Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |「私は この犯罪に加担することはできない」:ウクライナのために戦うロシア人たち The Guardian 2022/6/14
fc2ブログ

Entries

「私は この犯罪に加担することはできない」:ウクライナのために戦うロシア人たち The Guardian 2022/6/14

En:(grammar)


「私は この犯罪に加担することはできない」:ウクライナのために戦うロシア人たち
‘I could not be part of this crime’: the Russians fighting for Ukraine
https://www.theguardian.com/world/2022/jun/14/russians-fighting-for-ukraine

The Guardian 2022/6/14









ウクライナの新しい軍服に身を包んでキーウを歩くイゴール・ヴォロブエフは、ようやく自分の目的を果たしたような気がしていた
Walking around Kyiv in his new Ukrainian military attire, Igor Volobuyev felt as if he finally fulfilled his purpose.

ロシアからウクライナに渡って数週間、ガスプロムバンクの元副社長は、ウクライナの書類を提供し、大人になってからほとんどを過ごした国と戦うために兵役に就くことを許可するよう役人を説得する日々を送った。
For weeks after leaving Russia for Ukraine, the former vice-president of Gazprombank spent his days trying to convince officials to provide him with Ukrainian documents and allow him to sign up for military service to fight against a country where he had spent most of his adult life.

「戦争が始まった瞬間、私はすぐにウクライナを守りに行きたいと思った」とヴォロブエフ氏はウクライナの首都でインタビューに答えている。
“The moment war broke out, I knew right away I wanted to go and defend Ukraine,” Volobuyev said in an interview in the Ukrainian capital.

「私は最初、自分が育った墨田区の領土防衛部隊に入りたかったんです。多くの関係者に声をかけましたが、法律上、ロシア人の私がそこで戦うことは不可能でした。」
“I first wanted to join the territorial defence units in the Sumi region, where I grew up. I reached out to a lot of officials but legally it was not possible for me to fight there as a Russian.”

しかし間もなく、ヴォロブイエフは、ウクライナ軍の一部であり、ロシア人だけで構成される特殊軍団「ロシアのための自由」軍団に参加する選択肢を提示されたのである。
Soon, however, Volobuyev was presented with the option to join the “Freedom for Russia” legion, a special military unit that is part of the Ukrainian armed forces and is made up entirely of Russian nationals.

彼はこのチャンスを素直に受け入れたといい、土曜日のビデオ演説で、自動小銃を手にしたヴォロブエフは、軍団に参加したことを発表した。
He said he embraced the chance with open arms, and on Saturday in a video address, Volobuyev, holding an automatic gun, announced that he had joined the legion.

「最初の目標が達成できて、とてもうれしいです。でも、これから早く軍隊の訓練を受けて、実際に戦えるようにしなければなりません。中途半端ではだめなんです」。
“I am very glad I have achieved my first goal. But now I have to quickly undergo military training so I can actually go and fight. I can’t stop halfway,” he said.

50歳の彼はウクライナにルーツを持つが、ロシアのパスポートを持ち、人生の大半をモスクワで過ごし、エネルギー企業ガスプロムが所有するロシア第3位の銀行ガスプロムバンクの副頭取になった。
The 50-year-old has Ukrainian roots but holds a Russian passport and lived most of his life in Moscow where he became the vice-president at Gazprombank, Russia’s third-largest bank which is owned by energy company Gazprom.

彼は、戦争を非難した数少ないロシアの著名な亡命者の一人である。
He was one of a handful of high-profile Russian defectors who condemned the war.

そして今、彼がロシアに対して武器を取るという決断をしたことは、驚くべき物語のもう一つの展開である。
Now, his decision to take up arms against Russia is another twist in a remarkable story.

プーチン大統領に近いガスプロム社のアレクセイ・ミラーCEOが会長を務める、ロシアの中枢に位置する企業での彼の重要な役割は、すでに衝撃的なものであった。
His public defection had already caused shockwaves given his senior role in a company that is at the heart of the Russian establishment and is chaired by Alexei Miller, the CEO of Gazprom, who is close to Vladimir Putin.

「しかし、2月24日(ロシアが侵攻を開始した日)には、妥協の話は不可能になった」と彼は言った。「私はこの犯罪に加担することはできなかった」
“I made compromises with myself for a long time … But on the 24 February [the day Russia launched its invasion], any talk of compromise became impossible,” he said. “I could not be part of this crime.”

ヴォロブエフが参加した「ロシアのための自由」軍団については、あまり知られていない。その結成のニュースは3月12日にテレグラムで発表され、そのメンバーの何人かは目出し帽を被って、4月初旬にキエフで記者会見を開きました。
Not much is known about the Freedom for Russia legion that Volobuyev joined. News of its formation was announced on Telegram on 12 March and some of its members – wearing balaclavas – held a press conference in Kyiv in early April.

テレグラム・チャンネルでは、メンバーが軍事的な準備に従事している写真を頻繁に公開している。
On its Telegram channel, it frequently publishes pictures of its members engaged in military preparations.

「私はすでに世間に知られていたので、発言することができたのです」とヴォロブエフは言った。
“I was already known to the public so I could speak out,” said Volobuyev.

