Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ウイグル人虐殺を否定するための資金として6500万ドルを拠出 Bitter Winter 2022/1/21
fc2ブログ

Entries

ウイグル人虐殺を否定するための資金として6500万ドルを拠出 Bitter Winter 2022/1/21

En:(grammar)


ウイグル人虐殺を否定するための資金として6500万ドルを拠出
$65 Million to Finance Uyghur Genocide Denial
https://bitterwinter.org/65-million-to-finance-uyghur-genocide-denial/

Bitter Winter 2022/1/21







Newlines誌の調査は、どうしても消えない。メッセンジャーを撃っても、中国の問題は解決しない。
The Newlines magazine investigation just refuses to go away. Shooting the messenger would not solve China’s problem.

1月18日、『ニューライン』誌の衝撃的な暴露記事によって、ウイグル人虐殺を否定し、ウイグル人や新疆のイスラム教徒が信仰の自由を享受し、幸せな生活を送っていると主張する欧米の中共シンパに、巨額の資金が流れ込んでいることが明らかにされた。
On January 18, a shocking expose by Newlines magazine revealed that an enormous amount of money is being channeled to those CCP sympathizers in the West who deny the Uyghur genocide and claim that Uyghurs and other Muslims in Xinjiang enjoy religious liberty and live a happy life.

まず最初に、Newlinesが発表したものに対する北京の答えを知っていることを述べておこう。彼らは、その母体であるNewlines Institute for Strategy and Policyの創設者兼社長であるアーメド・アルワニ博士が、ムスリム同胞団とつながりのあるイスラム原理主義者であると言うだろう。
Let me start by stating that I am aware of Beijing’s answer to anything published by Newlines. They would say that the founder and president of its parent organization Newlines Institute for Strategy and Policy, Dr Ahmed Alwani, is an Islamic fundamentalist with links to the Muslim Brotherhood.

中国大使館のウェブサイトに掲載された攻撃は、Newlinesの報道がBBC、New York Times、Wall Street Journal、Bitter Winterといった悪名高い反中国の情報源に依存していることを付け加えている(少なくとも、我々は良い仲間に恵まれているのだ)。
Attacks published in the web sites of Chinese embassies add that Newlines reports rely on notorious anti-Chinese sources such as the BBC, the New York Times, the Wall Street Journal, and Bitter Winter (at least, we are in a good company).

アルワニ博士の政治的、宗教的な所属については、全く知らないというのが私の答えである。会ったこともない。ただ言えることは、Newlinesのウェブサイトとその中東問題の報道を見ると、中国共産党の英文プロパガンダ日刊紙Global Timesの「テロリズムを支援している」という主張を支持することはできない、ということである。
My answer to this is that I have no idea of what Dr Alwani’s political or religious affiliations may be. I never met him. All what I can say is that a look at the Newlines website and its coverage of Middle East issues does not support the claim by the CCP English-language propaganda daily Global Times that it is “sponsoring terrorism.”


しかし、私が言いたいのは、メッセンジャーを撃っても、メッセージは消えないということだ。マルクス主義者である中国共産党の宣伝担当者は、イタリアの共産主義思想家であるAntonio Gramsciの有名な言葉を知っているでしょう。"気圧計を壊しても、悪天候は解消されない "という言葉です。
My point, however, is that shooting the messenger does not make the message go away. As Marxists, the CCP propagandists are probably familiar with a well-known quote from Italian chief Communist ideologist Antonio Gramsci, who said that “smashing the barometer would not eliminate the bad weather.”

Newlines 1月18日の暴露は、その本質について答えるべきである。私の知る限りでは、今のところそうなっていない。記事自体へのリンクを提供していますが、長文で詳細も多いので、ここでは簡単な要約にとどめます。
Newlines January 18 expose should be answered on its substance. As far as I know, so far it hasn’t. We provide a link to the article itself, which is long and full of details, so we can limit ourselves to a short summary here.

ネビル・ロイ・シンガムは、スリランカ人とキューバ人の混血で、アメリカの毛沢東主義団体の過激派としての青年期から、2000年代にはファーウェイで高給なコンサルタント業を営むアメリカの秘密主義の億万長者である。
Neville Roy Singham is a secretive American billionaire of mixed Sri Lankan and Cuban heritage, who went from a youth as a militant in American Maoist groups to a well-paid consultancy work for Huawei in the 2000s.

その頃、彼はすでにThoughtworksを設立し、世界有数のソフトウェア開発・コンサルティング企業として頭角を現していた。2017年、シンガムはThoughtworksをイギリスのプライベートエクイティファンドApaxに非公開の金額で売却したが、おそらく現在のNasdaqの評価額90億ドルよりは少ないものの、それでも少なくとも数億ドルにはなる。
By that time, he had already founded Thoughtworks, who emerged as one of the world’s leading software developing and consultancy companies. In 2017, Singham sold Thoughtworks to the British private equity fund Apax for an undisclosed sum, probably less than Nasdaq’s current valuation of $9 billion, but still in the hundreds of millions at least.

