Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ロシアの戦争レポート。マリウポリでロシア軍が焼夷弾を使用 Atlantic Council 2022/5/20
fc2ブログ

Entries

ロシアの戦争レポート。マリウポリでロシア軍が焼夷弾を使用 Atlantic Council 2022/5/20

En:(grammar)


ロシアの戦争レポート。マリウポリでロシア軍が焼夷弾を使用
Russian War Report: Russian forces use incendiary munitions in Mariupol
https://www.atlanticcouncil.org/blogs/new-atlanticist/russian-war-report-incendiary-munitions-in-mariupol/

Atlantic Council 2022/5/20












ロシアがウクライナへの攻撃を続ける中、大西洋評議会のデジタル・フォレンジック・リサーチ・ラボ(DFRLab)は、軍事、サイバー、情報の各領域におけるロシアの動きを注視しています。
As Russia continues its assault on Ukraine, the Atlantic Council’s Digital Forensic Research Lab (DFRLab) is keeping a close eye on Russia’s movements across the military, cyber, and information domains.

ウクライナ情勢や、米国、NATO、EUを貶めるためのロシアのプロパガンダや偽情報を7年以上にわたって監視してきたDFRLabのグローバルチームが、ロシア戦争レポートの最新版をお届けします。
With more than seven years of experience monitoring the situation in Ukraine, as well as Russia’s use of propaganda and disinformation to undermine the United States, NATO, and the European Union, the DFRLab’s global team presents the latest installment of the Russian War Report.


ロシア軍、マリウポリで焼夷弾を使用
Russian forces use incendiary munitions in Mariupol

ロシア軍がウクライナ軍に対して焼夷弾やクラスター弾を使用し続けていることを示す新たな写真や映像の証拠。
New photo and video evidence suggests that the Russian military continues to use incendiary and cluster munitions against Ukrainian forces.

5月15日に公開されたビデオには、マリウポルのアゾフスタル工場が焼夷弾のようなもので砲撃される様子が映っています。
A video released on May 15 shows the Azovstal plant in Mariupol being shelled by what appears to be incendiaries.

DFRLabが映像を分析した結果、ストライキは工場の西側部分を狙ったものであることが判明しました。
The DFRLab analyzed the footage and found the strike targeted the western section of the plant.

戦場の専門家はソーシャルメディア上で砲撃に使われた砲弾は白リンだと推測しているが、グラッド多連装ロケットシステムのロシア製焼夷弾9M22Sが使用された可能性が高い。
While warfare experts speculated on social media that the shells used in the bombardment were white phosphorus, it is more likely that Russian 9M22S incendiary munitions from Grad multiple launch rocket systems were used.

9M22S弾は、テルミット混合気を使用した、より一般的な焼夷弾です。
The 9M22S shells are a more conventional incendiary munition that use a thermite mixture.

これらの弾薬は、以前ウクライナ戦争で使用されたことがある。
These munitions have previously been used during the war in Ukraine.

同じ9M22S弾は、今週初めにウクライナ東部の都市イジュムでも使用されたと報告されている。
The same 9M22S munitions were also reportedly used in the eastern Ukrainian city of Izyum earlier this week.

一方、ウクライナのメディアの報道によると、ミコライフ市もクラスター弾の標的になっていたようだ。
Meanwhile, a report from Ukrainian media suggests the city of Mykolaiv was also targeted by cluster munitions.

5月15日、ウクライナ保安庁は、ロシア兵が国際条約で禁止されている兵器を使用していることを確認した通話を傍受したと発表した。
On May 15, the Security Service of Ukraine released what it reported to be an intercepted phone call in which a Russian soldier confirmed using weapons that are banned by international treaties.

「リン弾、クラスター弾......禁止されているものはすべて使われている」と録音で語っている。
“Phosphorous bombs, cluster munitions – they have allowed us to use everything that is banned,” he said in the recording.

ポーランドの極右インフルエンサーとロシアのメディアは、ワルシャワの殺人事件を利用し、反難民の物語を広める。
Polish far-right influencers and Russian media capitalize on Warsaw murder to spread anti-refugee narratives

5月8日、ワルシャワでポーランド人男性が刺殺される事件が発生した。
On May 8, a Polish man in Warsaw was stabbed to death.

