Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ウクライナの人権擁護委員長リュドミラ・デニソヴァが解雇された理由 DW 2022/6/3
fc2ブログ

Entries

ウクライナの人権擁護委員長リュドミラ・デニソヴァが解雇された理由 DW 2022/6/3

En:(grammar)


ウクライナの人権擁護委員長リュドミラ・デニソヴァが解雇された理由
Why Ukraine's human rights chief Lyudmila Denisova was fired
https://www.dw.com/en/why-ukraines-human-rights-chief-lyudmila-denisova-was-dismissed/a-62017920

DW 2022/6/3







同国の人権行政監察官であるリュドミラ・デニソヴァが職務を怠ったと非難されている。
The country's ombudsperson for human rights, Lyudmyla Denisova, is accused of having neglected her duties.

しかし、人権活動家たちは彼女の解雇を批判している。
But human rights activists have criticized her dismissal.

ゼレンスキー大統領の政権政党「国民の奉仕者」を含む、さまざまな政党のウクライナ国会議員の大多数が、5月31日に不信任決議を行ってリュドミラ・デニソヴァ氏を解任した。
A majority of Ukrainian parliamentarians from different parties, including President Zelenskyy's governing Servant of the People party, removed Lyudmyla Denisova after a vote of no-confidence on May 31.

ウクライナの野党であるティモシェンコ率いる祖国党と、ペトロ・ポロシェンコ元大統領の欧州連帯党は反対票を投じた。デニソヴァ氏の解任を予想した人はほとんどいなかった。
Ukraine's opposition Fatherland party, headed by Yulia Tymoshenko, and ex-President Petro Poroshenko's European Solidarity party voted against the move. Few saw Denisova's dismissal coming.

デニソヴァは最近まで同国の人権行政監察官を務めており、市民権を保護し、捕虜交換を監督する大きな権限を持っていた。
Denisova, who until recently served as thecountry's ombudsperson for human rights, had considerable authority to protect civil rights and oversee prisoner swaps.

彼女の任期は来年までだった。憲法も他の法律も、通常、早期の罷免を認めていない。
Her term would have ended next year. Neither the constitution nor any other legislation ordinarily allows for premature dismissal from her office.

しかし、議員たちは、すべての任命権者の罷免を認める戒厳令を利用したのである。
Lawmakers, however, made use of martial law, which permits the removal of all appointees.


デニソヴァへの非難
Accusations against Denisova

国会規制委員会のパブロ・フロロフ副委員長によると、デニソワはウクライナの紛争地帯における人道的回廊の開設を監督せず、占領地からのウクライナ人の拉致や、捕虜の保護と交換に対応しなかったという。
The deputy chairman of the parliament regulatory committee, Pavlo Frolov, says Denisova failed to oversee the opening of humanitarian corridors in Ukraine warzones, address the abduction of Ukrainians from occupied territories, and the protection and exchange of prisoners.

その代わりに、副首相のイリーナ・ベレシュチュク氏が介入してきたとフロロフ氏は言う。
Instead, Frolov says that Deputy Prime Minister Iryna Vereshchuk stepped in.

「占領地を担当する彼女の省は、戦争に関連する人権問題のほとんどを引き受けた」と、人民の奉仕者である議員は述べている。
Her ministry, which is in charge of the occupied regions, took on most human rights-related challenges relating to the war, according to the Servant of the People lawmaker.

彼はまた、メディア活動に力を入れすぎたこと、占領地での子供への強姦だけでなく、性犯罪をむやみに詳細に描写したことを非難している。
He also accuses her of having focused too much on media work, and on describing sexually motivated crimes in gratuitous detail as well as the raping of children in occupied territories.

しかし、これらのアカウントの中には、検証されていないものもあり、ウクライナの評判を落とし、メディアの関心を他の立証された犯罪や問題から逸らしていると述べた。
However, some of these accounts, he said, had not been verified, which had harmed Ukraine's reputation and distracted media attention from other, proven crimes and problems.


また、フロロフ氏は、2月24日にロシアが攻撃した後、デニソワ氏がかなりの時間を海外で過ごしていたことを非難している。
Frolov also accuses Denisova of having spent considerable time abroad after Russia attacked the country on February 24.

彼は「ウクライナの捕虜を解放したり、占領下のケルソンの人々の苦しみを軽減するために働けるはずのロシアやベラルーシに行かずに、デニソヴァ氏は "暖かくて平和な西ヨーロッパ" に滞在していた」と語った。
He says instead of traveling to Russia or Belarus, where she could have worked to free Ukrainian prisoners, or alleviate the suffering of people in occupied Kherson, Denisova was staying in "warm, peaceful western Europe."

デニソヴァ氏がFacebookのアカウントで詳細に記述しているのを読んで、多くのウクライナのジャーナリストや人権活動家が憤慨した。
Many Ukrainian journalists and human rights activists were outraged when they read Denisova's detailed descriptions on her Facebook account.