「しかし、他のメンバーやその家族にとっては、このことを話すのはとても危険なことなので、グループはとても秘密主義です。」
“But for the other members and their families, it is very dangerous to talk about this, so the group is very secretive.”

ヴォロブエフ氏は、軍事機密を理由に軍団の規模や戦闘場所について言及することを避けたが、軍団は頻繁に活発な戦闘を行っていると付け加えた。
Volobuyev declined to say what the size of the legion was and where it has been fighting, citing military secrecy, but added the unit was frequently engaged in active fighting.

同部隊は「傭兵集団ではない」、ウクライナ軍の正式な一部であるため、捕虜になった場合は国際人道法の下で扱われるべきであると、彼は強調した。
He stressed that the unit was “not a group of mercenaries” but an official part of the Ukrainian armed forces and therefore, if captured, the soldiers should be treated under international humanitarian law.

ヴォロブエフのユニフォームには、部隊のオフィシャルバッジが掲げられている。
The unit’s official badge is displayed on Volobuyev’s uniform.

白と青の旗は、ロシアの反戦デモ隊が国の内外で使用している。
The white and blue flag is used by Russian anti-war protesters both inside and outside the country.

ロシア国旗のデザインを模倣しているが、赤い帯を白に変えて「血と暴力」を連想させないようにした、とヴォロビエフ氏は言う。
It mimics the design of the Russian flag but with the red band changed to white to remove the association with “blood and violence”, Volobuyev said.

ヴォロブエフが武器を手にした主な動機は、彼が「唯一の祖国」と表現したウクライナを守るためだったが、軍団のほとんどのロシア人はモスクワの政権交代を目指しているという。
While Volobuyev’s main motivation for picking up arms was to defend Ukraine, which he described as his “only motherland”, he said most of the Russians in the legion were seeking regime change in Moscow.

「私がすでに見たところでは、今ロシアを倒すことが民主的で文明的な国を作る唯一の方法だと信じている、意欲的なロシア人の集団である。」
“From what I have already seen, it is a group of highly motivated Russians who believe that defeating Russia now is the only way to create a democratic, civilised country,” he said.

同じく隊員のアルチョム(本名ではない)は、「この政権から脱却する唯一のチャンスだったから」参加したと語り、2020年に出国するまではロシアで野党政治に携わっていたという。
Artyom (not his real name), another member of the unit, said he joined “because it was the only chance to get rid of this regime” and had been engaged in opposition politics in Russia before leaving the country in 2020.

ロシアの攻撃が近いと感じ、戦争の少し前にウクライナに移住したという。「私は母国を愛しています。」と彼は言った。「こんなことにならなければよかったが、このシステムを終わらせなければならない。戦後、故郷に帰れることを願っている。"
He said he moved to Ukraine shortly before the war, sensing an imminent Russian attack. “I love my motherland,” he said. “I wish it didn’t have to come to this, but we have to end this system. I hope I can return home after the war.”

ロシア人の中には、ウクライナの軍事的努力に貢献する別の方法を見出した者もいる。
Some Russians have found other ways to contribute to Ukraine’s military efforts.

モスクワの元野党地方議員で、この4年間キーウに住んでいるマキシム・モーティン氏は、戦争勃発後すぐに、ウクライナ軍用のボディアーマーベストやヘルメットを製造するラインをいくつか立ち上げた。
Soon after the war broke out, Maxim Motin, a former local opposition deputy in Moscow who has lived in Kyiv for the last four years, quickly set up several production lines to make body armour vests and helmets for the Ukrainian army.

「特に戦争初期には、ボディーアーマーの需要が多かった。」
“Especially in the early days of the war, there was a big demand for body armour.

「これまで700着以上のベストと多くのヘルメットを作りました」と、軍装品の製造を担当するウクライナ西部の都市リヴィウからの電話インタビューに答えた。
We have made over 700 vests so far and many helmets,” Motin said in a phone interview from the western Ukrainian city of Lviv, where he coordinates production of the army gear.

長年、政治を通じてロシアを内側から変えたいと語っていたモティン氏だが、ロシアの治安機関から脅迫を受け、結局2018年に国外脱出を余儀なくされたという。
For years, Motin said he wanted to change Russia from the inside via politics, but he said he was forced to eventually flee the country in 2018 after threats from the Russian security services.

今は、祖国と戦うウクライナ軍を助けるために、軍備を提供することは考えもしなかったという。
Now, he said, he didn’t think twice about supplying military gear to help the Ukrainian army in its fight against his homeland.

モスクワ当局は最近、ウクライナ支援のために、テロ資金調達という重い罪を含む2つの刑事事件を起こしたという。
Motin said the authorities in Moscow had recently opened two criminal cases against him for his support of Ukraine, including the serious charge of terrorist financing.

「私はロシアの血まみれ政権や戦争を支持する人たちとは全く関係ありません 」とモーチンは言った。「ロシアは戦場で、負ける必要があると、私は思います。」
“I don’t associate myself at all with the bloody regime in Russia and everyone who supports the war,” Motin said. “I believe Russia needs to lose, on the battleground.”


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2656-403e8140

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>