Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |中国企業がロシアに、ウクライナでの戦闘を継続するために必要な軍用製品を販売している。 WSJ 2022/7/15
fc2ブログ

Entries

中国企業がロシアに、ウクライナでの戦闘を継続するために必要な軍用製品を販売している。 WSJ 2022/7/15

En:(grammar)


中国企業がロシアに、ウクライナでの戦闘を継続するために必要な軍用製品を販売している。
Chinese Firms Are Selling Russia Goods Its Military Needs to Keep Fighting in Ukraine
https://www.wsj.com/articles/chinese-firms-are-selling-russia-goods-its-military-needs-to-keep-fighting-in-ukraine-11657877403?st=0h392ile811q0cw

WSJ 2022/7/15







マイクロチップ、酸化アルミニウム、その他のデュアルユース製品の輸出が増加し、ロシアの戦争努力を阻止しようとする西側諸国の動きが弱まる
Rising exports of microchips, aluminum oxide, other dual-use items undermine Western push to stall Russian war effort


北京-中国からロシアへのマイクロチップなどの電子部品や原材料の輸出が、モスクワのウクライナ侵攻以来増加しており、米国と西側同盟国によるロシア経済の孤立化と軍事的機能不全を狙った取り組みが複雑化しています。
BEIJING—Chinese exports to Russia of microchips and other electronic components and raw materials, some with military applications, have increased since Moscow’s invasion of Ukraine, complicating efforts by the U.S. and Western allies to isolate the country’s economy and cripple its military.

中国からロシアへのチップの出荷は、2022年の最初の5カ月間で前年比2倍以上の約5000万ドルに達し、プリント回路など他の部品の輸出も2桁の伸び率だったことが、中国の税関のデータで明らかになっています。
Chip shipments from China to Russia more than doubled to about $50 million in the first five months of 2022 compared with a year earlier, Chinese customs data show, while exports of other components such as printed circuits had double-digit percentage growth.

武器製造や航空宇宙分野で重要な素材である金属アルミニウムの原料となる酸化アルミニウムの輸出量は、昨年の400倍となっています。
Export volumes of aluminum oxide, which is used to make the metal aluminum, an important material in weapons production and aerospace, are 400 times higher than last year.

報告された輸出額の上昇は、インフレによって一部説明されるかもしれない。
The rise in reported export values may partly be explained by inflation.

しかし、このデータは、多くの中国のハイテク販売業者が、米国の監視にもかかわらず、ロシアと取引を続けてきたことを示している。
But the data shows that many Chinese tech sellers have continued to do business with Russia despite U.S. scrutiny.

中国の輸出は、同国全体の輸出のほんの一角に過ぎないが、米国当局の懸念材料となっている。
The Chinese exports, while just a sliver of the country’s overall exports, are a source of concern for U.S. officials.

商務省は先月、侵攻前と侵攻後の両方でロシアの防衛産業を支援した疑いがあるとして、中国の電子企業5社を貿易ブラックリストに追加した。
The Commerce Department added five Chinese electronics companies to a trade blacklist last month for allegedly helping Russia’s defense industry, both before the invasion and after it began.


ニコラス・バーンズ駐中国大使は先週、「わが国政府と国家指導部は2月24日から、中国はこの戦争でロシアに物質的、経済的、軍事的支援を行うべきではないと明確に述べている」と述べている。
“Our government and our national leadership has been very clear from February 24th on that China should not provide material, economic and military support for Russia in this war,” Nicholas Burns, the U.S. ambassador to China, said last week.

商務省は、中国がロシアに対する米国の輸出規制を組織的に回避しようとしたとは考えていないが、両国間の貿易を注意深く監視しており、"ロシア軍に支援を提供する当事者に対しては、法律や規制の手段を躊躇なく用いる "と書面で回答している
The Commerce Department said in a written response that while it didn’t believe China had sought to systematically evade U.S. export controls on Russia, the department was closely monitoring trade between the countries and “will not hesitate to employ our full legal and regulatory tools against parties that provide support to the Russian military.”

中国とロシアの間では、軍事利用が可能なチップやその他の部品の取引には、小規模な民間企業と巨大な国有企業の両方が関わっている。
The China-Russia trade in chips and other components with potential military applications involves both small, private outfits and sprawling state-owned enterprises.

データが不完全で、子会社や中間業者の複雑なネットワークがあるため、すべての活動を追跡することは困難です。
Incomplete data and complex networks of subsidiaries and middlemen make it hard to trace all the activity.

中国当局は、中国がロシアに武器を売っているわけではないと述べている。
Chinese officials have said the country isn’t selling weapons to Russia.

また、中国からロシアへの輸出は、多くの中国企業がアメリカの逆鱗に触れることを恐れて、今年に入ってから大幅に減少している。
And overall exports from China to Russia have fallen substantially this year as many Chinese companies fear running afoul of the U.S.

