Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |フランスの中華料理店でチベット人男性が中国人に殺害される事件が発生 2022/7/14
fc2ブログ

Entries

フランスの中華料理店でチベット人男性が中国人に殺害される事件が発生 2022/7/14

En:(grammar)


フランスの中華料理店でチベット人男性が中国人に殺害される事件が発生
Tibetan man killed at a Chinese restaurant in France
https://www.phayul.com/2022/07/14/47331/









DHARAMSHALA, July 14:

フランスのチベット人社会は、月曜日にフランス北部の町サン=レオナールのレストランで、雇用主の中国人に刺殺されたとされるチベット人男性ツルトリムさんの残忍な殺害に激怒しています。
The Tibetan community in France is enraged at the brutal murder of a Tibetan man named Tsultrim who was allegedly stabbed to death by his Chinese employer at a restaurant in northern French town of Saint-Léonard on Monday.

それ以来、ディアスポラ社会はこの不幸な死に対して憤りと悲しみを表明しています。
The diasporic community has since expressed outcry and grief over the unfortunate death.

「告発された中国人の雇用主はチベット人に対してあまり良い評判を持っておらず、以前にも数人のチベット人を雇用したが、1週間以内に不当に解雇されたと訴えている。死亡者の場合、彼は数日前に同じ中華料理店で働き始めたばかりでした」。パリのTenzin NamgyalはPhayulにこの話を伝えました。
“The accused Chinese employer does not have a very good reputation with Tibetans; he had previously employed a few Tibetans who claimed that they were sacked unreasonably within a week. In the case of deceased, he had just started working at the same Chinese restaurant only a few days back.” Tenzin Namgyal from Paris told Phayul about the developing story.

「司法警察はこの事件を取り上げ、意図的な殺人事件として扱っています。」
“Judicial police has taken up the case and they are treating it as a deliberate murder case.

「我々は検視の結果を待っており、近々事件の詳細が発表されるでしょう」とTe Namはさらに述べた。情報筋によると、この32歳は2014年からフランスに滞在しており、カムのリタン出身であった。
We are waiting for the result of the autopsy, which will release more details of the case soon,” Te Nam further said. As per sources, the 32-year-old had been in France since 2014 and was originally from Lithang, Kham.

ツルトリムさんの訃報を受け、フランスでは多くのチベット人が中国系レストランから離職したと伝えられ、ソーシャルメディア上で共有された複数の動画では、中国の雇用主に対する抗議と殺害されたチベット人男性への連帯のために、このような動きが見られました。
Following the news of Tsultrim’s death, many Tibetans in France reportedly left work from Chinese restaurants, as seen in multiple videos shared on social media to protest against the Chinese employers and in solidarity for the slain Tibetan man.


また、この死は、西洋におけるチベット人の地位や、生活のためにチベット人が報酬は少ないが容易に得られる仕事に就かざるを得なくなることについても疑問を投げかけている。
This death has also raised questions regarding the status of Tibetans in the West, and how livelihood compels Tibetans to take up jobs that have lesser remuneration but are readily available.

「フランスで仕事を得るのは、言葉がわからないと難しい。レストラン、特に中華料理店で仕事を得るのはずっと簡単ですが、皆が知っているように幸せではありません」と、さらに語った。
“It is very difficult to get a job in France if you don’t know the language. It is much easier to get a job in restaurants, especially a Chinese one, but not happily as we all know,” he further said.


フランスに拠点を置く様々なチベット人協会が、日曜日にパリでバスティーユ広場からレピュブリックまで、死者を偲び、被害者の家族への連帯を示す平和行進を行いました。月曜日にはサン=レオナールでも行進が行われ、その後7月24日に祈りの集いが行われる予定です
Various Tibetan associations based in France have organized a peace march on Sunday in Paris from Place de la Bastille to République in the memory of the deceased and to show solidarity with the victim’s family. Another march will take place in Saint-Léonard on Monday, followed by a prayer gathering on July 24.

チベット人男性が刺殺された中華料理店で、暴徒によって車がひっくり返され、窓ガラスが割られる様子を映したスクリーンショット。
Screen grab showing a car turned over and windows broken by a mob at the Chinese restaurant where a Tibetan man was stabbed to death.

木曜日には、チベット人男性が死亡した中華料理店をチベット人が破壊している複数の動画がネット上に出回り、事態はさらにエスカレートした。
The situation escalated further as multiple videos surfaced online on Thursday of Tibetans vandalizing the Chinese restaurant where the Tibetan man died.

窓ガラスが割られ、レストランの外にあった車がひっくり返された映像は、SNSで広く流された。
The windows were broken, and a car outside the restaurant was turned over in the videos circulated widely on social media platforms.

この場所はすでにフランス警察によって封鎖されているが、暴徒化は被害者の事件を悪化させる可能性がある、とネットユーザーは意見している。
Although the place was already sealed by the French police, mob violence would possibly harm the case of the victim, netizens opined.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2705-6c55fa6a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
20位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>