Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |英国人死刑囚エイデン・アスリンとショーン・ピナーの家族が支援を呼びかけ BBC 2022/6/11
fc2ブログ

Entries

英国人死刑囚エイデン・アスリンとショーン・ピナーの家族が支援を呼びかけ BBC 2022/6/11

En:(grammar)


英国人死刑囚エイデン・アスリンとショーン・ピナーの家族が支援を呼びかけ
Families of condemned Britons Aiden Aslin and Shaun Pinner call for help
https://www.bbc.com/news/uk-61754684

BBC 2022/6/11







エイデン・アスリン、ショーン・ピナー、モロッコ国籍のサードゥン・ブラヒムが、ロシアの代理法廷により死刑を宣告される
Aiden Aslin, Shaun Pinner, and Moroccan national Saaudun Brahim were sentenced to death by a Russian proxy court

ウクライナでロシア軍と戦ったことで死刑判決を受けた2人の英国人の遺族は、医療と法的支援を緊急に受ける必要があると述べています。
The families of two Britons sentenced to death for fighting Russian forces in Ukraine have said they need urgent access to medical and legal help.

エイデン・アスリンとショーン・ピナーは、ウクライナ軍との戦闘で捕まり、ロシアの代理法廷によって傭兵として裁かれた。
Aiden Aslin and Shaun Pinner were captured fighting with the Ukrainian army and tried as mercenaries by a Russian proxy court.

英国政府もウクライナの最高検察官も、この判決はジュネーブ条約に違反するとしている。
Both the UK government and Ukraine's top prosecutor have said the sentences breach the Geneva Conventions.

リズ・トラス外務大臣は、金曜日にウクライナのカウンターパートと会談しました。
Foreign Secretary Liz Truss spoke to her Ukrainian counterpart on Friday.

トラス女史は、ドミトロ・クレバ氏と「ロシアの代理人によって拘束されている戦争捕虜の解放を確保するための努力」について議論したと述べ、「彼らに対する判決は、ジュネーブ条約に対する重大な違反である」と付け加えた。
Ms Truss said she and Dmytro Kuleba discussed "efforts to secure the release of prisoners of war held by Russian proxies", adding that "the judgement against them is an egregious breach of the Geneva Convention".

ノッティンガムシャー州ニューアーク出身のアスリン氏(28歳)とベッドフォードシャー出身のピナー氏(48歳)は、ロシアの侵攻時にすでにウクライナに住んでいたが、4月に包囲された都市マリウポルの防衛中に捕らえられた。
Mr Aslin, 28, from Newark, in Nottinghamshire, and Mr Pinner, 48, from Bedfordshire, who were both already living in Ukraine at the time of the Russian invasion, were captured in April while defending the besieged city of Mariupol.

ウクライナで英国人捕虜に死刑判決
・Captured Britons sentenced to death in Ukraine

ウクライナは1日に最大200人の兵力を失っている - ゼレンスキー補佐官
・Ukraine losing up to 200 troops a day - Zelensky aide

英国人捕虜の映像に家族が「苦悩」。
・Family's 'distress' at video of captured Briton

彼らは、ウクライナ東部の親ロシア派分離地域であるいわゆるドネツク人民共和国のロシア代理法廷によって、3人目のモロッコ人サーデュン・ブラヒムとともに判決を受けたのである。
They were sentenced alongside a third man, Moroccan national Saaudun Brahim, by a Russian proxy court in the so-called Donetsk People's Republic, a pro-Russian breakaway region in eastern Ukraine.

ブラヒム氏の父親は、モロッコのメディア「マダー21」に対し、ロシアが侵攻を開始したとき、息子は傭兵ではなくウクライナで学生をしていたと語った。
Mr Brahim's father told Moroccan media outlet Madar21 that his son was not a mercenary but a student in Ukraine when Russia launched its invasion.

ロシア国営通信RIA Novostiによると、3人とも傭兵、暴力的な権力奪取、テロ活動を行うための訓練を受けていたことなどで起訴されたそうです。
All three men were charged with being mercenaries, the violent seizure of power and undergoing training to carry out terrorist activities, according to Russia state news agency RIA Novosti.

