Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |マリウポリでコレラの恐れにより隔離された、と当局が発表。 The Washington Post 2022/6/7
fc2ブログ

Entries

マリウポリでコレラの恐れにより隔離された、と当局が発表。 The Washington Post 2022/6/7

En:(grammar)


マリウポリでコレラの恐れにより隔離された、と当局が発表。
Cholera fears prompt quarantine in Mariupol, official says
https://www.washingtonpost.com/world/2022/06/06/mariupol-cholera-quarantine/

The Washington Post 2022/6/7

















ウクライナ南東部にあるロシア占領下の港湾都市マリウポリでは、絶え間ない爆撃の恐怖が、静かな脅威へと変わっている。細菌に汚染された水とコレラの発生です。
In Mariupol — the ruined and Russian-occupied port city in Ukraine’s southeast — fears of constant bombardment have given way to silent threats: Bacteria-laced water and deadly cholera outbreaks.

同市に亡命した地元の指導者たちは、数週間前から水の供給について懸念を表明しており、月曜日には市長補佐官のペトロ・アンドリュシチェンコが、腐敗した死体やごみの山が飲料水源を汚染し、住民がコレラや赤痢などの病気にかかりやすくなっていると述べた。
The city’s exiled local leaders have voiced concern about the water supply for weeks, and on Monday, mayoral aide Petro Andryushchenko said that decomposing bodies and piles of garbage are contaminating drinking sources, leaving residents vulnerable to cholera, dysentery and other ailments.

ウクライナのテレビに出演したアンドリュシチェンコ氏は、「現在、市を運営しているロシア当局が最近、検疫を行った」と語った。
The Russian officials now running the city recently imposed a quarantine, Andryushchenko said in an appearance on Ukrainian television.

彼はその対策について詳しく説明せず、彼の発言は独立して検証することができなかったが、現地の人道的状況は悪化していると述べた。
He did not elaborate on the measures, and his statement could not be independently verified, but he said the humanitarian situation there was getting worse.

「マリウポリのほとんどすべての庭で自然葬が行われている」と、市議会はテレグラムの最新情報に書いている。
“Spontaneous burials are still in almost every yard in Mariupol,” the city council wrote in an update on Telegram.

「何百もの高層ビルの瓦礫の下で、死体が腐っている。そしてそれは文字通り空気を汚染している。」
“Bodies are rotting under the rubble of hundreds of high-rise buildings. And it literally poisons the air.”

公衆衛生の専門家は、温暖化した気候と長引く戦争によって、ウクライナの兵士や市民が感染症にさらされ、ロシアの侵攻をかわしながら病気の発生に対処しなければならないという紛争の新しい局面を迎える可能性があると警告している。
Public health experts have warned that warming weather and prolonged warfare could expose Ukraine — its soldiers and civilians — to infectious diseases, potentially ushering in a new phase of the conflict that forces authorities to contend with outbreaks of illness while fending off Russia’s invasion.

最も危険な地域は、長期にわたる戦闘で衛生設備が破壊された同国の占領地域だと当局は述べている。
The most at-risk areas, officials have said, are the country’s occupied regions, where long bouts of fighting have left sanitation systems in ruins.


コレラは、汚染された食物や水を介して広がる急性の下痢性感染症で、放置すると死に至ることもあります。
Cholera, which spreads through contaminated food and water, is an acute diarrhoeal infection that can be fatal if left untreated.


マリウポリ市議会は、もし発生が制御不能になった場合、さらに数千人の民間人の死が予測され、すでにロシアの作戦で最も残酷な爆撃に耐えてきた街にさらなる悲劇をもたらすことになるだろう。
The Mariupol council predicted thousands more civilian deaths if an outbreak were to rage uncontrolled, which would bring more tragedy to a city that has already endured some of the most brutal bombing of the Russian campaign.

ほぼ絶え間なく続く砲撃は、先月モスクワにマリウポルの完全支配を認めさせ、街の多くを瓦礫に変え、医療施設とともに上下水道のインフラを破壊したと、同評議会は述べた。
The near-constant shelling, which allowed Moscow to claim full control of Mariupol last month, reduced much of the city to rubble and has destroyed water and sewer infrastructure, along with medical facilities, the council said.


アンドリュシチェンコ氏はテレグラムで、マリウポリの住民がきれいな水を手に入れるには何時間も並ばなければならず、せいぜい2日に1度しか手に入らない、と述べた。
To get access to clean water, Mariupol residents must queue for hours, Andryushchenko said on Telegram, and it has only been available every two days at most.


