Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ロシアのウクライナ侵攻戦死者、大半は少数民族と地方出身者 Kamil Galeev 2022/5/30
fc2ブログ

Entries

ロシアのウクライナ侵攻戦死者、大半は少数民族と地方出身者 Kamil Galeev 2022/5/30

En:(grammar)


ウクライナでのロシア人犠牲者の中には、シベリア出身者と北コーカサス人が非常に多く含まれています。
Native Siberians and North Caucasians* are hugely overrepresented among the Russian casualties in Ukraine.

Kamil Galeev 2022/5/30












ウクライナにおける18〜60歳男性10万人当たりの死傷者数
Casualties in Ukraine per 100 000 males between 18-60 years old

モスクワ、ロシア、ブリヤート
Moscow, Russia, Buryatia


自由ブリヤート財団の試算を考えてみよう。
Consider these estimates of the Free Buryatia Foundation.

ロシアは先住民の最後の一人まで戦う準備ができているようで、2つの問題を同時に解決することができます。
It looks like Russia is ready to fight till the last indigenous person, solving two problems at once


しかし、北カフカスには例外がある。それはチェチェンである。近隣の2つの地域チェチェンとダゲスタンを比べてみてください。
*There is however an exception in the North Caucasus. It is Chechnya. Compare two neighbouring regions Chechnya and Dagestan.

チェチェンの人口は150万人、ダゲスタンは310万人。チェチェンより人口が2倍多いだけなのに、犠牲者は40倍も多い。
Chechnya has 1,5 million people, Dagestan has 3,1 million. Despite being just about 2 times more populous than Chechnya it has 40 times more casualties



どういう意味ですか?
What does it mean?

ダゲスタン人はロシア正規軍で戦い、ウクライナでは不釣り合いな数の兵士と犠牲者が出ている。
1. Dagestanis fight in the regular Russian army, comprising disproportionate number of troops and of casualties in Ukraine

チェチェン人はロシアの正規軍では戦わない。彼らがどんなバッジを持っていようと、それは問題ではない。彼らはカディロフの個人的な軍隊だ。
2. Chechens do *not* fight in the regular Russian army. Whatever badges they have, it doesn't matter. They're the Kadyrov's personal army

権威に基づく形式的・官僚的なロシア軍と、権力に基づく非公式なチェチェン軍との違いを理解することは非常に重要です。
It's very important to understand the difference between the authority-based formalised and bureaucratic Russian army and the power-based informal Chechen army.

もちろん、チェチェン人はいくつかの種類の文書やバッジを持っています。しかし、チェチェン軍では、それは全く重要ではありません。
Ofc Chechens have some kinds of documents and badges. But in the Chechen army it doesn't matter at all

カディロフの3人の側近のうち、デリムハノフが常にウクライナで目撃されている。
Among from Kadyrov's three top aides it is Delimkhanov who is constantly seen in Ukraine.

カディロフは、軍隊を指揮する主も、個人的な護衛を指揮するパトリオットも派遣していないことに注目しよう。
Notice that Kadyrov didn't send the Lord who commands his army or the Patriot who commands his personal guard.

彼はモスクワの暗殺部隊を率いるデリムハノフを送り込みました。
He sent Delimkhanov who leads his personal team of assassins in Moscow

平時はチェチェンのカディロフに主や愛国者が滞在している。
In normal times the Lord and the Patriot stay with Kadyrov in Chechnya.

彼らは そこで仕事をしているのです。しかし、デリムハノフは通常、ロシア議会の議員としてモスクワに滞在している。
They have job there. But Delimkhanov normally stays in Moscow as an MP of the Russian Parliament.

彼は国会にあまり顔を出さないが、正式な地位と法的免責のために国会が必要だからだ
He doesn't show up in parliament often, cuz he needs it for the formal status and legal immunity

デリムハノフ氏は2007年からロシア議会の議員を務めている。
Delimkhanov has been an MP of the Russian parliament since 2007.