シンガムとそのパートナー、あるいは妻であるコーディ・エヴァンス(法的に結婚しているかどうかは不明だが、エヴァンスはシンガムを「夫」と公言している)は、フェミニスト組織コードピンクの共同創設者であるが、さまざまな左翼的活動や組織への資金提供を積極的に続けており、それらは中国やマドゥーロのベネズエラなど、さまざまな非民主的政権への支援という共通項が見られる。
Singham and his partner, or perhaps wife, Codie Evans (it is unclear whether they are legally married, although Evans has publicly referred to Singham as her “husband”), a co-founder of the feminist organization Code Pink, have remained active in financing a variety of left-wing causes and organizations, which have in common the support for China and a variety of other non-democratic regimes, including Maduro’s Venezuela.

新疆ウイグル自治区でのウイグル人虐殺を否定する活動を行う欧米の団体に、シンガムが直接または間接的に(寄付者の名前を匿名にできるゴールドマン・サックスの慈善基金などを使って)巨額の資金を流す、非常に複雑な中国の箱物のシステムが開示されています。
Newlines discloses a very complicated system of Chinese boxes through which Singham channels huge amounts of money either directly or indirectly (using inter alia the Goldman Sachs’ Philanthropy Fund, which allows the names of the donors to remain anonymous) to organizations in the United States and Europe whose main activity is to deny the Uyghur genocide in Xinjiang.

シンガムの仲間で、コネチカット州ハートフォードにあるトリニティ・カレッジの元教授ビジェイ・プラシャードとイギリスの学者ジョン・ロスの2人は、現在北京の人民大学付属のシンクタンク、Chongyang Institute for Financial Studiesに所属している。
Two of Singham’s associates, Vijay Prashad, a former professor at Trinity College in Hartford, Connecticut, and British academic John Ross, are now affiliated with Chongyang Institute for Financial Studies, a think tank affiliated with Beijing’s Renmin University.

ロス氏は、ウイグル人虐殺の主張を "茶番 "であり "全くの嘘 "であると公言しています。シンガムのネットワークとつながりのある組織は、シリアのアサド政権も支援しており、ロシア国営メディアから流れてくるプロパガンダを欧米で広めている。
Ross went on record characterizing the allegation that there is a Uyghur genocide as “farcical” and “a total lie.” Organizations connected with Singham’s network also support the Assad regime in Syria, and spread in the West propaganda coming from Russian state-owned media.

シンガムとその仲間が運営する中国の箱のシステムの中で、ある組織から別の組織へのリンクをたどることは有益な訓練である。特に、新疆の著名な学者であるエイドリアン・ゼンスやビター・ウィンターを攻撃している親中派メディアにつながるかもしれない。
Following the links from one organization to another within the system of Chinese boxes operated by Singham and his associates is a useful exercise. It may lead inter alia to pro-China media outlets who have attacked the well-known Xinjiang scholar Adrian Zenz as well as Bitter Winter.

ニューライン社が提起している疑問の一つは、過去5年間にウイグル人虐殺を否定する個人やメディアを支援するために使われたとする6500万ドルが、実際にはどこから来たのか、ということである。「シンガム同志」と呼ばれ続けている彼は、確かに億万長者であり、イデオロギー的に自分の金を使う動機があるのかもしれない。
One question Newlines raises but does not totally answer is where the $65 million it claims were spent in the last five years supporting individual and media denying the Uyghur genocide really come from. “Comrade Singham,” as he continues to be called, is surely a billionaire, and may be ideologically motivated to spend his own money.

しかし、シンガムの資金源は、かつてファーウェイから得た非公開のコンサルタント料であり、現在も他の中国企業からも得ている。シンガム氏が著名なソフトウェア・コンサルタントであることは確かだが、中国企業から支払われる報酬も、シンガム氏の親中共財団を通じて西側でプロパガンダを行うための資金として意図されていなかったか、疑問に思うところである。
However, Singham’s money also came and comes from undisclosed consultancy fees he once got from Huawei and continues to get from other Chinese companies. It is surely true that Singham is a respected software consultant, but one wonders whether the fees paid by Chinese corporations were also not intended to finance propaganda in the West through Singham’s pro-CCP foundations.


最後に一言、ご容赦ください。ウイグル虐殺やその他の中国共産党の残虐行為を否定する人々は、シンガム・ネットワークを通じてのみ5年間で6500万ドルを得ており、おそらく統一戦線などを通じてもっと多くの資金を得ていることが明らかになったのです。
I may perhaps be forgiven for a final comment. It comes out that those who deny the Uyghur genocide and other CCP atrocities got $65 million in five years through the Singham network only, and probably more through the United Front and other sources.

私たちBitter Winterから見ると、中国共産党のために嘘をつく人は莫大な資金を自由に使えるのに、中国批判をする人は生活するのに必死で、大きなアンバランスが生じているように見える。この点については、読者の皆さんもご一考ください。毎日配信しているニュースレター「ウソのために何十億も使う人がいる。真実のために数ドルを寄付していただけませんか?"とお伝えしている。
Judging from our perspective at Bitter Winter, this creates a huge unbalance, as those who lie for the CCP have at their disposal enormous resources while China critics struggle to make their ends meet. Our readers may perhaps meditate on this point. As we tell those who receive our daily newsletter, “Some Spend Billions for Their Lies: Would You Donate A Few Dollars for the Truth?”





スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2441-f56a35cd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>