ロシアのタス通信によると、男性側の弁護士は、全員が判決に対して控訴することを希望していると述べたという。
The men's lawyer said they all wished to appeal against the sentence, Russia's Tass news agency reported.

ノースベッドフォード選出のリチャード・フラー議員は、ピナーさんの母親と継父に話を聞いたところ、「明らかに非常に心配している」と述べた。
Richard Fuller, MP for North Bedford, said he had spoken to Mr Pinner's mother and stepfather who "clearly are very very anxious".

「ピナー氏の母親にとって優先すべきことは、息子とアスリン氏が「適切な医療サービスと赤十字を利用できること」「独立した法的アドバイスを受けることができること」だと、彼は語った。
He said the priority for Mr Pinner's mother is that her son and Mr Aslin have "access to proper health services and the Red Cross" and access to independent legal advice.

「これは人道的な問題である。これは国際法上の個人の権利に関するものだ」と、彼は語った。
"This is a humanitarian issue. This is about the rights of individuals under international law," he said.

エイデン・アスリンとショーン・ピナーは死刑を宣告されたが、今後どうなるかは、法律よりも政治によって決定される可能性が高い。
Aiden Aslin and Sean Pinner may have been sentenced to death, but what happens now is likely to be determined more by politics than the law.

短期的には、2人は有罪判決に対して控訴する可能性が高いと思われる。ロシア国営メディアは、2人に1ヶ月の猶予があるとしている。
In the short term, it is thought likely the two men will appeal against the conviction. Russian state media says they have a month to do so.

しかし、今のところリズ・トラス外務大臣は、ロンドンにいるロシア大使を呼び出してはいない。
But for now Foreign Secretary Liz Truss has not summoned Russia's ambassador in London.

英国がこれをロシアとの二国間紛争にすれば、二人はウクライナを故郷とし数年間軍隊で働いた英国人ではなく、傭兵であるという誤った主張を助長することになると、関係者は懸念している。
Officials fear that if the UK makes this a bilateral dispute with Russia, that would fuel the false claims that the two men are mercenaries, rather than Britons who have made Ukraine their home and served in its armed forces for several years.

また、英国はドネツク人民共和国を独立した国家として認めていないため、トラス氏はドネツク当局と正式に交渉することができなかった。
Nor could Ms Truss formally negotiate with the authorities in Donetsk because UK does not recognise the People's Republic as a separate state.

だから、今のところ、ウクライナとロシアの間で囚人交換が行われ、アスリン氏とピナー氏が解放されることが一番の望みかもしれない。
So for now perhaps the best hope might be for Mr Aslin and Mr Pinner to be released as part of a prisoner swap between Ukraine and Russia.

しかし、ロシアが英国に政治的圧力をかけるために2人を利用し続けたいのであれば、それはしばらく先のことになるかもしれない。
But that might be some time coming if Russia wishes to continue using the two men to put political pressure on the UK.

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、死刑判決を受けた男性について問われ、「このような行為に対していかなる言い訳もできない」と述べた。
Asked about the men being sentenced to death, Ukrainian President Volodymyr Zelensky said we "cannot have any kind of excuses for such actions".


ウクライナ学生連合が主催した大学生へのバーチャルQ&Aで、彼は語った。
He was speaking at a virtual Q&A to university students, organised by the Ukrainian Students Union.

アスリン氏の家族が住むニューアークのロバート・ジェンリック議員は、「カンガルー法廷」による英国人の判決は「最もひどい方法で」ジュネーブ条約に違反していると述べた。
Robert Jenrick, MP for Newark, where Mr Aslin's family lives, said the sentencing of the British nationals by a "kangaroo court" breached the Geneva Conventions "in the most egregious manner".

ジェニック氏は、「おそらく捕虜交換によって」2人を家族のもとに戻すことを望んでいると述べた。
Mr Jenrick said he wants to see both men brought back to their families, "probably by a prisoner exchange".

しかし彼は「ロシアは「囚人交換の進展を急いでいないように見える」とも付け加えた。
But he added that Russia appears "to be in no hurry to progress these prisoner exchanges".

ダウニング街(首相官邸)は、アスリン氏とピナー氏に下された判決に「深い懸念」を抱いていると述べました。
Downing Street said the government was "deeply concerned" by the sentences given to Mr Aslin and Mr Pinner.




