデオにコメントした人の中には、ウクライナや欧米のアナリストもいて、恐怖を表明している。
Among those commenting on the video were Ukrainian and western analysts who expressed their horror.

オーストラリアの元将軍で軍事アナリストのミック・ライアンはこうつぶやいた。「ここ数日、ロシア兵が無防備なウクライナの捕虜に対して、醜悪で反吐が出るような行為を行う動画が出回っている。私はこれを増幅することはしないが、いくつかの考えを示したいと思う。
The Australian former general and military analyst Mick Ryan tweeted: “In the last day or so, a video showing Russian soldiers conducting a hideous and repulsive act against a defenceless Ukrainian prisoner of war has circulated. While I will not amplify this, I wanted to provide some thoughts.

「第一に、純粋に人間として、一人の人間が他の人間にこんなことをするのは気分が悪いです。」
“First, from a purely human level, I am sickened that one human will do this to another.

「これは堕落した非人間的な行為であり、正当化できるものではありません。第二に、兵士として、仲間の兵士(今は非戦闘員)がこのような扱いを受けているのを見ると、心が痛みます。兵士がこのような嫌悪感を抱くような扱いを受ける資格はない」。
It is a depraved and inhuman act – there is nothing that justifies it. Second, as a soldier, it breaks my heart to see a fellow soldier – now a non-combatant – being treated in such a way. No soldier deserves such disgusting treatment.”

調査機関Bellingcatの調査・訓練責任者であるAric Toler氏は、このビデオは本物であるように見え、ビデオの男性と同じ特徴的な黒い帽子とリストバンドをつけたロシア兵が、以前ロシアの放送局RTが放映した映像に登場したことを示唆した。
Aric Toler, head of research and training at the investigative outlet Bellingcat, suggested that the video appeared to be authentic and that a Russian soldier wearing the same distinctive black hat and wristband as the man in the video had previously appeared in a clip aired by the Russian broadcaster RT.

アムネスティ・インターナショナルの東欧・中央アジア担当ディレクター、マリー・ストラザーズは、この映像について「ロシア軍によるウクライナの人命と尊厳の完全無視がまた一つ明らかになった」と述べている。
Marie Struthers, Amnesty International’s eastern Europe and central Asia director, said the footage “was yet another apparent example of complete disregard for human life and dignity in Ukraine committed by Russian forces.

「犯罪責任が疑われる者はすべて調査され、十分な証拠があれば、通常の文民法廷で、死刑に頼ることなく公正な裁判によって起訴されなければならない」。
“All those suspected of criminal responsibility must be investigated and, if there is sufficient admissible evidence, prosecuted in fair trials before ordinary civilian courts and without recourse to the death penalty.”

このビデオはウクライナに嫌悪と恐怖を与え、キエフの当局者は犯人を罰することを誓った。
The video has prompted widespread disgust and horror in Ukraine, with officials in Kyiv vowing to punish the perpetrators.


ウクライナ大統領顧問のMykhailo Podolyak氏は、次のようにツイートした。"すべての世界が理解する必要がある。ロシアは拷問と殺人を楽しむ人食い人種の国である。
The Ukrainian presidential adviser Mykhailo Podolyak tweeted: “All the world needs to understand: Russia is a country of cannibals who enjoy torture and murder.

しかし、戦争の霧は、処刑者の処罰を回避するのに役立つことはありません。我々は全員を特定する。我々は全員を捕らえる"
But the fog of war will not help to avoid the punishment of the executioners. We identify everyone. We will get everyone.”


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2714-3769c51b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>