中国の支援は、広く言えば、モスクワにとって極めて重要である。石油とガスの収入は、ロシア経済のかなりの部分を占めている。
China’s support, broadly speaking, is critical to Moscow. Oil and gas revenues make up a sizable chunk of Russia’s economy.

ドイツなど欧州諸国がロシアのエネルギー購入を控える中、ロシアのプーチン大統領は、今後、中国をはじめとするアジアにはるかに多くのエネルギーを販売することが重要であると強調している。
As European nations such as Germany seek to draw down Russian energy purchases, Russian President Vladimir Putin has stressed the importance of selling far more energy to China and others in Asia in the future.

また、中国はロシアとの関係においても影響力を増している。中国は歴史的に多くの先端技術をロシア、そしてそれ以前はソビエト連邦に依存してきたが、中国が技術格差を縮め、独自の防衛輸出国として台頭するにつれ、徐々に変化してきている。
China is also gaining leverage in its relationship with Russia. While China historically has relied on Russia, and before that the Soviet Union, for many advanced technologies, that is gradually changing as China closes the technology gap and emerges as a defense exporter in its own right.


中国の習近平国家主席は、北京がロシアを支持し、両国は "無限の "友好関係を共有していると繰り返し述べています。
Chinese leader Xi Jinping has repeatedly reaffirmed Beijing’s support for Russia, saying the two countries share a friendship with “no limits.”

第二次世界大戦後の米国主導の国際システムに対する共通の不満が、習近平氏の10年間の政権運営の中で、長い戦略的不信の歴史にもかかわらず、両国を徐々に結びつけてきた。
A shared dissatisfaction with the U.S.-led post-World War II international system has gradually driven the countries together during Mr. Xi’s decade in power, despite a long history of strategic mistrust.


ワシントンに拠点を置き、安全保障上の脅威を追跡する非営利団体C4ADSの研究者は、ロシアの防衛企業と中国中央政府が支配する複合企業である保利集団の間の取引に注目している。
Researchers at C4ADS, a Washington-based nonprofit organization that tracks security threats, have been looking at trade between Russian defense firms and China Poly Group, a conglomerate controlled by China’s central government.


保利集団の子会社には、中国の主要な兵器メーカーや、小型武器、ミサイル技術、最近ではアンチドローンレーザー技術などを輸出している企業があります。
Poly’s subsidiaries include a key Chinese weapons producer and exporter of small arms, missile technology and, more recently, antidrone laser technology.

2014年から2022年1月の間に、C4ADSの研究者であるNaomi Garciaは、ポリの子会社からロシアの防衛組織へ、民生用と軍事用の両方の用途を持つ、いわゆるデュアルユース製品のこれまで公表されていなかった281件の出荷を確認したと、金曜日に発表した報告書に記しています。
Between 2014 and January 2022, C4ADS researcher Naomi Garcia identified 281 previously undisclosed shipments of so-called dual-use goods, which have both civilian and military uses, from Poly subsidiaries to Russian defense organizations, she wrote in a report released on Friday.

調査によると、最も新しい出荷の1つである1月下旬には、 保利科技有限公司が制裁を受けたロシアの防衛企業アルマズ・アンテイにアンテナ部品を送っています。
In one of the most recent shipments, in late January, according to the research, Poly Technologies sent antenna parts to sanctioned Russian defense company Almaz-Antey.

ガルシアさんは、2月下旬にウクライナ侵攻が始まって以来、ロシアの防衛企業への保利の出荷を発見していない、と語った。
Ms. Garcia said she hasn’t discovered Poly shipments to Russian defense firms since the Ukraine invasion began in late February.

C4ADSが確認したロシアの税関記録によると、アンテナ部品は特にロシアの先進的な地対空ミサイルシステムS-400の一部であるレーダーで使用するためのものであったという。
Russian customs records reviewed by C4ADS say the antenna parts were specifically to be used in a radar that is part of Russia’s advanced S-400 surface-to-air missile system.

ロシアのメディアは、同国国防省を引用して、S-400システムがウクライナ戦争で使用されたと伝えている。
Russian media, citing the country’s Defense Ministry, has said the S-400 system has been used in the Ukraine war.

「保利科技有限公司は、ロシア政府によるミサイルシステムの部品調達を助長していることは否定できない」とガルシア氏は言う。
“Poly Technologies is undeniably facilitating the Russian government’s acquisition of missile-system parts,” Ms. Garcia said.

保利科技有限公司は、ミサイル技術の拡散に関与したとして、1月に国務省から制裁を受けました。
Poly Technologies was sanctioned by the State Department in January for engaging in proliferation of missile technologies.