ウクライナの衛生医長であるIhor Kuzin氏は、月曜日のニュースブリーフィングで、国家機関は6月1日に全国でコレラの発生の可能性を監視し始めたと述べました。
In a news briefing Monday, Ukraine’s chief sanitary doctor, Ihor Kuzin, said national authorities began monitoring potential cholera outbreaks across the country on June 1.

特にマリウポリの状況は悲惨だと、彼は語った。
He said Mariupol’s situation is especially dire.


「私たちは病気の発生は100%ない とは言い切れない」と彼は語った。
“We can’t be 100 percent sure that there will be disease outbreaks,” he said.

「しかし、そのための前提条件はすべて整っているのです。」
“But all prerequisites for them are already there.”


ウクライナの他の場所では、病気の蔓延を防ぐために、部隊が占領解除された地域に急行し、水や土壌の検査を始めているとクジン氏は言う。
Elsewhere in Ukraine, Kuzin said, task forces have rushed into de-occupied areas to begin testing water and soil in an effort to prevent disease spread.

キーウ州とその西隣のジトーミル州は完全に検査され、北のチェルニヒフ州とスミ州の大部分も検査されたという。
The province of Kyiv and its western neighbor Zhytomyr have been completely inspected, he said, along with much of Chernihiv and Sumy oblasts to the north.

クジン氏は、同国の医療システムには、少なくとも8月までコレラを治療するのに十分な薬とワクチンがあると推定している。
Kuzin estimated that his country’s health-care system has enough medicine and vaccines to treat cholera until at least August.

ウクライナ軍の情報機関によると、ロシアもコレラ発生の可能性に備えているようだ。
Russia also appears to be girding itself for the possibility of a cholera outbreak, according to Ukraine’s military intelligence service.

5月初旬、モスクワはウクライナと国境を接する地域で特別な予防措置を講じ、コレラ研究のための研究所を準備し、医療施設が「反流行対策」を実行できるよう地元当局に指示していると発表した。
In early May, the agency said Moscow was instituting extra preventive measures in regions bordering Ukraine and directing local officials to prepare labs for cholera research and to ensure medical facilities are ready to carry out “anti-epidemic measures.”

先月、世界保健機関は、発生する可能性のある集団感染に備え、ウクライナ中部の都市ドニプロにコレラワクチンを送ると発表しました。
Last month, the World Health Organization said it was sending cholera vaccines to Dnipro, a city in central Ukraine, to prepare for possible outbreaks.

その際、WHO職員はマリウポルの危険な状況を強調した。
At the time, WHO officials highlighted the dangerous conditions in Mariupol.

WHOの地域緊急事態ディレクターであるドリット・ニッツァン氏は、「実際に、街中に沼があり、下水と飲料水が混ざり合っている」と述べています。
“There are swamps, actually, in the streets and the sewage water and drinking water are getting mixed,” said Dorit Nitzan, a regional emergency director at WHO.

「これは大きなハザードです。コレラを含む多くの感染症の危険性があるのです」
“This is a huge hazard. It’s a hazard for many infections, including cholera.”

約40日間の戦争後、著者のMax Brooks、Lionel Beehner、John Spencerは、ウクライナで病気の蔓延が予想されることから、緊急の国際的対応を主張し、過去の紛争では、病気によって驚くべき数の死者が出ていることを指摘した。
Writing in The Washington Post after about 40 days of war, authors Max Brooks, Lionel Beehner and John Spencer argued for an urgent international response to the prospect of disease spread in Ukraine, noting that in past conflicts, sickness has caused a startling number of deaths.

「もし私たちがウクライナのレジスタンスを助けたいのなら、ジャベリンや防護服ばかり送ってはいけない」と書き、手指消毒剤、硝酸アンモニウム、ネズミ捕りなどを大量に寄付するよう呼びかけたのだ。
“If we want to help the Ukrainian resistance, we shouldn’t be sending them only Javelins and body armor,” they wrote, calling for bulk donations of hand sanitizer, ammonium nitrate and rat traps.

「ウクライナの抵抗勢力にとって、病気の蔓延は最も避けたい事態だ」と結論づけた。
“The last thing Ukrainian resistance fighters need,” they concluded, “is a disease outbreak.”









スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2636-51ee7eca

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
18位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>