「戦時中の性的動機による犯罪は悲劇であるが、一種の『スキャンダルの年代記』の対象にしてはならない」と、140人の活動家、メディア関係者、弁護士、心理学者、その他の公人によって書かれた公開書簡は述べている。
"Sexually motivated crimes during wartime are a tragedy, but they should not be the subject of a kind of 'chronicle of scandal'," an open letter penned by 140 activists, media professionals, lawyers, psycologists and other public figures stated.

その上で、「生存者被やその親族の権利と尊厳を第一に考えるのが行政監察官の仕事である」と述べている。
The letter goes on to say "it is the job of the ombudsperson to first and foremost consider the rights and dignity of survivors and their relatives."



政治的なオフィス?
Politicized office?

しかし、多くの署名者は、デニソヴァの突然の解任を問題視している。
Many signatories of the letter nevertheless take issue with Denisova's sudden dismissal.

キーウの人権団体ZMINAを率いるテティアナ・ペチョンチク氏は「私たち人権活動家はデニソヴァ氏の能力と独立性を疑っています。」
"We as human rights activists doubt [Denisova's] competence and independence," says Tetiana Pechonchyk, who heads Kyiv's human rights organization ZMINA.

「4年前、我々は彼女の指名が政治化されたことに抗議した。しかし、今起こっていることは全く恣意的であり、ウクライナの人権長の職責を毀損するものである。」
"Four years ago, we protested against the politicization of her nomination; but what is happening now is totally arbitrary and damages the office of Ukraine's human rights chief."


国内人権機関グローバル・アライアンス(GANHRI)とそのヨーロッパのパートナーも声を上げている。
The Global Alliance of National Human Rights Institutions (GANHRI) and its European partners have also spoken up.

彼らは議会議長のRuslan Stefanchukと大統領のヴォロディミル・ゼレンスキーに宛てて書いた手紙で、彼女の解雇は「この紛争の時代になされるべき重要な仕事を著しく阻害する」と警告している
A letter penned by them to parliamentary speaker Ruslan Stefanchuk and President Volodymyr Zelenskyy warns her dismissal could "severely disrupt the important work that needs to be done in these times of conflict."

国連ウクライナ人権監視団は、デニソヴァ氏の解任は 「国際基準に違反している」 と述べている。
The UN Human Rights Monitoring Mission in Ukraine says Denisova's removal "violates international standards."


一方、デニソヴァ氏は、大統領府が彼女の解任を推し進めたと主張している。
Denisova, meanwhile, claims the presidential office pushed for her removal.

「占領地での人権侵害に関する情報を収集・分析することを目的とした私の仕事を認めなかった」と彼女は言う。彼女は裁判で解雇を争う予定だ。
She says it "did not approve of my work, which aimed to gather and analyze information about human rights violations in occupied areas." She will contest her dismissal in court.


このほかにも、彼女を罷免しようとする動きがあった。
There have been other attempts to remove her from office.

昨年秋には、与党「人民の奉仕者」党の議員が、デニソヴァが裁判所から要請されたにもかかわらず、いくつかの訴訟を進めなかったことについて調査委員会を立ち上げている。
Last autumn, a lawmaker with the ruling Servant of the People party set up an inquiry committee to look into Denisova's failure to move ahead with several lawsuits, although courts had asked her to.


当時、野党議員たちは、この調査は、「反オルガリヒ法」を違憲と批判したデニソヴァに復讐するために大統領府が開始したものだ、と述べた。
Opposition lawmakers at the time said the inquiry was launched by the presidential office to exact revenge on Denisova for criticizing the "anti-oligarchy law" as unconstitutional.


誰が引き継ぐのか?
Who will take over?

2018年3月にデニソヴァ氏が人権局長に就任する前、前任者のヴァレリヤ・ルトコフスカが解任された後、1年間空席になっていたポストである。
Before Denisova took over as human rights chief in March 2018, the post had remained vacant for a year after her predecessor, Valeriya Lutkovska, was dismissed.

彼女は女性として初めてこのポストに就いた。
She had been the first woman to hold the post.


その後継者を誰にするかは、当時の「ペトロ・ポロシェンコ・ブロック」と「人民戦線」の間で激しい交渉が行われ、最終的にデニソヴァが指名された。
Who should succeed her sparked intense political negations between what was then the Petro Poroshenko Bloc, and the People's Front party, which ultimately nominatedDenisova.


ウクライナの人権活動家たちは、この事務所をこれ以上政治的に利用しないよう警告している。
Ukrainian human rights activists now warn against further politicizing the office.

彼らは議員ではなく、人権の専門家がオープンで透明性のある手続きで応募するよう求めている
They are calling for human rights experts, rather than lawmakers, to apply for the job in an open, transparent procedure.

議会人権委員会のネリー・ヤコブレバ副委員長によると、これまでのところ、申請書を提出した候補者はいなかったという。
Nelly Yakovleva, deputy head of the parliamentary human rights committee, says, so far, no candidates had submitted applications.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2632-095a51c2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>