数日後、ウクライナ語を話す正体不明の目撃者が撮影した生々しい記録がネット上に公開された。
A few days later, a graphic recording of the incident appeared online, filmed by an unidentified witness who spoke Ukrainian.

ポーランドの極右活動家、ソーシャルメディアアカウント、ロシアの親クレムリン・メディアはこの事件を利用し、反ウクライナ感情を押し広めた。
Polish far-right actors, social media accounts, and Russian pro-Kremlin media outlets capitalized on the incident to push anti-Ukrainian sentiments.

ポーランドのメディアOko.pressは、殺人が起きたのは5月8日だが、犯人がウクライナ難民であるとする主張が現れたのはその4日後であったと報じた。
Polish media outlet Oko.press reported that while the murder happened on May 8, claims accusing the murderers of being Ukrainian refugees didn’t emerge until four days later.

この主張は、ワルシャワ警察が犯人と思われる人物の写真を公開した後に広まりました。
The claims began circulating after Warsaw police released photos of the suspected perpetrator.

Twitterアカウント@otwieramyは、ポーランドのメディアが犯人が 「ウクライナ語で話す酔っ払いの外国人」であることを報じていないことに苦言を呈した。
The Twitter account @otwieramy complained that Polish media did not report that the perpetrators were “drunk foreigners speaking in Ukrainian.”

また、このTwitterアカウントは、被害者の家族が犯人の国籍を明らかにしないよう圧力をかけられたと主張しています。
The Twitter account also alleged that the victim’s family was pressured not to reveal the attackers’ nationality.


ポーランドの右翼ジャーナリストWojciech Sumlinskiは、ウクライナ人の集団が 「ワルシャワの中心部で少年を拷問した」 と根拠なく主張したのです
Right-wing Polish journalist Wojciech Sumlinski claimed without evidence that a group of Ukrainians “tortured a young boy in the center of Warsaw.”

サムリンスキーが難民の暴力性を非難したのは、今回が初めてではない。
This is not the first time Sumlinski has accused refugees of being violent.

DFRLabは以前、「アラブ人らしき」男性グループが列車内でポーランド人妊婦を襲撃したとするサムリンスキーの3月1日のツイートについて報じました。
The DFRLab previously reported on Sumlinski’s March 1 tweet that falsely claimed a group of “Arab-looking” men had attacked a pregnant Polish woman on a train.

この主張はその後、極右政党コンフェデレーションによって増幅され、メンバーはポーランド東部の非ウクライナ人難民に対する暴力を扇動した。
That claim was later amplified by the far-right political party Confederation, with members inciting violence against non-Ukrainian refugees in eastern Poland.


2019年の国会議員選挙に立候補したコンフェデレーション党のピョートル・パナシウクは、ワルシャワでの犯人はポーランドに逃亡したウクライナ軍の亡命者だと根拠なく主張している。
Piotr Panasiuk, a Confederation party member who ran for parliament in 2019, claimed without evidence that the perpetrator of the crime in Warsaw was a Ukrainian army defector who had escaped into Poland.

コンフェデレーション党のグジェゴシュ・ブラウン党首は5月13日の記者会見で、ポーランドの国境を無秩序な移民と大量移住に開放した結果、社会的・政治的に負の影響をもたらしたと主張した。
Grzegorz Braun, the leader of the Confederation party, asserted during a press conference on May 13 that opening Poland’s borders to uncontrolled migration and mass displacement had resulted in negative social and political consequences.

ブラウンの話では、ワルシャワではもう誰も安全ではないとのことだった。
According to Braun, nobody in Warsaw was safe anymore.



ロシアのメディアも、ワルシャワの殺人事件に関する噂を増幅させた。
Russian media outlets also amplified rumors about the Warsaw murder.

News FrontとEurAsia Dailyは、酔っ払ったウクライナ移民のグループがポーランド人を刺したのは、彼らが女性を性的暴行しようとしたのを邪魔されたからだと断言した。
News Front and EurAsia Daily asserted that a group of drunk Ukrainian migrants stabbed a Polish citizen because he interfered in their attempt to sexually assault a woman.