15年間、彼は一度も演説をしなかった。しかし、彼は殺人を組織的に行ったと疑われていた。
For 15 years he never ever gave a speech. But he was suspected in organising murders of:

モブラディ・ベイサロフ
- Movladi Baysarov

スルリム・ヤマダエフ
- Sulim Yamadayev

ボリス・ネムツォフ
- Boris Nemtsov

そして、モスクワ、ドバイ、トルコなどで多くの人を殺したり、殺そうとしたりした。
and killing or trying to kill many others in Moscow, Dubai, Turkey, etc

ここで興味深いのは、モブラディ・ベイサロフとスリム・ヤマダエフは、カディロフと同じようにロシア側に寝返ったチェチェンの反乱軍だったということだ。
What is interesting here is that Movladi Baysarov and Sulim Yamadaev were both Chechen rebels who switched to the Russians, like Kadyrov.

ベイサロフはFSB、ヤマダエフはGRUの正式な幹部だった。しかし、それは彼らを助けなかった。二人とも殺され、FSBは何もしなかった
Baysarov was formally an officer of FSB and Yamadaev - of GRU. It didn't help them. Both were killed and FSB did nothing

なぜか?カール・シュミットが、私よりもずっとうまく説明してくれました。彼はコロニーというものを最も美しく定義しています。
Why? Well, Carl Schmitt explained it far better than I ever could. He gave the most beautiful definition of a colony:

"植民地は国際法上は国の領土だが、国内法上は外国領土である"
"A colony is country's territory from the perspective of the international law, but it is a foreign territory from the perspective of the domestic law"

国際法上、チェチェン共和国は通常のロシア領に過ぎない。
From the perspective of the international law Chechnya is just a regular Russian territory.

ロシアの形式法から見ても、だ。しかしだ。 ロシアでは誰もこんな風に考えていない。チェチェンが本当にロシアだと信じている人は一人もいません
From the perspective of Russian formal law, too. BUT. Nobody in Russia thinks this way. Not a single person believes that Chechnya is really Russia

ロシアの正式な法律や国際法では、チェチェンはロシアの領土ですが、ロシア人はチェチェンを外国領土とみなしています(※)。
While Russian formal law and the international law, Chechnya is Russian territory, Russians *really* view it as a foreign territory.

カール・シュミットの定義によれば、古典的な植民地ということになる。プーチンに個人的に臣従しているカディロフの個人的な王国である。
Which makes it a classic colony according to the Carl Schmitt's definition. It is a personal kingdom of Kadyrov in personal vassalage to Putin

カディロフがプーチンに臣従していることが、チェチェンがロシア連邦の中で特別な地位にあることの理由である。
It is personal Kadyrov's vassalage to Putin that explains the special status of Chechnya within the Russian Federation.

カディロフは自らを「プーチンの歩兵」と称し、「プーチン個人にのみ忠実であり、他の誰にも忠実ではない」と強調した。
Kadyrov proclaimed himself a "Putin's infantryman" and stressed that he is loyal only personally to Putin and to nobody else.

それは個人的な内輪の関係
That's personal informal relation

カディロフがこの関係を必要とする理由は明らかである。それは彼の権力の唯一の基盤だからだ。
It's clear why Kadyrov needs this relationship. It's the sole basis of his power.

プーチンがいなければ、彼は長くは生きられない。しかし、なぜプーチンが必要なのか?
Without Putin he won't live for long. But why Putin needs it?

ロシアは形式的で権威主義的な構造なので、権力を維持するために非公式な権力ベースの要素が必要なのです。
Well, Russia is so formal and authority-based structure that you *need* some informal power-based element within to keep power

左のゼリムハン・イスライロフは、常にモスクワに拠点を置いていた。どこに拠点を置いていたんですか?プレジデントホテルです
This guy on the left, Zelimkhan Israilov, had been constantly based in Moscow. Where was he based? In President Hotel ofc

プレジデントホテルはモスクワのチェチェン共和国の主要な兵舎として機能している。最大200人の過激派がここに常駐している。参考までに、普通のホテルではありません。
President Hotel serves as the main Chechen barracks in Moscow. Up to 200 militants are living here permanently. FYI, it's not just a regular hotel.