エイデン・アスリンとショーン・ピナーはどういう人?
Who are Aiden Aslin and Shaun Pinner?

エイデン・アスリンは、ノッティンガムシャー出身の元介護福祉士。
Aiden Aslin is a former care worker from Nottinghamshire.

彼は以前はシリアのクルド人武装部隊で「イスラム国」と戦っていた。
He previously fought with Kurdish armed units in Syria against the Islamic State group.

アスリン氏にはウクライナ人のフィアンセがおり、2018年にウクライナに移住している。
Mr Aslin has a Ukrainian fiancee and he moved to Ukraine in 2018.

彼はイギリスとウクライナの両方の国籍を持っている。
He has both British and Ukrainian citizenship.

彼は2018年にウクライナ軍の海兵隊員として合格し、家族によると、ウクライナの第36海兵旅団に所属している。
He passed out as a marine with the Ukrainian military in 2018 and, according to his family, he is part of Ukraine's 36th Marine Brigade.

ショーン・ピナーは、2018年にウクライナに移住する前、かつて英国軍の兵士だった。
Shaun Pinner used to be a soldier in the British army before he moved to Ukraine in 2018.

妻はウクライナ人で、家族によると、ピナー氏はウクライナ海兵隊と3年契約を結んでおり、今年末に期限が切れる予定だという。
His wife is Ukrainian and according to his family, Mr Pinner has a three-year contract with the Ukrainian marines that is due to expire at the end of this year.

ピナーさんの家族によると、彼はその後、ウクライナで人道的な役割を果たす予定だったそうだ。
Mr Pinner's family said he had been planning to then take on a humanitarian role in Ukraine.

上級弁護士で人権法の専門家であるヘレナ・ケネディ男爵夫人はBBCに対し、「ロシアは2人を合法的国家ではないDPR(ドネツク人民共和国)に引き渡したことで戦争犯罪を犯した」と述べている。
Baroness Helena Kennedy, a senior barrister and expert in human rights law, told the BBC "Russia committed a war crime by handing them both over to the DPR (Donetsk's People's Republic), which is not a legitimate state".

彼女はドネツクの裁判所を「ポップアップ・コート」と呼び、この決定は「ウクライナの裁判所で戦争犯罪の裁きを受けた2人の裁判へのカムバックである」と付け加えました。
She called the court in Donetsk a "pop-up court", adding that the decision "is a comeback for the trial of the two men who were tried by the Ukrainian court for war crimes".

ウクライナ外務省は、2人の英国人とモロッコ人の「いわゆる裁判」を「悲惨なもの」と評し、ウクライナ政府は「ウクライナのすべての守護者を解放するためにあらゆる努力を続ける」と述べました。
Ukraine's foreign ministry described the "so-called trial" of the two Britons and the Moroccan national as "miserable" and said the Ukrainian government would "continue to make every effort to release all defenders of Ukraine".

「このような公開裁判は、法律や道徳よりもプロパガンダの利益を優先させ、戦争捕虜の交換機構を損なうものだ」と、広報担当者はBBCに語っている。
"Such public trials place the interests of propaganda above law and morality, and undermine the exchange mechanisms of war prisoners," a spokesperson told the BBC.

ウクライナのイリナ・ヴェネディクトヴァ検事総長は声明で、判決は「代理人を介した占領国としてのロシアの国際人道法および国際人権法の義務違反と嘲笑以外の何ものでもない」と述べた。
In a statement, Ukrainian prosecutor general Iryna Venediktova said the sentencing was "nothing else but a violation and mockery of international humanitarian law and international human rights law obligations of Russia as an occupying power via proxies".

また、ロシアの通信社であるインタファクスは、この2人が有罪判決を不服として控訴することも可能であるとしている。
Interfax, another Russian news agency, claimed the men would be able to appeal against their conviction.

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、RIA Novostiの報道を引用し、裁判は「問題の犯罪はDPRの領域で行われたため、ドネツク人民共和国の法律に基づいて行われている」と述べた。
Russian Foreign Minister Sergei Lavrov was quoted by RIA Novosti as saying the trials were "being held on the basis of the legislation of the Donetsk People's Republic, because the crimes in question were committed on the DPR's territory".


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2646-f98e3e43

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>