EurAsia Dailyの記事は、ポーランドの団体Wołyń Pamiętamy("We Remember Volhynia")の会長であるKatarzyna Sokolowska氏の言葉を引用し、ポーランド当局が "ウクライナの移民の手によって "亡くなったポーランド人犠牲者の家族に圧力をかけていると主張しています。
The EurAsia Daily article quoted Katarzyna Sokolowska, chairwoman of the Polish organization Wołyń Pamiętamy (”We Remember Volhynia),” who claimed that Polish authorities were pressuring the family of the Polish victim, who died “at the hands of Ukrainian migrants.”

DFRLabは以前、ロシアのウクライナ侵攻前にWołyń PamiętamyがFacebook上で展開した反ウクライナキャンペーンについて報告したことがある。
The DFRLab has previously reported on an anti-Ukraine campaign launched on Facebook by Wołyń Pamiętamy prior to Russia’s invasion of Ukraine.


5月13日、ワルシャワ警察は、現在も捜査を続けているが、犯人が他国の市民であることを示す証拠はないと発表した。
On May 13, Warsaw Police announced they were still investigating the crime but said that there was no evidence indicating that the perpetrators were citizens of another country.


ロシア、スマートフォンにプリインストールされたアプリストアを開始予定
Russia plans to launch pre-installed app store on smartphones

ロシアデジタル開発省とソーシャルネットワーキング企業VKは、5月25日に、Google Playストアのロシア版アナログであるRuStoreのベータ版を開始する予定です。
On May 25, Russia’s Ministry of Digital Development and the social networking company VK plan to launch a beta version of the RuStore, the Russian analogue of the Google Play store.

彼らの目標は、ロシアのアプリストアを同国のAndroid携帯にプリインストールすることです。
Their goal is to include the Russian app store to come pre-installed on Android phones in the country.

クレムリンは、欧米の制裁に対抗して、国内のスマートフォン・サービスの開発に着手した。デジタル開発大臣のマクト・シャダエフによると、ソーシャルメディアプラットフォーム「VKontakte」を所有するVKは、政府資金なしで国内のアプリストアを開発しているという。
The Kremlin has begun developing domestic smartphone services in response to Western sanctions. VK, which owns the social media platform VKontakte, is developing the domestic app store without government funds, according to Maksut Shadayev, Minister of Digital Development.

今週、ロシア省庁は「単一のアプリケーションストアについて」と題する法律を提案し、ロシア国内のスマートフォンやタブレットにプリインストールすることが義務付けられているソフトウェアのリストにRuStoreが含まれるようにすることを決定しました。
This week, the Russian ministry proposed a law titled “On a Single Application Store,” which would allow the RuStore to be included on the list of software required to be pre-installed on smartphones and tablets in Russia.

法律案によると、ロシア政府はアプリ開発者を特定し、そのアプリをRuStoreに追加することを義務付けるという。
According to the draft law, the Russian government will identify app developers who will be required to add their apps to the RuStore.

また、この法律案では、これらの行為が "外国からの制裁に対抗する "ものであるとしている。
The proposed law also states that these actions will “counter sanctions from foreign states.”

ロシアのアンチウイルスソフト開発会社Kaspersky Labが「悪意のあるアプリケーションがRuStoreに入り込むのを防ぐため」アプリストアを管理するとロシアのメディアが報じた。
Russian anti-virus software developer Kaspersky Lab will manage the app store “in order to prevent malicious applications from getting into RuStore,” Russian media reported.

RuStoreがiOSシステムで動作するかどうかについては、情報を公開していません。
No information is available on whether the RuStore will work on iOS systems.


ロシア占領下の南オセチア自治州、ロシア統一を問う住民投票の実施日を決定
Russian-occupied South Ossetia sets date for referendum on Russian unification

ロシアが占領するジョージアの離脱地域である南オセチアは、2022年7月17日にロシア連邦への加盟を問う住民投票を実施する予定です。
The Russian-occupied Georgian breakaway region of South Ossetia will hold a referendum on joining the Russian Federation on July 17, 2022.