クレムリンからモスバ川を渡ったところにあるホテルです。ロシア連邦大統領府に属している
It's a hotel located across the Moskva river from Kremlin. It belongs to the Directorate of the President of the Russian Federation

クレムリンに近い大統領府のホテルにチェチェン共和国の兵舎があることは、無作為の決定には全く見えません。非常に意図的なものに見える。
Location of a Chechen barracks in the hotel belonging to the Directorate of the President so close to the Kremlin doesn't look like a random decision at all. It looks very deliberate.

それらは いつでも使えるように、わざと近くに置いてあるのです。
They're purposefully located so near, so that they would be always available

何のために?まず第一に、明らかに日常業務、つまり暗殺のためです。
Available for what? Well, first of all obviously for the everyday business - for the assassinations.

彼らはクレムリンのために暗殺をしなければならないのですが、その報酬がどの程度なのかよくわかりません。
They have to do assassinations for Kremlin and I'm not sure how well they're compensated.

その見返りとして、純粋に利益を得るための「ビジネス」=暴力的な起業が許されている
In return, they are allowed to do "business" = violent entrepreneurship purely for profit

しかし、それよりももっと重要な理由で、モスクワに保管されているのではないかと私は強く思っています。
More importantly however, I strongly suspect that they're kept in Moscow for a much more important reason.

それらは政権を守る最後の砦なのです。純粋に形式的な構造物は超脆弱です。
They're the last line of defence for the regime. Purely formal structures are super fragile.

システムをより強固なものにするために、インフォーマルな要素を内包している必要がある
You must have an informal element within to make the system more robust

次のことを考えてみてください。1917年、ロシア帝国は世界最大の軍隊を持ち、その全員が皇帝のために命を捧げることを誓った。それは彼を助けたか?
Consider the following. In 1917 Russian Empire had the largest army in the world all of whom swore to give their life for their Tsar. Did it help him?

そうではなかった。アレクセーエフ将軍がロシアの将軍たちに退位を支持するかという質問を電報で打ったところ、100%が支持しました。
It didn't. When general Alexeev telegrammed Russian generals with a question would they support his abdication, 100% supported

私は嘘をついた。実際、二人の将軍が退位の計画を拒否し、反乱を血で溺れさせるために奉仕を申し出たのです。
I lied. In fact, two generals rejected the plans of abdication and offered their services to drown the mutiny in blood:

ナクチェヴァンのカン・フセイン
Khan Hussein of Nakchevan

フョードル・ケラー伯爵
Count Fyodor Keller

ロシアの将軍の中で、愛するツァーリに忠誠を誓った者は一人もいなかった。アゼリアのシーア派とドイツのルーテル派だけが、忠誠を誓った。
Not a single Russian general remained loyal to the beloved Tsar. Only an Azeri Shia and a German Lutheran did

では、1991年を考えてみよう。社会主義に命を捧げると誓ったソ連の将校たちはどこにいたのでしょうか。
Now consider 1991. Where were the Soviet officers who swore to give their life for the socialism?

これは、KGB/FSB本部の前にあるDzerzhinskyの記念碑を解体しているところです。
Here you see as they are dismantling Dzerzhinsky's monument in front of the KGB/FSB HQ.

ドゼルジンスキーを崇拝する武装したKGBの将校でいっぱいだ。一人も介在せず
It's full of armed KGB officers who worshipped Dzerzhinsky. Not a single one intervened

私たちにはパラドックスがある。1917年にロシアは世界最大の軍隊を持ち、1991年には2番目に大きな軍隊を持ちました。
We have a paradox. In 1917 Russia had the largest army in the world and in the 1991 the second largest.

また、1991年当時は、モスクワとその近郊が工作員や特殊部隊で埋め尽くされ、最大かつ最強の国家安全保障を誇っていた。
In 1991 it also had the largest and strongest state security with the entire Moscow and nearby filled with operatives and Special forces.

一人も指一本動かすことなく
Not a single one lifted a finger

それは、超集中主義体制のパラドックスです。表面上は堅牢に見えますが しかし、それは堅牢ではなく、ただ硬いだけなのです。
That's a paradox of a hyper centralised regime. It looks robust on a surface. But it's not robust, it's just hard.