国務省の報道官は、今回の制裁は同社が弾道ミサイル技術を他国に移転したことに関連すると述べたが、どこの国かは明らかにしなかった。
A State Department spokesperson said the sanctions were related to the company’s transferring of ballistic-missile technology to another country, but didn’t name which country.

保利は、ファックスでコメントを求めたが返答はなく、プレスオフィスの職員は、ロシアとの仕事について質問され電話を切った。
Poly didn’t reply to a faxed request for comment and an official in its press office hung up when asked about its work with Russia.

アルマス-アンティ、ロシア経済発展省、産業貿易省はコメントを受け付けていません。
Almaz-Antey, Russia’s Ministry of Economic Development and Ministry of Industry and Trade, didn’t respond for comment.

レーダー部品や半導体以外にも、ロシアが他国からの調達を制限されている基礎資材のギャップを埋めるのに、中国の輸出企業は役立っている。
Beyond radar components and semiconductors, Chinese exporters also have helped fill a gap in basic materials that Russia is restricted from sourcing elsewhere.


オーストラリアは3月、酸化アルミニウムとその関連製品数点を兵器開発に使用されるとして輸出禁止にした。
In March, Australia prohibited the export of aluminum oxide and several other related products, citing their use in weapons development.

それ以来、中国のロシア向け酸化アルミニウムの輸出は急増し、中国の税関の記録によると、5月には15万3千トン(前年同月は227トン)を記録している。
Since then, Chinese exports of aluminum oxide to Russia have surged, hitting 153,000 metric tons in May, according to Chinese customs records, compared with 227 metric tons in the same month the year before.

国営複合企業である保利とは異なり、最近商務省の標的となった中国企業は、香港や中国南部の広東省を拠点とする小規模な民間ハードウェア販売業者である。
Unlike state-owned conglomerate Poly, the Chinese companies that were targeted most recently by the Commerce Department are small, private hardware distributors run out of Hong Kong and China’s southern province of Guangdong.

ロシアとの取引規模に関する情報は比較的少ないが、米国が名指しした企業の中には、防衛業務を公然と宣伝しているところもある。
While there is relatively little information about the size of business they do with Russia, some of the companies named by the U.S. openly advertised their defense work.

そのうちの1社であるWinninc Electronics Co.は以前、自社のウェブサイトで、"世界中の産業、軍事、航空宇宙、家電メーカー向けのトップディストリビューター "であると述べていました。
One of the firms, Winninc Electronics Co., previously said on its website that it was a top distributor “for industrial, military, aerospace, and consumer electronics manufacturers worldwide.”

その後、その文言は削除された。"私たちがこれを乗り越えられることを願っています" と、現在ウェブサイトには書かれています。
That language has since been removed. “Hope we can get through this,” the website now says.

もう一つの対象企業である新野電子も最近まで、テキサス・インスツルメンツ社やアナログ・デバイセズ社を含む米国の上場ハードウェアメーカーの「協力パートナー」であるとホームページで述べていた。
Another of the targeted companies, Sinno Electronics Co., also until recently said on its website that it was a “cooperative partner” of publicly traded U.S. hardware manufacturers including Texas Instruments Inc. and Analog Devices Inc.

テキサス・インスツルメンツ社は、コメントの要請に応じなかった。アナログ・デバイセズ社は、シンノー社のパートナーではないという。
Texas Instruments didn’t respond to requests for comment. Analog Devices said it isn’t a partner of Sinno.

さらに、商務省のブラックリスト入り決定後、同社との取引を停止するよう販売店に指示したという。
It added that it had instructed its distributors to cease business with the company after the Commerce Department’s decision to blacklist it.

Sinno社はコメントの要請に応じなかった。Winnincの電話に出た人は、米国の決定が公表される前に、同社は知らされていなかったと述べたが、それ以上のコメントは避けた。
Sinno didn’t respond to a request for comment. A person who answered the phone at Winninc said the company wasn’t informed about the U.S. decision before it was made public but declined to comment further.

ベルリンにある国際戦略研究所のロシア制裁の専門家であるマリア・シャギナ氏は、中国企業に対する今回の措置は、米国の脅威が信頼できることを示すためのものと思われ、特に中小企業は大企業よりも輸出規制を回避しやすいことを考慮している、と述べた。
Maria Shagina, an expert on Russia sanctions at the International Institute for Strategic Studies in Berlin, said the latest action against the Chinese companies appeared to be intended to show that U.S. threats were credible, particularly considering how smaller companies may be better able to circumvent export controls than bigger ones.

"米国とその同盟国はロシアとの抑止力で失敗したが、中国が組織的にロシアを助けることを早期に阻止することが重要だ"。
“While the U.S. and its allies failed at deterrence with Russia, it’s important to prevent China early enough from systematically helping Russia,” she said.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2692-47a79343

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>