この法令は、5月13日に分離主義者の退任するアナトリー・ビビロフ大統領によって署名された。
The decree was signed on May 13 by the outgoing separatist president Anatoly Bibilov.

「我々は家に帰る、ロシアに向かう」 とテレグラムチャンネルに書きました。
“We are going home, we are heading to Russia,” he wrote on his Telegram channel.

住民投票では、"南オセチア共和国とロシアの統一を支持するか?"と有権者に問われる。
The referendum will ask voters, “Do you support the unification of the Republic of South Ossetia and Russia?”

この国民投票は、すでにロシアの一部の政治家との緊張関係をもたらしている。
The referendum has already led to tensions with some Russian politicians.

国外で暮らすロシア国民のための議会委員会の第一副議長である州議会議員コンスタンチン・ザトゥリン氏は、ビビロフ氏の国民投票は「あまり適切ではない」と指摘した。
State Duma Member Konstantin Zatulin, first deputy chairman on the parliamentary committee for Russian nationals living outside the country, said Bibilov’s referendum was “not very appropriate.”

ビビロフ大統領が退任することに触れ、「選挙で負けたら、新しく選ばれた大統領が国民投票を呼びかけるべきだ」 と付け加えた。
Noting the fact that Bibilov was about to leave office, he added, “If you lose elections, then the newly elected president should call a referendum.”

アナトリー・ビビロフは、5月8日に行われた大統領選挙の第2ラウンドで、ナイハス党のリーダーであるアラン・ガグロエフに敗れました。ガグロエフ氏は5月24日に就任する予定です。
Anatoly Bibilov lost to Alan Gagloev, leader of the Nykhas party, during the second round of the presidential elections on May 8. Gagloev is set to take office on May 24.

Civil.geによると、ガグロエフ氏は、ビビロフ氏がモスクワと調整して決断したのかどうかについて疑念を表明している。
According to Civil.ge, Gagloev has expressed doubts about whether Bibilov coordinated his decision with Moscow.

「私は、分割されたオセチア民族が統一ロシアの中で再統一されるという考えを全面的に支持する」と彼は語った。
“I fully support the idea of reunification of divided Ossetian nation within the united Russia,” he said.

「しかし、問題は、歴史の中で、国民投票を呼びかける政令を出し、それを強制的に実現すべき瞬間なのかどうか...。」
“But the question is whether it is the moment in history when we should issue a decree on calling a referendum and forcing it to happen…

「2014年、ルハンスク人民共和国とドネツク人民共和国で、ロシアの承認なしに統一に関する住民投票が行われた。8年が経過したが、まだその目的は達成されていない。」
In 2014, referendums on reunification were held in the Luhansk and Donetsk People’s Republics without Russian approval. Eight years have passed, and they have not yet achieved their goal.”


ガグロエフは、「国際的な法的規範、協議、ロシア連邦との協定の履行を遵守して "さらなる措置を講じる」と加えた。
Gagloev added that he will take further steps “in compliance with international legal norms, consultations, and implementation of agreements with the Russian Federation.”


テレグラムチャンネルと若者グループは、戦勝記念日の論争を受けてリガに反対するために結集しました。
Telegram channels and youth groups rally against Riga following Victory Day controversy

リガ市がソ連記念碑の取り壊しを決議し、毎年戦勝記念日の集会で親クレムリンの支持者を逮捕したことから、ラトビアとロシアの間の緊張が高まっています。
Tensions between Latvia and Russia are on the rise after the city of Riga voted to demolish a Soviet monument and arrested pro-Kremlin supporters at an annual Victory Day gathering.

これに対し、親ロシア派のテレグラム・チャンネルは、逮捕された一人の人物を支持して結集し、投稿は数十万ビューを集めました。
In response, pro-Russian Telegram channels have rallied behind one of the arrested individuals, with posts garnering hundreds of thousands of views.

ロシアの親クレムリン派の青年組織も、リガでの行動に抗議してフラッシュモブを行った。
Pro-Kremlin youth organizations in Russia also launched flash mobs to protest the actions in Riga.

詳しくは、この論争に関するDFRLabの最新情報をご覧ください。
Read more in the DFRLab’s latest update on the controversy.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2643-e87a3cb6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>