現実には、もろいのです。中央集権化すればするほどもろくなるのです
In reality, it's fragile. And the more centralised it is, the more fragile it becomes.

中央集権は、体制に賛成であれ反対であれ、あらゆる機関を駆逐する。
Centralisation extirpates *any* agency, be it pro- or against the regime

例を挙げましょう。朝鮮戦争のとき、コムソモールの青年会員だった私の祖父は、地元の事務所にやってきて、志願兵に行きたいと言いました。
Let me give you an example. During the Korean War my grandpa who was a young Komsomol member came to the local office and told that he wants to volunteer:

よくもまあ、志願兵として自分を提供する気になったものだ。党が望めば、あなたを志願兵として派遣しますよ」--これが答えだった。
- How do you dare to offer yourself as a volunteer. If the Party wants, it will send you as a volunteer, - was the answer

中央集権が反体制的な主体性を排除していると推測する人もいる。
Some presume that centralisation extirpates anti-system agency.

それは間違っている。政権支持であれ反政権であれ 主体性を持つ能力を全く排除してしまうのです。
That's wrong. It extirpates any ability for agency at all, be it pro- or anti regime.

形式的、中央集権的なシステムは、メンバーを主体性のないドロイドの軍隊に変えてしまう。
Formalised, centralised systems turn their members into the army of droids who just can't show any initiative themselves

ボルシェビキは、1918年から1921年の内戦の主要な野戦で、何百万人もの兵士を動員してロシアに勝利したと推測している人がいる。それは間違いだ。1918年初頭、レーニンはこう宣言した。
Some presume that Bolsheviks won Russia with millions of soldiers during the major fields battles of the Civil War, 1918-1921. That's wrong. In in early 1918 Lenin declared:

「"我々の都市で終わったばかりの南北戦争を村に持ち込むべきだ」
"We must bring to the village the Civil War that just finished in our cities"

彼は戦争は終わったと思った
He thought the war is over

そして、それは終わった。1917年末にボルシェビキは主要な都市中心部、特にモスクワとサンクトペテルブルクをわずか数百人の民兵で制圧しました。
And it was over. In late 1917 Bolsheviks took over the major urban centres, most importantly Moscow and St Petersburg with only hundreds of militants.

これ以後、彼らを倒すことはほとんど不可能になった。その後、戦争が終わるまで、彼らは完全に優位に立ちました。
After they did that it was almost impossible to defeat them. After that they had total superiority till the end of the war

興味深いことに、モスクワやサンクトペテルブルクなどの大都市には、ファイルやランクを除けば、何万人もの退役将校や現役将校がいたのだ。
Interestingly enough, Moscow, St Petersburg and other major cities had tens of thousands of decommissioned or serving officers, not counting the file and rank.

彼らはボルシェビキの何倍もいた。そして彼らは何もしなかった。彼らの多くは後に銃殺されました
They were many times more numerous than the Bolsheviks. And they did nothing. Most of them were shot later

ソ連時代の一番最初の頃の思い出を読むと、面白い。ボルシェビキが南部の都市を支配したように。
Reading the memories of the very first days of the Soviet era is funny. Like Bolsheviks took control of a southern city.

秘密警察チェカは、すべての将校に登録するよう命じた。そして彼らは本当にチェカに登録に来たのです
The Cheka secret police ordered all the officers to register. And they indeed came to the Cheka to register!

「それは冬だった。登録のための行列は長蛇の列だった。その行列に並ぶ場所を巡って、役員たちが言い争う。」
"It was winter. The queue for the registration was long. Officers argued and quarrelled for the places in that queue.

「彼らはチェカの工作員より何倍も数が多い。あえて言えば、チェカを捕らえることができたのだ。」
They were many times more numerous than Cheka operatives. If they just dared, they could capture the Cheka.

「しかし、彼らはそうしなかった。私はあの臆病者たちを見ることができなかった」
But they didn't. I couldn't look at those cowards"

彼らを臆病者と呼ぶのはフェアではないかもしれません。ほとんどの人が戦争で戦い、命を危険にさらしています。
Calling them cowards may not be fair. Most fought in a war and risked their lives.

しかし、それは形式化された中央集権的なシステムのもとで行われ、彼らの主体性は排除された。
But they did it under a formalised and centralised system which extirpated their agency.

体制が崩壊すると、軍人は羊と化し、従順に処刑の登録にやってきた
Once the system has fallen, the military turned into sheep and obediently came to register for the execution

まとめよう。超集権的な政権が忠誠心を与えると考えるのは観察者の間違いである。
Let's sum up. Observers are wrong about the super centralised regimes when they think they command loyalty.

いや、そうではない。彼らは服従を命じた、それは全く逆です。
Nope. They command obedience, which is totally opposite.

1917年と1991年が最も見事に示したように、従順な人は何にでも従順である。
An obedient person will be obedient to anything as 1917 and 1991 showed most spectacularly

ムガール人はそれを理解していました。ヒンズー教徒を上層部に登用する方法が あまりにも大きかったとお考えください: 最初はアクバルのもとで そして次にアウラングゼーブのもとで。
Mughals understood that. Consider that there were too large ways of promoting the Hindus to the upper ranks: first under Akbar and then under Aurangzeb.

興味深いのは、アクバルはラージプート族を、アウラングゼーブはマラーター族を主に登用したことです。
What is interesting is that Akbar predominantly promoted Rajputs and Aurangzeb - Marathas.

共に戦った仲間を昇格させた
The promoted those they fought with

もちろん、アクバルやアウラングゼーブが強敵を登用したのは、そうした敵を排除したいという思いが大きかったのだろう。
Of course Akbar and Aurangzeb's decision to promote their hard enemies was largely motivated by the desire to get rid of such an enemy.

しかし、本当に有用な家臣を得たいという動機もあり得る(ラージプートと協力)。結局のところ、抵抗できるものにしか頼れないのです。
But it could be also motivated by a desire to gain truly useful vassals (worked with Rajputs). Ultimately, you can rely only on what can resist

プーチンがチェチェンに属国を作ろうとしたのも、これとよく似た思惑があるのだろう。
Putin's decision to create a vassal kingdom out of Chechnya can be motivated by very similar considerations.

チェチェンは抵抗できることを証明した。従って、彼らは信頼できる。一方、ロシア人はあまりにも従順で、これは信頼できない。彼らは誰にでも従順である
Chechens proved they can resist. Therefore, they can be relied upon. Russians on the other hand are too obedient and this are unreliable. They'll be obedient to anyone

このような理屈で、クレムリンから川を隔てたところにあるチェチェン兵舎を分屯させるという決定がなされたのだろう。プーチンの権力が揺らいでいるとき、軍隊は助けにならない。
This line of reasoning could explain the decision to quarter the Chechen barracks across the river from the Kremlin. When Putin's power is shaking the army won't help.

そして、FSBとFSOでさえ、反抗するという意味ではなく、誰が勝つか待つという意味で、手助けをしないかもしれません
And even the FSB & FSO might not help, not in a sense that they rebel but in a sense that they'll wait who wins

ええ、彼らはどんな状況でもあなたを支持すると約束することができます。しかし、彼らや彼らの父親は、命をかけて社会主義を守るために忠誠を誓ったのです。それで?
Yeah, they can give their word that they'll support you under any circumstances. But they or their fathers took an oath of fealty to defend the socialism at the cost of their life. And?...

ロシア将校の宣誓は白々しい。それは畜生を悪化させないし、プーチンもそれを知っている
The oath of a Russian officer is a white noise. It's not worse a damn and Putin knows it

プレジデントホテルにいるチェチェン人は違う。プーチンを崇拝しているという意味ではなく、それは単純に違う。彼らは内心、プーチンを馬鹿にしていることが多い。しかし、彼らは
Chechens in President Hotel are different. Not in a sense that they worship Putin, that's simply not true. They're often mocking him privately. But they:

ロシア人と異なり、主体性がある
1) have agency, unlike Russians

ロシアと違って仕方がない
2) have no choice, unlike Russians

プーチンの最後の防衛線になる。スレッドを終了します。
Which makes them Putin's last line of defence. End of thread.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2659-473440e4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>